2008年02月13日
業火に焼かれる家屋

業火に焼かれる家屋はDraconi氏主導で実施された不正行為を伴うプレイヤーハウスの一斉処罰。所有権を剥奪するだけでなく、プレイヤーハウスそのものを削除し、その上で跡地にマジンシアで見られたような瓦礫を設置した。これにより、当該座標に一時的に新たなプレイヤーハウスの建築が不可能となったが、これは同様の不正行為によって建築されることを防ぐ目的があると思われる。

2008年2月13日 不正行為に対する処罰

第114回 UO:HoCより抜粋。

【不正行為に対する処罰】
Noxin
まさに今、ウルティマ オンラインへログインしてみたところ、私の家が瓦礫と化し炎に包まれていた。これはブラックロックイベントの一環なのだろうか。私が収集していた " Barbed Runic " はどうなってしまったのだろうか。

Draconi
そんなはずはない、君の家は瓦礫と化していないはずだ!さて、真面目な回答をするとしよう。諸君らの多くは Noxin と同様にブリタニア上で多くのプレイヤーハウスが発火していることに気づいていることだろう。カスタマーサービスに関連する事柄の常として、詳細に触れることはできないが、過去に不正行為に対して寛容な姿勢は取らないと言及していたことを思い出してほしい。最近実施したこの行動はコミュニティとコミュニティサービス、デザイナーが協調した結実と言えるだろう。
注記:Adida は以前ゲームマスターを務めていた。
注記:私は炎が好きだ。

RicTheHippy
あはははは。

【不正行為に対する処罰 2】
Demonous
業火に包まれ焼け落ちたプレイヤーハウスの跡地に、新たなプレイヤーハウスを建築することは可能なのだろうか。

SupreemEA
永遠に燃え続けるのさ。

Draconi
そうだね、ここが終わり次第、何も生えぬよう塩を撒いておこう。

SupreemEA
おぉ、そうだね。

* Draconi はうなずいた *
* RicTheHippy は大きくうなずいた *

Draconi
次回のパブリッシュが導入されるまでは、業火に包まれたプレイヤーハウス上に新たなプレイヤーハウスを建築することはできない。そのパブリッシュではプレイヤーハウスに関する不正行為に対処する予定だ。好立地は公正な競争によって獲得して欲しい。

* RicTheHippy は頭を下げた *

Draconi
おっと、そうだった。次回のパブリッシュと言及する際はバレンタインに伴い導入するパブリッシュ50の次に行うパブリッシュを指しているよ。

2008年2月13日 業火に焼かれる家屋

news080213-origin-1.png

news080213-origin-2.png

news080213-origin-3.png

投稿者 Siel Dragon : 2008年02月13日 12:58