2012年09月28日
Richard "Lord British" Garriott

Richard "Lord British" Garriottとは、コンピュータ・ロールプレイングゲーム,ウルティマシリーズの製作者。高校時代のサマースクールでイギリス訛りのある英語であることからブリティッシュと呼ばれ、後のゲーム内キャラクターにしてリチャード自身の分身と位置づけられるロード・ブリティッシュが誕生する。

2007年07月30日
リチャード・ギャリオットの談話
2007年10月01日
リチャード・ギャリオットの宇宙旅行計画
2008年10月24日
リチャード・ギャリオットが地球へ帰還
2010年02月18日
リチャード・ギャリオットがSNSゲーム会社を設立
2012年09月28日
リチャード・ギャリオットの思い出

2012年9月28日 リチャード・ギャリオットの思い出

ウルティマ オンライン15周年を記念して、リチャード・ギャリオットの思い出が掲載された。古いプレイヤーであれば、どこかで読んだことのある内容。この物語ってどこで読んだんだろう、初期の攻略本か何かかしら。

リチャード・ギャリオット氏から寄せられた思い出
エッセイコンテストやボニーが今週公開した思い出に加え、私たちはリチャード・ギャリオット(Richard Garriot)氏にも何か思い出を書いていただけないかとお願いしました。そして親切にも2つの思い出を寄せていただいたので、ここにご紹介いたします。


あるシーフ

UOが始まって間もないある日のこと、私は頼まれてゲームマスター(GM)としてGMたちを手伝っていました。ある女性からのヘルプリクエストが画面に表示され、そこには次のようなことが書かれていました。
「あたし、UOをプレイするのは今日が初めてなんだけど、街から出ようとすると、毎回必ずシーフに荷物を全部盗まれちゃうの。仕方なくやりなおすと、また同じことをされるのよ。こんなことが続くなら、あたしもうこのゲームやめるわ」
そこで私は彼女のところに行き、ロード・ブリティッシュ(Lord British)として姿を現しましたが、彼女は全く気にかけませんでした。私の正体を知らず、興味もないのです。とにかく問題を解決したがっていました。これは簡単な仕事になるだろうと思いましたね。
ついてくるようにと彼女に言い、街の外へエスコートしました。私たちが街から出たとたん、一人のシーフが画面を横切り、*サッ* 彼女の所持品をスリとって姿をくらましたのです! あまりの素早さに、何が起きたのかとっさに理解できなかったほどでした。彼女をその場に待たせ、このならず者の先回りをするべく、私はテレポートしました。GM用コマンドでシーフが動けないようにしてから、ロード・ブリティッシュのまま姿を現し、彼に言ったのです。あの気の毒な女性にはもう手を出すな、新規プレイヤーの参入の機会を損なうような真似を許すことはできない。止めなければゲームからバン(永久停止)するぞ、とね。彼は許しを乞い、彼女にはもう二度と手を出さないと誓いました。

この結果に満足し、私は盗まれたアイテムを彼女に返してやり、しばらくは安全になったことを伝えていると、またあのシーフが *サッ* やってきて彼女の持ち物を全て盗みとって消え去ったのです。
またしても私はこの男を追いかけ、こう言いました。さっき警告したではないか、今回はお前をバンするぞ。彼は懇願を繰り返し、どうしても誘惑に勝てなかったのだと釈明し、誓いの言葉を述べました。今度こそもう二度としません!
気は進みませんでしたが彼を信じることにし、盗まれた物を取り返して再び彼女のところに戻りました。

ところがなんと、これで三度目、あのシーフが現れ *ササッ* るや……私は彼の行動の自由を奪って言いました。もうバンするぞ! すると初めて彼は……キャラクターを演じるのをやめ、私にもキャラクターとしてではなく聞いてほしいと言ってきました。
「リチャード・ギャリオットさん、このゲームのルールはあなたたちが作ったものです。そのルールにはシーフという役割も含まれています。私はその役割通りに演じているだけなんです。もしシーフが国王から盗みをやめるように命じられたなら、慈悲を乞い、二度としないと誓ってみせるのが当たり前です。でも、私の役割はなんでしょう……シーフですよね!」

少しの間考えて……私は同意しました。そこでバンではなく、彼を飛ばしたのです、世界のずっと遠くへ。それから女性にアイテムを返し、今度こそ彼女は冒険に旅立ちました。
以来、我々自身がゲームに取り入れるルール、及びそこから生まれる不可避のプレイスタイルについて、私は一層注意深く考えるようになったのです。


ある漁師

ある日、私は小川のほとりを歩いていました。“見えない”姿になって、私たちが作った世界を眺めてぶらついていたのです。川べりで、いかにも漁師といった身なりの男が一人、何度も水面に針を投げ入れては釣った魚を土手に綺麗に並べていました。50%の確率で釣れるだけという、釣りのシミュレーションとしては低レベルなものなのに、とても楽しんでいる姿を見て、私は心を打たれたものです。

その数分後、プレートアーマーに身を包み、大きな武器を持った戦士が通りがかりました。この哀れな漁師を見た戦士は、気取ったように歩み寄り、こんなことを言いました。
「可哀想に。武器も鎧もないんだな。俺様は腕の立つ戦士で、ダンジョンでたんまり稼いできたところだ。こいつを分けてやろう、そんなことをしないで済むぜ」
そう言うと、男は漁師への贈り物として、貴重な品々を土手に並べ始めました。

すると漁師は答えました。
「戦士さんよ、そんな暴力の道具はしまってくんな! 俺ぁ漁師なんだ! 剣だの鎧だの要るもんかね。あんた、俺のことを可哀想だって言ったな。俺ぁ毎日美しい川べりに座って世界を見つめながら魚を釣ってるのさ。夕方には釣れたモンを街で売り、パブで数杯ひっかけながら友達と語り合うんだ。幸せな人生を送ってるんだよ、俺は! 荒くれ者はどっかに消えな!」
憤慨した戦士は立ち去って行きました。

私たちが創り出したものは、私の予想を遥かに超越した力を備えている。この日、そのことに気付かされました。

- リチャード

ギャリオット氏はロード・ブリティッシュの死についても触れましたが、その話は誰もが聞いたことがあるに違いないとのことです。私たちも聞いたことがありますし、それで例のアートワークの中に取り入れてもいます。このパズルピースを嵌めると完成するでしょう - 炎に包まれる王の姿が。

news120928-etc-1.png

Memorable Moments from Richard GarriotKai Schober27 Sep 2012 11:07:40 ESTIn line with the writing contest and the Memorable Moments Bonnie gave us at the beginning of this week, we asked Richard Garriot to shared some of his memories with us. He was kind enough to come up with two stories:

The Thief

One day, early in the life of UO, I was participating as a GM and going to the aid of people who requested it. A note flashed across my screen from a woman, who said something like “Today is my first day trying to play UO, and every time I try to leave town a thief steals all my stuff, so I have to restart, and he does the same. If this continues I will quit and never come back to this game.” So I arrived in her presence as Lord British, not that she cared, she did not know or care who I was, and only wanted her problem fixed. I felt I was up to the seemingly simple task. I told her to come with me, and I would escort her out of town. As we left town, suddenly *ZIP* a thief flew across the screen at speeds I could hardly understand, and stole her gear and disappeared! I told her to wait here, as I teleported to try and get in advance of the speedy ruffian. When I finally froze him with a GM command, I revealed myself as Lord British, and told him to leave this poor woman alone, that this would drive away potential new players which we could not allow. Stop or else I would ban him from the game! He begged for forgiveness, and pledged to never do it to her again.

Satisfied, I returned the stolen items to the woman and told her, she should be safe now for at least a while, when *ZIP* the same thief came by again and stole all her items and disappeared. So, I chased him down a second time, and told him, hey, you had been warned, now I am going to ban you. He pleaded and pleaded and exclaimed how exuberance had overtaken him, and that he swore this time he would never do it again! Reluctantly, I believed him, and took the belongings back to the woman, again.

But then, for a third time, the same thief *ZIPPED* by… I froze him to the ground and told him, I was about to ban him! Then for the first time… he broke character, and refered to me out of character as well… “Look Richard Garriott”, he said, “You guys made the rules to this game, the rules include the role of thief, I am playing just as the role would be intended to be played. If the King tells a thief not to steal, of course he will beg for mercy and swear he won’t again. But what do you expect of me… I am a thief!”

After some thought… I agreed with him. So instead of banning him, I teleported him to the far side of the world. Then I gave the items back to the woman who could finally go about her business. After that, I began to think more carefully about the rules we ourselves put in the game, and the inevitable play styles that would come of it.

The Fisherman

One day, I was walking along the banks of a small river. I was doing so *invisible* so that I would just wander and observe the world we had created. Along the bank, I saw a man dressed clearly as a fisherman, repeatedly casting into the water and setting his catch in tidy rows along the bank. I was struck by how much fun he was having in spite of the thin fishing simulation, which was merely 50% catch a fish each cast.

After a few minutes a warrior walked by wearing plate armor and caring large weapons. When he saw the poor fisherman, he strutted over, and said something like: “Poor fisherman, I see you are without weapons and armor. I am a great warrior and have just returned from the dungeons with great bounty, I would gladly share it with you to help you up from your station.” With that he began to lay out valuables along the bank, as gifts for the poor fisherman.

The fisherman replied: “Warrior, take back your implements of violence! I am a fisherman! What need have I of swords and armor. You call me poor, but every day I sit by a beautiful riverbank, watching the world and catching my fish. Every evening I take my catch to town and sell it, then retire into the pub to share drinks and stories with my friends. I live a rich life! Be gone ruffian!” And with that the warrior huffed and went on his way.

This was the day, where I knew we were creating something of more transcendent power than I had expected before.

- Richard

Richard also mentioned the death of Lord British but he was sure that everyone has heard that story. We have and we made it part of the art work. In honor of that moment we give you another puzzle piece - to complete the burning Lord.

2010年2月18日 リチャード・ギャリオットがSNSゲーム会社を設立

宇宙飛行士でありゲームデザイナーの殿堂でもあるリチャード・ギャリオットがソーシャル・メディア・カンパニーのPortalariumを設立し,ゲーム業界へ戻ってきた。

テキサス州オースティン
2010年2月17日(米国時間)

国際宇宙ステーションへの旅,ドキュメンタリー映画の製作,個人用高速輸送手段の構想,次世代飛行手段や論争に決着をつけ,2年間の空白期間を経て,熟練のゲームデザイナーであるリチャード・ギャリオットが,30年間以上を過ごしたゲーム業界へ戻ってきた。ここに広範な層を基盤とする新しいソーシャル・メディア・カンパニーのPortalarium�・を紹介する。リチャード・ギャリオットは,彼の名を世に知らしめたファンタジーロールプレイングゲームのウルティマシリーズと1997年にサービスを開始し今なお運営が継続されており多人数参加型オンラインゲームとして初めての商業的成功をおさめたことで知られるウルティマ オンラインで有名である。

リチャード・ギャリオットの新たなる挑戦は,再びオースティンに拠点を置き,まずはオンラインゲームアプリケーションの製品化から開始する。しかし,Portalariumは広範な層を基盤とする開かれた社会に対して,教育,健康,科学や環境あるいは政治といったオンラインソーシャルネットワークと結びつく仮想世界上の全ての事柄に関するコンテンツを提供していく。彼とともに共同出資者であるDallas Snel(取締役兼開発ディレクター)とFred Schmidt(最高経営責任者兼販売ディレクター)が参加している。両者ともオリジン・システムズ,エレクトロニック・アーツ社そして最近ではNCsoftにおける重要人物としてリチャード・ギャリオットとともに働いていた。最後に経営部長兼技術ディレクターを務めるStephen Nicholsを紹介したい。彼の17年間に及ぶゲーム職歴は全てオンラインゲームであり,最近ではNCsoftにおいてDungeon Runnersのプロデューサー兼リードプログラマーを務めた。リチャード・ギャリオット自身は,部長兼クリエイティブディレクターを務める。

Astronaut and Hall-of-Fame Game Designer, Richard Garriott, Returns To Gaming with New Social Media Company: Portalarium

First product already in public beta

AUSTIN, Texas--(BUSINESS WIRE)--After a two-year hiatus to travel to the International Space Station, work on a film documentary, ignite a personal rapid transit initiative, and wrap up post-flight experiments and speaking engagements, veteran game designer, Richard Garriott, is returning to the video game industry where he has been a fixture for more than 30 years – this time with a broad-based new social media company called Portalarium�・. Garriott is best known for his award-winning Ultima Series (ORIGIN/Electronic Arts) of fantasy role playing games and Ultima Online, the first commercially successful massively multiplayer online game released in 1997 and still operating today.

“The Portalarium mission is exactly what I want to be doing next in games”

Garriott’s new venture, based once again in Austin, is debuting with product offerings in the online game apps category to start. But Portalarium has a broad-based, open-social mission that will also see it expanding into content that includes open learning, open health, open science/environment, open government and much more, all wrapped in a connective virtual world in the online social networking space. Joining him at the company are co-founders Dallas Snell (chairman and development director) and Fred Schmidt (CEO and publishing director), both of whom previously worked together with Garriott as executives at ORIGIN Systems, Electronic Arts and, most recently, NCsoft. Rounding out the management team as VP and technical director is Stephen Nichols, who spent his entire 17-year gaming career in online games, most recently as producer and lead programmer of NCsoft’s Dungeon Runners. Garriott has the role of VP and creative director at the company.

Portalarium’s first product is an innovative new cross-platform web browser plug-in that permits games developed on a wide variety of game engines and technologies – not just the pervasive Adobe Flash platform – to run seamlessly inside of the major popular social networks. Dubbed The Portalarium Player�・, it is currently in limited beta testing as a Windows PC app on Facebook�・ and is running Portlarium’s first published title, a Texas hold ‘em card game called Sweet @$! Poker�・. It already supports all major Internet browsers and is also in development to run within MySpace and other social networks, as well as on Macintosh and on mobile devices such as iPhone and Android.

Portalarium is being announced this week in Las Vegas in conjunction with D.I.C.E. Summit 2010 where Garriott will be speaking in a televised panel and presenting an award at the 13th Annual Interactive Achievement Awards, a program of the Academy of Interactive Arts & Sciences where Garriott is himself a 2006 Hall of Fame inductee.

The inspiration for Portalarium comes from all four co-founders’ wide ranging personal and professional interests in entertainment, technology, learning, science, sociology, politics and community activism. As such, the company has been created on a core set of human principles and values that will not only make it a magnet for top talent to join in the fun, but also will see Portalarium building in a very purposeful social consciousness orientation to help reduce global suffering and make a difference in the world. Together with its player community, the company will be raising money and promoting real-world activities in support of enlightened social causes. More on that to come later in the year when details on its virtual world are released.

“The Portalarium mission is exactly what I want to be doing next in games,” says an invigorated and engaged Garriott. “This really takes me back to my roots in the game business – small development teams, low barriers to entry, affordable budgets for quality projects, and unlimited new interactive frontiers to explore together with our customers.”

More information about Portalarium can be found at http://www.portalarium.com.

Find us on Facebook: http://apps.facebook.com/sweet_poker.

Portalarium and The Portalarium Player are trademarks of Portalarium, Inc. Sweet @S! Poker is a trademark of Bling Gnome Studios. All rights reserved worldwide. All other marks are the property of their respective companies.

2007年10月1日 リチャード・ギャリオットの宇宙旅行計画

リチャード・ギャリオット氏が2008年10月にソユーズ宇宙船に乗船し国際宇宙ステーションに滞在する宇宙旅行を行うことが明らかとなった。リチャードの父オーウェンもかつて宇宙飛行士でスカイラブミッションへの参加やスペースシャトルコロンビアへの乗船を果たしており、二世代で宇宙旅行を行うこととなる。

父オーウェンが宇宙飛行士であった影響もあるのか、リチャードの宇宙への関心はかねてより非常に強いものであったことが伺い知れ、宇宙旅行へ参加する機会が与えられれば全てを擲ってでも参加する、と発言していた。今回、思いが実現することとなったようだが、その宇宙旅行の旅費は3000万ドル(約34億5000万円)以上にのぼるのだという。しかも、リチャードはウルティマシリーズの開発からは既に退いているが、今もNCsoft社の北米地域担当CEOの立場にあり、同社の新作タブラ・ラーサの開発に携わっている。公開されているリチャード氏の無重力体験時の写真では、背後にタブラ・ラーサのロゴが使われており、NCsoft社としては宣伝効果の側面もあるようだ。

2007年7月30日 リチャード・ギャリオットの談話

malice123
http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=27031

リチャード・ギャリオット氏はこのように述べている。

「MMOゲームの仕様は10年間以上に渡って変化が見られない。諸君らにウルティマ オンラインやエバークエストから派生した主要なMMOゲームをプレイした経験があるのであれば、そのどれもが同様の特徴を備えていることに気づくだろう。グラフィックが向上したり、インターフェイスが非常に洗練されたりしていたとしても、基本的なゲームプレイは不変なのだ。更に良くないことにスタンダードと化してしまった仕様も数多くあるようだ。たとえゲームプレイの上で標準化された仕様が諸君らを十分に支援してくれるのだとしても、将来を形作る適切な手段とは思えない。プレイヤーがキャラクターを1パーセント単位で管理するようになれば、それは最早ハマることの出来る世界ではなく、単なるデータ管理ゲームとなってしまうことだろう。」

"MMO game design has not changed over ten years," said Garriott. "If you look at the vast majority of MMOs that has come out since Ultima Online and Everquest, you can look at the features and they are almost exactly the same. Even though the graphics have got better and the interface is much slicker, fundamentally the gameplay is unchanged. "Worse yet, there are many things that have become standard that I look at and even though they are powerful enough to encourage the behaviour of people obsessed with playing these games, I don't think they are the right way of building the future. "Players manically manage one per cent of their character and it quits becoming an immersive world and becomes a data management game," he said
投稿者 Siel Dragon : 2012年09月28日 14:32