2004年01月01日
三種族に纏わる伝承

三種族に纏わる伝承(A Tale of Three Tribes)とは,背徳の地デスパイズに関する研究論文。雑貨屋などで購入できるほか,街にある本棚などで読むことができる。

過去の文献からデスパイズにはドラゴン族,リザードマン族,ラットマン族が共存していたことを示したうえで,著者自身の体験談を裏付けとして記している。



三種族に纏わる伝承(A Tale of Three Tribes)
書生ジャネット 著(by Janet, Scribe)

 デスパイズの名で知られるダンジョンは,実際はダンジョンではなく巨大な天然洞窟だ。荒廃し,訪れる者にとっては厄介なことに恐るべき赤まだら爆発キノコが群生する湿地帯が数知れずある場所だ。

 最古の歴史的文献によれば,かつてこの洞窟は三種族が共存する土地であった。奇異なことに,三種族とはドラゴン族,リザートマン族そしてラットマン族なのだ。今日ではリザードマン族やラットマン族が文化を有しているなどと主張するのは,ロード・ブラックソンや彼に追従する極論者以外には稀な事なのだが,以前はもっと高等な生物で,長き歳月の末に今の状態へと退化したのかもしれない。

 文献には,三種族は広大な洞窟内で平穏に営み,必要に応じて建造物を建て,取引を行ったと記されている。

 だが歳月とともに異変が起こり,彼らは文化的生活を放棄せざるを得なくなり今日へと至った。我々はダンジョン内で彼の種族の姿をしばしば見るけども,文化を有しているとは到底考えられない。

 文献は,いつの日か三種族は再びデスパイズに戻り,かつての生活を始めるかもしれないと結んでいる。

 その日までは先日私が不思議なスケルトンから得た証言のみが唯一私の話を裏づける証拠となることだろう。ある日,邪悪なモンスターに追いかけられていた私は偶然彼の腕の中に逃げ込んだ。魔法をかけられていたこのスケルトンは極めて知的であり,私の問いかけに今回の話を語ってくれたのだ。

 幸運にも私は生還し,彼の証言の全てを書き残すことができた。

A Tale of Three Tribes

by Janet, Scribe

The dungeon known as Despise is in fact not a dungeon as such, but rather a large natural cave. Inhospitable and unfriendly to visitors, it is filled with damp spots where the deadly Exploding Red Spotted Toadstool grows in abundance.

According to the oldest of historical texts, in days gone by the cave was once the home of three separate tribes who had come to an accommodation with each other. Oddly enough, the three tribes were of dragons, lizard men, and rat men. While today few except extremists associated with Lord Blackthorn regard these latter two as being intelligent beings, apparently they have indeed fallen from a more evolved state over the years.

'Tis said that these three races did dwell in relative harmony within the vast cave, building when they required it, and trading amongst themselves if needed.

But over time, something happened, and they were forced to withdraw from their society, until today thou mayst find individuals of each species within the dungeon, but never again as a civilization.

'Tis also said that someday the three tribes may return to Despise, to once again inhabit it together.

Until then, nothing remains as a token of this save an oddly intelligent skeleton, magically enchanted, that doth speak when questions are asked, and from whom I obtained these tales one day, when I was pursued by evil monsters and fled into his skeletal arms.

Fortunately, I escaped and lived to write it all down!

投稿者 Siel Dragon : 2004年01月01日 23:00