2003年02月01日
徳システム

ウルティマ オンラインの「徳システム」に関する説明です。

徳システム概要

ウルティマシリーズとソーサリアの世界観に欠かせぬ重要な概念のひとつに「徳」があります。「徳システム」とは徳に準じた特定の行動をとる事により特殊な能力を発現できるようになるシステムの総称です。

徳システムに関わる「徳」は以下の通りです。
1) 誠実(Honesty)
2) 慈悲(Compassion)
3) 武勇(Valor)
4) 正義(Justice)
5) 献身(Sacrifice)
6) 名誉(Honor)
7) 霊性(Spirituality)
8) 謙譲(Humility)

徳の基本システム

徳システムは共通してペーパードール上の徳アイコンを利用します。

tips050111-virtue3.jpg

このアイコンをダブルクリックする事で「徳のガンプ」が出現します。

tips050111-virtue4.jpg

徳のガンプには8種類のシンボルがありますが、これらはそれぞれの徳のシンボルに一致しています。シンボル上にカーソルを合わせる事でそのシンボルがどの徳を象徴するものなのか確認する事ができるでしょう。また徳には3段階あり、段階が進むにつれシンボルは色づいていきます。

徳のシンボル
tips050111-virtue6.gif 誠実(Honesty)
tips050111-virtue7.gif 慈悲(Compassion)
tips050111-virtue8.gif 武勇(Valor)
tips050111-virtue9.gif 正義(Justice)
tips050111-virtue10.gif 献身(Sacrifice)
tips050111-virtue11.gif 名誉(Honor)
tips050111-virtue12.gif 霊性(Spirituality)
tips050111-virtue13.gif 謙譲(Humility)

徳の称号
それぞれの徳には3段階ありますが、段階ごとに徳の称号があります。徳の称号は徳のガンプのシンボルにカーソルを合わせる事で表示されます。

第1段階: Seeker
第2段階: Follower
第3段階: Knight

また徳のシンボルをダブルクリックする事でそれぞれの徳の力を発現させる事ができますが、これは徳ごとに異なります。

ステータス画面
「Status」ボタンを押す事でそれぞれの徳の状態を確認する事ができます。

tips050111-virtue5.jpg

いずれかの徳を選択すると徳の意義と自身の状態が表示されます。

tips050111-virtue14.jpg

一番上に表示されている10個の赤表示が全て青表示に変化すれば次の段階へと進めます。

徳システムの注意事項
1) 徳は1週間ごとに徐々にポイントが失われていきます。

2) 他のキャラクターの徳のガンプも確認する事ができます。

3) 2005年1月現在未導入の徳システムが依然として存在しています。

徳の概念背景

「徳」とはロード・ブリティッシュがブリタニアの統治者となり掲げた政策です。

徳の政策
徳の政策とはロード・ブリティッシュがソーサリア古来から存在した倫理概念を3つに大別し、更にそれを8つに細分化して国民が遵守すべき倫理観として掲げたものです。ブリタニアの主要八都市にそれぞれの徳を守護させ国家安定を目指しました。

徳の政策への反発
徳の政策は徳によって世界の根源ともいえるエーテルを浄化し邪悪な力を退けるという意図も存在します。しかしながら、ロード・ブリティッシュに政策実行を決断させた理由のひとつに「シャードの融合」があるのです。不滅の珠玉の破壊によって生まれた無数のソーサリアをオリジナルと融合させようという試みはシャードの消滅をも意味します。そしてオリジナルのソーサリアに存在していない多くの市民はシャードと共に消滅してしまうのです。その事実を知り得たロード・ブラックソンは市民を切り捨てようとする徳の政策の中止を訴えますが世界を本来の姿に戻す事を優先するロード・ブリティッシュには聞き入れられず、後に「オーダー・カオス戦争」と呼ばれる長い戦乱が続く事となりました。

徳の公理
徳の公理とはあらゆる倫理観の起源となるものです。
英雄が今日で伝えられるアバタールという聖者へと達した際に導いたのは「無限」という大いなる徳の公理でした。

徳の公理: 無限
公理の象徴: コデックス

徳の三原理
ソーサリア古来から伝わる倫理観をロード・ブリティッシュが大別したものです。

1) 愛(Love)
2) 真実(Truth)
3) 勇気(Courage)

それぞれの原理を象徴する神器が作られて安置されました。

「愛の蝋燭」 エンパスアビー
「真実の本」 ライキューム
「勇気の鐘」 サーペンツホールド

八つの徳
ロード・ブリティッシュは8つの徳を主要八都市に守護させると共にブリタニア各所に八つの神殿を設けました。

tips050111-virtue1.gif

アバタール
その語源はヒンドゥー教のヴィシヌ神の「化身」です。広義には厳しい修行の末に悟りを開いた聖者の意味あいもあります。ソーサリアでは八つの徳全てを修めし者が現れる時世界は救われるという一種の救世主思想ですが、オリジナルソーサリア世界では数多くいた英雄の中でもその境地に辿り付けたのは地球から訪れた異邦人のみでした。

また、八つの徳の何れかを極めた人物はパーシャルアバタールと呼ばれ、聖者に近しい人物とされます。後にアバタールコンパニオンと呼ばれる者たちや国政の重鎮であったロード・ブラックソンもパーシャルアバタールのひとりです。

アバタールコンパニオン
アバタールコンパニオンとはアバタールと共に幾多の苦境を乗り越えた英雄たちです。同時に皆が何らかの徳を修めしパーシャルアバタールでもあります。

マライア: 誠実のパーシャルアバタール
イオロ: 慈悲のパーシャルアバタール
ジョフリー: 武勇のパーシャルアバタール
ジャーナ: 正義のパーシャルアバタール
ジュリア: 献身のパーシャルアバタール
デュプレ: 名誉のパーシャルアバタール
シャミノ: 霊性のパーシャルアバタール
カタリーナ: 謙譲のパーシャルアバタール

背徳の三原理
徳を光に例えればその力が強まると共に闇もまた浮き彫りとなっていきます。アバタールという徳の化身の誕生は不滅の宝珠の欠片は三つの名を宿し、シャドーロードと呼ばれる背徳の化身としてブリタニアへ災厄を撒き散らしていきました。

1) 憎悪 (愛の背徳)
アスタロス (Astaroth)というシャドーロードとなりました。

2) 偽り (真実の背徳)
ファウルネイ (Faulinei)というシャドーロードとなりました。

3) 卑劣 (勇気の背徳)
ノスフェンター (Nosfentor)というシャドーロードとなりました。

八つの背徳
8つの徳が示されると共にその対極に位置する8つの背徳もまた示されました。

tips050111-virtue2.gif

徳に関する備考

徳と色の関係
八つの徳は「愛」「真実」「勇気」からなる三原理から導びかれていますが、三原理はそれぞれ象徴する色を持ち、それはちょうど光の三原色と一致しています。

「愛」を象徴する色は黄
「真実」を象徴する色は青
「勇気」を象徴する色は赤

したがって青(真実)と赤(勇気)が交われば紫(名誉)が生まれるといった風に徳と色は密接なつながりを見せているのです。

三原理とオズの魔法使い
徳の三原理はロード・ブリティッシュが「オズの魔法使い」から発想を得たものです。シャード世界ではあまり知られていないオズの魔法使いですが、オリジナル世界では非常に一般的な文学のひとつとして普及しています。

投稿者 Siel Dragon : 2003年02月01日 16:01