2004年10月03日
ユーの虜囚

ブリテイン防衛計画が進む中ユーではロイヤルガードによる人質救出作戦が行われていた。

pd-siel.jpg こんばんわ、Siel Dragonです。
今回はいよいよ異世界の住民らしき方が登場しました!物語も次なる展開を迎えそうですね。
今回の事件はブリテイン防衛計画と同時進行する形で行われ、冒険者も生産者も楽しめるひとときとなったのではないでしょうか。

Trammel Skara Brae

news040924-jp-1.jpg

トランメルスカラブレイのレンジャーギルドにてロイヤルガード指揮官にして統治評議会の主催者であるエレインが市民を前に今後の計画を明らかにした。

news040924-jp-2.jpg

その計画とは先日から準備が進められていたようにブリテイン周囲に防衛陣を構築し、更に魔法の力でブリテインへのオーク軍侵攻を食い止めるというものだ。

エレインは机の上に三箇所の布陣予定地が記された地図を並べた。
news040924-jp-3.jpg

既に資材搬入テントが設営されてある場所だ。
news040924-jp-4.jpg

計画の発表をブリテインではなくスカラブレイにて行ったのは政治的な理由かもしれないな。私が指摘した通り、ブリテインで大規模な防衛陣が構築されれば敵の矛先がスカラブレイへと向かう可能性が極めて高いのだ。事前にスカラブレイ市民からの了承を得ておこうという事なのだろう。

しかしながら、クレイニンが開発しているという大規模な防御魔法がどのような特性なのか市民に不安の声があがる。もし物理的な障壁であるなら人間すら通行不可能になるのではないかと。そうなれば他都市からの避難民すら受け入れぬ要塞と化してしまう。それじゃ銀河英雄伝説に登場するアルテミスの首飾りより質の悪い首都防衛機構になっちまうな。

しかしエレインの回答は余りにも悲観的なものだった。

それは完成させてみなければ分かりませんわ

防衛布陣の人柱となる事を要請される市民たち。

前置きが長くなりましたが、
このバリケードを築くために
皆さんの力をお借りしたいのです !
バリケードを作るための資材、OreとLogを集めてください
数が多ければ多いほど
頑丈なバリケードを作ることができますわ
ここにいらっしゃらない皆さんの友人の方々にも
協力をしてくれるよう、お願いしてください

命を盾とせよと要請されるばかりでなく、どうせなら財産も差し出せと要請される市民。献身、謙譲の徳とは国政に寄与する事なのだろうか。

ここに集まった方たちは
余り得意ではないかもしれませんね・・・
*くすりと笑った*

ドーンと同じくブリティッシュ政権の広告塔としての抜擢にしか見えぬエレインだが、仮にも今や施政者の立場にある。容易く人前で笑みをこぼす事など許されぬ立場だぞ!特に政局不安定な国の施政者が感情を面に出すのは失格の烙印を押されて然るべきだ。プーチン露大統領の鉄面皮を見習え!

資材を集める場所はこちらにお見せした地図と
それから地図に現地の六文儀の座標が追記してあります

しかし未だ納得のいかぬ市民からブリテインは防衛に専念してしまうのかという質問が飛ぶ。統治評議会はブリタニア全土統一を放棄し他都市を見殺しにする危惧は晴れていないのだ。

いえ、防御はバリケードで行うのです
魔法に頼らずに攻撃に回ることも出来るかもしれません

この作戦の詳しい説明は。
ブリテインの王宮そばの詰め所で
説明がされることになりますわ
もちろんタウンクライヤーも動員します

いまいち説得力に欠けるエレインだが、集まった市民も一応の納得は得たようだ。その時、レンジャーギルドへとローブ姿の男が駆け入ってきた。

宮廷魔道師代理クレイニンだ。

Elaine Bayfery: あら・・・
Clainin: 大変だよ!
Elaine Bayfery: クレイニン・・・ ?
Elaine Bayfery: もう魔法が完成したのかしら
Clainin: 冗談を言っている場合じゃないよ !
Elaine Bayfery: 何事なの ?
Clainin: ユーの街がやられた !
Clainin: それだけじゃなくて!
Clainin: あの街の裁判所にたくさんの人が捕まっているらしいんだ!
Elaine Bayfery: 本当なの ?!
Clainin: 脱出してきた人たちから聞いたんだ、間違いないよ!
Clainin: 降って湧いたみたいに現れて、
Clainin: あっという間に占拠してしまったらしい
Elaine Bayfery: 向こうの態勢が整う前に・・・
news040924-jp-5.jpg
Elaine Bayfery: 皆さん、ついてきて !

Elaine Bayfery: ユー・・・ユーの裁判所よね・・・
Elaine Bayfery: あったわ !
Elaine Bayfery: ゲートを出します !
Elaine Bayfery: Vas Rel Por - Gate Travel

Trammel Yew

ユーの裁判所として知られる「真実の法廷」への救援部隊に突然なってしまったスカラブレイに集まった一同。しかし、本来はこういった役割が本業の者たちが多いのも確かだ。既にオーク軍によって陥落してしまった真実の法廷へ我々は乗り込んだ。

news040924-jp-6.jpg
正面にある法廷への扉は堅く閉じられていた。

Elaine Bayfery: どこか別の入り口を・・・

Siel: 裏だ!

Elaine Bayfery: 裏 ?

Siel: こっちだー

裏手にある扉は閉じられてはいなかった。
冒険者たちはここから内部へと侵入を果たす。
news040924-jp-7.jpg
Elaine Bayfery: 市民が囚われているのは
Elaine Bayfery: この奥の牢獄でしょう

オークたちの不備に呆れるエレイン。
だが本当に不備なのか?わざとここは開けていたと言うことはないのだろうか。

内部へと進入した我々は牢獄へと伸びる狭い回廊を突き進んだのだが、やはり罠だった!オーク族広い屋外での戦闘よりも狭い回廊での待ち伏せで我々を各個撃破しようとしていたのだ!

Elaine Bayfery: 気をつけて !

先頭を走っていたエレインが危険を察知して立ち止まる。

news040924-jp-8.jpg
狭い回廊にバリケードを張り、オークスカウトの一団が待ち伏せていたのだ。
オークスカウトの放つ無数の矢が回廊に飛び込んでくる!

ここでいったん足止めを食らったが冒険者は突破するに十分な数がいた。
バリケードを避けつつ、なんとか牢獄施設まで抜ける事ができた。

だが、またもや足止め!肝心の牢獄へ抜ける扉にも施錠されていたのだ。

開かないわ !
誰か開錠が得意な方は !

開錠スキルに長けた冒険者が試みるも開ける事はできなかった。
牢獄の扉が容易く破られては法の秩序も無意味なものだしな・・・。

news040924-jp-9.jpg
拳を扉に叩きつけ悔しがるエレイン、だがまだ諦めたわけではなかった。

どこかに手掛かりがあるはず・・・
下で物音が・・・ ?

突然エレインが周囲を見回すと階下へ続く階段へと走った。
・・・私は深夜音量落としてるからなーんも聞こえんやったばい。

階下の物置の一角を睨むとエレインは叫んだ。

Elaine Bayfery: 何かいるわ !

news040924-jp-10.jpg

George: ひぃ

エレインの声に驚き、積み上げられた箱の影から男が飛び出てきた。

Elaine Bayfery: 人間 !貴方は・・・ ?
George: お、おたすけ!命だけは!

いきなり嘆願する男。
ある冒険者曰く「常時ここにいるジョージさん」らしいが、相手がオーク族だったら許しを請うても言葉通じないんじゃないだろうか・・・奴らが理解できるのって僅かな英単語くらいだし。

エレインはこの男なら何か知っているかもしれぬと尋ねた。

George: おお!助けに来てくれたのかい!?
Elaine Bayfery: お聞きしたいことがあるのでけど、良いかしら ?
George: ああ、なんでもきいてくれよ
Elaine Bayfery: この奥の牢獄に続く扉が開かないのです
George: なんだって?
Elaine Bayfery: 貴方、何か心当たりはありませんか ?
George: うーん、そうだな・・・ *考えている*

・・・考え中・・・考え中

George: あっ もしかしたら
George: ・・・ちょっとこっちへ来てくれるかい?
Elaine Bayfery: *落ち着かなげに手を握った*
George: 上だよ

男はエレインの手を取り階段を上がった。
男の向かったのは先ほど開ける事のできなかった扉の横にある看守部屋だ。

Elaine Bayfery: あら、どこにいったのかしら・・・
George: ここだよ
George: たしか
Elaine Bayfery: ・・・ ?
George: この部屋に
George: あったはずなんだが
George: おお、そこだ!

なんと看守部屋には隠されたテレポータが建造されていたのだ。
確かにオーク族はミナックスと協定を結ぶ事で技術供与を受けていた。
テレポータを用いて海を隔てたムーングロウまで侵攻を目論んだ事も記憶に新しい。

George: で、だな さっき怪しいオークが出て行ったんだ
George: こっちだ

ズンズンとエレインを先導する男。
牢獄で働いていた男らしく、構造も良く知っているようだ。

男が連れて来たのは牢獄外壁にある隠し扉のひとつ。

George: えっとだな、たしかここを
George: こうして・・・こうして・・・
George: 開いた!
George: 隠し倉庫にオークが入っていくのを見たんだよ
George: 牢番の奴じゃないかなぁ

news040924-jp-11.jpg

Elaine Bayfery: 行きましょう !

エレイン率いる冒険者一行はブリタニアとロストランドを結ぶ回廊へ!

Elaine Bayfery: ありがとう、貴方はもうここまでで !
George: 礼には及ばないよ
George: まだ牢獄に何人かつかまっているんだ!
Elaine Bayfery: このスクロールとルーンを使って
George: みんなを頼むよ!
Elaine Bayfery: ええ !
news040924-jp-12.jpg

Elaine Bayfery: 進みます !
George: Kal Ort Por - Recall

男と別れロストランドへと抜けた一行だが、そこは大灯台だった。

Elaine Bayfery: 確かに何かがいた気配がするわね・・・

Kaori: 外にオークが!

news040924-jp-13.jpg

我々の追っていたオークらしき姿を発見!
有無を言わさず冒険者たちは襲い掛かった。

Elaine Bayfery: 強いわ・・・ !
Elaine Bayfery: うっ・・・
Elaine Bayfery: ・・・やったわね

単独行動のオーク相手に数に物を言わせて襲い掛かる冒険者。
そしてその死体を必死に漁る!

Caltear: 緑オークマスクがいっぱい...

大量のマスクを入手!
ではなく目的はこいつが持っているはずの鍵束だ。

Elaine Bayfery: この鍵束・・・かしら ?
Elaine Bayfery: もう一度牢に行きましょう

こうして鍵を手に入れた冒険者たちは再びロストランドから真実の法廷へ!

Elaine Bayfery: *鍵を入れた・・・*
Elaine Bayfery: 開いたわ !
Elaine Bayfery: 間抜けな魔物もいたものね・・・

news040924-jp-14.jpg

相変わらず不敵なエレイン。
しかしながらオークが扱うような鍵なら魔法も掛かっておろうはずもなく、数に物を言わせて扉をぶち破っても良かったのではないだろうか?案外間抜けなのはエレイン本人なのかもしれない。

Elaine Bayfery: この鍵・・・
Elaine Bayfery: *鍵束を探っている*
Elaine Bayfery: この鍵でもない・・・
Elaine Bayfery: これ・・・かしら・・・ ?

こうして随分ともたついたものの牢屋へとたどり着いた冒険者たちは捕らえられた人々の解放を行う。オーク族は優しいねぇ・・・敵の突破を許したなら人質ごと施設の爆破でもしそうなものだが。

news040924-jp-15.jpg

Iyona Kondo: 感謝いたします
Elaine Bayfery: さあ他にはもう捕らえられている人はいないかしら ?
Iyona Kondo: 私が最後ですか?
Elaine Bayfery: 分かったわ !急いで脱出しましょう
Iyona Kondo: ああ!よかった!
Elaine Bayfery: 貴方もばくれないようについてきて

Iyona Kondo: ああ!外だわ!
Elaine Bayfery: 大丈夫 ?
Iyona Kondo: は、はい
Elaine Bayfery: *肩で息をしている*

Elaine Bayfery: 一泡吹かせてやったわ!
Elaine Bayfery: 救出した人達は出来るだけ早く街へ返してあげてください
Elaine Bayfery: 私は王宮に報告に戻りますわ
Elaine Bayfery: この様子では、バリケードの建設も急がないと

Iyona Kondo: あっ、待って!
Elaine Bayfery: ・・・ ?

Iyona Kondo: お待ちください、エレインさん!
Elaine Bayfery: どうしました ?

Iyona Kondo: 私も、王宮にご一緒させてください
Iyona Kondo: デュプレ卿はご存知ですよね?
Elaine Bayfery: *訝しげに見やった*

Iyona Kondo: 彼とは昔から親しくお付き合いをさせて頂いております
Iyona Kondo: このような事のあった後で恐縮ですが、
Iyona Kondo: 少しお邪魔して挨拶など出来ればと思いまして
Elaine Bayfery: そう・・ですか

news040924-jp-16.jpg

Iyona Kondo: ・・・ご迷惑でしょうか?
Elaine Bayfery: 彼はここのところずっと城を空けているのですが・・・
Iyona Kondo: そうですか
Iyona Kondo: デュプレ卿はいらっしゃらないのですね・・・
Elaine Bayfery: 残念ですが合うことは出来ないと・・・

Elaine Bayfery: そうだわ、もしよろしければ
Elaine Bayfery: デュプレ卿のお話を伺わせていただけませんか?
Elaine Bayfery: 私はあまり卿にお会いする機会が無くて
Elaine Bayfery: あまり卿がどういう方であるか存じ上げないのです
Iyona Kondo: ええ、そういうことでしたら喜んで

Elaine Bayfery: ではイヨナさん、行きましょう
Iyona Kondo: ええ、参りましょう

Elaine Bayfery: 王宮で少し休んでいくといいわ
Iyona Kondo: ありがとうございます

Elaine Bayfery: それじゃ、皆さん私はこれで失礼しますわ !
Elaine Bayfery: 今日は本当にありがとう

Iyona Kondo: 本当にありがとうございます
Iyona Kondo: 助けていただいて感謝いたします

こうしてユーに囚われた人々の救出に成功したロイヤルガード。
しかしながら、現段階では単発的な作戦しか行えない状況。
一日も早く体勢を立て直し、本格的な奪還作戦を展開したいな。

news040924-jp-17.jpg
Natalie: 最新情報!
Natalie: ロイヤルガードのエレインと冒険者達は、法廷に囚われた人々の救出に向かったよ !
Natalie: ユーの真実の法廷に向かっていた、エレインと冒険者達が帰還した !
Natalie: 法廷に囚われていた人たちの開放に成功したようだ !

なお今回の事件の詳細は以下のサイトでも報告されている。

参照: Viva BUZOKUの「帝国の発見〜異国の婦人とブリテイン防衛作戦〜」
参照: Blue Moonの「人質を救え!」
参照: Another Fantasyの「ユー裁判所救出作戦」
参照: Manor Houseの「イヨナ救出大作戦」
投稿者 Siel Dragon : 2004年10月03日 13:29