2009年09月09日
ヒューバートの身の毛もよだつお話

ヒューバートの身の毛もよだつお話(Hubert's Hair Raising Adventure)とは,ロイヤルシティのクエストで報酬として得られる色表紙の書籍。2009年9月9日に導入された拡張版ステイジアン・アビスにおいて追加された。ウルティマ VI においてロード・ブリティッシュの私室で発見することのできた書籍と同一の内容である。

著者のビル・ピートは日本でも馴染み深い絵本作家であり,ウォルト・ディズニーカンパニーから出された「ピノキオ」「ダンボ」「白雪姫」「ピーターパン」などでキャラクターデザインを担当した。本著はビル・ピートの手掛けた絵本のひとつであり,日本では偕成社より「ライオンのしっぱい」の標題で出版されている。2002年5月11日没。


ヒューバートの身の毛もよだつ物語
文とイラスト ビル ピート

ライオンのヒューバート
横柄な自惚れ屋

特に優雅なたてがみを
自慢したくてたまらない

でもそんな自惚れは
いつまでも続くもんじゃない

結局ライオンのヒューバート
みるみる没落していきました

Hubert's Hair Raising Adventure

by Bill Peet

Written and illustrated by Bill Peet

Hubert the Lion was haughty and vain,
And especially proud of his elegant mane.
But conceit of this sort is not proper at all,
And Hubert the Lion was due for a fall.



2003年01月01日
ウルティマ VI における翻訳
ウルティマ VII における翻訳
2009年09月09日
ヒューバートの身の毛もよだつお話の追加

2003年1月1日 ウルティマ VII における翻訳

ウルティマ VII におけるHUBERT'S HAIR-RAISING ADVENTUREの翻訳。

ライオンの失敗
ビル・ピート著

傲慢で自慢好きの ヒューバート
特に優雅なたてがみが 何よりご自慢
だけどこんな自惚れ 全然駄目
見向きもされなくなっちゃった

ある日岩の上で爪とぎしてると ヒューバット
突然凄い衝撃 駆け抜けた
燃え盛る火花が舞い散り
ヒューバートのたてがみに火をつけた

驚き飛び跳ねた ヒューバート
ジャングル突き抜け  川へ飛び込んだ
泡をブクブクたてながら 焦げたたてがみ もげちゃった

ポカンと口をあける ヒューバート
南の空に昇る 黒煙を眺めてた
耳の後ろに手を当てて 突然恐怖に駆られたよ

もうおいらは身の破滅 どうすりゃいいんだと叫んだよ
死ぬのがいいか あるいは動物園へ入れられるか
誰かに見られりゃ面汚し 早く隠れ家探さなきゃ

HUBERT'S HAIR-RAISING ADVENTURE

by Bill Peet

Hubert the Lion was haughty and vain
And especially proud of his elegant mane.
But conceit of this sort isn't proper at all
And Hubert the Lion was due for a fall.
One day as he sharpened his claws on a rock
He received a most horrible, terrible shock.
A flaming hot spark flew up into the air,
Came down on his head and ignited his hair.
With a roar of surprise he took off like a streak,
Away through the jungle to Zamboozi Creek.
He leaped in kersplash! with a shower of bubbles,
And came bobbing up with a head full of stubbles.
At first he just stared with a wide-open mouth
At the cloud of black smoke drifting off to the south.
Then he felt with his paws just in back of his ears
And he suddenly realized the worst of his fears.
'I'm ruined,' he shouted, 'oh what'll I do!
I'd rather be dead or go live in a zoo!
And if anyone sees me, oh what a disgrace,
So I'd better discover a good hiding place!'

2003年1月1日 ウルティマ VI における翻訳

ウルティマ VI におけるHUBERT'S HAIR-RAISING ADVENTUREの翻訳。ロード・ブリティッシュの私室で発見することができる。

ヒューバートの身の毛もよだつ物語
文とイラスト ビル ピート

ライオンのヒューバート
横柄な自惚れ屋

特に優雅なたてがみを
自慢したくてたまらない

でもそんな自惚れは
いつまでも続くもんじゃない

結局ライオンのヒューバート
みるみる没落していきました

HUBERT'S HAIR RAISING ADVENTURE

Written and illustrated by Bill Pete

Hubert the Lion was haughty and vain,
And especially proud of his elegant mane.
But conceit of this sort is not proper at all,
And Hubert the Lion was due for a fall.

投稿者 Siel Dragon : 2009年09月09日 13:45