2004年10月16日
武刀の天地と折紙

武刀の天地で登場する「Origami」の一覧です。

折紙とは

折紙は日本発祥の造形物であり、和紙が登場した奈良、平安時代には儀礼や祭事に和紙を折り、使い出されていたようです。儀礼用折紙は平安時代には公家が鎌倉時代には武家が作法として取り入れ、礼法の家元も存在していました。江戸時代になると庶民にも広まり流行する事となります。明治から昭和敗戦までは女学校の教書にも掲載されていました。ちなみに現在一般的な正方形の色紙が登場したのは明治時代になってからの事です。

折紙の入手方法

折紙は武刀の天地で登場する新モンスター「Fan Dancer」が稀に落とす「Origami Paper」をダブルクリックする事で作る事ができます。Origami Paperの入手確率は明らかとされている限りでは1%以下です。折紙はOrigami Paperから自動的に作成され、プレイヤー自身は折り終えるまでどの種類が出来るのかわかりません。また、種類ごとの出現確率も今のところ明らかとはなっていません。

折紙の種類

折紙はベータテスト段階で6種類あったと見られています。

Origami Paper (折紙)
Fan Dancerから入手できる折り紙の元となる紙です。

Delicate Origami Butterfly (繊細な蝶の折紙)
2:1比の紙から折る事の出来る簡単な折紙です。

Delicate Origami Swan (繊細な白鳥の折紙)
代表的な折紙のひとつである折鶴の亜種です。

Delicate Origami Frog (繊細な蛙の折紙)
代表的な折紙のひとつで平安時代には歌人藤原清輔が蛙を折って和歌を送ったとの記述も残されています。

Intricate Geometric Origami Shape (複雑な幾何学模様の折紙)
折紙細工の部品のようにも手裏剣のようにも見える折紙です。


Delicate Origami Songbird (繊細なウグイスの折紙)
訳にはウグイスとしましたが、ツグミやヒバリなどの総称です。

Delicate Origami Fish (繊細な魚の折紙)
画像を見る限り金魚の折紙と思われます。

投稿者 Siel Dragon : 2004年10月16日 19:28