2004年01月01日
古き童謡第一巻

Classic tales of Vesper, Volume 1
by Clarke Printery

古くから伝わる物語を皆様にご紹介できるのは大変な光栄です。第一巻となる本書では、子供を寝かしつける際に朗読される詩をご紹介しましょう。

序文 学者ギルヘム著

 この詩が何を謡っているものなのかは、常に論議の種となってきた。謎めいているものの単調なこの詩の旋律は子供を眠りに誘う事から、子供らの耳には心地よく聞こえるようなのだが、我々大人は不安をかき立てられるのだ。この詩はかつては長い物語だったのだろう。というのも、かつて不幸な恋人たちと失われし魔術にまつわる壮大な物語が言い伝えられていたことがあり、それと同じ特徴が見受けられるからである。代々語り継がれるうちに詩の効果を高めるために言葉がゆがめられ、今日ではわずかに「風の中で」という言葉が残るだけとなったのだろう。これは隠喩としては非常に見事なのだが、具体的に何処の事を語っているのかは聞き手に判らないのだ。

 もうひとつの解釈として、ブリタニアに生息する亜人種の起源を説明した創造神話の一部であるという説がある。詩の中程にある「少女は木になる」という節がリーパーの起源だと解釈できる事は容易に気づく事ができよう。なぜなら、ミノック周辺地域の木こりたちはリーパーを「未亡人メーカー」と呼んでいるからだ。この詩が怪物の起源について神話的に書かれたものであると解釈するわけは、作られたのがかなり昔であるように思われる点や「エーテルを編む」という古い言い回しが使われている点に由来する。この言葉はしばしば古文書に見受けられるのだ。さらに「スネークヒルズ」についてだが、これは実在する場所を示していると考えられうる。ある地域ではサーパンツ・スパイン山脈のことをこのように呼んでいたのかもしれない。

 現在一般的となっている解釈は、大抵の童謡がそうであるように、死について易しく説明しているというもので、具体的には、世界の調和を維持するため、風は少年たちが眠っている間に彼らをさらってしまう綴りに着眼したものだ。「スネークヒルズ」における子供向けの冒険譚があり、その趣旨だけが後世まで残ったのだと思われる。たしかに残酷な子守歌ではあるが、「私が目を覚ます前に死にませんように」といった思いが込められているのだ。

 いずれの解釈が正しいにせよ、この詩は古くから人気があるもので、多くの方々に楽しんでいただく、あるいは研究してもらうため、初めて印刷される事となったのだ。

 廊下で調和を囁く  風の中で
 夜すがら魔法に満ちし 風の中で
 魔法使いの街ぞある
 昼すがら ローブが編まれ
 光で刻まれし 書が読まれる

 影の下で恋人らは交わる 風の中で
 出会いそして別れる 運命の命ずるまま
 少女は木となり 未亡人となる
 少年は大地となり 彷徨う

 怪物は誕生し 怪物は創造される
 言葉とエーテルとが絡み合う 風の中で
 恐怖は風に歩みより
 恐怖は風が編みしものを見る
 スネークヒルズを訪れるなかれ
 あなたに死が訪れないために

'Tis an Honor to present to Thee these Tales collected from Ages Past. In this Inaugural Volume, we present this Verse oft Recited as a Lullabye for sleepy Children.

Preface by Guilhem the Scholar

The meaning of this verse has oft been discussed in halls of scholarly sorts, for its mysterious singsongy melody is oddly disturbing to adult ears, though children seem to find it restful as they sleep. Perhaps it is but the remnant of a longer ballad once extant, for there are internal indications that it once told a longer story about ill-fated lovers, and a magical experiment gone awry. However, poetic license and the folk process has distorted the words until now the locale of the tale is no more than "in the wind," which while it serves a pleasingly metaphorical purpose, fails to inform the listener as to any real locale!


Another possibility is that this is some form of creation myth explaining the genesis of the various humanoid creatures that roam the lands of Britannia. It does not take a stretch of the imagination to name the middle verse's "girl becomes a tree" as a possible explanation for the reaper, for in the area surrounding Minoc, reapers are oft referred to among the lumber jacking community as "widowmakers." That these creatures are of arcane origin is assumed, but the verse seems to imply a long ago creator, and uses the antique magickal terminology of "plaiting strands of ether" that is so often found in ancient texts. In addition, the reference to "snakehills" may profitably be regarded as a reference to an actual location, such as perhaps a local term for the Serpent's Spine.


A commoner interpretation is that like many nursery rhymes, it is a simple explanation for death, wherein the wind snatches up boys and girls and when they sleep in order to keep the balance of the world. Notable tales have been written for children of adventures in "the Snakehills," which are presumed to be an Afterworld whence the spirit lives on. A grim lullabye, to be sure, but no worse than "lest I die before I wake" surely.

In either case, 'tis an old favorite herein printed for the first time for thy enjoyment and perusal!

In the Wind where the Balance
Is Whispered in Hallways
In the Wind where the Magic
Flows All through the Night
There live Mages and Mages
With Robes make of Whole Days
Reading Books full of Doings
Printed on Light

In the Wind where the Lovers
Are Crossed under Shadows
Where they Meet and are Parted
By the Orders of Fate
The Girl becomes Tree,
And thus becomes Widow
The Boy becomes Earth
And Wanders Till Late

In the Wind are the Monster
First Born First Created
When Chanting and Ether
Mix Meddling and Nigh
Fear going to Wind,
Fear Finding its Plaitings,
Go Not to the Snakehills
Lest you Care to Die

投稿者 Siel Dragon : 2004年01月01日 22:32 | トラックバック