2002年10月06日
Krett(クレット)

クレット(Krett)とは,老練な細工職人。イルシェナー世界で発見された機械生命体ゴーレムの調査において,ガーゴイル語の知識と細工の技術を見込まれてブリタニア政権から協力を依頼された。

2001年10月26日,クレットはシャミノの来訪を受けた。ニスタルがイルシェナーに送り込んだ探索隊との連絡が途絶えたことを受け,探索隊の捜索にあたるシャミノはクレットに同行を求めた。イルシェナーに赴いた一行は,ガーゴイルシティへ通じる洞窟の内部で新型ゴーレムの残骸を発見し,更に探索隊の亡骸も確認した。探索隊は血文字で単語をひとつ書き残しており,ガーゴイル語で"エクソダス"と書かれていた。(血文字の伝言

2001年11月5日,イルシェナーにおいて新型ゴーレムからクリスタルを回収して以来,クレットは昼夜を問わずゴーレムの製作に没頭していたが,ニスタルに依頼されて,敵の居場所を特定し,敵の力の根源を暴き出すための装置を共に製作することとなる。(到来

2002年9月30日,クレットは,宮廷魔術師のクレイニン,ミーア族の長老アドラナス,錬金術師のボルビンらとともに,ソーレン族のズーギーファンガスから転移パウダーを得る技術について検討会を行った。結局,結論を得ることはできなかったが,クレットはその合間にピザカッターを発明していた。(科学討論会

2002年10月6日,クレットは錬金術師のボルビンとともにソーレン族の巣内部で装置を完成させる作業を行っていた。作業の合間に二人は,科学者人生でいちばん恥ずかしかった体験を言い合うことにしたが,クレットはその間にソーレンに大切なレンチを奪われ,取り戻そうとして泉へ落ちてしまう。クレットはこれこそが科学者人生でいちばん恥ずかしかった体験だと言った。ちなみに,ここでクレットが完成させた装置は,ユーの腐敗の影響で汚染された水の浄化装置である。(労働者

投稿者 Siel Dragon : 2002年10月06日 12:50