2003年10月30日
建築システム 第三段階変更
先週、一般情報でお知らせしていましたように、私達の家システムは停止中のアカウント(「停止中のアカウント」とは、キャンセルされたかあるいは課金を行なわれなかった事により停止されたアカウントです)によって所有された家の調査を開始しました。同様にその一般情報では、本日(米国時間10月29日水曜日)から行なわれる、もしもアカウントが10日以上停止されている状態なら、そのアカウントが所有するいかなる家も接収されて5日間の腐敗期間が始まるであろうことをお知らせしました。しかしながら、私達は本日の手順に一点の変更を行ない、2001年9月11日に開始された全般的な自動リフレッシュは今回は止められなくなりました。

全般的な自動リフレッシュの拡張とは次の事を意味しています:

プライマリーハウス、旧制度の家、そして停止中のアカウントの「condemned-inactive(接収された -- アクティブではない)」家は毎日リフレッシュされつづけるでしょう。

新たに家を建築したり譲渡された場合は、所有している古い家は依然として接収されて腐敗するでしょう。

旧制度のアカウントが10日以上停止されている場合、最も最近に手に入れた家だけがcondemned-inactiveとなり、そのアカウントが所有する他の全ての家は接収され(そして腐敗し始め)ます。

この自動リフレッシュの拡張はほんの一時的なものです。調査と考慮をさらに加えたのち、私達はアクティブなアカウントのプライマリーハウスと同じように、アクティブなアカウントの旧制度の家を取り扱う事を決定しました。最終調整が行なわれた途端に、プライマリーと旧制度の両方の家は自動リフレッシュするでしょう -- すなわち、アクティブなアカウントによって所有される接収されていない家は自動リフレッシュするでしょう。この旧制度の家に対する変更は当面のものではありません、そのために、全般的な自動リフレッシュの継続は、適切な変更が行なわれる間にそれぞれのシャードに残っているこれらの家を保証するために必要とされました。現在これらの変更がパブリッシュ21によって実施されるように計画されています。

覚えているべき最も重要な事は、10日以上停止された状態のアカウントは本質的にその所有する全ての家を接収されるけれども、差し当たっては、たとえアカウントが停止中であってもアカウントにつき一軒だけは自動リフレッシュが一時的に続くという事にまだなっていることです。

投稿者 Siel Dragon : 2003年10月30日 18:47 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?