2009年09月13日
fire isle(ファイア島)

ファイア島(Fire Isle)とは,フェルッカ世界及びトランメル世界において大陸から最も遠くに位置する南方の孤島。この灼熱の孤島には謙譲の神殿,ダンジョンヒスロス,そしてデーモンテンプルなどが存在し,アバタール島(Isle of the Avatar)とも呼ばれる。

この孤島及びデーモンテンプルは,当初よりその名称について謎に包まれていた。当初はアビスの入口に建立されたコデックスの神殿ではないかとの説は根強く存在した。そのため,アビスの入口及びコデックスの神殿の存在を根拠として,孤島の名称をアバタール島であるという説があった。また,アビスに対応する徳と考えられる謙譲の神殿がこの孤島に存在したことも根拠のひとつとなっていた。

2009年9月9日に導入された拡張版ステイジアン・アビスにおいて,トランメル世界のファイア島周辺海域に大規模な地殻変動が発生,この地殻変動に伴い,アビスの入口がファイア島北西部に出現した。また,フェルッカ世界においては地殻変動による大規模隆起こそなかったものの,ヒスロス最下層にアビスへの入口が確認された。Siege Perilousにおいては,加えてデーモンテンプルにアビスの入口が発見されている。

フェルッカ世界
news090913-etc-2.jpg

トランメル世界(2009年9月9日以後)
news090913-etc-1.jpg

2009年09月09日
拡張版ステイジアン・アビスの導入(パブリッシュ60)
2009年09月12日
ファイア島に異変!?(ブリタニア☆ウォッチ)
ファイア島への渡航と船に関するお願い

2009年9月12日 ファイア島への渡航と船に関するお願い

地殻変動によりトランメル世界ファイア島北西部に出現した地域に新天地への希望を見出した冒険者たちの渡航が相次いでいるようだ。多くの冒険者が船舶を用いて海岸線へ接岸を試みているため,「封鎖状態」に陥った場合には対処に踏み切る可能性があるらしい。ここでの対処とは船舶の移動等が想定される。

Sakura のトランメル世界ファイア島に新たに出現した海岸線へ向かったところ,確かに船舶が海岸線から折り重なるように停泊されていた。鍵を開けたままで上陸している冒険者も多いことから,船舶間を移動すれば,海岸線へたどり着けなくもないようだが。

news090913-skr-1.jpg

また,今のところ,海岸線には封鎖時の対処を警告する看板などは設置されていないようだ。

2009年9月12日(土) 午後10時30分

トピック: 船から降りたら、すぐミニチュア化を!

ファイア島へ渡航する方の増加に伴い、該当地域の海岸線に停泊中の船舶の数が増加の傾向にあります。

少数の船舶だけで海岸線を埋め尽くすことはできませんが、渡航される方の総数が多いため、渡航する一人一人が1艙づつ放置しただけでも相当の数となり、海岸線を埋め尽くしてしまう場合もあります。

ファイア島へ渡航される皆様には、上陸後、安全を確認できたら、すぐにドライドックを行い、後続の渡航者が上陸できるよう海岸が空いている状態を保っていただけますようご協力をお願いいたします。

なお、万が一、海岸線が完全に埋まり「封鎖状態」となっていた場合には、相応の対処を取らさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

2009年9月12日 ファイア島に異変!?

なにやらファイア島に異変が!? ということで、さっそく突撃インタビューするため現地に向かいました! まずはAsukaシャードで冒険者の方たちにお話を聞いてみます。

メグ:「こんにちは、BNNレポーターのメグ・ハマーです! ちょっとお話を伺いたいんですけど、いいですか?」

La's:「どうぞお」

Roiku:「はいー」

メグ:「ありがとうございます! この辺りで異変が起きたということで来てみたんですけど、すごいことになってますね。ダンジョンの入口とかできちゃって」

La's:「ええ」

メグ:「La'sさん、Roikuさんは中に入られたんですか?」

Roiku:「これからなんです。ぜひ一緒に突入しませんか!?」

メグ:「えー!?」

La's:「レポートは現場命ですよ」

メグ:「うっ、じゃ、じゃあ、ちょっとだけ入ってみます……。ちょっとだけですよ!」 *ドキドキ*

La's:「どうぞどうぞ」

news090912-etc-1.jpg

メグ:「おお、これまでのダンジョンとは雰囲気がかなり違いますね〜。そちらの素敵な白い帽子の方は、中の様子は見たんですか?」

Rosenkrantz:「回ったけど迷ったです。迷って……死んで……」

メグ: *!?*「なかなか手ごわそうですね……。中は広いんですか?」

Rosenkrantz:「広いのかな。モンスターがけっこう痛いんです……。Acid Slugの場所で立ち止まってたら、即死したし……」

メグ:「なるほど……凶暴なモンスターもいると」 *メモメモ*

PARI:「おお、こわいわー」

メグ:「そちらの方は中の様子は見ましたか?」

torajirou:「初めて入ります」

メグ:「これからですか。ドキドキですね!」

torajirou:「はい^^」

メグ:「これから中に入られる方が多いみたいですね。あまり冒険のお邪魔しちゃうのも悪いですし、取材はこの辺で。今日はありがとうございました!」

Rosenkrantz:「ほほう、お疲れ様です」

Roiku:「お仕事お疲れ様です〜」

PARI:「おつかれさま〜」

torajirou:「おつかれさま〜」

Asukaシャードでは、これからダンジョンの中に入る方が多く、皆さんワクワクしてる様子が伝わってきました! アンダーワールドで皆さんを待っているものとは果たしてなんでしょうか!? つづいて、Sakuraシャードでもお話を聞いてみたいと思います。

メグ:「こんにちはー、BNNレポーターのメグ・ハマーです! ちょっとお話を伺いたいんですけど、よろしいですか?」

Aro:「こんにちわです^^」

kirara:「こんばんは^^」

filia: *!!!*「ずいぶんと危険な場所に取材に……」

メグ:「なにやら、ファイア島に異変が起きたと聞いて、取材に来たのですが」

filia:「中は気色悪いナメクジのようなRotwormがうようよでした><」

メグ:「……精神的に来るものがありそうですね」

filia:「ええ、すでに4人も食われたらしいです……。さらに、そのナメクジをシチューにして食べるものもいるとか……」

メグ:「ええええ!? お、おいしいんですか?」

filia:「それは、メグ様の体当たり取材でしょう」

メグ:「……ちょ、ちょうどさっき食事をとったばかりなので、またの機会に!」

Aro:「床には罠があって、奥のほうが生活空間になってるところがあるですね」

メグ:「ふむふむ、そこで生活しているのって誰なんでしょう?」

Aro:「ゴブリンですね」

HANAGATA:「ぬおお、ゴブリンいるのか〜」

filia:「アルケミストのおじちゃんもいましたよー」

メグ:「罠を張っているということは、私たちを警戒しているんでしょうか?」

Aro:「たまに友好的な子もいるですね」

filia:「メグさんの美貌で警戒を解きにいかないと」

メグ:「うう、その辺はあまり自信が……」

HANAGATA:「でっかいクモがいるって聞いて、それ見にいこ〜って来ました」

Aro:「かなり気持ちの悪いのがいるです」

メグ:「これから行くんですか! なかなか危険な感じがします。気を付けてくださいねっ」

HANAGATA:「いざとなったら、死んだふりします」

メグ:「クモに死んだふりが通用するんでしょうか……」

HANAGATA:「あ、クマか。うふ」

tamago:「メグさんだ。こんにちは! 取材ですね!」

メグ:「はい! tamagoさんは中の様子を見ましたか?」

tamago:「一回りしてきましたよ。見た事もない生物がいっぱいいました! すごいきもいのがいました!」

Aro:「ナメクジの親分?」

メグ:「さきほども同じような感想をfiliaさんから聞きましたが、そんなに気持ち悪いんですか!?」

tamago:「メグさんも是非その目で確かめてください」

メグ:「は、はいっ」

news090912-etc-2.jpg

メグ:「では皆さん、今日はありがとうございました! ブリ☆ウオ!」

filia:「おつかれさま!」

Aro:「おつかれです^^」

kirara:「ご苦労様」

tamago:「ぶりうおっ!」

HANAGATA:「おつかれさま〜」

Sakuraシャードでは、すでに中の様子を見た方が何人かいらっしゃいました。今まで見たことのない生物がいっぱいいるみたいです。皆さんも是非、自分の目で確かめにいってみてください!

それでは今週はメグ・ハマーがファイア島、アンダーワールド入口よりお伝えしました。ブリ☆ウオ!

ブリタニア☆ウォッチでは皆さんからの投稿を大、大、大、大募集中っ〜! お店の紹介やイベントレポート、その他おもしろいスクリーンショットなどジャンジャン送ってくださいね。我が家の内装自慢も大歓迎! 屋上アートもドンと来いっ! ご応募待ってま〜す!

投稿者 Siel Dragon : 2009年09月13日 13:16