2007年12月07日
ハロウィン(5)

ハロウィン(Halloween) は、カトリックの諸聖人の日の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。古代ケルトのサウィン祭にカトリックが融合したものと考えられている。英語圏のゲームであるウルティマ オンラインにおいてもお菓子の配布やモンスターの襲撃、「死者のシャード」と呼ばれる特設シャードが期間限定で開設される。商業的にしかハロウィンが普及していない日本地域においても、同時期に開催されるイベントの飾りつけではハロウィンを意識したものが見受けられる。

2007年度のハロウィンでは、パブリッシュ47(2007年10月18日)でジャック・オー・ランタン(Jack-O'-Lantern)やトリック・オア・トリート(Trick or Treat)といったイベントが開始された。また、2007年10月31日にマジンシア侵攻が開始された。

2007年11月10日、マジンシアに侵攻を企てるデーモンの構成に変化が生じた。古くからブリタニアでも目撃されていた上級種であるバルロンが多数出現した。侵攻デーモンにとっての橋頭堡たる堕落のムーンゲート周辺では討伐されたデーモンが再びムーンゲートへ吸い込まれるという特異な現象が確認されるようになる。この現象にはブラックロックの力も何らかの関与が認められる。また、ムーンゲート周辺ではデーモンの血(daemon blood)が採取できるようになる。

堕落のムーンゲート爆発の瞬間
news071111-etc-1.jpg

バルロン (balron) はソーサリアで古くから確認されている悪魔の上級種。戦利品として古代の武器に加え、カース属性のドゥームアーティファクトを得られる機会がある。

news071110-mgn-1.png

ホクトシャードの戦況
news071110-hkt-9.png

2007年11月11日、港を橋頭堡とするマジンシア防衛線は櫓の拡充、市街地の屋上へ梯子をかけるといった前進を見せた。

news071111-mgn-1.png

news071111-mgn-2.png

news071111-mgn-3.png

2007年11月12日、前日拡充をみたマジンシア防衛線に第二次増援としてロイヤルアーチャーが到着したが、プレイヤーの召喚生物やペットにまで攻撃を仕掛けたことで反逆罪に問われ即日更迭された。また、デーモンによるマジンシア侵攻の規模は6段階構成であることが明らかとなる。6段階目であればマジンシア港間近までデーモンが迫ることとなる。

マジンシア南西要塞に配備されていたロイヤルアーチャー
news071112-hkt-1.jpg

侵攻デーモンの勢力拡大段階図
news071112-etc-1.jpg

2007年11月14日、堕落のムーンゲートが巨大な次元の裂け目へ変貌する。従前のようにブラックロックを携えて内部へ入り込むことはできなくなったため、ブラックロックの共鳴爆発は不可能。裂け目の出現と同時期に侵攻デーモンの個体能力が上昇した。

news071114-mgn-1.png

2007年11月17日、遂に堕落のムーンゲートから力を収束させたライトデーモンがマジンシア市街地を破壊し始める。施設周辺で力を解放したライトデーモンの光と炎によって次々とマジンシアの施設が崩壊していく。施設や樹木は次々と瓦礫 (ribble) と化していった。この瓦礫は居合わせた冒険者たちによってマジンシア外へ運び出され、かつて栄華を誇ったマジンシアは僅か一週間余りで荒野となる。

news071117-mgn-4.png

2007年11月24日、ライトデーモンに加えヴォルドデーモンが力を収束させるようになる。ヴォルドデーモンが放つ爆発の中心部にはブラックホールが発生、周囲のプレイヤーを飲み込む能力が備わっている。ヴォルドデーモンの能力開放に併せてライトデーモンによる破壊は沈静化の傾向を示す。

2007年12月4日、巨大な次元の裂け目を形成していたがマジンシア侵攻発生当初の黒いムーンゲートに戻ったと確認された。規模を縮小させたムーンゲートを守護するように八体のエセリアル体、リフトガーディアン(rift guardian) が出現。そして今まで物量でマジンシアを破壊し尽くしてきた悪魔族の姿は消え、代わりにどす赤い斑模様の悪魔、デーモンバーサーカーが出現した。リフトガーディアンを討伐すると漆黒の瓦礫らしきものを周囲に撒き散らしていく。そして八体全ての討伐に成功したとき、マジンシアの島は静寂に包まれた。

news071204-hkt-1.jpg

news071205-mgn-1.png

2007年12月7日、マジンシアにおいて1ヶ月強の期間に渡り続いた悪魔族による侵攻の終戦が宣言された。ムーンゲート周辺に出現した八体のリフトガーディアン討伐に失敗し、フェルッカ世界において敗北となったシャードは、米国東部地域のグレートレイクス、レジェンド、シージペリオス、米国西部地域のレイクオースティン、台湾地域のフォーモサ、韓国地域のバルヘ。日本地域、欧州地域、豪州地域では全て防衛成功となっている。

終戦後の瓦礫に今なお薄暗く青光りを残すマジンシアのムーンゲート。瓦礫の中央に残された損壊したムーンゲート(a damaged moongate)は飛び込んだ者を選択の余地なく転送させていた。ムーンゲートからムーンゲートへと転移させる能力こそ残されているが、意図的に特定のムーンゲートへ転移させる技術に支障が生じたのだろうか。飛び込むと「このゲートには非常に複雑な魔法がかけられています。解除できません。」と表示される。そして、稀に見知らぬ空間へ飛ばされる機会もある。薄暗いその空間に長く留まることはできず、「強力な魔力があなたを安全な場所へ転送しました!」というメッセージと共にブリテインの八徳寺院へと戻ってくる。如何なる危険が待ち受けている場所なのかは不明のまま。

2007年12月17日、無秩序な空間転移と奇妙な空間への回廊として僅かながら役割を維持していたマジンシアのムーンゲート(a damaged moongate)だが、その機能を停止させてしまう。

過去ログ
ハロウィン(1)
ハロウィン(2)
ハロウィン(3)
ハロウィン(4)

2007年11月10日
BNN: デーモンが北部地域を攻撃
マジンシア侵攻の更新
マジンシア侵攻で入手できる武器について
2007年11月11日
マジンシア防衛線の押し上げ
2007年11月12日
ロイヤルアーチャーの配置と即時更迭(Draconi_EA)
瓦礫は依然として入手できない(Draconi_EA)
建造物の破損は瓦礫出現とは無関係(Draconi_EA)
2007年11月14日
巨大な次元の裂け目が出現
2007年11月15日
マジンシアの異変について
2007年11月16日
ブリタニア☆ウォッチで紹介される
2007年11月17日
ライトデーモンとヴォルドデーモンが全能力を開放す
瓦礫の出現に係る更新内容
2007年12月01日
BNN: 魔術師たちの警告: マジンシアはいまだ安全ではない
マジンシア最終決戦迫る
2007年12月04日
マジンシア侵攻 〜最終章〜
2007年12月05日
マジンシア最終決戦
2007年12月07日
マジンシア侵攻の終焉(Draconi_EA)

2007年12月7日 マジンシア侵攻の終焉

2007年12月7日(太平洋標準時2007年12月6日20時)を以ってマジンシア最終決戦の結果が明らかとなった。イベントの仕掛け人Draconiの発表によると、多くのシャードで防衛に成功しているものの、幾つかのフェルッカ世界ではリフトガーディアンの討伐に失敗、敗北となっている。フェルッカ世界において敗北となったシャードは、米国東部地域のグレートレイクス、レジェンド、シージペリオス、米国西部地域のレイクオースティン、台湾地域のフォーモサ、韓国地域のバルヘ。日本地域、欧州地域、豪州地域では全て防衛成功となっている。

Current number of Rift Guardians by shard and facet. Shard name: Felucca / Trammel

Atlantic: Success / Success
Catskills: Success / Success
Chesapeake: Success / Success
Great Lakes: Defeat / Success
Lake Superior: Success / Success
Legends: Defeat / Success
Siege Perilous: Defeat

Baja: Success / Success
Lake Austin: Defeat / Success
Napa Valley: Success / Success
Origin: Success / Success
Pacific: Success / Success
Sonoma: Success / Success

Oceania: Success / Success

Asuka: Success / Success
Hokuto: Success / Success
Izumo: Success / Success
Mizuho: Success / Success
Mugen: Success / Success
Sakura: Success / Success
Wakoku: Success / Success
Yamato: Success / Success

Formosa: Defeat / Success
Arirang: Success / Success
Balhae: Defeat / Success

Drachenfels: Success / Success
Europa: Success / Success

Draconi_EA
UO Designer
Sad Guy In Snow
Rift Guardians Status [It is Done]
12/05/07 05:14 PM

2007年12月5日 マジンシア最終決戦

2007年12月4日、巨大な次元の裂け目を形成していたがマジンシア侵攻発生当初の黒いムーンゲートに戻ったと確認されたことが第一報だった。その規模を縮小させたムーンゲートを守護するようにエセリアル体が出現する。ムーンゲートを中心として円周上に現れた八体のエセリアル体はリフトガーディアン(rift guardian) はあたかも八徳の対極を具現化したかのよう。

news071204-hkt-1.jpg

そして今まで物量でマジンシアを破壊し尽くしてきた悪魔族の姿は消え、代わりにどす赤い斑模様の悪魔、デーモンバーサーカーが出現した。従来攻め入ってきていた悪魔族を遥かに凌駕するバーサーカーの出現に、冒険者たちはクラシック武器を手にして応戦。悪魔勢力をマジンシアに流し込んできていた力が具現化したことでいよいよ最終決戦となった。

リフトガーディアンを討伐すると漆黒の瓦礫らしきものを周囲に撒き散らしていく。そして八体全ての討伐に成功したとき、マジンシアの島は静寂に包まれた。

news071205-mgn-1.png

2007年12月4日 マジンシア侵攻 〜最終章〜

侵攻は最終段階に入った。以前よりずっと小さくなったものの、エネルギーに満ちたムーンゲートの前に8匹1組のRift Guardianが現れた。彼らは魔術障壁で身を守り、脅威にさらされるとDaemon Berserkerを召還してくる。

news071204-etc-1.jpg

彼らの周囲を囲んでいる炎の障壁は、独創的な組み合わせの力の言葉を唱えることによってのみ取り除くことができるだろう。

最終決戦の開始が遅れてしまい申し訳ありません。この決戦イベントは自動的に発生するべきものでしたが、用意していた仕組みが正しく動作しなかったため、現在シャード毎に手動でイベントのスイッチを有効にしています。

今回の遅延により、イベントのフィナーレは(米国時間の)金曜日まで延長されます。もし、Rift Guardianがそれまでに倒されなかった場合、そのシャード/ファセットのマジンシアは失われることになります。

Tim "Draconi" Cotten - UO Designer - EA Mythic

2007年12月1日 マジンシア最終決戦迫る

米国時間2007年11月30日付けファイブ・オン・フライデーより抜粋

4. マジンシア侵攻の現状はどのようになっているのだろうか。

マジンシアへの悪魔侵攻はいよいよ最終段階の大詰めを迎えつつあります。かつてムーンゲートであったはずの次元の裂け目は今や強大な爆発を撒き散らしはじめ、いよいよ信じることの出来ない強大な存在が侵攻勢力を率いて出現するのです。防衛陣営にとってもこの総力戦は打倒して街を救う最後の機会となるでしょうが、それは容易ではありません。最終決戦は今後24時間以内に開始されるはずですが、勝利を掴み取るには2日間の猶予期間しかなく、敗北の夜にはマジンシアは過去の街と化すでしょう。さぁ、己が剣を研ぎ澄まし防具の手入れをするのです。マジンシアの存亡は我々の最後の戦いにかかっているのですから!

2007年12月1日 BNN: 魔術師たちの警告: マジンシアはいまだ安全ではない

マジンシアに侵攻した悪魔との戦いは小康状態に陥っています。市街地の大部分は崩壊し、略奪が日常的に遺憾なことに繰り広げられている状況です。しかし、マジンシアを守らんとする強き志の徒たちは、今なお悪魔の群れを押し戻さんと戦っているのです。

それでも、全てが順調に推移しているわけではないとメイジ評議会の名高い研究者はおっしゃられています。「ムーンゲートは当初予想だにしなかった形状に歪み、エーテルによる障害は猛威を振るっている。状況が改善されるよりも寧ろ悪化の一途を辿ることを我々は危惧している。」とマジンシア広報担当官は警告を発しているのです。

ロイヤルガードはマジンシア防衛要員以外には退去命令を出し、市街地防衛に要する最小限の部隊を駐屯させています。マジンシア防衛担当官ブレンダン卿によると「それが如何に強大な悪魔であろうとも、我が軍の将兵は退けることができるでしょう。」とのこと。

「しかしながら、メイジたちは不安定な平面的次元の裂け目とエーテル災害について議論し始めています。マジンシアが地図上から姿を消す前に私は同胞を島外へ救出することにしましょう」マジンシアからの最新情報をわたくしネズミのシェリーが皆様にお届けしました。

Magincia Still Not Safe, Mages Warn Sherry the Mouse Nov 30 2007 4:25PM

The battle for Magincia seems to have reached a stalemate. Most of the city is shattered, and looting has been regrettably prevalent, but the stalwart defenders of the city continue to push back the invading hordes.

However, all is not well, say the leading researchers of the Mage Council.

"The moongates have been warped into a form they were never intended to hold. The etheric disturbance is tremendous, and we fear that it will get worse before it gets better," warns the Mage Council's spokesman.

The Royal Guard has ordered all nonessential personnel off of the island, and is maintaining a minimal force to secure the city.

"Daemons - even big daemons - my men can handle," says Sir Brendan of the Royal Guard, officer in charge of Magincia's defenses. "But once the mages start talking 'unstable planar rift' this and 'etheric resonance crisis' that, I get my people out of the area before they get blown clear off the map."

Bringing you the latest from Magincia, this is Sherry the Mouse, reporting.

2007年11月17日 瓦礫の出現に係る更新内容

米国時間2007年11月16日付けファイブ・オン・フライデーより抜粋

5. マジンシアでは依然として瓦礫が発見できない。

いよいよもうすぐです。災厄の仕掛け人から直々に伝えられた更新内容は以下のようになっています。

1. 侵攻はいよいよ最終局面へ近づきつつある(しかしながら、まだ最終段階というわけではない)。ライトデーモンとヴォルドデーモンは堕落のムーンゲートから全ての力を引き出すだろう。

2. ライトデーモンが市街地の施設に到達する前に討伐することができれば、街の損害は防げるだろう。

3. 破壊された地域は破壊当初に大量の瓦礫が出現し、その後は収集家のために時折瓦礫が出現するようになる。

4. "debris"と表示されるアイテムについてはプレイヤーが収集することはできない。

5. ライトデーモンやヴォルドデーモンの討伐にあたって大きなダメージを与え得た数名のトップアタッカーたちには関連するパイロスの杖 (Staff of Pyros) などのアーティファクトが直接バックパック内に与えられる確率が非常に高まるだろう。

2007年11月17日 ライトデーモンとヴォルドデーモンが全能力を開放す

遂にライトデーモンが全能力を開放、マジンシアを次々と破壊し尽くし瓦礫の山へと変えていった。

news071117-mgn-1.png

力を収束させていくライトデーモン。この収束が終わった次の瞬間には視界がホワイトアウトしたかと思うとライトデーモンを中心に巨大な炎と光の爆発が周囲を消し飛ばしていく。

news071117-mgn-2.png

news071117-mgn-3.png

news071117-mgn-4.png

また、ライトデーモンやヴォルドデーモンから獲得できるアーティファクトはバックパックに直接得られるようになった。

Draconi_EA
1. ライトデーモンとヴォルドデーモンは出現当初は弱く、トップアタッカーであっても報酬を得ることはできない。

2. 数分後、ライトデーモンとヴォルドデーモンは巨大な次元の裂け目から力を吸収し全能力を開放させる。この時点からトップアタッカーにはモンスター討伐に成功した暁にアーティファクトが与えられる機会を得る。

3. 何れかのデーモンが力を集約し始めたときには逃げろ!

4. もしヴォルドデーモンが漆黒の裂け目(a black rift)を放出したのを視認したのなら、離れているべきだ。それは周囲にあるものをことごとく飲み込んでしまうだろう。

5. 力がライトデーモンやヴォルドデーモンに集中した際には全体的な侵攻デーモンの出現は抑制される。しかしながら、侮るなかれ。ライトデーモンやヴォルドデーモンは単独で敵部隊を容易く壊滅させ得る力を有している。

諸君らがマジンシアを守るに際して最善の手段は早急にライトデーモンを排除することだ。そして、マジンシアでの収集を、そうだな、控えるべきだろうな。

Notes: * Light and Void daemons initially spawn weak, and don't give direct rewards to top attackers * After a few minutes, they will draw power from the large rift, and begin using their full abilities. At this point, the top attackers can receive artifacts directly upon successfully defeating the monsters * When either daemon is gathering energy, RUN * If you see the Void daemon leave behind "a black rift," try to stay away - it will suck you in and anything else around it * The overall spawn difficulty has decreased as the energy has shifted towards the Light and Void daemons. Do not be fooled, they alone can easily take down a small army.

Your best chance of saving Magincia is attacking Light Daemons as quickly as you can, and forgo material gains in order to server the, erm, hmm, greater good.

Tim "Draconi" Cotten - UO Designer - EA Mythic

Draconi_EA
UO Designer
Daemon Summoner
Magincia Invasion: Updated 11/16
11/16/07 07:17 PM

2007年11月16日 ブリタニア☆ウォッチで紹介される

メグ:「こんにちは、メグ・ハマーです!」

アトランコ:「どーもー、アトランコよ。ふぅぅ、だいぶ寒くなってきたわねえ……」

メグ:「ですね〜。うっかり風邪をひかないよう、気をつけないと」

アトランコ:「バランスのいい食事と睡眠が大切よ。で、今週はどんなネタかしら?」

メグ:「いえ、今週は何にも無いんです。すみません、アトランコ先生……」

アトランコ:「あらあら、こっちもお寒いじゃない? ま、いいけど」

メグ:「代わりに、私からいくつかお知らせを!」

アトランコ:「ハイ、お願いね」

news071116-etc-2.jpg

メグ:「えーと、来週11月24日の土曜の晩に『シーアフェア2007』が行われます!」

アトランコ:「それは楽しみねえ! 今年はどんな趣向なのかしら?」

メグ:「BNNに届いた招待状によると、当日シーアさんお二人が結婚するみたいですよ」

アトランコ:「んまっ、ホントなの? ちょっとアタシにも招待状を見せてちょうだい」

メグ:「ハイハイ、コレです」

【結婚式への招待状】 〜 SeerFair2007 〜

アトランコ:「あらま、びっくり……。これもまた職場結婚ってコトかしら。ウフフフ」

メグ:「BNNステーションじゃ、まずありえませんよね。お二人とも、お幸せそうでなによりです!」

アトランコ:「きっと豪華な式になるはずよ。ご馳走もたっぷり出たりして!」

メグ:「披露宴じゃないし、それはどうでしょ? さて、次のお知らせに行きますね。ご存知とは思いますが、いまマジンシアがスゴいことになっちゃってます!」

news071116-etc-1.jpg

アトランコ:「楽しそうじゃない?」

メグ:「私には修羅場にしか見えません……。報告によると、これまで確認されているデーモンとは違う能力を持った、新しいタイプのデーモンがいるとか。これも怖いですね」

アトランコ:「でも、うまいことレアなアイテムを手にした人もいるって聞いたけど」

メグ:「未確認ですが、たしかにそんな噂も……。でも、すっごく危険ですよ?」

アトランコ:「ま、とりあえず“マジンシアへの渡航は自己責任で”としか言いようがないわねえ」

メグ:「デーモン軍団の侵攻はまだまだ続きそうです。どうぞお気をつけて!」

メグ:「というわけで、今週も私、レポータのメグ・ハマーと、」

アトランコ:「アトランコでお伝えしました。ウフフフ」

メグ:「ブリウオっ!」

2007年11月15日 マジンシアの異変について

現在、マジンシアでは木の天蓋、二重になったオブジェクト、その他のアイテムといった奇妙なものがいくつか確認されています。Draconiはこの問題に取り組んでおり、それらを手にして言いました:

「丁度皆が気づいている通り、何かがちょっとマズい状況にしているのかな。」

説明するにはあまりに複雑な問題だと主張することで、皆さんの知性を侮辱したくはありません。しかし、ああ、この種の不具合が現れるのに関連している要素は信じられないほど……意外なものです。そして、ええ、どうやらサーバーは私たちを騙すことを決心したようです。偶然の一致ですが、それはかつてサーバーレアの発生に関係していたのと同じ問題の一つでした :P

とにかく、この問題に対しては手動で修正を行い、その修正はまもなく導入される予定です。Lake Superiorがこの栄誉を受けたので、まずはここでテストを行う予定です。

皆さんシャードのこれまでの進行状況は失われていません。ですのでまた一番最初から開始することにはならないでしょう。それぞれのシャードは巻き戻し無しで個性を保つことになるでしょう。

2007年11月14日 巨大な次元の裂け目が出現

先週からマジンシア市街地まで一部到達するほどの物量戦を仕掛けてきたデーモン。だが、その侵攻に再び変化が生じた。突如として敵の猛威は静まり返り、デーモンたちは橋頭堡と思われるマジンシア北西部の森へと引いていったのだ。

だが、森の奥深くにある漆黒と化したムーンゲートに新たな異変が訪れていたのである。なんとムーンゲートは最早原型を留めることのない巨大な次元の裂け目へと変貌していた。周囲に雷鳴が轟き、数こそ激減したものの明らかに個体能力では物量戦を仕掛けてきた以前より強靭なものとなっていた。

また、バルロンやボーンデーモンといった上級デーモンたちの姿が見当たらなくなった。今のデーモンたちを従えている上位種はマジンシアで発見された2種の新デーモンを除けばダークファーザーのみといった状況。

news071114-mgn-1.png

news071114-mgn-2.png

また、ムゲンシャードでは堕落のムーンゲートに異変が起こる直前の早朝に奇妙な人影を見たとの情報もある。それはDraconi、最近続いている一連の米国主導イベントを企画している開発者のひとりだ。

news071114-mgn-3.jpg

2007年11月12日 建造物の破損は瓦礫出現とは無関係

Draconi_EA
マジンシア市街地の建造物に幾つか破損が見られるのは瓦礫の出現が始まっているからではない。単なる粗悪な造りだっただけに過ぎないのだ。

Re: Rubble

So the missing roof tiles and whatnots that have been going on (a fallen one here a missing three there...) that's not because it's become available as rubble?

Nope, just shoddy worksmanship.

Draconi_EA
UO Designer
Daemon Summoner
Re: Magincia Invasion: Update 11/11
11/11/07 08:07 PM

2007年11月12日 瓦礫は依然として入手できない

Draconi_EA
マジンシアの瓦礫はまだ出現してはいないよ。プレイヤーの大砲が配備され、ライトデーモンによる市街地突入が行われる際に初めて瓦礫が広く出現し始めるだろう。

以前、プレイヤーが幾つかの瓦礫を入手し得たのはあくまで限定的な初期段階の試行に過ぎず、それ以後入手可能となった経緯はない。

WOW Originian...you have the power to Summon Draconi and make him answer....I bow to thee! *grins*

Oh, thanks Draconi! *smiles*

hehe If only I can get him to say something about Rubble muahaha

Rubble hasn't actually started spawning yet - when the Light daemons begin tearing into buildings (coinciding the arrival of the player artillery) the rubble will be widely available.

There were some early limited tests where a few people found rubble, but since then it's been unavailable.

Draconi_EA
UO Designer
Daemon Summoner
Re: Magincia Invasion: Update 11/11
11/11/07 07:04 PM

2007年11月12日 ロイヤルアーチャーの配置と即時更迭

Draconi_EA
取り急ぎ幾つかお伝えしよう。

1. 防衛軍はマジンシア南西部の要塞化を図った。

2. ロイヤルアーチャーはマジンシア市街地から配置換えされた!背信的行為を問われ、彼らは軍から更迭された。

3. 今後数日中に軍は更なる増員を計画している。

4. ムーンゲートは安定を完全に欠いた状態へ陥るだろう。続報を待たれよ!

news071112-etc-1.jpg

Some quick notes:

* The military has established stronger fortifications throughout the southwest side of Magincia
* Royal Archers have been recalled from the city! Citing traitorous actions, the military has brought them down from the front lines!
* Reinforcements are expected to arrive over the next few days
* The moongate is going to completely destabilize: stay tuned.

Also, our latest intelligence has discovered a pattern to the invasion. Defeating the areas in order seems to yield the greatest results.

Draconi_EA
UO Designer
Daemon Summoner
Magincia Invasion: Update 11/11
11/11/07 03:32 PM

2007年11月11日 マジンシア防衛線の押し上げ

まだ朝陽もあがらぬ深夜、私は防衛線を維持する冒険者の数もまばらなムゲンシャードのフェルッカマジンシアで侵攻デーモン側の新戦力バルロン相手に戦っていたときのこと。気づくといつの間にかマジンシア市街地の施設に梯子がかけられていた。最近では自宅にもかけれるようになったために愛着が沸き屋上へと駆け上がってみた。

news071111-mgn-1.png

あれ?これって誰がかけたんだ?梯子のおかげで防衛側としても高低差を利用した戦いが可能となった。屋上からエナジーボルテックスを森へと飛ばして敵を駆逐。そしてテレポートで屋上に飛び込まれて遁走。貧弱な私なりに孤独な防衛戦を行い、日頃は全く報われぬ私でも大量のカース属性ドゥームアーティファクトを獲得できて、ホクホクと帰路につく。

そして、マジンシア港へ続く道にせりだすように防衛線が拡充されていたことに気づいた。私がマジンシアへ到着したときにはなかったものだから、キョロキョロと見学。道には簡易とはいえ侵攻勢力の脚止めをするために岩が積み上げられているし、森側には強固な櫓が構築されていた。

news071111-mgn-2.png

news071111-mgn-3.png

侵攻デーモンの橋頭堡たる堕落のムーンゲートに変化が見られたということだが、私は単独で敵勢力深部に突入する力がなかった。貧弱なんだ。

2007年11月10日 マジンシア侵攻で入手できる武器について

※米国時間2007年11月9日付けファイブ・オン・フライデーより抜粋

5. イベントモンスターから入手できる特殊武器はいったいどのようなものなのだろうか。

今回のイベントでは、特殊な機能を有するものからそうでなくとも愉しいものまで様々な生物から入手することができます。

カース属性のドゥームアーティファクト(Cursed Doom Artifacts)
強力な侵攻デーモンの多くから入手できる。カース属性が付与されているため、保険制度の適用外であり死亡した際には死体に残されることとなります。しかしながら、カース属性を付与されていない通常のドゥームアーティファクトに比べ、非常に入手が容易となっています。

デーモン武器(Daemon Weapons)
ライトデーモン(Light Daemons)、ヴォイドデーモン(Void Daemons), バーサーカーデーモン(Berserker Daemons)からはthe Staff of Pyros、 the Vorpal Blade、the Berserker's Scytheといった名称の武器を稀に入手することができます。詳細はハロウィンイベントを参照してください。

古代の武器(Ancient Weapons)
バーサーカーデーモンは常軌を逸した強さを誇っており、打ち倒すには強力なアーティファクトの存在が必要となります。通常の攻撃では本来の5%しかダメージを与えることは適わないでしょう。侵攻モンスターたちはバーサーカーデーモンに対する備えとしてPower、Vanquishing、更には Mysticといった武器を所持していることがあります。この古代魔法が付与された武器には以下のような能力が備えられています。

Power、Vanquishing、Mysticといった武器にはバーサーカーデーモンの魔法障壁を貫通し本来の力の一定ダメージを与え得る能力があります。貫通し得る割合はPowerが最も低く、Mysticが最も高いでしょう。ただし、バーサーカーデーモンに攻撃した際のダメージ表示はあくまで上述の5%のものだけであり、貫通させたダメージ量は表示されません。
-Draconi

さぁ!防衛線に向かってください!
-Jeremy

2007年11月10日 マジンシア侵攻の更新

Draconi_EA
本日更新したBNN関連した幾つかの変更、追加が行われる。

1. ムーンゲート周辺では通常の侵攻デーモンはより短期間で死体が消滅するようになる。これらの死体の本体は堕落のムーンゲートへ再び吸い込まれていき、夥しい血の池のみを残すだろう。ごく稀にこの血の池の中にはどす黒く変色した"daemon blood"となる。これはネクロマンシーで用いられる秘薬と同名称だ。プレイヤーはこの血を採取することができる。

2. 堕落のムーンゲートはブラックロックに激しい反応を示すようになる。

3. ヤングプレイヤーは身の保全を図るためマジンシア島からの強制退去が命じられる。ただし、テレポートによる強制退去が行われる前はしばらく姿を目撃するかもしれない。

Some recent additions/changes coinciding with today's fiction.

* The immediate area around the moongate will now force common daemon corpses to decay faster
- These corpses will leave behind pools of blood, while the bodies are reabsorbed into the corrupted moongate
- A very rare few of these blood tiles will be darker, and named "daemon blood" (as in the necromancy reagent). They can be taken by players.
* The moongate will react violently to blackrock
* Young players will be removed from the island for their own safety (you may still see a few before they're teleported)

Tim "Draconi" Cotten - UO Designer - EA Mythic

Draconi_EA
UO Designer
Daemon Summoner
Magincia Invasion: Updated 11/9
11/09/07 06:50 PM

2007年11月10日 BNN: デーモンが北部地域を攻撃

「マジンシアの北部地区が今日、街の西側の邪悪なムーンゲートから溢れ出てきているデーモンたちによって側面から攻撃されたのよ。
同じように勇敢な市民と兵士たちは街の中の通行可能な道を制限することで、容赦なく迫り来る大軍に街の境界線で抵抗しているわ。

港と街の西側部分に並んで構築された防御施設はこれまでの所しっかりと敵を防いでいて、評議会では今後数日のうちにそれらを改善したいって考えているみたいよ。BNNでは現在、王国財務省のフランチェスコ卿が救援物資と寄付を王国全ての街に請願しているって聞いているわ。

一方、マジンシアのムーンゲート周辺の神秘 − 最前線からの最新の報告では、神秘的なポータルが一晩で重要な変化を起こしたことを示しているわ。ポータルが猛烈に輝き出したのは侵略者の勢いと獰猛さが全体的に増加した時期と確かに一致するけれど、まだ直接的な関係性は確認されていないことを強調しておくわね。

ロイヤルガードは現在の不安定な状況下では何が起こるかわからないので、ムーンゲートには近づかないよう志願兵たちに警告したわ。彼らは特に神秘的なアーティファクトや危険な鉱物を安全な所に保管しておくよう警告しているわ。」

- ねずみのシェリー

BNN: Daemons Attack Northern Quarter Jeremy Dalberg 09 Nov 2007 20:42:54

"The northern quarter of Magincia was flanked today by daemons pouring from the corrupted moongate west of the city. Valiant citizens and militiamen alike are resisting the relentless hordes at the city’s borders, forcing the harried denizens of darkness to seek less direct routes into the city.

Defenses established alongside the docks and western part of the city have held firm so far, and officials hope to improve them over the coming days. The BNN has learned that Lord Francesco of the Royal Treasury is currently petitioning every city in the realm for relief aid and donations.

Meanwhile, mystery surrounds the Magincia moongate – our latest reports from the front lines indicate that the magical portal has undergone significant changes overnight. Its violent shimmering has certainly coincided with an overall increase in the invaders’ vigor and ferocity, but we stress that a direct relationship has yet to be established.

The Royal Guard has warned volunteers to stay away from the moongate itself, as they cannot predict what might happen in its currently unstable state. They especially warn to keep magical artifacts and hazardous materials safely out of harm’s way." -- Sherry the Mouse

投稿者 Siel Dragon : 2007年12月07日 18:58