2010年01月23日
Merry' Yasagure

メリーヤサグレ(Merry' Yasagure)とは,Wakoku のトランメル世界スネークパスにあるプレイヤーハウス。2002年12月以後,毎年クリスマス時期にMya-a.氏とFLOT氏のコラボレーションによる期間限定バックパックアートが公開されている。

2003年12月19日
Merry' Yasagure(ブリタニアニュースネットワーク)
2004年12月24日
クリスマスバックパックアート
2005年12月19日
クリスマスバックパックアート
2006年12月24日
クリスマスバックパックアート
2007年01月01日
年賀状をいただきました
2007年01月11日
ハッピー・ホリデー スペシャル(ブリタニア☆ウォッチ)
2008年01月02日
クリスマスバックパックアート
2008年01月06日
バックパックアート販売
2008年01月09日
年賀状をいただきました
2008年01月10日
merry yasagure(ブリタニア☆ウォッチ)
2008年01月31日
第3回カスタマイズハウスデザインコンテスト優秀賞
2009年02月01日
新作! バックパックアートの物語(ブリタニア☆ウォッチ)
2009年12月09日
第4回カスタマイズハウスデザインコンテスト応募
2009年12月30日
クリスマスバックパックアート
2010年01月23日
史上最大の!?バックパックアート(ブリタニア☆ウォッチ)

2010年1月23日 史上最大の!?バックパックアート

ハローーー! マーク・エヴァンスですっ。今週はなんと!数々のバックパックアートを展示している『merry yasagure』からの投稿を紹介いたします!

メグ:「こんにちは、メグ・ハマーです」

マーク:「どうもーーーーーー! マーーーク・エッッヴァーーンスです!!」

メグ:「……相変わらず、元気いっぱいですね」

マーク:「それはもう! なんといっても、今週はバックパックアートを展示してるお店『merry yasagure』からの投稿を紹介するわけですから!」

メグ:「ふむふむ。そういえば以前、バックパックアートにはまってるっていってましたね。まだ、やってるんですか?」

マーク:「もちろん! 極めるまでやめるつもりはありませんっ。あ、メグさん、ワタクシの作品ご覧になりますか?」

メグ:「い、いえ、それより今は投稿の紹介をお願いします」

マーク:「おっと、そうでしたね。では、ワタクシの作品は時間のあるときにでも、ゆっくり見ていただくことにしましょう。どれも気合いの入ったものばかりですから!」

メグ:「た、楽しみだなぁ……」

マーク:「それでは、WakokuシャードのTrammel、“44o 50'N, 30o 47,E”にある『merry yasagure』を紹介いたします。mya-a.さんありがとうございます!!」

news100123-etc-1.jpg

今年のmerry yasagureはタロットをテーマにしたバックパックアートで、占いもお楽しみいただけます♪さらに! 2007年度と2008年度の展示をあわせ、史上最大のバックパックアート展示数24個を実現!!会場は3軒ございますので、ごゆっくりとお楽しみください♪なお、2Dクライアントで、いらしていただくようお願いいたします!!(mya-a.)

メグ:「なんとなーく、会場には怪しい雰囲気が漂ってますね。タロットがテーマだからでしょうか」

マーク:「やはり占いというと、神秘的なイメージがありますから、雰囲気も大切だということです」

メグ:「たしかに。占い師って、なんか謎の人物っていうか、神秘的な感じがしますしね」

マーク:「そういう謎の部分というのが、なぜか魅力的に感じたりするのです」

メグ:「わかります。人を惹きつける神秘的な女性っていいですよね〜」 *うっとり*

マーク:「メグさんは、もう少し頑張ってください」

メグ:「なっ!? 失礼な! マークさんにいわれたくありませんっ」

マーク:「ハッハッハ! ところで、今回の新作バックパークアートも、ストーリー仕立てなのでしょうか」

メグ:「うーん、どうなんでしょう。その辺りについては、投稿文では触れられてないですね。でも、今までの流れから、きっとストーリー仕立てだと思いますよ!」

マーク:「なるほど。ワタクシ、非常に内容が気になります!」

メグ:「しかも、今回は『史上最大のバックパックアート展示数』ということで、かなり見ごたえありそうですねっ」

マーク:「ワタクシは地上最強になりたい!!」

メグ:「……そうですか。でも、私がいっているのは“史上最大”です」

マーク:「ちょっと、メグさん! もしかして、ワタクシでは地上最強になれないと思ってらっしゃいます!?」

メグ:「いえ、そうじゃなくて、私は今『merry yasagure』の作品展示数の話をしているんです」

マーク:「では、ワタクシは地上最強になれると思いますか?」

メグ:「え!? あー、それは、まあ、はい」

マーク:「やはり! そうですか、そうですか。ワタクシ、俄然やる気が出てきました!」

メグ:「頑張ってくださいね……」

マーク:「はい! 『merry yasagure』の作品に負けないくらい凄い作品を作って『地上最強のバックパックアート職人』になってみせます!!」

メグ:「あ、バックパックアートの話だったんですね」

マーク:「なんの話だと思ったのですか?」

メグ:「それは、私の口からはちょっと……」


メグ:「それでは、今週はメグ・ハマーと」

マーク:「あなたのマーク・エヴァンスがお送りしました!」

メグ:「皆さん、是非『merry yasagure』の作品を見にいってみてくださいね〜。史上最大ですよ! ブリ☆ウオ!」

2009年12月30日 クリスマスバックパックアート

Wakoku のトランメル世界スネークパスにあるプレイヤーハウス,Merry' Yasagure において,2009年のバックパックアートが公開された。スネークパスと呼ばれる狭い回廊内に,2007年から2009年までの3年間の作品群が展示されていた。

news091230-wkk-4.jpg

今年はタロットカードをテーマとしたバックパックアートを愉しむことができる。

news091230-wkk-1.png

news091230-wkk-2.jpg

news091230-wkk-3.png

2009年12月9日 第4回カスタマイズハウスデザインコンテスト応募

news091209-etc-6.jpg

news091209-etc-7.jpg

news091209-etc-8.jpg

作品No.39 やさぐれハロウィン
mya-a
Wakoku
トランメル
44o 50'N 30o 47'E
ハロウィンには、オバケがいっぱいっ!!オヤツもいっぱいっ!!そしてクモの巣をのぼって、空の上のふしぎな庭へ行けるのです!! もちろん、クリスマスにも♪ 今年も素敵なバックパックアートがたくさん見れちゃうmerry yasagureを準備中!会場は、オバケがいっぱいの、この家です!! 年末には、merry yasagure * Halloweenに遊びにいらしてくださいねっ♪

【応援メッセージ】
-ユニークなお化けたちに顔がユルみます。 ダイナミックなカスタマイズと、夜の水辺に浮かぶロウソクが幻想的で素敵です!

-滝がすごくきれいだと思いました。あと、ハロウィンのかぼちゃのお化けたちがユーモラスで楽しそうです。ただ飾ってあるだけではなく工夫があってこそできる表現かなと思いました。(Hさん/Hokuto)

2009年2月1日 新作! バックパックアートの物語

こんにちは! メグ・ハマーです。 今年もきました『merry yasagure』の新作バックパックアート! どんな内容の物語になっているのか、楽しみですね〜。

メグ:「こんにちは。メグ・ハマーです」

マーク:「こんにちは! マーク・エヴァンスです! 今回はバックパックアートを展示してるお店『merry yasagure』のご紹介です!」

メグ:「あの……。マークさんてバックパックアートがなんなのか知ってるんですか?」

マーク:「失礼な! もちろん知ってますよ! 最近はまってるんですから」

メグ:「そ、そうだったんですか。マークさんと繊細なものってどうしても結びつかないんですよね」

マーク:「ふふふっ。人は見かけによらないということですよ、メグさん」

メグ:「なんでそんなに得意げなんですか。それより早くお店を紹介してくださいよ」

マーク:「おっと、そうでしたね。それではWakokuシャードのTrammel、“40o 36'N, 30o 52,E”にある『merry yasagure』を紹介します。mya-a.さんありがとうございます!」

news090201-etc-1.jpg

merry yasagureは『バックパックアートの物語』を展示しています。 会場のバックパックと、本をご覧いただいて、お楽しみくださいませ。 ご来場は2Dクライアントで、いらしていただくようお願いいたします。 本年は2年ぶんが一度にご覧いただけます!

詳しい場所、ご案内はこちらにございます。 みなさまのご来場をお待ちしております!!(mya-a.)

メグ:「さっそく新作を見てきましたけど、あいかわらず素晴らしかったです」

マーク:「ほんとですね。ワタクシ感動で胸がいっぱいになりました! しかも今回は去年の作品も展示されているので、前作を見てない人には嬉しいですね! それとこれから行く人には、バックパックを順番どおり見るようおすすめします」

メグ:「ところで、さっきバックパックアートにはまってるってマークさん言ってましたけど、このお店に展示されているような可愛らしいものを作るんですか?」

マーク:「いえいえ、ワタクシが作っているのは、もっとこう、熱血!! っていう感じですね」

メグ:「そ、それって。他の人が見ても、ちゃんとなにを表現してるかわかるんですか?」

マーク:「もちろんですよ!」

メグ:「見た人はなんて言うんですか?」

マーク:「みんな『う、うん、なんか気合い入ってるね……』っていってくれます。ワタクシの作品は常に気合いを表現してますからバッチリつたわってますよ!」

メグ:「そうですか、なんかもう、つっこむ気も起きません」

マーク:「そうだ。メグさんもワタクシの芸術を見てくださいよ!」

メグ:「お断りします」

マーク:「なんでですか!?」

メグ:「マークさんのを見たらあたたまるどころか暑苦しくなりそうですもん」

マーク:「……」

メグ:「それでは今週はメグ・ハマーと!」

マーク:「マ、マーク・エヴァンスがお送りしました……」

メグ:「ブリ☆ウォッ!」

ブリタニア☆ウォッチでは皆さんからの投稿を大募集中! お店の紹介やイベントレポート、“こ、これは!?”というものも、 おもしろいって思ったスクリーンショットをドンドン送ってくださいね。我が家の内装自慢も大歓迎。ご応募待ってま〜す!

2008年1月31日 第3回カスタマイズハウスデザインコンテスト優秀賞

第3回カスタマイズハウスデザインコンテストにおいて,優秀賞を受賞した。

news080131-etc-7.jpg

news080131-etc-9.jpg

news080131-etc-10.jpg

news080131-etc-8.jpg

merry yasagure + 2 +
制作者 : mya-a.
シャード : Wakoku
ストレージ: 2924 (大ストレージ)

制作者コメント
毎年、クリスマスシーズンに『バックパックアートの物語』を展示しているmerry yasagureの第2会場です。2Fの会場のバックパックと、本をご覧いただいて、お楽しみください。なお南に第1会場、北に第3会場もございますので、ご来場の際には、2Dクライアントで、第1会場からご覧くださいませ。場所はWakoku:トランメル:40o 36'N, 30o 52,E(第1会場)にございます。ぜひ、遊びにいらしてください!

フィニガン理事からのコメント
まるで神殿のような独創的な美しい形状に審査員一同唸らされましたぞ。私も冬の別荘としてこんな家が欲しいですな〜! またブリテイン市長の座に返り咲いた際には是非とも…………エ〜〜〜クセレントォ〜!!

2008年1月10日 merry yasagure

メグ:「こんにちはー! メグ・ハマーです」

アトランコ:「今日のスクリーンショットは、WakokuシャードのTrammel(44o 39'N, 31o 30'E)にある『merry yasagure』というお店からよ」

メグ:「アレッ? どこかで聞いたことあるお店ですけど……」

アトランコ:「そうそう。いい具合にやさぐれてる、ぬいぐるみがあるお店よ。去年の今頃も紹介したでしょ、メグちゃん?」

メグ:「ああっ、思い出しました! ただのお店じゃないんですよね、確か」

アトランコ:「あそこのバックパックアートは、展示してある順番に見ていくと楽しいのよ」

メグ:「うんうん。ホリデースペシャル特集の時に、アトランコ先生と見に行きましたっけ」

アトランコ:「今年の展示も気になるわ。どんなストーリーなのかしら?」

メグ:「主人公がすっごくけなげでかわいかったのを覚えてます。それじゃ、スクリーンショットとメッセージを紹介しちゃいますね。Wakokuシャードのmya-a.さんからです! ありがとうございましたっ!」

news080110-etc-2.jpg
 
「merry yasagureは『バックパックアートの物語』を展示しています。 会場のバックパックと、本をご覧いただいて、お楽しみくださいませ。 詳しい場所、ご案内はこちらにございます。みなさまのご来場をお待ちしております!!
※2Dクライアントで、いらしていただくようお願いいたします。」
(mya-a.)

アトランコ:「ひさしぶりに見たけど、やさぐれ具合がかわってないわね〜」

メグ:「アトランコ先生すごく気に入ってますねえ。そういえば、去年は見ないと地獄に落ちるとかそういうことも言ってたような……」

アトランコ:「そんなこと言ったかしら? でも、見たらきっと幸せになるわよ〜。見ないと……また地獄に落ちてもいいんじゃないかしら。ウフフ」

メグ:「ま、まぁそれだけ見る価値のあるバックパックアートってことですよねっ!」 *ドキドキ*
アトランコ:「そうよ〜、とっっっても癒されると思うわ」

メグ:「今年は庭もすごいんです。まるで公園みたい!」

アトランコ:「そこに滝に打たれてる人がいるけど、修行でもしてるのかしらね?」

メグ:「どうでしょ。これは温泉じゃないのかなあ……」

アトランコ:「芸術を作る職人だから、滝に打たれて精神を鍛えているのよ。間違いないわ」

メグ:「職人さんって、そんなことまでするんですか?」

アトランコ:「一流の人はね。ううん、知らないけど絶対そう」

メグ:「えー、ちょっと怪しいですが……まあ、そういうことにしておきましょうか! 皆さんもぜひ行ってみてくださいね! 心あたたまるストーリー仕立てのバックパックアートがい〜っぱい展示してありますよっ!」
 
メグ:「今週はメグ・ハマーと」

アトランコ:「アトランコでお伝えしました。ウフフフ」

メグ:「ブリ☆ウオッ!!」


ブリタニア☆ウォッチでは皆さんからの投稿を大、大、大、大募集中っ〜! お店の紹介やイベントレポート、その他おもしろいスクリーンショットなどジャンジャン送ってくださいね。我が家の内装自慢も大歓迎! ご応募待ってま〜す!

2008年1月9日 年賀状をいただきました

昨年に引き続き、今年もFLOTさんから年賀状をいただきました。

news080109-flot-1.jpg

2008年1月6日 バックパックアート販売

年末からクリスマスバックパックアートの公開を行っているワコクシャードのメリーヤサグレ、その三軒目ではバックパックアートの販売が行われており、先日訪れた際に購入させていただいたのだが、本日訪れると再び別のバックパックアートが補充されていた。バックパックアートは大量のアイテム数を使用するから1度に補充できる数も僅か。今回も1作品しか入っていなかった。

ということで購入させてもらう。昨年末にワコクシャードにも家を建てたので、趣味の本収集も心置きなくできるようになったワコクシャード、前々から集めたかったバックパックアートも出来るようになったのが嬉しい。本拠地のムゲンシャードでもバックパックアート職人がいればいいんだが。

2008年1月2日 クリスマスバックパックアート

ワコクシャードにおけるクリスマスの風物詩、「Merry' Yasagure」のクリスマスバックパックアートが今年は若干遅れて公開されていた。FLOTさんの年始報告で公開されていたことを知り向かったところ、今年はなんとスネークパスを真っ直ぐ南から北に三軒構成で公開となっていた。アスカシャードのかすみ亭然り、クリスマス限定公開のハウジングアートも拡張傾向にあるようだ。

スネークパスの南口に建つ一軒目のメリーヤサグレは民家風の佇まい。最初に迎えてくれるのはメリーヤサグレの看板とも言えるバックパックアート、そして庭にあるテーブルに物語を綴った本と共にバックパックアートが飾られていた。

news080102-wkk-1.png

news080102-wkk-2.png

news080102-wkk-3.png

news080102-wkk-4.png

裏手にある二軒目は水辺に浮かぶ大理石の神殿のような施設。

news080102-wkk-5.png

news080102-wkk-6.png

そして三軒目はサーペンツスパイン山脈から流れ出る滝の麓をイメージしたような庭。一軒目から三軒目までで計9個のバックパックアート、更に三軒目の一階層部分には七個のバックパックアートが隠されていた。バックパックアートの販売もやっていたので、思わず購入してしまった。

news080102-wkk-7.png

news080102-wkk-8.png

news080102-wkk-9.png

2007年1月11日 ハッピー・ホリデー スペシャル

こんにちは、サラ・マクラッケンです。真っ白な雪景色の中、みなさんはどんなホリデーシーズンを過ごしましたか? 今回はハッピー・ホリデー スペシャル! 素敵なスクリーンショットを多数投稿していただきましたので、順にご紹介していきます。

「かつて一世を風靡したNQ-duelの風景です。フェルッカで行われている何でも有りの対人とは一線を引き、柔道や剣道の試合で行われているようなクリーンでモラル・マナー重視で楽しめる対人戦です。段々人口も減ってきましたが、12/16には大会も開かれました。 23:00頃が人が1番集まっている時間帯なので是非とも1回取材に来てください」(Gal and Do)

2006年12月16日に大会の開催地NunNu-Gymさんに案内してもらいました。快く案内してくれたcranberryさんに感謝です。

news070111-ask-1.png

マーク:「うっはー! 熱い戦いを楽しんでいるじゃありませんか! 僕もグランドマスターウォリアーの血が騒ぎます! ほら、メグさんもレッツデュエル、デュエラー、デュエリストっ!」
メグ:「ええっ? 私はハンマーを振り回すくらいしかできないし……。でもマークさんがやられ……じゃなくて、戦うのは見てみたいな。それに、紳士でかっこよくて、素敵な人がいっぱいいそう。そんな方から、優しく手ほどきを受けちゃったりなんかしちゃったりして! エヘヘ」

「5年目、5度目の開催になるクリスマススポットmerry yasagureです。クリスマスをテーマにした物語、そしてバックパックアートをお楽しみください!!みなさまのご来場をお待ちしております」(mya-a)

メグ:「ここWakokuシャードのトランメル(40o 36N, 30o 52E)にあるmerry yasagureは、バックパックアートのお店なんですよ。作品にはそれぞれストーリーがあって、見ごたえたっぷり! ねえねえ、アトランコ先生。この主人公の“くまっこ”って、つい応援してあげたくなっちゃいません?」
アトランコ:「そうねえ。私は1階入り口にある動物のオブジェが、いい具合にやる気なさそ〜うに見えて気に入っちゃったわぁん。この店、なかなかレベルが高いわね。 *キラン* お出かけする前に、この店の素敵なバックパックアートを見ると、きっと良いことが起こるわよぉん。いいわね? 必ず見るのよ!見ないと地獄におちるわよ!」

「出会いの草案〜Christmas Edition と題しましてちょっと豪華にクリスマスパーティを実施しました。 初参加のヤングさんから復帰したベテランさん、常連さんまで多数の参加をしていただきました。 クリスマスと言うことで各自プレゼントを持ち寄ってプレゼント交換会をしたのですが、レア,MAF満載ものから、美しいバックパックアート、自作の小説ありと、参加者の心がこもったプレゼントを開けるたびに歓声が上がっていました。 これをきっかけに、良い仲間が見つかることを願っています」(SweetHeart)

モーリス:「プレゼント交換会用に、皆さん色々なものを持ち寄ったそうです。……で、ちょっと遅いですけど、私も用意してきました。どうです、アトランコ先生。私とプレゼントを交換しませんか?」
アトランコ:「あらぁ! 私とプレゼントの交換だなんて、なかなか素敵なこと言うようになったじゃない、モーリス! こんな気軽な集まりだったら、あなたも参加できそうだし、友達ができるといいわねぇん」
モーリス:「私の心配をしてくれてるんですか? ありがとうございます。最近トリンシックによく遊びに行くんですよ。よく喋る人ができて」

「12/29「UOトリビア発表会」が開催されました。各シャードからムダ知識人が集結して「歴史」「人狼」「ペット」「内装」など様々なジャンルからの「ムダ知識」を披露する熱い祭典となりました。今回紹介しきれなかったトリビアのために、第2回の開催の準備も始まっています。次回の開催をお楽しみに!」(Mottie)

news061229-mzh-1a.png

マーク:「とてもためになる“ムダ知識”だったみたいですねえ! 僕を含め、皆さんが知らなかったことがたくさん披露されていたようですっ! 僕もこういう方面には多少の自信があるのですが……」
サラ:「あら? 私だって自信があるわよ。披露された“ムダ知識”の中にも、結構知っていたのがあったんだから。マーク、あなたが聞いたら驚くことも、いっぱい知ってるわよ」
マーク:「ちょ! それ、本当ですか!?」
サラ:「ヒミツ、ヒミツ。ウフフフ」

投稿、ありがとうございました! ホリデーシーズンは過ぎましたが、これからもブリ☆ウオでは皆さまからのスクリーンショットを募集しています。お店の紹介やイベントレポート、その他おもしろいスクリーンショットがありましたら、どしどし送ってくださいね。それでは……「ブリ☆ウオ!」

2007年1月1日 年賀状をいただきました

今年もFLOTさんからは年賀状をいただきました、ありがとうございます。

news070111-etc-1.png

2006年12月24日 クリスマスバックパックアート

やっとこさ「Merry' Yasagure」のクリスマス公開の日がやってきました!今年はなんとイブ当日の公開、随分ギリギリになりましたねぇ。

news061224-wkk-1.png

今回はなんだか温かみのあるおうちの壁際にバックパックが並べられています。

news061224-wkk-2.png

順番に読んでいくと絵本のような感覚です。是非「Merry' Yasagure」へ訪れてみてください。

news061224-wkk-3.png

2005年12月19日 クリスマスバックパックアート

去年はクリスマスイブ当日に訪れた倭国トランメルの「Merry' Yasagure」ですが、今回はちょっぴり早目に取材に赴きました。暇なときに取材しとかなきゃ、時期を逸する可能性大なのです!ちなみに日曜は土曜のスノボで散々すっ転んだせいで首は動かないは全身筋肉痛だは大変でした。一日中ベッドで唸ってました。

news041224-wkk-1a.gif

mya-a殿とFLOT殿の合作バックパックアート絵本がクリスマス時期限定で公開される「Merry' Yasagure」。バックパックアートをさながら物語の挿絵のように本と共に出展するという独創性溢れる場所です。

news051219-wkk-1.jpg

今回は1階と3階にバックパック絵本が設置されています。

1階
news051219-wkk-2.jpg

3階
news051219-wkk-3.jpg

そして、今年のテーマは
news051219-wkk-4.jpg
八徳!

パブリッシュ38で八徳にまつわるクエストが登場したばかりですが、ここにも独自の徳への想いが込められているようです。

news051219-wkk-5.jpg
(インフォメーション本の挿絵バックパックアート)

徳にまつわる8つの物語とその挿絵を是非ご覧になりに来て見てください。

2004年12月24日 クリスマスバックパックアート

去年はBNNのメグハマー氏も取材に訪れていたクリスマスを祝う芸術館とも言える「Merry' Yasagure」を訪問致しました。今年はメグハマー氏の姿は見れぬものの秀逸な芸術の数々は更に磨きがかかっています。

news041224-wkk-1a.gif

クリスマスをイメージした内装に美しいバックパックアート、更に今年は物語の挿絵としてバックパックアートが展開されるという斬新な内容となっています!

news041224-wkk-2.jpg

特に私が気に入ったのがおばあさんのバックパックアート!日頃は醜いと蔑まれるオークマスクも実に美しく見えます!

news041224-wkk-5.jpg

私が訪れたのは丁度クリスマスへ差し掛かる時分。内装と物語を手がけたMya-a.さんとバックパックアートのFLOTさんが居られました。

news041224-wkk-1.jpg

早速おばあさんを絶賛!するとFLOTさんがそのプロトタイプを見せてくれました。

news041224-wkk-3.jpg

このプロトタイプ、実によく出来ているのですが,没になった理由を教えて貰えました。しかしながら,拡張版武刀の天地で登場した新アイテムをふんだんに用いており,美しいものに仕上がっています。

news041224-wkk-4.jpg

2003年12月22日 Merry' Yasagure

ブリタニアニュースネットワークのメグ・ハマーが,Wakoku のトランメル世界スネークパスに所在する Merry' Yasagure へやってきました。

前回のブリタニアニュースネットワークに引き続き,教会特集。

news031222-wkk-3.jpg

そのバッグは特注ですか?

news031222-wkk-4.jpg

バッグの中には雪だるまと本が入ってました。クリスマスの予定帳?どうせこの教会の取材が詰まってるんでしょ?ミエは張らなくてもいいよ!

news031222-wkk-6.jpg

参照: merry' yasagure
投稿者 Siel Dragon : 2010年01月23日 21:17