2004年04月01日
Tim "Alai" Schubert

Tim "Alai" Schubert とは,ウルティマ オンラインのアソシエイト・プロデューサーを務めた人物。

1998年10月に販売開始された拡張版ザ・セカンドエイジ,2000年9月7日に販売開始されたルネッサンス・エディション及び 2001年1月に販売開始された拡張版第3の夜明けのクレジットにおいて,Programmer として名が挙げられ,2002年2月に販売開始された拡張版ブラックソンの復讐及び2003年2月に販売開始された拡張版正邪の大陸のクレジットにおいて,Lead Client Programmer として名が挙げられている。2004年2月26日に正式発表されたオリジン・スタジオの閉鎖にともない退社した。

2004年4月1日 退社の挨拶

Alai
約6年間となるだろうか、長きに渡ったウルティマ オンラインでの仕事を私は終えようとしている。私にとってウルティマ オンラインに非常に長く携わった期間は決して良い事ばかりとは言えないものだったが、去るのは辛い。他方で私は次に何が起こるのかを楽しみにしている、休暇以外にね。私は大学在学中にオリジン社で働き始めた。そして私のなした仕事の大部分がここでのものだ。これは神の与えた試練なのだと実感してるよ。私は自分の臆病さと戦っているところだ。
私はまだ登場したばかりの頃にウルティマ オンラインに携わり始めたが、今や100,000人以上のプレイヤーが参加しているね。私は世界構築担当として参加し、年をおうごとに重職に携わるようになっていった。世界構築、デザイナー、プログラマー、そして最後には共同プロデューサの地位にまでなったよ。私は数え切れぬ程の計画に携わってきた。強い主導権を得てやった仕事もあれば、問題が発生してしまい週末返上で働いた仕事もあるよ。私は第一線で働き、チームを成功へと導いてきた。中には勝負に失敗した事もあるが大部分は成功に終わったよ。総じて良い仕事をしてきた。しかしながら、私はSunSwordをプロデューサの地位から下すなんて事に耐えられそうにない。恥じるべき事だよ。私は組織の歯車でいる事が性にあってるようだ。

チームから去ろうとしている私の辛い心中を占めているのは、現在開発陣が手掛けている計画の大きな可能性についてだ。SunswordはEAの関心を得る事に成功し、既に投資が開始されている。レッドショアへの異動によって、開発陣の大いなる試みに更なる支援が期待できるだろう。ライブチームはウルティマ オンラインの持つ可能性を見出し、以前は実現できなかった計画に着手するかもしれない。このような企業努力が可能性を引き出してくれる事を願うよ。そうすれば、ウルティマ オンラインは先例なき地位に辿り着き、価値や楽しさ、質の復活を体験する事だろう。その場に居合わせる事ができず残念だよ。

開発陣やプレイヤーの皆さんが私に親近感を覚えてくれ続けてくれると嬉しい。長年に渡り付き合った友人を失うなんて耐えれない事だよ。たとえこんな形であってもね。

さようなら、そしてありがとう皆さん。楽しかったよ。

Well, it has been almost six years, but it appears that my long tenure working on UO is finally coming to an end. This is a mixed blessing as I have been caring for the game for so long it is hard to let go. On the other hand, I am looking forward to seeing what comes next besides perhaps a vacation. I started working at Origin while I was still in college and my time here has been the bulk of my working life thus far. I feel very much like I am about to take the step into discovering what the afterlife is like. It is both a scary and an exhilarating prospect. I started on UO when it was still a young game with less then 100,000 players. I started as a world building intern and rose through the ranks over the years: World Builder, Designer/Scripter, Programmer, Lead Client Programmer and finally Associate Producer. I have worked on countless projects; some of them were big initiatives and some of them were little “weekend” features I probably should have gotten in trouble for. I have worked in the trenches and led teams to success. I lost some battles, but won most. In all, it was a good run - but I don’t think I’m going to have the patience to oust Sunsword out of the Producer spot. It’s a shame; I would have liked to try being at the wheel for a bit.

Chief amongst the bittersweet aspects of leaving now is the enormous potential of the projects the dev team is currently working on. Sunsword has invigorated EA’s interest in our game and now EA is starting to really invest in it. Moving to Redwood Shores should also help the team in accomplishing its ambitious goals. The Live team now has a chance to realize possibilities and execute on projects that were never before feasible. I hope that these initiatives meet their full potential; if they do, UO will truly experience a renaissance period of unprecedented value, fun, and quality. I will be sorry not to be a part of it.

I hope the dev team and the players will still see fit to keep me nearby. I would hate to find myself without all the friends I have made over these many years. But just in case -

Farewell and thank you. It has been a pleasure.

-- Alai
Associate Producer, UOLive

参照: UO Stratics
投稿者 Siel Dragon : 2004年04月01日 02:00