2004年10月16日
武刀の天地と細工

武刀の天地で導入される細工生産品の一覧です。

武器

Nunchaku (ヌンチャク)
必要最小スキル:70.0
必要資材:インゴット×3、ボード×8

琉球古武術の代表的な武器のひとつであるヌンチャクは「ヌーゲー」という古来より伝わる馬具が原型です。ヌーゲーは長さ約30cmの三角型に削った木片であり、馬の頬骨を締め付けるように作られています。携帯性に優れた護身用の武器として転用され、型が「受け」から始まることを特徴とします。

照明器具
提灯は光源として内部に蝋燭等を入れ持ち運びを容易にした照明器具の一種です。提灯はその用途から吊り下げ型の「挑灯」、手に携えて扱う狭義の「提灯」、室内に置く「行灯」に大別されますが、細工スキルには和紙を周囲に張った床や卓上に置く「行灯」が三種類追加されます。行灯は「あんどん」とも呼ばれ江戸の庶民文化に溶け込んだ提灯です。

Paper Lantern (紙行灯)
必要最小スキル:65.0
必要資材:インゴット×10、ボード×5

Paper Lantern (紙行灯)
必要最小スキル:65.0
必要資材:インゴット×10、ボード×5

Paper Lantern (紙行灯)
必要最小スキル:65.0
必要資材:インゴット×10、ボード×5

風鐸

風鈴は中国の占風鐸(せんふうたく)という仏具が起源です。占風鐸は竹林に下げて風の向きや音の鳴り方で吉凶を占う道具で仏教渡来と共に日本へ伝わりました。今も寺の四隅には風鐸がかけられており、その音が届く範囲にいる住民の厄を払うとされています。平安、鎌倉時代には貴族邸宅の縁側に下げられ屋敷を守ったとされています。今日の風鈴は江戸風鈴と呼ばれ1700年代に登場します。当時がガラスが希少であった事から大変高価なものであり、現代通貨でいうところの数百万程度はしたようです。風鈴が庶民に浸透したのはガラスが安価となった明治20年以降となります。

Fancy Wind Chimes (風鐸)
必要最小スキル:80.0
必要資材:インゴット×15

Wind Chimes (風鐸)
必要最小スキル:80.0
必要資材:インゴット×15

投稿者 Siel Dragon : 2004年10月16日 16:42