2004年01月01日
次元旅行に関する論文

次元旅行に関する論文(Dimensional Travel: a Monograph)とは,ムーンゲートに関する研究論文。雑貨屋などで購入できるほか,街にある本棚などで読むことができる。

次元旅行に関する論文(Dimensional Travel: a Monograph)
魔術師ドリアス・ドースト 著(by Dryus Doost, Mage)

 ムーンゲートは生身の身体を場所を超えて世界を超えて、さらには次元を超えて移動させうるものであるが、本論文ではその世界構造を歪める仕組みや詳細を扱ったものではない事を予め断っておこう。

 本書ではわが国の民に共通して不思議な特性を示す事について報告したい。

 青いムーンゲートが遠くの土地へと運んでくれる事はは古くから知られており、ゲートを潜った際に事故にあったという話は聞いた事もない。だが特定の者は次元を超えての旅する事のできる黒いムーンゲートを潜る事ができない事は一部の者に知られるのみだった。

 以前、高名な魔道師であり貴族でもあるロード・ブラックソンとの対談の中で彼は、魔術研究の結果 黒いムーンゲートを潜れぬ人々は総じてエーテルの保存に問題があるのだと語ってくれた。任意の次元の中のある物質が多重次元に存在するエセリアル物質の一部に過ぎないと仮定すれば、既に存在する次元には同時に存在し得ないのは明らかだというのだ。

 多重次元に何らかの形で同一存在がいるのだと考えてくれてよい。ロード・ブラックソンは自らもその一人なのだと仄めかしていた。それは別の次元へ渡る事はできないという事だ。なぜなら彼は既にそこにいるのだから。

 これは驚異的な発想であり、より詳細な研究が待たれる。因果律がエーテルの分離を引き起こす際に人のエセリアル構造をも分離する事は、既に専門家の中では周知である。これは白いムーンゲートで時間旅行する際のの基本的な機構なのだ。

 過去の自分と出会う事が別の意味で危険なのだろうが、その存在によって時間旅行が妨げられる事はない。同一時間上で様々な構造が生まれていく事をエセリアル構造は防いでいる事から、なんらかの剛性を備えているのだろう。

 時間と因果律の関係が さながら蜘蛛の巣の如きであるのであれば、次元配列は堅い結晶構造だと言い表す事ができるだろう。。ロード・ブラックソンのように多重次元配列に存在する人が黒いムーンゲートを用いて別次元を訪れうるようになるのは、次元の結晶構造全体が完全に同調した時のみだと言える。

 何ゆえに一部の者のみ多重結晶配列内に同一存在がいるのかについては、この貧弱な理論においてはそのようになるのだとしか言う事ができない。だが、いつか誰かがこの難問を解き明かし啓発の光を注ぐに違いないと私は身勝手ながら確信しているのだ。

Dimensional Travel: a Monograph

by Dryus Doost, Mage

'Tis beyond the scope of this small monograph to discuss the details of moongates, and the manners in which they distort the fabric of reality in such a manner as to permit the passage of living flesh from place to place, world to world, or indeed from dimension to dimension.


Instead, allow me to bring thy attention, Gentle Reader, to the curious characteristics that are shared by certain individuals within our realm.


Long has it been known that the blue moongate permits travel from place to place, and none have trouble in taking this path. Yet 'tis also known, albeit only to a few, that certain individuals are unable to traverse the black moongates that permit travel from one dimension to another.


The noted mage and peer of our realm, Lord Blackthorn, once told me in conversation that his arcane research had indicated that the issue was one of conservation of ether. To wit, given the postulate that matter within a given dimension may be but a cros-section of ethereal matter that exists in multiple dimensions, it becomes obvious that said ethereal structure cannot enter dimensions in which it is already present.


Imagine an individual (and the Lord Blackthorn hinted that he was one such) who exist already in some form in multiple dimensions: said individual would not be able to cross into another dimension because HE IS ALREADY THERE.


The implications of this are staggering, and merit further study. 'Tis well known by theorists in the field that divisions in the ethereal structure of an individual are already implicit at the temporal level, as causality forces divisions upon the ether. This is the basic operating mechanism by which white moongates function, permitting time travel.


As time travel is not barred by the presence of an earlier self (though encountering said earlier self can prove arcanely perilous), there must be some rigidity to the ethereal structure that bars multiple instantiations of structures from manifesting within the same context.


If one regards time and causal bifurcation as a web, perhaps the appropriate analogy for dimensional matrices is that of a crystalline structure with rigid linkages. The only way in which an individual such as Lord Blackthorn, who exists in multiple dimensional matrices, can cross worlds via a black moongate, would be for the entire crystalline structure of the dimension to perfectly match the ethereal resonance of the destination dimension.


The problem of why certain individuals are already replicated in multiple crystalline matrices is one that I fail to provide any schema for in these poor theories. It is my fondest hope that someday someone shall conquer that thorny problem and enlighten the world.

投稿者 Siel Dragon : 2004年01月01日 23:05