2004年01月01日
サムレスの唄

A Song of Samlethe
by Sandra

一匹目の熊は昼は泳ぎ 夜は眠る
洞窟に住み 星を灯りに食事する

二匹目の熊は 木々の下で飛び跳ねまわり
皆に見せびらかす如く 不思議な踊りを舞う

一匹目の熊は 猟師の獲物となる そして今日は床の飾り
毛に覆われた顔は 足跡と扉で経込まされる

二匹目の熊は茸の森へ 分け入った
そして今も愚かに踊っている ウィスプや幽霊らとともに

わかったかい 踊ってはならない 眠ってはいけない さもないと 道に迷うことになるだろうよ
地に眠る全ての熊たちへ歌おう サムレスの日の終わりに

The first bear did swim by day, And it did sleep by night, It kept itself within its cave and ate by starry light.

The second bear it did cavort
'Neath canopies of trees,
And danced its odd bearish sort
Of joy for all to see.

The first bear, well, 'twas hunted,
And today adorns a floor.
Its ruggish face has been dented
By footfalls and the door.

The second bear did step once
Into a mushroom ring,
And now does dance the dunce
For wisps and unseen things.

So do not dance, and do not sleep,
Or else be led astray
For bears all end up six feet deep
At the end of Samlethe's day.

投稿者 Siel Dragon : 2004年01月01日 22:50 | トラックバック