2003年02月02日
ネームカラーシステム

ウルティマ オンラインの「ネームカラーシステム」に関する説明です。

ネームカラーシステム概要

ウルティマ オンラインは数多くのプレイヤーが参加する大規模オンラインゲームですが、様々なプレイスタイルや立場、関係があります。初めて出会うキャラクター相手であってもその立場や関係を視覚的に示してくれるのがネームカラーシステムです。ソーサリアに誕生して間もないキャラクターであれば自身をクリックした際に青く表示された名前が表示されるはずです。

ネームカラーには以下の種類があります。
1) 青色ネーム
2) 灰色ネーム
3) 赤色ネーム
4) 緑色ネーム
5) 橙色ネーム
6) 紫色ネーム
7) 黄色ネーム

青色、灰色、赤色は貴方の行動により変化するネームカラーです。通常のキャラクターは青色ですが、犯罪行為を行った場合には灰色に殺人を繰り返した場合には赤色にネームカラーが変化するでしょう。

緑色、橙色は貴方がギルド所属した際に表示されるようになるネームカラーです。同一ギルドあるいは同盟ギルドのメンバーは緑色に、敵対ギルドのメンバーは橙色に表示されるようになります。

最後に紫色、黄色は特殊なネームカラーで通常のキャラクターがこのネームカラーとなる事はありません。紫色はボランティアスタッフと呼ばれるシステムサイドのキャラクターがプレイヤーの支援やイベント遂行の為に現れる際に姿を現した際に用いられます。黄色は「無敵属性」としても知られゲームマスターが姿を現す際に用いられますし、重要なNPCも黄色となっています。

青色ネーム

青色ネームは通常のキャラクターやNPC、善性のモンスター等に与えられるネームカラーです。

善性のモンスター
善性のモンスターは殺害するとカルマが低下します。プラスカルマのキャラクターに対しては攻撃して来ないもののマイナスカルマのキャラクターに対しては攻撃を仕掛けてくるでしょう。善性のモンスターは青色ネームですが殺人報告をする事はありません。

灰色ネーム

灰色ネームは犯罪者、攻撃者、モンスター、動物等に与えられるネームカラーです。犯罪や攻撃を行うと一時的に灰色ネームとなり、この間は以下の不利益が生じます。

1) 殺人報告を行えない。
2) 神殿やNPCヒーラーで蘇生する事ができない。
3) リコール、セイクレッドジャーニー、ムーンゲートを使用できない。

犯罪者
ソーサリアにおける犯罪行為には以下のようなものがあります。

1) 「窃盗」スキルの使用に失敗する。
完全に成功した場合であっても他のプレイヤーのバックパックから盗み取った場合には相手からは灰色ネームに見えます。この場合には衛兵を呼ぶ事はできないものの貴方が死なない限り継続して相手からは灰色ネームに見え続けるでしょう。

2) 青色ネームのPCあるいはNPCに対して不利益な行為を行う。

3) 灰色ネームあるいは赤ネームに対して有益な行為を行う。

攻撃者
攻撃者としての灰色ネームは相手が灰色ネームや赤ネームであっても適用されますが、犯罪者との違いは攻撃した者と攻撃された者との間でのみそのように見えるに留まる点です。また攻撃者にはPC所有の家に侵入できないという不利益も加わります。

モンスター、動物
人間を除く生物の最も一般的なネームカラーです。

赤色ネーム

赤色ネームは重い犯罪歴を持つネームカラーです。

1) 長期殺人カウントが5以上となったキャラクター
2) 人型の一部NPC
3) 特殊なモンスター

長期殺人カウントが5以上となったキャラクター
プレイヤーが赤ネームとなる唯一の手段は殺人を繰り返す事です。殺人を行い被害者が「殺人報告」を行うと「殺人カウント」が入ります。したがって殺人を行っても必ずしも赤ネームになるとは限りません。このカウントが一定値以上に達するとネームカラーが赤色となるのです。

殺人カウントには「短期殺人カウント」「長期殺人カウント」の2種類があります。殺人報告が行われた場合には双方にカウントが入ります。「短期殺人カウント」は8時間プレイするごとに1減ります。このカウントは現時点ではプレイに影響を与えていませんが、かつては赤色ネームキャラクターのステータス減少時間の目安として利用されていました。現在は赤色ネームキャラクターのステータス減少システムは廃止されています。「長期殺人カウント」は40時間プレイするごとに1減ります。長期殺人カウントが5以上となった場合に赤色ネームキャラクターとなります。

赤色ネームキャラクターには以下の不利益があります。

1) 他のプレイヤーから「正当な」攻撃を受けます。
他のプレイヤーは赤色ネームキャラクターを攻撃しても犯罪者とはなりません。ただし攻撃者としては扱われます。

2) ファセット移動が制限されます。
赤色ネームキャラクターはトランメルルールのファセットへは移動する事ができなくなります。

3) 神殿、NPCヒーラーによる蘇生が制限されます。
但し「カオス神殿」や赤色ネームNPCヒーラーは蘇生してくれます。

4) 徳システムを利用できなくなります。
新たな徳の入手および徳による特殊能力の使用ができなくなります。既に得ている徳のポイントは時間経過と共に減少していくのみです。

5) ベンダーシステムの利用が制限されます。
NPCベンダーは取引を行わなくなります。また自宅のベンダーは雇用費用が増額されます。

人型の一部NPC
多くは攻撃的なNPCです。ブリガンドや処刑人、ローニン、エリートニンジャ等が該当します。またNPCヒーラーの中にも赤色ネームの者がいます。

特殊なモンスター
イベントに登場する特殊なモンスターに使用される事があります。またパブリッシュ29で導入される「都市侵攻システム」に関係するモンスターも赤色ネームで表示されています。


特殊なイベントモンスター


都市侵攻システムのジェネラルモンスター

緑色ネーム

これは「ギルドシステム」による特殊なネームカラーです。
貴方がギルドに所属した場合に自身と同一ギルドメンバー、同盟ギルドメンバーが緑色ネームになります。但しこのネームカラーはギルド関係者のみに表示されるものであり、無関係のプレイヤーには通常の青色、灰色、赤色で表示されています。

また、このネームカラーシステムはNPCギルドへの所属には適用されません。

橙色ネーム

これは「ギルドシステム」による特殊なネームカラーです。
貴方がギルドに所属した場合に敵対ギルド及びその同盟ギルドのメンバーが橙色ネームになります。但しこのネームカラーはギルド関係者のみに表示されるものであり、無関係のプレイヤーには通常の青色、灰色、赤色で表示されています。

紫色ネーム

これは一般プレイヤーがなる事はない特殊なネームカラーです。
このネームカラーはボランティアスタッフや在宅スタッフが利用します。

1) カウンセラー
2) シーア
3) イベントモデレータ


カウンセラー
カウンセラーは常に青系統のローブをまとって出現します。プレイに支障が発生した場合の質問に答えてくれるボランティアスタッフです。日本、韓国といったアジア地域でのみ活動している役職です。


シーア
イベント進行に関わるボランティアスタッフです。カウンセラーのようにローブ姿で現れる機会は少なく、通常はプレイヤーと同じような服装をしたキャラクターで登場します。ローブ姿以外の時のキャラクター名はシーア本人のキャラクター名とは一致していません。日本、韓国といったアジア地域でのみ活動している役職です。


イベントモデレータ
イベント進行に関わる在宅スタッフです。シーアに比べるとローブ姿で現れる機会が多く、プレイヤーと同じような服装をしたキャラクターで登場する事もあります。日本地域以外のシャードで活動している役職です。ただしイベントモデレータに関しては紫色ネームの場合と後述の黄色ネームの場合とがあります。

黄色ネーム

これは一般プレイヤーがなる事はない特殊なネームカラーです。
「無敵属性」とも呼ばれており、ゲーム進行に関わる重要なスタッフやNPCに利用されています。

1) ゲームマスター及びシステムサイドのスタッフ
2) イベントモデレータ
3) 重要なNPC


ゲームマスター


イベントモデレータ

投稿者 Siel Dragon : 2003年02月02日 02:43