2008年03月08日
北斗祭り(3)

北斗祭り(Hokuto Matsuri)はホクトシャードにおいて2005年7月より毎月1回の頻度で開催されているフリーマーケットイベント。毎回異なる街で開催する形式を採用しており、ホクトシャードではトランメル世界の街を興行してまわった北斗キャラバン(2004年12月終了)以来のフリーマーケットイベントとなる。

過去ログ
北斗祭り(1)
北斗祭り(2)

2007年07月14日
第25回北斗祭り
2007年08月11日
第26回北斗祭り
2007年09月08日
第27回北斗祭り
2007年10月13日
第28回北斗祭り
2007年11月09日
第29回北斗祭りのお知らせ
2007年11月10日
第29回北斗祭り
2007年12月08日
第30回北斗祭り
2008年01月07日
第31回北斗祭りの宣伝
2008年01月11日
第31回北斗祭り
2008年02月09日
第32回北斗祭り
2008年03月08日
第33回北斗祭り
2008年04月12日
第34回北斗祭り
2008年05月10日
第35回北斗祭り

2008年5月10日 第35回北斗祭り

第35回北斗祭りは2008年5月10日22時よりホクトシャードのトランメルマジンシアにおいて開催されたフリーマーケットイベント。今回はマジンシアの議事堂前に三匹のシーサーペントが出現していた。私は睡魔に抗うことできずベッドに撃沈していたため不参加。

news080510-hkt-1.png

news080510-hkt-2.png

news080510-hkt-3.png

news080510-hkt-4.png

news080510-hkt-5.png

2008年4月12日 第34回北斗祭り

第34回北斗祭りは2008年4月12日22時よりホクトシャードのマラスアンブラにおいて開催されたフリーマーケットイベント。今回はアンブラの町並みに赤い桜の木々が出現していた。

news080412-hkt-4.png

news080412-hkt-5.png

news080412-hkt-1.png

news080412-hkt-2.png

news080412-hkt-3.png

2008年3月8日 第33回北斗祭り

第33回北斗祭りは2008年3月8日22時よりホクトシャードの徳之諸島禅都において開催されたフリーマーケットイベント。禅都での開催といえば通常は中央広場を中心に展開されるのだが、今回は東寄りの位置取りだった。

そのため本部席も東寄りの厩舎そば。まずここでパンフレットをもらうことから始まる。

news080308-hkt-1.png

本部席から東へ向かった禅都南東端。ここには今回の特設酒場が用意されていたのだが、実際には利用されることなくその手前で営業されていた。

news080308-hkt-2.png

禅都にあわせたこじんまりとしつつ雰囲気のある特設酒場であったのだが、肝心の料理や酒をテーブルに置くことができないという酒場として致命的な問題があったようだ。私も試してみたが、確かに自分の足元へ落ちてしまう。雰囲気は良かっただけに残念、次回は実用性も兼ね備えて欲しい。

news080308-hkt-3.png

この酒場を北へ向かった橋のところには、今回の特設露店エリアがあった。だが、どうしても外延部とのイメージが強いためか客足は広場の方へ向いてしまっていたようだ。この露店のために橋から追い出されてしまったネクロマンサーのダニエル君はしょんぼり。

news080308-hkt-4.png

news080308-hkt-5.png

中央広場周辺にもいろいろな露店が展開されていた。

news080308-hkt-6.png

news080308-hkt-7.png

news080308-hkt-9.png

そして、中央広場を占拠していたのがホクトシャードの名物とも言える奇妙な集団。こっそりオークも混じっていますが。

news080308-hkt-8.png

今回は中央広場の東手にステージが設けられていた。柔道はできないとのこと。

news080308-hkt-10.png

無事閉会式を終えた町並を散策していたところで、リンリンさん、あやまひかるさん、カスミンさんからなる絵師集団から手招きされる。どうやらダイスを振って出た目で誰が描くかを決めるという似顔絵行商のようだったが、どの目を出しても私の絵は強制的にあやまひかるさんが描くことになるというオチ。押し付け合いに収拾が付かないようだったので、全員で描けばよいよ、と私のナイスアイディアを炸裂させ、結局全員が描くことになるのだった。

news080308-hkt-11.png

最後に、何故か並び始めて行軍を開始するホクトプレイヤーの図。

news080308-hkt-12.png

2008年2月9日 第32回北斗祭り

news080208-hkt-1.png

news080208-hkt-2.png

news080208-hkt-3.png

2008年1月11日 第31回北斗祭りの設営

2008年初の北斗祭りが2008年1月12日22時よりホクトシャードのトランメルエンパスアビーで開催されることから事前の設営が行われた。本部はエンパスアビーの南手に位置するワイナリーの前。最近では特設シャードWinterlandにおいても会場のひとつとして利用されていた場所でもあり、過去にはヤマトシャード最大の祭り、大和文化祭で利用された場所でもある。今回は新年を迎えたということで基調色は紅白。テーブルの下には赤と白のランタンが置かれていた。また、昨年末より各地で観測されてきた雪も会場周辺で確認されている。だが、大規模な積雪は観測できていない。今年は暖冬なのだろうか。

news080111

露店のために用意されたテーブルは本部の北手、エンパスアビーの南壁に沿って用意されていた。こちらも紅白のテントがはられている。

news080111

ワイナリーの北側には厩務員も訪れていた。徳之諸島風の赤い衣装に身を包んでおり、北斗祭りを象徴するファイアー色の帽子との組み合わせが異彩を放つ。厩務員の脊には真っ白なクルミの木が立っていた。地に降った雪は大した積雪とはなっていないが、この木の周辺には集中豪雪があったのだろうか。

news080111

しかし、視界に北斗祭りの肝であるステージがない。今回は本部、露店、厩務員の距離が若干離れ気味だから、ステージもちょいと離れた場所に設けられているのかもしれない。そう思って周囲を捜索したところ、厩務員の北、葡萄園を抜けたエンパスアビーに巨大な階段が見つかった。視界に入った瞬間には太陽の神殿があるのかと思ったよ。この階段をあがったエンパスアビー屋上が今回のステージ。ここにも雪が降った跡があるし、カーテンはやはり紅白。

news080111

news080111

2008年1月7日 第31回北斗祭りの宣伝

新年明けて最初の北斗祭りの広報がニューヘイブンで開始された。金色装束を身にまとった北斗祭りスタッフが早くもパンフレット配布をしていたようだ。残念ながら、私が帰宅したときにはスタッフの姿はなく、パンフレットがニューヘイブンの一角に積み上げられていただけだったが。

news080107-hkt-1.png

2007年12月8日 第30回北斗祭り

第30回北斗祭りはホクトシャードのトランメルブリテイン郊外において開催されたフリーマーケットイベント。12月の開催ともあって積雪とホリデーツリーの飾りつけが確認された。また、装飾の基調色は一足早くクリスマスの赤と緑に統一されている。

news071208-hkt-1.png

特に圧巻であったのは南北に伸びる巨大ステージ。観客からステージを見下ろすという特徴的な構造となっていた。通常は厩舎の放牧が行われる柵があるのみの場所を利用している。各所に飾られている巨大な紅い花は2007年12月5日付けで第15回ショップ・タウン アワード敢闘賞を受賞したFlower**MのMerodyさんがメロメロ日記で紹介していた巨大ポインセチア、通称メロンセチア。Flower**Mはヤマトシャードのお店ですが、このような形でシャードを越えた紹介が行われていた。また、中央部のステージ部分は夜になるとライトアップされるようになっていた。

news071208-hkt-2.png

news071208-hkt-3.png

news071208-hkt-4.png

news071208-hkt-7.jpg

ステージの西手には露店用テント、東手には酒場用施設が用意された。

news071208-hkt-5.png

news071208-hkt-6.png

2007年11月10日 第29回北斗祭り

第29回北斗祭りは2007年11月10日22時よりホクトシャードのマラスルナ南で開催されたフリーマーケットイベント。ルナ南のバッグボールコート周辺にある広大な平野部を利用したもの。当日行われた会場設営では設営見物に集まった市民が事故に巻き込まれた。ムゲンシャードからやってきたLISAさんや、ご当地ホクトシャードの絵師ナマクラさんが被害を受けた。

大理石に生き埋めの採掘師LISAさん
news071110-hkt-1.jpg

業火に晒される絵師Namakuraさん
news071110-hkt-2.jpg

バッグボールコート正面口前には北斗祭り本部席と厩舎、北手には舞台、酒場、露店といった施設が用意された。今回は秋らしいシックなツートンカラー。派手なファイアーカラーを基調とする北斗祭りスタッフの衣装とは対照的。

news071110-hkt-3.png

news071110-hkt-4.png

news071110-hkt-5.png

正式な開催時間は23時半までの1時間半だが、その後はブリタニアでの祭りを盛り上げる絵師や芸人が残り、歓談していた。

news071110-hkt-6.png

news071110-hkt-7.png

news071110-hkt-8.png

2007年11月09日 第29回北斗祭りのお知らせ

第29回北斗祭り in ルナ
2007-11-10 22:00〜23:30

★★重要なお知らせ★★
 GMコールは運営の方で行います。
 コール先が混乱しますので出店者様・お客様からはご遠慮いただけますようご協力お願いします。
 荒らし行為があった場合は運営スタッフまで。

■概要
 2005年7月からはじまった月イチ開催のフリーマーケット(毎月第二土曜日 22:00〜23:30)です。
 揉めごとの起こらない範囲で自由に楽しんでください。

詳細:当サイト参照
http://hokutomaturi.blog77.fc2.com/

■出店について
・露店やゲーム等の催し物など、お店の種類は自由です。
・場所については早い者勝ちとなります。
・出店の際、事前連絡等は不要です。誰でも自由に参加してください。
・設置されたステージはご自由にお使いください。
・一般用BBSへ広告を出して頂ければ、運営配布の宣伝パンフレットに広告を掲載します。

■運営側より
・活動中の運営メンバーは目印としてファイア色の帽子とエプロンを着用しています。
・当日、ゲート輸送を手伝っていただける方を募集しています。
・死にルーン対策のため、ルーンは一切撒きません。

■注意事項
・乗り物はラグの原因となりますので、厩舎に預けるようご協力ください。
・祭り閉会後は会場美化のため清掃にご協力ください。
・質問などありましたら、当サイトの一般用BBSまでどうぞ。

2007年7月14日 第25回北斗祭り

7月14日22時より北斗トランメルベスパーにおいて「第25回北斗祭り」が開催されました。

news070714-hkt-12.png

news070714-hkt-1.png

今週末は金曜に一足早く開催された大和ダイナマーケットを皮切りに出雲のべスパー壱の市、そしてこの北斗祭りと数多くの破片世界で催しが行われました。

破片世界の違いこそあれ、ちょうど出雲の壱の市と同日に同じ場所で開催することになった今回の北斗祭りですが、本部席の配置は異なってました。出雲であれば橋から向かって一番奥にあたる海岸線に本部席があるんですが、北斗では橋を渡ってすぐの場所。ちょうど出雲では特設厩舎が用意されてる場所です。

news070714-hkt-2.png

本部席とは道を挟んで北側に厩務員もファイアー帽子を被って立っていました。

news070714-hkt-3.png

当初はなかった奇妙な蛇行の柵。どこぞのアトラクション前を彷彿とさせます。

news070714-hkt-9.png

そして道なりに東へ進むと何故か大きなゲート。これは桜で開催されるげこげこれーすのゴールに用いられるゲートと酷似していますね。でもこちらはあくまで入口。

news070714-hkt-4.png

露店用スペースは北と南に用意されていました。南側にはステージや酒場に近いんですが、北側はぐるりと大回りしないと辿り着けないので、立地的にはよろしいとは思えない悲しい場所でした。

北側
news070714-hkt-5.png

南側
news070714-hkt-6.png

酒場は海岸線に変則的なカウンターが用意されていました。

news070714-hkt-7.png

そして一番広い空間にはステージという配置でした。

news070714-hkt-8.png

ちなみに私自身はあまり露店を回る暇もなくて、最後に絵描きのナマクラさんの行列付近でみんみんさんとお話した位でした。残念。

news070714-hkt-10.png

ところで、ステージの脇にあったバナーなんだが
news070714-hkt-11.png

北斗祭りが初めて開催されたのって2005年の7月じゃなかったっけ?

投稿者 Siel Dragon : 2008年03月08日 23:07