2009年09月08日
宝珠を守るもの

宝珠を守るもの(Mondain's Legacy)とは,2009年9月8日に日本公式サイトのブリタニアニュースネットワークにおいて報じられた物語。同年9月7日に報じられた物語「女王に栄光あれ!」の続きにあたる。魔術師デクスターの手記として,プラチナムドラゴンやクリムゾンドラゴン,そしてシャドーロードに関する考察が行われている。

2009年9月8日 宝珠を守るもの

私、デクスター(Dexter)は、自らの手で歴史を書きとめる作業を続ける。私が知っていることを。

さあ、モンデイン(Mondain)が遺ししものの話を始めよう。プラチナムドラゴン(Platinum Dragon)が私たちを援助したその秘密を説明しよう。偉大なる竜、年月と力の化身である彼らは何故、私たちか弱き人間とエルフを助けなければならなかったのかを。

ああ、誰かが言うかもしれない。彼らは慈愛の精神で我らを助けたのだと。彼らは善なる力の化身であり、疑うべきではないと。彼らは私たちと同じように話し、その知性は私たちを委縮させ、私たちは彼らを一つの単純な型に押し込めた。これは愚かな行為であり、私たちとともに、深紅の竜と死に物狂いで戦った彼らへの侮辱ともいえる。

誰かは言うだろう。むしろ、脅威はあのクリムゾンドラゴン(Crimson Dragon)どもであり、シャドーロード(Shadowlord)ではなかったのではないかと。

いや、そんなことはない。現実の脅威が存在したのだ。

シャドーロードは世界の混乱をただ喰らい尽くして楽しもうとしたわけではない。違う。彼らは偉大なる力を見出し、その貪欲さをもって、まさしくこの世界にいる全てのものを絶滅せんとしていた。

あの三位については、名をも記されえぬ呪われしあの三位については、不死の宝珠(Gem of Immortality)を、かつて遠い昔、モンデインがつくりし宝珠を作らんとしていた。彼らは大いなる力を払い、あるルビー(a ruby gem)を見つけた。それは私たちのあの美しき太陽の力に対応するものである。彼らはその宝玉を汚し(けがし)たのだ。憎悪を、卑劣を、偽りを与えることによって。

彼らは世界で次々にそれを繰り返し、それを次々とつなぎとめていった。世界の力を搾り尽くし、後には枯れて崩壊したものだけが残ったのだ。

そしてあの呪われし三位が今や敗北し、何が起こるのだろう。彼らが荒廃させた世界には何が残っているのか? 同じ宝石より生まれし破片世界(Shard)たちは? 違う世界で作りだされた宝珠。死後久しく……。

いや、ドラゴンはブリタニアに戻り、今やその主張を強めているものの、我らの主張よりはその声は小さい。彼らはこの世界を護るために戦い、私たちは、単に彼らの計画のほんの小さな一部にすぎないのだ。

Mondain's Legacy

Start Date: September 4, 2009
End Date: To Be Determined
Additional Information

I, Dexter, continue this work of history by my own hand, writing only that which is known unto me.

Herein I shall expound upon the great legacy of Mondain, the secret that brought the platinum dragons to our aid. For what could compel those most ancient wyrms, avatars of age and power, to help the weak and inferior races of men and elves?

Oh, some shall say, that these great dragons are simply altruistic, the embodiment of good without motive to question. They speak as though these beings, whose intelligence dwarfs our own, could be cast into only one simple mold. This is folly, and an insult to these great immortals who fought so valiantly alongside our own lines to defeat their crimson brethren.

Some shall say the threat was never the Shadowlords, but simply the crimson dragons.

Nay, the threat was real.

For the Shadowlords had not simply feasted upon the suffering of the world for their own gluttony. No, they had discovered a greater power, and in their avarice sought it to the very extinction of all life upon our world.

The Three, those cursed in name, had begun creating a Gem of Immortality even as Mondain had so long ago. They had found, after great effort, a ruby gem capable of harnessing the power of our beautiful sun, and in their vileness corrupted it: feeding it hatred, cowardice, and lies.

This they had done in world after world, binding them time after time, consuming their power and leaving it to wither and perish.

And when those Three were defeated, what was left of their wretched mortal shells but shards of the very same Gem? A Gem forged on a distant world, long dead…

No, the dragons have returned to Britannia, and their claim to this world is as strong, if not stronger, than our own. They fought to save this world, and we, we are but a small part in their plans.

Tim “Draconi” Cotten

投稿者 Siel Dragon : 2009年09月08日 17:03