2004年11月23日
gargish language(ガーゴイル語)

ガーゴイル語(Gargish Language)とは,ガーゴイル族の用いる独自の言語。ウルティマシリーズで初めて体系化された言語でもある。

Gargoyle(ガーゴイル)とは英単語のgargl(ガラガラ声で話す)から派生したもので、ガーゴイル語は俗にガーギッシュとも呼ばれます。

口語のガーゴイル語は若干くだけた表現となり、名詞・動詞・形容詞の違いは身振りとイントネーションとで表されます。またガーゴイル語の柔軟性はガーゴイル語に由来する魔法の呪文からも判るでしょう。例を挙げると「Vas Sanct Lor」はガーゴイル語の「vas saengkt lor」に由来した呪文なのですが、「saengkt vas lor」と言おうと「lor saengkt vas」と言おうと同様の意味となります。ガーゴイル語の特徴は代名詞のような煩雑な言葉は省略し、不定詞を用いる傾向にある事です。人間がガーゴイル語を話そうとした際には「私は君とは以前会った事があるね」を「i est ker i le vid u prae」という風に表現するかもしれませんが、実際には「ker le vid prae」あるいはより慣用句的に「ker prae vid le」と表現されます。

文語のガーゴイル語は口語とは異なり、意味を明確にする為の身振りやイントネーションが備わっていません。したがって名詞・動詞・形容詞には注意が払われますし、時制や状況に応じて接尾詞が加えられます。例えば接尾詞の「-de」はそれ単体で「〜の」を意味しています。以下は一般的なガーゴイル語の接尾詞です。

「-char」
「部位」「部品」「役割」などを意味します。
何らかの用途の道具等の接尾詞として用いられます。
例) 「agrachar」は「攻撃する部品」ですので「武器」と訳されます。

「-de」
「〜の」「〜から成る」「〜のうちの」「〜のための」「〜から起算して」
を意味します。名詞・動詞等を形容詞的に扱う場合に用いられます。

「-ku」
「〜とともに」などを意味します。
名詞・動詞等を形容詞的に扱う場合に用いられます。
例) 「mirku」は「水とともに」ですので「湿った」と訳されます。

「-le」
「終わる」「やめる」などを意味します。
動詞の過去時制あるいは完了時制の際に用いられます。

「-lem」
「〜の者」「〜の物」などを意味します。

「-re」
「始まる」「始める」などを意味します。
動詞の未来時制の際に用いられます。

「-sa」
「〜できる」「〜可能な」などを意味します。

「-tas」
抽象的な名詞である事を強調します。
例) 「amo」は「愛する事」ですが「amotas」とする事で「愛」となります。

「-te」
動詞の現在時制あるいは未完了時制の際に用いられます。

「-ve」
「〜のような」「類似の」などを意味します。
名詞・動詞などを形容詞にする際に用いられます。

ガーゴイル族の名前

ガーゴイル族の大半は名前が職業に由来したものです。「Lorrelinlem(レンズを作成する者)」とは代表的な名前ですし、他にも「Behlem(公正な者)」とは裁判官を意味する職業に由来した名前です。しかしながら、知識階級に位置するガーゴイルにはDraxiusomといった意味不明な名前を持つ者も多くいます。ガーゴイル族の名前の多くは単語集にも多く登場する事でしょう。

ガーゴイル族の文字

other041122-gargish-1.gif

ガーゴイル語の文字は30あり、5の母音と25の子音から構成されています。表にすると5×6の形となり、その並びは発音の類似性から決められています。例を挙げると第一行は左から「p」「b」「m」「f」「v」「u」となっており、これらは全て唇を使って発音するものです。また第一列は「p」「t」「ch」「kl」「k」となっており、いずれも無声音なのです。

「u」は更に母音が続く際には「w」として発音します。「k-u」という綴りで「kuante」の場合のように「ku」と発音する事もありますが、より一般的には「quaz」の場合のように「kw」で「qu」と発音されます。「ny」「nl」「hl」の3文字は単に配列上図表を完成させる為だけに記載されたものと考えられており、実際に用いられた例は確認されていません。

ガーゴイル語には長母音と短母音とが存在しますが、混同されやすい場合を除き通常は区別して綴る事はありません。混同されやすい場合の例を挙げると「uus」は「上げる」を意味するのに対し、「us」は「勤勉」を意味します。

ガーゴイル語の例文

以下はガーゴイル語の例文とその翻訳です。
一段目: ガーゴイル語
二段目: 英語への直訳
三段目: 和訳

Teresta sit lem antende nom.
place-that lie ones not-have-of name.
名も無き者、ここに眠る。

Estatim i perle lorrel re inwislor kodex ad quad.
that-time I used light-change begin make-know-light codex upon cube.
そして私は究極の写本の鏡像を映し出すべくレンズを使用した。

Ante esta terreg man?te mur anish zen.
in that place-home living number strange creature.
その地には奇妙な生物が無数に生息していた。

A qua lemmur wiste, an zen anku vol verde wis.
but what ones-number knowing, not creature not-with wing true-of knowledge.
しかしながら周知のように、無翼の生物は全く賢くはない。

Ante kodex skrile pri ben esh ver res qui quae.
in codex written one well and true answer any problem.
究極の写本には唯一の真実とあらゆる問題への回答が記述されている。

Anvolde lem ansa lok, esh anten skitas de volde lem.
not-wing-of ones not-can speak, and not-have know-ness of wing-of ones.
無翼の者は語れず、有翼の者に無知は無し。

Tu rete ku kli axi: un, or, esh us.
all beginning with three principle: control, passion, and diligence.
全ての理は三原理より生ず。「管理」「情熱」そして「勤勉」である。

Ita anai de axi vidukte trak semde bentas, ord.
thus not-there-is of principle see-guiding toward seven-of well-quality, order.
したがって失われた理とは第七の徳、「秩序」である。

以下はガーゴイル語で用いられる代表的な語彙の一覧です。ガーゴイル文字ではなく発音に応じたアルファベット表記で記載します。

単語: A

a: 「しかしながら」「〜を除いて」「未だに」
ad: 「〜の上に」
ade: 「いかに〜であろうと」「しかしながら」
aglo: 「防具」
agra: 「攻撃する」「当てる」
agra-char: 「武器」
agra-char-in-lem: 「武器工」「刀鍛治」
agra-lem: 「戦士」「衛兵」
agra-tas: 「奮闘する」
ah: 「64」
ai: 「〜がある」「〜がいる」
ai-re: 「〜があるだろう」「〜がいるだろう」
ailem: 「物」「事柄」
ailem-de: 「固形状の」「頑丈な」「確固たる」「絶え間ない」
ak: 「鋭利な」「抜け目のない」
aki: 「タカ」
alb: 「白い」
axi: 「原理」
axi-mur: 「三原理」
ali: 「他方の」「他の」「残りの」
alt: 「深い」
am: 「誠実」
amo: 「愛」
amo-lem: 「友人」「恋人」
an: 「否定する」「無し」
an-ai: 「欠如」「留守」
an-ailem: 「誰もいない」
an-amo: 「嫌う」「憎悪」
an-amo-lem: 「敵」
an-bal-sil-fer: 「偽りの預言者」
an-ben: 「病気の」
an-ex: 「奴隷」「隷属させる」
an-ex-por: 「施錠する」「施錠された」「閉じられた」
an-flam: 「寒い」「水に落ちる」「消す」
an-hur: 「冷静」「静かな」「穏やかな」
an-in: 「破壊する」
an-jux: 「安全な」「罠解除する」
an-kad-sa: 「確実な」
an-kal: 「追放する」
an-kans: 「飢饉」
an-kred: 「疑惑」
an-ku: 「〜なしに」「〜でなければ」
an-lor: 「闇」
an-lor-tim: 「夜」
an-mani: 「傷つける」「傷」
an-mur: 「僅かな」「少数」
an-mur-de: 「僅かな」
an-nax: 「解毒する」
an-nax-ailem: 「解毒剤」
an-ord: 「カオス」「混沌」
an-ort: 「魔法を打ち消す」
an-por: 「停止」「固定する」「休憩する」
an-quas: 「現実」
an-rel: 「静止した」「一定の」「不変の」
an-sa: 「不可能な」「〜できない」
an-saengkt: 「無防備な」「呪う」「呪われた」
an-ten: 「不足」「足りない」
an-tim: 「決して〜ない」「未だかつて〜ない」
an-vol-de: 「無翼の」
an-wis: 「愚かな」「無知な」「忘れる」
an-zen: 「無生物」
an-zu: 「起きる」「目覚める」
aninlor: 「夜」「闇」
anish: 「奇妙な」
anmanivas: 「アンマニヴァス」(固有名詞)
ansikart: 「アンシカルト」(固有名詞)
ante: 「入る」「中で」「中へ」「〜の内に」
aper: 「開ける」
aper-ter: 「扉」「門」
apta: 「適切な」「正確な」
apta-de: 「適切に」
arb: 「潅木」「植物」
arb-flam: 「山火事」
arch: 「弓」
arg: 「銀」
ari: 「凶暴な」
ark: 「隠れる」「逃げる」
art: 「主人」
atri: 「大広間」
au: 「あるいは」「または」
aud: 「聞く」「聴く」「耳」
aud-char: 「歌」
aur: 「金」
aurvidlem: 「アウルビドレム」(固有名詞)
aux: 「助ける」
avatar: 「アバタール」

単語: B

bal: 「邪悪」「悪い」「地獄」
bal-lem: 「悪魔」
bal-sil: 「予言」
bal-sil-fer: 「予言者」
bal-zen: 「モンスター」
beh: 「公正」
beh-de: 「公正な」
beh-lem: 「裁判官」「公正な者」
ben: 「良好」「健在」
ben-de: 「良好な」「健在な」
ben-fin: 「成功」「成功する」
ben-in: 「精巧に作成する」
ben-in-ailem: 「アーティファクト」
ben-in-lem: 「熟練の職人」
ben-in-tas: 「正確性」
ben-mon-tas: 「陣営」「政権」「統治」
ben-om-mani: 「繁栄」
ben-tas: 「徳」
bet: 「小さい」
bet-lem: 「子供」
bet-ter-mir: 「井戸」「泉」
bet-tim: 「時期が早い」「新しい」
bet-zen: 「虫」
betra: 「ベトラ」(固有名詞)
blanc: 「白い」
bolesh: 「ボレシュ」(固有名詞)
brak: 「腕」

単語: C

chan: 「考慮する」
chan-por: 「認める」
chan-por-tas: 「許可」
char: 「部位」「部品」「役割」
char-zen: 「構成員」

単語: D

daemon: 「デーモン」
de: 「〜に所属する」「所有する」「〜の」「〜よりも」「〜のように」
delsa: 「柔らかい」
des: 「減らす」「下げる」「落とす」
des-ailem: 「あられ」「隕石」
des-de: 「〜より下に」
des-in-tas: 「基礎」「土台」
des-lem: 「労働階級」
des-por: 「下がる」
des-ter: 「谷」
des-ter-mur: 「地下世界」
dig: 「指」
dis: 「別々に」「離れて」
don: 「与える」「落ちる」「産む」
draxinusom 「ドラクシニュソム」(固有名詞)
duk: 「指導する」
dur: 「単位時間」
drak: 「ドラゴン」

単語: E

ek: 「6」
equi: 「馬」
er: 「したがって」「そのように」「それほど」
esh: 「〜と」「そして」
est: 「〜です」「存在する」
esta: 「あれ」「あれら」
esta-de: 「そのために」「その上に」
esta-tim: 「当時の」「その結果」
ex: 「自由」「解放」
ex-por: 「解放された」「開錠された」

単語: F

fel: 「不正」「不正な」
fel-tas: 「誤り」「過失」
fel-wis: 「誤りの」「偽りの」「嘘の」「寓話」
feluka: 「フェルッカ」(固有名詞)
fer: 「もたらす」「実をつける」「責任を負う」
fin: 「終える」
firm: 「閉じる」
flam: 「炎」「火」「熱」
flam-tim: 「夏」
fodus: 「フォダス」(固有名詞)
for: 「強い」
foranamo: 「フォラナモ」(固有名詞)
forbrak: 「フォルブラ」(固有名詞)
forlem: 「フォルレム」(固有名詞)
forskis: 「フォルスキス」(固有名詞)
ful: 「壊れた」「衰弱した」

単語: G

gargl: 「ガーゴイル族」「ガーゴイル族の」
glor: 「栄光」
grat: 「感謝する」「感謝」
grav: 「エネルギー」「力」
gres: 「外へ」「出口」
gres-por: 「外出する」「外へ出る」「去る」

単語: H

harm: 「調和」
hiuman: 「人間」
horffe: 「ホルフェ」(固有名詞)
hori: 「灰色の」「太古の」
hur: 「風」「大気」

単語: I

i: 「私は」
ide: 「私の」
ilem: 「我々は」「我々に」「私は」「彼は」「彼女は」「彼らは」
in: 「作る」「原因となる」「〜になる」
in-bet: 「縮む」「集中する」
in-des: 「減らす」「削減する」
in-ex: 「自由になる」「解放する」
in-flam: 「火をつける」「燃やす」
in-hur: 「風が吹く」「〜を吹き飛ばす」
in-jux: 「脅す」「危険に晒す」
in-korp: 「死ぬ」「殺す」
in-lor: 「照らす」「明るくなる」
in-mani: 「癒す」
in-mani-lem: 「ヒーラー」「治療師」
in-nax: 「毒を盛る」
in-ort: 「強化する」
in-ten: 「山」
in-por: 「行く」「来る」
in-por-dis: 「回避する」
in-saengkt: 「保護する」「防御する」
in-vas: 「成長する」「大きくなる」
in-wis: 「教える」「学習する」「研究する」
in-wis-lok: 「解明する」「説明する」「通訳する」
in-wis-lor: 「鏡像を作る」
in-zen: 「産む」「生まれる」
in-zu: 「寝入る」
inforlem: 「インフォレム」(固有名詞)
init: 「始まる」「始める」
inmanilem: 「インマニレム」(固有名詞)
int: 「加わる」
inwisloklem: 「インウィズロクレム」(固有名詞)
ista: 「これは」「この」
ita: 「したがって」「そのように」「それほど」

単語: J

jur: 「誓約」
jux: 「危険」「危害」「ダメージ」
jux-ark: 「危険から守る」
jux-wis: 「警告する」「警告」

単語: K

kad: 「失敗する」「挫折する」
kah: 「献身」
kah-mani-zen-de: 「献身的な」
kans: 「使用する」「消費する」「食べる」
kans-in-lem: 「料理人」
kal: 「召還する」「呼ぶ」「挨拶する」「こんにちわ」「中へ案内する」
kal-ort: 「詠唱する」
kas: 「兜」
kat: 「落ちる」「降る」「崩れる」
ker: 「確かな」
ker-de: 「確かに」
kir: 「円」「サークル」
klar: 「明るい」
klau: 「部屋」「会議所」「公式の間」
klep: 「受け取る」「得る」「盗む」
klep-lem: 「盗賊」「海賊」
kli: 「3」
kli-tim: 「3回」
kodex: 「究極の写本」「コデックス」
kor: 「勇気」
korp: 「死」「死者」
kred: 「信じる」「考える」「考慮する」
kred-don: 「託す」「委ねる」
krill: 「クリル」(固有名詞)
ku: 「〜とともに」
ku-ante: 「〜の中で」「〜以内で」
ku-por: 「統合する」
kul: 「短剣」「ナイフ」

単語: L

lai: 「楽しむ」
lap: 「石」「岩」
laplem: 「ラプレム」(固有名詞)
le: 「終える」「完了する」「できた」
le-in: 「成功する」「獲得する」
le-in-tas: 「業績」「成績」
leg: 「読む」
lem: 「者」
lem-de: 「彼の」「彼女の」「その」「それらの」
lem-mur: 「皆の」「それらの」
len: 「寛大な」「優しい」
len-tas: 「寛大さ」「優しさ」
librum: 「リーブルム」
ling: 「言語」
lok: 「言う」「話す」「語る」
lok-de: 「会話」「議題」
lor: 「明かり」「照らす」
lor-rel: 「レンズ」「水晶」
lor-rel-in-lem: 「レンズ職人」
lor-tim: 「昼間」
lum: 「謙譲」
lup: 「狼」

単語: M

mag: 「重要な」
man: 「留まる」「残る」
man-char: 「遺跡」「遺構」「残骸」「遺骸」
mani: 「生命」「癒し」「生きている」
mani ailem: 「食料」
manu: 「手」
mar: 「海」
mek: 「剣」
mek-lem: 「剣士」「戦士」
mel: 「黒い」
min: 「少数の」「小さい」
mir: 「水」
mir-mani: 「ヒールポーション」
mir-sarp: 「シーサーペント」
mis: 「同様の」
mis-tas: 「均衡」「バランス」
mis-tim: 「同様に」
mis-ve: 「類似の」
mon: 「指導する事」
mon-wis: 「助言」「アドバイス」
mont: 「山」
mu: 「慈悲」
mul: 「自尊心」「うぬぼれ」「高慢」「プライド」
mur: 「多くの」「複数の」「集団」
mur-om: 「社会」「団体」

単語: N

nax: 「毒」「毒に侵された」
naxatilor: 「ナザティロル」(固有名詞)
nash: 「ナッシュ」(固有名詞)
neb: 「霧」
nes: 「要請される」「〜しなければならない」
ni: 「いいえ」「どちらも〜ない」
nom: 「名前」

単語: O

o: 「〜までに」「〜によって」
ok: 「8」
ok-de: 「8番目」
om: 「霊性」
om-de: 「神聖な」
om-jux: 「冒涜する」
or: 「情熱」
orb: 「月」
orb-lap: 「ムーンストーン」
orb-rel: 「月の満ち欠け」
ord: 「秩序」「オーダー」
ort: 「魔法」
ort-lem: 「魔道師」「メイジ」
ort-mir: 「魔法のポーション」
os: 「骨」
ov: 「卵」

単語: P

pa: 「〜までに」「〜によって」
pal: 「青ざめた」「薄い」「限界」
par: 「公平な」「平等な」「同等な」
par-de: 「公平」「平等」「同等」
ped: 「足」
pen: 「5」
per: 「機能」「作用」「働き」
per-sa: 「貴重な」「有益な」
pisk: 「魚」
plu: 「より〜」「最も〜」
plu ben: 「より良い」
por: 「移動する」「移動」「動いている」「〜を持って行く」
por-ailem: 「取得する」「削除する」
por-char: 「脚」
por-mir: 「流水」「川」
Por-Xel-Agra-Lem: 「ゴーレム」
pos: 「ついて行く」「後で」
pos-tim: 「未来」「〜しよう」「〜しましょう」
prae: 「かつて」「先んじて」
prae-tim: 「過去」「昔」「〜でした」
prae-tim-de: 「古の」「古代の」「太古の」
pri: 「1」「単一の」「最初の」
pri-de: 「単独で」
pri-in: 「統一する」
pri-lem: 「領主」「王」「指導者」「支配者」
pri-tas: 「単一性」

単語: Q

qua: 「何が」「それが」「〜のように」
qua-lem: 「誰が」「誰かが」
qua-ter: 「何処で」
qua-tim: 「いつ」
qua-wis: 「何故」「なぜなら」「理由」
quad: 「立方体」
quae: 「問題」「障害」
quaeven: 「クアイブン」(固有名詞)
quan: 「クアン」(固有名詞)
quar: 「4」
quas: 「幻想」「錯覚」「幻想的な」「錯覚の」
quas-korp: 「恐怖」「死の錯覚」
quas-zen: 「幻想生物」「複製生物」
quas-ailem: 「複写」「複製」「再現」
qui: 「何でも」「何も〜(ない)」
quo: 「どうやって」「どれくらい」

単語: R

ra: 「武勇」
rap: 「迅速な」「緊急な」「今」
rap-tim: 「差し迫って」「近い」
re: 「〜ために」「始める事」「〜つもりです」
re-in: 「始める」
reg: 「家」「故郷」
rel: 「変化する」「変化した」
rel-por: 「ムーンゲート」「ムーンゲートによる旅」
res: 「答える」「回答する」
reski: 「覚えている」
rit: 「儀式」「慣習」
rot: 「回転する」「変化する」「捩れる」
ru: 「赤い」
runeb: 「ルネブ」(固有名詞)

単語: S

sa: 「〜できる」「〜可能です」
sadis: 「苦痛」「拷問」
sadis-turn: 「ダンジョン」
saengkt: 「保護」「防御」
saengkt-grav: 「力場」
saengkt-lor: 「目に見えない」「不可視」
sal: 「芽を出す」「飛び出る」
sarp: 「サーペント」「蛇」
sarp-an-zen-ex-lem: 「蛇使い」
sarp-ari-lem: 「猛戦士」「ベルセルク」
sarpling: 「サープリン」(固有名詞)
sek: 「2」「双方の」「2番目の」
sek-de: 「もう一方の」「他方の」
sel: 「選択する」
sem: 「7」
sem-de: 「7番目の」
semi: 「半分」
sent: 「感じる」「感覚」
si: 「もし〜なら」
sik: 「乾く」「乾いた」
sil: 「星」「占星学」
silamo: 「シラモ」(固有名詞)
sini: 「青い」
sinvraal: 「シンブラル」(固有名詞)
sit: 「横たわる」「休憩する」
ski: 「知る」「言う」「知識」
ski-tas: 「知性」「知識」
skis: 「切断する」「裂ける」「別々の」
skri: 「書く」「文献」
skri-lem: 「作家」
sku: 「盾」
sol: 「唯一」「〜を除いて」
son: 「音」
sum: 「〜と思う」「想像する」「もし〜だとしたら」「前提とする」
summ: 「名誉」
sur: 「太陽」

単語: T

ta: 「射る」
ta-re-por: 「ブーメラン」
tablap: 「石版」「鋼片」「厚板」「厚切り」
tan: 「松明」
tas: 「性質」「品質」
te-in: 「続ける」
te-mani: 「生き残る」
te-mani-tas: 「生き残ること」「生存」「残存」
te-per-tas: 「固執」「永続」
tem: 「嵐」
ten: 「持つ」
ter: 「場所」
ter-alt: 「内部」「地下」
ter-ailem: 「水平」「平面」
ter-ante: 「(洞窟の)入口」
ter-ark: 「隠れ家」
ter-esta: 「そこ」
ter-flam: 「暖炉」「焚き火」
ter-hur: 「空」
ter-init: 「本来の」「当初の」
ter-ista: 「ここで」「ここに」
ter-ista-por: 「来る」
ter-mir: 「湖」
ter-mur: 「世界」
ter-ort: 「寺院」「神殿」
ter-por: 「支配域」「岬」
ter-reg: 「大地」
ter-vas-arb: 「森」
ter-zu: 「寝床」「ベッド」
teregus: 「テレガス」(固有名詞)
tim: 「時間」「待つ」
tim-por: 「辿り着く」「来る」
trak: 「〜の方へ」「〜の為に」「〜までに」
trak-por: 「引く」
trak-tas: 「方角」「方向」
tramel: 「トランメル」
tri: 「面白い」
tu: 「全ての」
tu-tas: 「全体」
tu-tim: 「常に」「永遠に」
turn: 「洞窟」

単語: U

u: 「君は」「君の」「君に」
ul: 「最後に」「最後の」
ul-tim: 「究極の」
ulem: 「君たちは」「君たちの」「君たちに」
um: 「闇」
un: 「管理」
ung: 「鉤爪」
urs: 「産む」「実をつける」
us: 「勤勉」
us-agra-lem: 「中隊指揮官」
us-arb-vas-lem: 「農場主」
uus: 「上げる」「上がる」「増える」
uum-lem: 「族長」
uus-por: 「上る」「登る」

単語: V

vaglem: 「放浪者」
valkadesh: 「バルカデッシュ」(固有名詞)
vas: 「素晴らしい」「大きな」「長い」「驚異的な」
vas-ailem: 「全て」
vas-an-ben: 「疫病」「災い」「天災」
vas-an-lor: 「日食」「月食」
vas-arb: 「木」
vas-arg-sarp: 「シルバーサーペント」「銀蛇」
vas-des: 「底」
vas-korp-agra: 「戦闘」「戦争」
vas-mir: 「海」「大洋」
vas-por-ailem: 「震動」
vas-quas: 「混乱」
vas-tim: 「年老いた」「伝統ある」「長年」
vas-uus: 「頂点」
vas-wis: 「偉大なる知識」「驚異的な知恵」
ve: 「〜のように」
vel: 「〜でさえ」「同等の」
ven: 「見つける」
ver: 「真実」「真実の」
ver-de: 「本当に」
ver-in-de: 「完璧な」
ver-vid: 「注意を払う」「尊敬する」
vers: 「大丈夫な」
vest: 「探す」
vest-tas: 「依頼する」
via: 「道」「通路」
vid: 「見る」「目」
vid-lem: 「占師」「シーア」
vid-duk: 「論点」「趣旨」「重点」
viduk-tas: 「看板」
vir: 「緑色の」
vir-mir: 「湿地」「沼地」
vit: 「ガラス」
vol: 「飛ぶ」「翼」
vol-de: 「飛んでいる」
vortex: 「渦巻」

単語: W

wi: 「我々は」「我々に」
wide: 「我々の」
wilem: 「我々は」「我々に」
wis: 「知る」「知識」「知恵」「知性」
wis-char: 「頭」
wis-de: 「賢明に」「抜け目なく」
wis-lem: 「学者」
wis-lor: 「想像する」
wislem: 「ウィズレム」(固有名詞)
wissur: 「ウィズア」(固有名詞)

単語: Z

zash: 「何か」「若干の」
zen: 「生物」「動物」
zen-korp: 「アンデッド」「デーモン」
zen-mur: 「種族」
zen-tu: 「身体」
zhel: 「アイアン」
zhen: 「家族」
zu: 「眠る」「睡眠」
zu-tim: 「冬」

投稿者 Siel Dragon : 2004年11月23日 20:36