2007年09月12日
Aaron “Darkscribe” Cohen

ダークスクライブ(Aaron “Darkscribe” Cohen)とは,2006年2月から2007年8月までの期間にウルティマ オンラインのプロデューサーを務めた人物。前任はレディ・ルー(Lady Lu),後任はクリス・ラビドゥ(Chris Rabideau)。

news060225-etc-8.jpg

2006年02月25日
Darkscribeの紹介
2006年02月28日
Darkscribeのプレイ経験
2007年09月12日
Darkscribeの退陣

2007年9月12日 Darkscribeの退陣

Aaron Cohen
11 Sep 2007 19:16:32 EST

ブリタニア市民諸君へ

数年に渡り諸君らに仕えることができたのは私にとって掛け替えのない喜びであり、名誉であった。後髪ひかれる思いではあるが、私は新たな挑戦へ向けて旅立つことをお伝えしなければならない。私はエレクトロニック・アーツにおける未発表の計画に名を連ねることとなり、ウルティマ オンラインのプロデューサを辞さねばならなくなった。この類い稀なるこのゲームの舵取りを"Chris Rabideau"とEA Mythicの友人らに委ねたい。

開発陣としての私は諸君らと袂を分つこととなるが、プレイヤーとして私は再び加わることとなるだろう。私は長く自宅を不在にし、ユーゲート近郊の紅き友人らはその力量を試す機会を与えられずにいたに違いない。まもなく諸君らのもとへ帰ろう!

諸君らに幸運と繁栄のあらんことを!

From the Pen of Darkscribe - A Farewell Aaron Cohen 11 Sep 2007 19:16:32 EST

To The Citizens of Britannia,

It has been my great pleasure and honor to serve you these past years. Now, with a heavy heart, I must announce that I am moving on to a new adventure, a new challenge that has called me to service.

I have begun work on a currently “unannounced project” with a new EA team and will no longer be the producer of Ultima Online. I’m turning over the reigns of this magnificent game to Chris Rabideau and my friends at EA Mythic. You are in good hands.

And while I’ll be leaving you as a member of development team, I’ll be rejoining you as a player. My house for too long has gone unattended and my red friends outside of Yew gate have for too long gone untested. I will be back among you soon.

I wish you good fortune and prosperity.

See you in Britannia!

Aaron “Darkscribe” Cohen

2006年2月28日 Darkscribeのプレイ経験

Darkscribe自身に対人戦用キャラクターを作ってみろという挑発に薪をくべるつもりはないのだが、既に彼は対人戦キャラクターを持っているし、1、2度は諸君らを討ち倒した経緯もあるはずだ。彼は決してウルティマ オンラインとその中で繰り広げられる対人戦に無知な新参者というわけではない。彼は諸君らをしっかりと導いてくれるに違いない。

また、彼が忍者役を演じたのは事実だ。尤も私のホッケースティックを握る忍者には到底及ばないがね。彼はエレクトロニック・アーツ社首脳陣の意向に沿い責務を負ったのだ。彼からの報告書とエレクトロニック・アーツ社から伝わる財務と人員縮小の最新情報とを見比べてみて判断するに、ウルティマ オンラインは今現在良い状況下にあるようだ。いや、ウルティマ オンラインは非常に好条件で開発に臨めているというべきか。

回答となり得るか否かは判らないが、今後数ヶ月に予定されている計画の中にあって不正なツール利用やチートへの対処の優先順位は極めて高い事はお伝え出来る。

諸君らの中には予定されている対人戦調整として挙げられている項目の幾つかを快く思っていない方もおられよう。諸君らの挙げる提案にも共感し得るものがあるのは確かだが、全ての変更項目が検証されるに至って初めて諸君らは対人戦調整の全貌を掴めるという事は忘れずに願いたい。Mr Tactは非常に賢い男だし、何よりウルティマ オンラインを愛している。MrTactは最善を目指して変更に臨んでいるし、全ての検証を終えたとき諸君らは大いなる歓喜と共に対人戦に数多くの愉しさを見出してくれると私は考えている。

今年はウルティマ オンラインにとって偉大なる変革の年となるだろう。そして諸君らは喜びで震えるに違いない。

Not to throw fuel on this fire, but he does have a (or several) PVP characters and he has probably owned you once or twice. He is no noob at UO or PVP. You are in good hands with him at the helm.

And yes, he was the ninja (Not as good as my hockey stick ninja) and he has been responsible for bringing UO back to the “line of sight” for the EA Execs. UO is in a good place right now, just read his letter and compare that to the other recent news from EA (concerning financials and staff reductions) I would say that UO is in a pretty good spot.

And I don't know if it has been answered, but yes, scripters and cheaters are HIGH on the list of things we will be taking action against in the coming months.

Yes, some of you may not like the sound of some of the PVP changes, some of you love the idea, but you won’t know how it actually plays out until it is all on test. MrTack is a very smart man and he loves this game. His changes are for the best and I think the final product (after it has been tested) will be a huge win for everyone and should make PVP a lot of fun for everyone.

This year holds lots of great things for UO. I think you will all be pleasantly surprised.

Binky_EA
Online Community Manager, All Things Ultima
02/27/06 10:31 AM

2006年2月25日 Darkscribeの紹介

新年と新チームと新プロデューサと新案と
諸君らはとある役職の活躍に大きな不満を感じて自ら跪き、懇願に満ちた目で自らがその役職に就く事を文字通り請い願った経験をお持ちだろうか。「望むべきものにこそ注意を払え」との戒めの真意を読み取っているだろうか。私はどちらの問いにもはっきりイエスと回答することが出来るだろう。

こうして私はウルティマ オンラインの新プロデューサへ就くに至った。私はエレクトロニック・アーツ社内で過去8年間に渡り様々な役職に就いてきた。RRのディレクターも経験したし販促部門のディレクターも経験したし、E3のデモも担当もやったしスクリーンショットの作成もしたし、宣伝コピーも作ったし、パーティ企画もしたし、忍者にもなったし、プレスリリースやパワーポイントも手掛けたし、珈琲汲みだってやった。そして「Command & Conquer Tiberian Sun」拡張パッケージでは声優となり主要な悪役を担ったよ。

8年を経て私はやっと夢見ていた仕事に就く事ができた。グラフィックや技術の魔術師たちと共に新たな世界の創造を手掛けるのだ!いや、この場合は世界律を正し改善していくというべきだろうか。私は出席した会議の場ではドラゴンが倒れた際にはどの程度の戦利品を落とすべきかに熱心な議論が交わされていたが、世界創造から武器の攻撃速度に至る議論で給与が得られる事には驚かされるね。

そして、新顔は私だけに留まらないことにも触れておこう。ウルティマ オンラインには新ライブチームが発足しており、今後数年間に渡り諸君らと付き合っていくこととなる。我々は熟練の衛兵と新人、熟練した戦上手たちが結集した混成部隊なのだ!

新ライブチームリードには想像し得るに最高位の経歴を持つ「Randy Eichman」が配された。Randyはクライアント・サーバ型ゲームの第一人者だ。

新ライブチームのリードデザイナーにはご存知「Tim "MrTact" Keating」が配された。Timは数週間前まではエンジニアリング専門だったが、今や現行のウルティマ オンラインに創造的な構想をもたらすディレクター立場にあるのだ。

我々のチームは拡大を続けるだろうし、今後2年間に渡る計画を作成して我々の目指す道とその方策についての指針を示そうと取り組んでいる最中にある。2006年の包括的な計画に関しては公式サイト上やニュースレター、タウンホールミーティングを通じてお伝えしていこう。今回の場においても幾つかお伝えできる新情報があるから紹介しておこう。

1) パブリッシュ40は4月の公開を予定しているが、対人戦の調整と修正、そして幾つかの新機能導入を計画している。パブリッシュ40は公式に対人戦パブリッシュと位置づけているが、中には複数のパブリッシュを通じて実施せねばならない項目もあるだろう。MrTactと対人戦調整特設チームは現在、今後数週間の予定を考えている最中だが、彼らの計画は実に素晴らしいものだ。まもなく詳細をお伝えできることだろう。

2) 年間を通じた我々の目標や決意、腕に刻んだタトゥは「より頻繁にログインして貰うに足る充分な理由を提供しよう」という事だ。ときには新たなものを導入するだろうし、ときには従来から関心が寄せられているものに対処しよう。その時々のパブリッシュに於いて様々なプロジェクトを提言していこうと考えているのだ。対人戦の劇的な変化は「ログインする理由」として充分に認められる変化だろうし、コミュニティチームがゲームマスターやイベントモデレータの協力を得て実施検討している新シリーズイベントも同様だ。まもなく目にする機会に恵まれるだろう。

諸君らがウルティマ オンラインをプレイしてくれることに感謝し、共に同じ道を歩んでくれることに感謝し、そして今後提供してくれるであろうフィードバックやアイデアにも予め感謝の意を伝えておきたい。我々は素晴らしい仕事をしてみせ、諸君らを驚かせてみせよう。

「Lady Lu」の進退を心配して下さっている諸君もいることだろうが、彼女はより大きな重責を担う立場を担っている事をお伝えしておこう。彼女は数週間前に可愛らしい元気な将来のウルティマ オンラインプレイヤーの母親となった。彼女は素晴らしいウルティマ オンライン プロデューサであると共に産みの親となったのだ。私は彼女同様に力強く、規律を重んじる誠実な仕事をしていきたいと考えている。

New Year, New Team, New Producer, New Ideas

Have you ever wanted a job so bad that you’d literally beg for it, down on your knees, hands clasped in front of you, pleading in your eyes? Have you learned the true meaning of the phrase: “Be careful what you wish for?” I can honestly answer both questions with a hardy “yes-in-freakin’-deed.”

So here I am, the new producer of Ultima Online, after eight years of working for Electronic Arts in various ways, as a PR director, marketing director, E3 demo monkey, screenshot taker, the press tour guy, the ad copy guy, party thrower, ninja, press release scribe, Powerpoint giver, coffee runner, and once, voice actor. (I did a bad celebrity impersonation in the expansion pack for Command & Conquer Tiberian Sun.)

It took me eight years, but I’m finally doing what I’ve always wanted to do, working with artistic and technical wizards to build worlds, or in this case, make a world better. I sit in meetings all day and marvel that we get paid to talk over and argue about topics ranging from world building to swing speed to immersion to how much treasure should a dragon drop when hit in the head.

And I’m not the only new face. There is a whole new Ultima Online Live Team that you’ll be getting to know over the next few years. We’re a mix of old guard and new blood, war weary vets and bright-eyed young recruits who can’t wait to jump into battle.

The new Live Team lead engineer is Randy Eichman, a seasoned game vet with one of the most impressive resumes imaginable. If you want to build a client-server game, Randy is one of the first guys you’d hire.

Our new Live Team lead designer is someone you already know, Tim “MrTact” Keating. Tim was a pure engineer mere weeks ago, but now he is officially the creative visionary for all things UO Live. He’ll still code here and there, but these days he’s mostly the official director of fun for UO.

We, a growing team, are deep into planning out the next two years, mapping out what we want to do and how we’re going to do it. We’ll be talking about our full plan for 2006 in upcoming website posts, newsletters and live town hall meetings. There are a couple things I can say about the near future:
Pub 40, due out in April, will be chock full of PvP changes, fixes and perhaps a new feature or two. It is officially “The PvP Publish,” though some things we want to do could take multiple publishes. MrTact and the PvP Strike Team have been plotting for a few weeks now, and the plan they’ve put together is looking good. More news on that soon.
Throughout the year, our goal, our guiding motto, the slogan that will be tattooed to our forearms, is this… “More reasons to log in, more often.” That means we’ll be alternating between a variety of projects each publish, sometimes introducing new features or content, sometimes addressing old concerns. Dramatically improving PvP definitely qualifies as a “reason to log in” as do a new series of in-game events that the Community Team is putting together with help from the GM and EM teams. Those will be coming very soon.
So, thanks for playing Ultima Online, thanks for staying with us, and thanks ahead of time for all the feedback and ideas you’re going to give us. We’ve got some big surprises in the works.

If you are wondering what happened to Lady Lu, she’s taken on a much bigger, more important role. She became a mother a few weeks ago to a beautiful, bouncing future UO player. She is an amazing producer and I hope I bring as much energy, discipline and smarts to the job that she did.

Cheers!

- Aaron “Darkscribe” Cohen

投稿者 Siel Dragon : 2007年09月12日 22:58