2009年11月13日
Calvin "Uriah" Crowner

Calvin "Uriah" Crownerとは,2007年10月頃にウルティマ オンラインチームへ所属し,開発マネージャーを経て,プロデューサーを務める人物。エレクトロニック・アーツ社に入社後数年間はJAVA による開発を務めていた。

2009年9月に販売開始された拡張版ステイジアン・アビスのクレジットにおいて,Producer として名が挙げられている。

ゲーム歴は,Asheron's Call ,スター・ウォーズ ギャラクシーズ,Dark Age of Camelot 及び World of Warcraft を短期間だがプレイしたと語っている。なお,Ever Quest はプレイしたことがない。オフラインゲームでは,Advanced Dungeons & Dragons のファンである。

元米国空軍将校であり,米国空軍士官学校の卒業生。短期間だがノースウェスト航空において操縦教育主任教官も務めた。

2010年
Calvin "Uriah" Crowner(2)

2008年02月06日
Uriahの自己紹介
2008年04月18日
[Link]Interview with Uriah(4Gamer.net)
2008年05月15日
Uriah のコメント
2009年08月18日
[Link]Interview with Uriah(4Gamer.net)
2009年11月13日
Uriah のコメント
Uriah について
2009年12月15日
[Link]Interview with Uriah(電撃オンライン)

2009年11月13日 Calvin Crowner について

Harb
Calvin は空軍士官学校の卒業生なのだろうか。米国空軍においてどの所属であったか伺いたい。私自身4年間に渡って米国空軍に所属していたから,言葉も通じ合うことだろう。

Cal "Uriah" Crowner
私は収集家であり,ミサイルや中古のF-4S を購入した。費用分析をした結果,短期間だが,私はノースウェスト航空において操縦教育主任教官を務めていたよ。

Re: [UO Herald] Calvin Crowner - UO Producer's Letter

Cal_Mythic
UO Development Manager
11-12-2009, 09:27 PM

Quote:
Originally Posted by Harb
Academy grad? Cal/ Uriah what was your AFSC? Though an Army guy myself, I spent 4 years with USAF and can speak the language

Hey ... I was an acquisitions guy (bought missiles and old F-4s for a while) ... Cost Analysis ... Then I got to be a flight Commander for a bit up in the Northwest ...
__________________
Cal "Uriah" Crowner
Dev. Manager, Ultima Online
Mythic Entertainment

2009年11月13日 Calvin Crowner のコメント

UOプロデューサー Calvin Crownerが、UOの現在と今後についてコメントを発表しました。

「機長よりお知らせします。高度36000フィートまで上昇時、乱気流に巻き込まれる可能性がありますので、ご注意ください。安定高度まで達し、シートベルトサインが消えたら、機内を移動していただいて構いません。連邦航空局の規則により飛行中の喫煙は認められていません。ただし乗務員に分けていただけるならその限りではありませんが。本日はブリタニア・エアウェイズをご利用いただきありがとうございます。」

サービス開始から12年が経過。ギネスブックには後で記録されるだろう。俺たちは、今まさに12年目を分かち合っているんだ!この夏に第8番目の拡張版をリリースして以降、「懐かしのブリタニア」キャンペーンを実施し、人々が戻ってきてる。ファンサイトの掲示板では、あり得ないと言われるかもしれないけど……そして皆が気づいているかどうかは分からないけれど、ともかく毎日、UOをプレイする人が増えてきているんだ。でも俺には分かってるんだよ。ユーザー数が日増しに増加していることを。イェイ!

皆がハロウィンを超気に入ってくれたんだってね?そうさ、Sakkarahや彼女を支えた他の連中が、今年は「デス・オア・トリート」をなくしたんだ。それだけじゃなく、彼女はまだまだ飛び道具を隠し持ってるぜ。来週導入予定のホリデーシーズン用パブリッシュを、首を長くして待っていてくれ!

もっと大事なことがあった。みんながずっと心待ちにしていること……エンジニアチームが、スピードハックとサードパーティ・プログラムへの対応作業を行っている。ソリューションに向けて毎日作業を進めているけど、ちゃんと仕上がってから導入するつもりだ。

最後に。先日は米国の退役軍人の日だった。元米国空軍将校として、そして米国空軍士官学校の卒業生として、いま現在、軍人として務めている人たちに感謝の意を表したいと思う。我々はここMythicでゲームを開発している。内外の敵から人々を守っているわけじゃない。我々が作るゲーム世界では、世界を支配したり、王様と似たようなことをすることだってできる。種類は違っても、善と悪の戦いが巻き起こっている。そして皆知っているように、人生ってものは、時に、あまりにリアルだ。我々がこういうリアルな現実からの「避難所」を提供できるのも、彼らのおかげだ、感謝したい。

2008年5月15日 「質問に答えよう!」Calvin Crownerのコメント

前回のコメントを投稿してからどっさりと質問をもらったので、そのいくつかに答えたいと思う。

「チームの大きさはどれ位なんだい?」

前に4Gamers.netで同じ質問を尋ねられた時にはこう答えた。「必要な人員は確保できている。だが、欲しいと思っている数には届いていない」。でもはっきり言って、俺は現在のチームで本当に楽しんでいる。メンバー同士の関係はいいし、上手く動いている。そして皆が自分たちの仕事を楽しんでいる。

不満が爆発して燃え上がっている所に雨を降らせ、他のどんなコミュニティよりも長く続いている善と悪の伝説的な物語に貢献している……そう、俺たちはこの仕事が大好きなんだ。

このテーマとは切り離せないことだが、皆は俺たちがレッドウッドからフェアファックスに引っ越した時に何人かのメンバーを失ったことを知っているかもしれない。幸いにして、俺たちはゲームが大好きで、情熱を持ってチームに参加してくれる新しい才能あるメンバーを見つけることが出来た。それじゃ、俺たちがこの新しいメンバーたちと何をしているかって?

3つのことをしている。修正、設計、訓練だ。

最近は、来週やってくる新しいメンバーたちをドラコーニのヒザ以外のどこに座らせればいいか考えなけりゃならなかったってことを付け加えておこう。

次。

「何が予定されているのかもうちょっと教えてくれよ?」

簡単に言うと、スケジュールはスケジュールであって、毎回6時間から6日程度変更の可能性がある。そして、叙事詩イベントに関しては……6ヶ月だった。俺たちは去年の10月に叙事詩イベントの内容を話し合って、(様々な事情から)それを延期しなけりゃならなかった。依然として俺たちは5月下旬にコンテンツの大半を投入することを目指している。それは王国を変える何かの前触れとなるだろう。

チームの何人かが先週新しいグラフィックを見た。アートディレクター自身がとても感銘を受けていたよ。コンセプト担当はこの新しいコンテンツを作る機会に飛びついた。6月に期待してくれ。

「おい! ちょっと待ってくれ! 5月下旬って言っただろ!」 これについては自分で突っ込みを入れておきたい。

どうして皆に公開するまでにそんなに時間がかかるのか?

俺たちは問題の修正とコンテンツの実装を行っているが、いつも(導入前に)改良の段階を必要としている。数時間で解決すると思った問題がしばしば2日間に及ぶこともある。何かを価値があるものにすること、そして何かを修正することは壊すよりもよっぽど時間がかかる。実際にこの数日間、品質管理チームから凄い目でにらまれていた。そういう訳で俺たちは(修正やコンテンツを)公開する前に……可能ならいつでも……進んで修正されていることを確認したい。

多くのやり方で皆は問題を報告してくれた「何年か前にも見たけど、まだ壊れてる」。歴史的に、現在もそうだがコンテンツへの不変の要求は古い機能とシステムを修正することよりも、時間的、人的資源的に重視される。俺たちは最善を尽くすだろう。

コミュニティのためだけじゃなく、ウルティマへの愛と敬意が俺たちを前へと押し進める。出来るだけ退屈な時間がないようにするつもりだが、皆には話せない舞台裏のこともたくさんあるし、予定していたことが出来ない場合なんかには下唇から血を流す事だってある。

不具合の修正とコンテンツの提供に関しての、UOチームの幾度とない繰り返しに皆がとても辛抱強かったことを知っている。これにはただ「ありがとう」としか言えない。敬意をもって皆に頭を下げたい。

最後に。

「甦りし王国」はどうなっている? 「ステイジアン アビイス」は?

「甦りし王国」に限って言えば……このパブリッシュで二つの修正を入れようとしている。ウィンドダンジョンの橋を幽霊が渡れない問題と、2Dモードで洞窟の入り口周辺にピンク色のタイルが表示される問題の修正だ。俺はピンク色が好きじゃないんだ。この問題の修正が遅れてすまない。他にもいくつかあるが、依然としてより多くのことに取り組んでいることを知っておいて欲しい。同様に、掲示板で議論された話題の大部分についても調査している。この目的のために、近い将来何らかの形でサーバーのロード / ストレステストを行いたいと考えている。20〜25人のプレイヤーが何人かの開発者とGMを追いかけるなんて案が浮かんでいる。フレームレート、マシン、OS のスペックを共有する用意をしておいてくれ。

叙事詩イベントの新しいコンテンツは全て、「甦りし王国」と2Dクライアントの両方に対応するよう更新されることも知っておいて欲しい。

ため息。ライブパブリッシュに関してはここまでだ。

「ステイジアン アビイスはどうなったんだよ!?……」。彼はちょっとだけ立ち止まり、振り返らずに、部屋の角に体を預けて軽く含み笑いをした。「一年以上前に拡張版の発表をした。もう少ししたらより多くの情報を耳にすることになるだろう」。彼はグルーに食べられてしまいそうな真っ暗な部屋の中へとゆっくりとすり足で歩いていく。

ドアが閉まる……足音が遠くなっていく。追いかけてそのドアを開くと、日没のビーチが一面に広がる。ここに青いページがある (*1)。

Cal Crowner
Development Manager
Ultima Online
EA Mythic

*1:元ネタは”MYST”だそうです。

2008年2月6日 「やぁ!」Calvin Crownerの自己紹介

Calvin Crownerからのメッセージ
私の役職が一体何なのかをお話することで、自己紹介とさせていただきましょう。私はウルティマ オンラインの開発マネージャーです。もうちょっと続けていいですか、私は最近この職につきました。プレッシャーはありません。サーバークラッシュ、チーム編成、スケジュールの決定、不具合の修正の優先順位付け、噂の沈静化、快適な職場作りなどが、私に委任されている責任の範囲内にあります。言い換えれば、私は何かに「問題がある」ならば、誰にそれを修正させるのかを考えようとします。逆に、もし何かが「問題がない」ならば、その状態を維持できるように全力を尽くします。

私かつてプログラミングをやっていました。今は大嫌いです。営業の仕事もやっていました。よく、ビジネスレポートでガス料金を経費として計上するか、持っているタバコを直接ノズルから吸うののどちらかに決めようとして自己嫌悪に陥ったものです。この手紙を読んでいる多くの皆さんと同じように、私はゲームが好きです。全てのゲームが大好きです。ダンジョンズ&ドラゴンズでは昔からの「イフリートが表紙に描かれた本を持った情報屋」を務め、“Privateer 2”と“Crusader: No Remourse”のパッケージの隣には、今でも100面ダイスが入ったマスタードイエローのTSRダイスバッグがあるほどです。マシンガントーク終わり!

こうした背景もあって、私はウルティマ オンラインの伝統の灯を持つ機会を得たことを、この上なく名誉なことだと考えています。私はチームがここフェアファックスのミシックに移行する前に、EARS(レッドウッドショア)のグループと一緒にしばらくの間過ごしました。その数週間で私はウルティマ オンラインのエキスパートたちから非常に多くのことを学び、過去のウルティマへの多くの情熱と、ウルティマとウルティマ オンラインのコミュニティの存在に対する敬意についての手ほどきを受けました。

私はかつてロックバンドにSmock Llama Mamaと名づけたことがあります。でも、それは全く違う話なのでここでは置いておきましょう。

さて、そろそろ皆さんに情報をお伝えしましょう。何よりもまず第一に、ジョン・クリーズの想像力の広がりによってウルティマ オンラインが消えたりはしていません。それどころか、ここで働いている開発者たちの左右の脳細胞の量を見、またその燃え上がる匂いをあなたがかぐことができたなら、どうしてこんなに強烈な硫黄の臭気の中にいて耐えられるんだろうかと疑問に思うに違いありません。私たちはこれからの数ヶ月間についての素晴らしい計画を持っています。法的及びマーケティング的理由から「叙事詩イベント」としか今は申し上げられませんが、三つの大型連続ストーリーが作業のピークを迎えつつあり、この春……我がモリニューの法則第一条を適用すると、「この春遅く」となるわけですが……に登場する予定です。

最初のイベントでは、文字通りプレイヤーの皆さんへの少しの愛をお見せすることになるでしょう。おっと、プレイヤーの皆さんへのたくさんの愛ですね。リードデザイナーはチョコレートの研究に多くの時間を費やしています。もしあなたがエンドルフィン不足に悩んでいるなら、バレンタインデイイベントはきっとあなたにピッタリでしょう。次は、狂気の魔術師(Mad Mage)がついにブリタニアで大実験を行います。三月下旬のある時点で、狂気と混乱の光景をお探しください。皆さんはもっと多くのことが知りたいことでしょう。私ももっとたくさんお話したいのですが、ここまでお話したことだけでも既に私は数年間塔に閉じ込められて藁を金に紡ぐように強いられる羽目になるのはわかっているので、これ以上は何も発表できません。

付け加えるに、私たちの作業リストの優先順位付けにおいて、ジェレミーのおかげで少し軌道修正を行っています。コミュニティの皆さんがリクエストしているライブイベントといくつかの大きなシステムの改善の両方についてのメールに答えるために、非常に着実に努力しています。さぼっているわけではありません。あらゆる実現可能な方法とプロジェクトの計画に対して、私たちは平行したエンジニアリングを少しずつ行っています。

最後になりますが、もう少しだけ待ってください。びっくりするような、よく焦点の合った、完全に達成可能な計画 − ばからしいものや、ほとんど善意で行われているものも沢山ありますが、それらの全てはウルティマの世界の継続的な発展についての情熱でできています。覚えておいていただきたい最も重要なことは、ウルティマ オンラインにその身を捧げているチームは成長しており、来るべきものについて非常にわくわくしているということです……あなたの命を守るもの、それは +5のHelmet of Endurance (もちろんシートベルトもね!)。

投稿者 Siel Dragon : 2009年11月13日 16:20