2004年11月14日
オーク軍の略奪

在日シャードのトランメル、ブリテイン北のサーペンツスパウン山脈麓で行われている食料収集ですが、オーク軍の奇襲を受け壊滅状態となりました。

その日、地中からキュルキュルと奇妙な音がするのを耳にした方はいるでしょうか?それこそが今回の事件でオーク軍が投入した大規模な兵器だったのです。先日の北部砦が突破された事件も、この大規模な作戦の為の斥候に過ぎなかったのでしょう。

ブリテインを囲むようにそびえるサーペンスパイン山脈の麓にオーク族の陣地が構築されたのに気付くのが余りにも遅すぎたのです。

news041113-jp-6.jpg

通称オークドリルと呼ばれる歪な掘削機はその外観にそぐわぬ力を備えています。かつてのサベージ戦争では短期間のうちに同じサーペンツスパイン山脈の一画に巨大なダンジョンを生み出したのですから、その能力はいまだツルハシに頼った採掘しかしていない人間よりも優れているでしょう。このオークドリルを護衛するようにオーク族の浸透が開始されたのが今回最初の戦闘となりました。

news041113-jp-5.jpg

オークドリルを稼動させる為に姿を現した採掘担当オークボマー。
炸薬とドリルによる掘削で山脈に穴を穿つのでしょうね。

こうして最初の戦闘が開始されましたが、オーク軍の作戦を妨害する事適わず思わぬ場所から食料搬入所へと侵入されてしまいます。

それは貯蔵庫の床下!突然貯蔵庫から侵入を果たしたオーク軍は悠々と略奪を開始しました。

貯蔵場所を囲っていた柵を容易く破壊してしまうと
news041113-jp-9.jpg
取るなって!
というか、お前器用だな!斧振り回しながらよくそんな重いもん次々と取っていけるもんだ。

勿論、オーク軍の侵入に気付いた市民にとっては堪ったものじゃない。必死に止めようとしますがオークは手早く回収を済ませてしまいました。

news041113-jp-8.jpg
呼ぶなって!

貯蔵庫の略奪を終えたオーク軍は更に侵攻を強め、次は今も搬入が続けられていた櫓の方へと狙いを定めました。必死に止めようとする市民たちですが、オークは次々と破壊を続けながら奪い去っていきます。

news041113-jp-7.jpg
食料強奪を妨害しようと何食わぬ顔で櫓に立つ私。
・・・でもあっさり偽オークだと看破されてしまったのです。
スカウトを呼ばれて逃げ回る羽目になってしまいました。

news041113-jp-11.jpg
こうして、いいように蹂躙されていったのです。

跡に残るは廃屋と化した貯蔵庫と櫓。
news041113-jp-10.jpg
市民の集めた膨大な量の兵糧は一夜にして消え去ってしまいました。

また、今回の作戦で使用されたオークドリルがもともと配備されていたであろうオークダンジョンですが、オーク族が意図的に破壊したのか入り口が完全に閉鎖されていました。
news041113-jp-4.jpg

奇襲作戦の指揮官オークの笑い声が聞こえてきそうです。
戦いはこの一戦で終わりではないのだよ。考えてみよ、我々が送り届けた食料資源の量を。オークはあと十年は戦える。フフフフフッ

投稿者 Siel Dragon : 2004年11月14日 00:02