2012年06月18日
EMホール落成記念式典

EMホール落成記念式典とは、EM Kanata 氏の就任と Wakoku 配属を祝って2012年6月16日21時から開催されたミニイベント。EM Kanata 氏の配属後、初となるWakoku 独自のイベントとなった。

news120613-etc-1.jpg

2012年06月13日
EMホール落成記念式典への招待状
2012年06月15日
EMホールの設営状況
2012年06月16日
EMホール落成記念式典
2012年06月30日
カナタの回想録

2012年6月30日 カナタの回想録

【回想】倭国EMホール落成記念式典への招待状

June 30, 2012
By Kanata

「カナタさま、お疲れさまでございましたな」

ぐったりと椅子に座り込んでいる紫ローブの青年がその声の主の方へとゆっくりと頭を向ける。

「……ありがと、スワンソン。でも、そのかなた『さま』っての、やめてくんないかな?」

青年の名はカナタ。

この倭国の地で新たにEM(イベントモデレーター)として就任した。

「ステキなお客様がたくさん来てくださって、よろしゅうございました」

この倭国EMホールの執事であるスワンソンは……なぜか執事なのだ。なぜ執事が必要かはわからないけれど、イベント準備に疲れ切っていたカナタに、いつの間にか話をつけて、このポジションにおさまってしまった。なってしまったものは仕方がない。

「ほんとに……一時はどうなることかと思ったけど、最高の式典になったと思うよ」

ホール二階、事務室の机には、スワンソンが給仕した珈琲がふんわりと湯気を立ちのぼらせている。

カナタはそれに手を伸ばし、顔のまえで香りをゆっくり愉しみながら。

目を閉じて、素晴らしい今日を思い出すのだった。

………………
…………
……

まったくひどい目にあったものだ。

ここしばらく、この日のために街をかけずり回ってきたというのに……あの時の衝撃は今も忘れられない。

そう、なかば強引にうちにやってきた、自称イベント請負人Raisa the MC(ライサ)。アメリカンなノリの良さを信じたボクがバカだった。

「主役は時間ギリギリに飛び込んでくるのがいいのよ!」

そんな彼女の言葉を信じて、意気揚々とやってきたのは21時半。

立ちくらみを感じつつ、座り込む。

「……だ……誰も……いない?」

あとで知った本当の開始時間からすでに30分以上も経った頃。誰もいるはずがない。

一方、実は21時に開始されていた記念式典は……

執事Swansonの晴れがましい前口上に始まり

鮮やかな原色の服を着込んだライサの調子のよい演説へと続き……

なぜかぼくは……美しい妖精Saara(サーラ)に一目惚れ。イベントを放ったらかしにして失踪してしまったことに……ヒドイや。こんなことして、一体ライサは何を考えているんだ……。

でも、どうやら集まってくれた冒険者のみんなはそんな展開にかえって腕が鳴るようで。

ライサの指揮の下、捜索を開始!

捜索隊は早速、ぼくが宿泊していたらしいニュジェルムが誇る豪奢な宿「Restful Slumber」に急行!

いやあの……泊まってないんですけど……。

しかしそんなぼくをそっちのけでなぜか見つかる……かなたん日記。

書いてない……っていうか、なにそのタイトル。

どうやらぼくは、妖精サーラに嫌われないようにおめかしをはじめたみたいです……。

Tailorで服を整え

貢ぎ物の宝石を買い込み……

吟遊詩人から口説きの歌を授かり……もう……やだ……。

でも、さすがは倭国の冒険者。実在しない被魅了モードのカナタへと着実に近づいてゆく。そしてたどり着いたのは、なぜか潮風心地よいニュジェルムビーチ、海の家!

その頃、独り寂しくEMホールでワインをあおりはじめたぼくのことなんか置いてけぼりで、ライサは妖精サーラのゲート番Bellに詰めより、カナタの居場所を問い詰める。それでも余裕を見せるBellだったけど、とうとうカナタの居場所に通じるゲートを開いたんだ。……不気味な別れの言葉と共に。


そして、冒険者達がたどり着いたのは……Mashroom Cave、別名キノコの洞窟だったんだ。

もちろん一斉に飛び込む勇敢な冒険者達。

でも、そこで待ち構えていたのは、夥しい数の妖精族。色とりどりで綺麗……とか言ってる場合じゃなくて、大乱戦!

イヤらしい魔法を使う妖精がひしめく洞窟を、突き進む冒険者達! そんな中ライサは何か楽しそうに動き回っていたんだ。

そして妖精達を一掃した冒険者達だったけど……カナタは見つからない。

そりゃぼくはその頃、EMホールでヤケ酒だったしね……。

でも、落胆し、警戒を緩めない冒険者達とは対照的に、たくさんのキノコが生えた空間で、楽しそうに、そしてのんきに腰を下ろしたライサ。しかも発言が何かおかしい?

そしてついにライサがその正体を。

ライサ自身が妖精サーラだった!

……ん? この妖精……見覚えが?

それはさておき、すっかりだまされた冒険者を、そしてEMホールで放置されているカナタを笑いながら、こんな台詞と共に妖精サーラは消えていったんだ。

「ただのイ・タ・ズ・ラ♪」

そして少し経って……冒険者達はゲートをくぐってニュジェルムシティ、倭国EMホールへと帰還。でも、そんな彼らが見たものは……ステージ上、入り口に背を向けてワインをあおるカナタ……そう、ぼくの姿だった。

あの時、ぼくはステージの後ろ、砂岩の壁を見つめながら放心状態。

なんだか扉が開いたような気がしたけど、それにも気づかないくらいぼーっとしていたっけ?

でも、空耳のように聞こえていたざわめきがだんだん大きくなって。

そのざわめきの中に、確かにぼくを呼ぶ声があって。

本能でぼくは振り向いた。

ここからは、そんなに書くことがない。

ひたすら暖かいみなさんの歓迎に、ずーっと胸がいっぱいだったから。

でも、ひとつだけ。

あの妖精サーラは、何日か前、イベント準備に明け暮れるぼくの前に現れ、この紫のローブをほしいってねだってきたヤツだった。今回のことはきっとそれを断られた腹いせ。でも、ホールの外に忽然と現れた奇妙な色の特大キノコからは、来てくれた人みんなが取ってもまだ余りあるお土産のサッシュが用意されていた。

キノコの洞窟からやってきたあの妖精の計らいに違いない……と思う。

いたずら者の妖精流の……歓迎?

いつかまた会える日が来るような気がする。

その時は……文句を言ってやろうか。

それとも……。

…………

……

回想から覚めたぼくの手の中にある珈琲は、すっかり冷えてしまった。

ぼくはカップに残っていた珈琲を一気に飲み干し、立ち上がる。

「スワンソン。とってもステキなイベントだったね」

ぼくが飲み干したカップを下げていたスワンソンは、たいした反応も見せず階段をおりつつ、でもふと足を止め、こちらを振り返る。

「……これからでございますな」

それだけ言って、ゆっくりと階段を下りていったんだ。


さて、非常に遅くなってしまった、倭国EMホール落成記念式典の回想記事でした。

このあと、引き続きMeet&Greetが行われ、今まで飛鳥担当ながら倭国のイベントも担当してくださっていたMisakiさんにもご登場いただき、ご来場の皆さまと楽しいひとときを過ごさせていただきました。

イベント全体を通じて感じたことは、倭国のみなさんの暖かさです。

ポカも多かったし、ツッコミどころも満載でしたが、本当にみなさんに支えていただいて成功できたのだと感じています。M&Gでも申しましたが、EMの性質上、私は倭国に居を構えるプレイヤーではありません。ですから倭国のことはまだ本当に知らないのです。

でも、この日のイベントと参加者のみなさんのおかげで、ここ倭国で頑張れる自信がつきました。

少しずつ、倭国を、そしてそこで暮らす人たちのことを知ってゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

EM Kanata

2012年6月16日 EMホール落成記念式典

news120616-wkk-15.png

news120616-wkk-16.png

2012年6月16日21時より Wakoku のトランメル世界ニュジェルムにおいて EM ホール落成記念式典が開催された。

news120616-wkk-3.jpg

利用されなくなって久しいカウンセラーギルドホールで改装着手が確認されて数日。淡いグリーンを基調とし調度品や生垣で統一感のある濃淡で整えられたホールが完成していた。看板も掛け替えられ、開催を待つばかり。

news120616-wkk-57.png

用意された椅子では収まらぬほどの人々が詰めかけ、ホールを埋めていた。告知されていた刻限になると、舞台脇の階段上にある小部屋に人の気配があった。

news120616-wkk-5.jpg

Swanson the butler
ほっほっほ、sutekステキなお花が。

階段を下りてきた男が"ステキなお花"を"Sutekなお花"と言ったようにも聞こえたが、それが意図的なものなのか偶発的な発音の問題なのか思案している間に、男の自己紹介は進められていった。

news120616-wkk-4.png

Swanson the butler
ご静粛に……倭国EMホールへようこそ!お初にお目にかかりますワタクシ、執事のSwansonでございます。ええ。ただの年寄り、スワンソンでございます。みなさまこんばんは。さて、はじめてですので、これより皆様に当EMホールによる催しを存分にご堪能いただくため、いくつかお願いしとう存じます。どうかお聞き逃しのございませんよう。

続いて執事はホール利用時に守るべき三つの約束事を説明していった。

Swanson the butler
まず、乗り物は皆さまのお席の後ろか、ホールの外に置いてくださいますようお願い申し上げます。といいますか、言うまでもなくおいてくださっていますな。ぶらぼー!

大勢の人々がひとところに集まり会話に集中する特殊環境下で問題となったペットの取扱いを受け、古くに生じた暗黙の約束事のひとつ。この約束事が成立していった理由は、単に施設内にペットを入れることが不自然であるといったロールプレイの側面ではなく、進行上の深刻な問題が生じたからである。

まず、多数のキャラクターが密集することで会話が表示されない問題が生じたこと。会話表示の深刻な遅延は人々に物語を理解させることができず、進行を妨げるものだった。また過去を顧みると、遅延が発生していない状況下であっても、密集状態が視界を阻害して会話が届かないという問題もあった。物語が伝わらず理解できないことは参加者にとって愉しみを大いに減じることであったため、会話を主体とするガード圏内では、可能な対処手段としてペットを厩舎に入れて参加するという風潮が生まれたのである。

さらに深刻な問題としては、描画処理が遅延にとどまらずクライアントクラッシュを引き起こすことは過去にしばしば生じた。今でも大規模戦闘でのクライアントクラッシュは生じる場合のあることだが、以前は集合しただけで生じることもあったのである。

Swanson the butler
次に、催し中、私どもが皆さまと共に行動させていただく折、どうぞ周りを空けてやってくださいませ。目立ちたがりが揃っておりますゆえ、どうぞ皆さま、彼らにいいカッコをさせてやってくださいませ。

ストーリーの大筋は会話によって人々に提供されるが、それが全てであればイベントモデレーターがロールプレイキャラクターを用いて提供する価値はない。会話以外の挙動をともなう表現で人々へ伝えてこそ、ロールプレイキャラクターを用いる真価が示される。したがって、この約束事は、一見些細なものに映るかもしれないが、ライブイベントあるいはロールプレイイベントを実施するうえの根幹となる。

Swanson the butler
最後に、どうぞ皆さま、チャットチャンネル「Wakoku EM Event」にお入りくださいませ。お困りの時、心の声で通じ合える、便利な代物でございますよ。いかがですかな? 入り方がわからぬお客人はいらっしゃいませぬか?Wakoku EM Eventでございます。みなさん大丈夫ですかな?よろしゅうございますか?今からワタクシが心の声で皆さまに語りかけますゆえ、感じることができましたら、どうぞ皆さまも心の声で、挙手『ノ』にてお答えくださいますよう。それではまいります。

news120616-wkk-59.jpg

この約束事は、イベント進行を補完するため近年になって活用されるようになった。会話が人々へ伝わらないトラブルを回避できるのみならず、人々が移動や散開して捜索をする場面でも会話を伝えることができるなど応用性もある。

news120616-wkk-6.png

<57353884>Swanson the butler
ヘロー! エブリワン!ディス イズ ス〜〜〜ワンソン!キャン ユー ヒア ミィ?リッスン トゥ マイ スピリチュアル メッセ〜〜〜ジッ!!オッケィ?レイズ ユア ハンド!!

以心伝心。執事が心の声では謎のカタカナ言葉となる謎は解明できなかったが、次々と執事の発する心の声(?)へ人々は応じていった。

<57353884>Swanson the butler
イエス!! ザッツオ〜〜〜ッライ!!

Swanson the butler
いかがでございますかな?心の声でございますので、少々言葉が乱れたかも知れません。大変失礼申し上げましたまだおわかりにならない方はいらっしゃいませんかな?いらっしゃったら、次回までに自習をお願い申し上げます。今回は集団からはぐれぬよう、お気をつけくださいませ。おっと……そろそろお時間でございます。ではワタクシめは、これにて失礼させていただきます。ぐっどらっくでございます。

執事は挨拶を済ませると、舞台から下りて二階へと戻っていった。いよいよ今宵の主役、EM Kanata 氏の登場と人々は考えていたことだろう。しかし、再び現れた気配はカナタ氏のものではなかった。

news120616-wkk-8.png

階段を下りてきたのは、アメリカンヒーローの親戚スーパーガールのコスプレかと見紛う派手でちょっぴり恥ずかしい原色衣装の女性。

news120616-wkk-7.jpg

news120616-wkk-10.png

Raisa the MC
うふふ、負けてられないわね?じゃあ始めよっか……。
LADYS and GENTLEMEN
Welcome to the!!!WAKOKU EM HALL!!!
YEAHHHHHHHHHA!

アメリカンコメディショーの開幕かと錯覚させる宣言。衣装にも納得だが、開会宣言をするだけなら、執事でもいいじゃないか。

Raisa the MC
さて……本日は新たなイベントモデレーター、略してEMの就任を祝うため、たくさんの皆さんにお集まりいただいたこと……感謝するわ。アタシが本日の司会、Raisaよ!皆さんよろしくね?

news120616-wkk-9.png

Raisa the MC
まあそんなわけで、集まってくれた皆さんに、早速だけど…………残念なお知らせよ。

賑やかしい開会宣言の直後に残念なお知らせ。このままのテンションでカナタ氏を迎え入れるのかと思っていただけに唖然とせざるを得なかった。虚を突かれた人々が精神を立て直すより早く、司会進行役のライサは語り始めた。そう、この雰囲気はまさに故人を偲ぶ席での昔話。

Raisa the MC
そう……あれは数日前のことだったわ……新米EMのカナタは今日、この日のために、街中を走り回って準備に励んでいたの。紫の分厚いローブをまとった彼の額、初夏の太陽を受けて、滴がキラキラと輝いていたわ……。そんな彼にも休息は必要だった。彼が選んだ休息の地は、わかるわよね?初夏のニュジェルム!照りつける太陽!うってつけの場所が……あるわよね?

ニュジェルムといえば、結婚式場、処刑場、貧民街、墓場など挙げようのあるランドマークは幾つかあるが、比較的新しい名所として挙げられるのは、海上に建造された海水浴施設。大洋のど真ん中に位置するニュジェルム沖は荒波の影響を受けやすいのだが、観光地としての意地か施設拡張が続き今に至っている。

Raisa the MC
お、察しのいい人がいるわね。キノコは関係ないわ。そうよ。ニュジェルムビーチよ。カナタは海の上にぽっかり浮かぶ海の家、砂岩が敷き詰められたテラスカフェで、心地よい潮風と波音に包まれて……。そんな時だったわ、あの妖精に出会ったのは。時折ニュジェルムの街を訪れる、それはそれは美しい、アタシのように美しい、そんな森の妖精にカナタはすっかり魅入られてしまったの。

ライサの自己陶酔を人々は即座に否定した。

Raisa the MC
なんですって!?まあいいわ。彼はもう、止まらなかった。イベントの準備は、彼女を追いかける準備に取って代わり、街中を駆け回って彼女の居場所を突き止めた!そして昨晩……カナタは……アタシの制止を振り切って、街を出て行ってしまったわ……そして彼はまだ、戻ってこない……名前の通り、空の彼方にでも消えていっちゃったのかしらね……イケナイ……ちょっと感傷的になっちゃった。

招待状を送り付けておきながら放って置かれたことに憤る人々、あるいはカナタの軟弱な態度に憤る人々の声が挙がったが、なおもライサはまくし立てた。その勢いある物言いに人々も飲み込まれていく。

Raisa the MC
え? そんなヤツは放っておけですって?……そうね……ごもっとも。でも……でもね?みんな、怒っちゃダメ。だって、だって……あの妖精の美しさと言ったらもう……!ありえない……そう……ありえない美しさなのよ。さあ、皆さん!彼を! カナタを探してあげて!!勇敢にして聡明と音に聞く倭国の皆さんならばきっとモーマンタイ!立ち上がり!そして走り出すのよ!

え?どこに行くの?夕陽に向かって?矢継ぎ早なライサ独りの盛り上がりに置いてけぼり感はありつつも、徐々に人々の意気も高揚していった。

Raisa the MC
いやまった! やっぱり座って!!……作戦会議をおこないます。

…はい。

Raisa the MC
みんな、いい?カナタは昨日まで、今日の準備のために、このニュジェルムの宿屋 Restful Slumberに泊まり込んでいたわ。そして妖精……彼女の居場所を突き止めたあと、街を出て行くその直前にも、宿に戻ってごそごそと準備していたわね。……もしかすると部屋に何か残されているかも知れない。よし!探してみましょう!みんな、来てくれるわね!?

既に心の準備も整った人々の応じる声が挙がった。

Raisa the MC
OK!じゃあ出発よ!宿屋の前で一旦待機すること!みんなついてきて! はぐれないでね!

人々はライサの声を合図にホールの扉を開け放ち、次々に飛び出す。目指すはニュジェルムの宿屋。ニュジェルムパレスのそばに建つ豪奢な施設であり、ホールからは南に位置している。

news120616-wkk-12.jpg

ライサは宿屋の前で待機と指示していたが、一度駆けだした人々は止まることなく一気に宿屋へ押し入り、ようやく宿屋のエントランスホールでとどまっていた。

news120616-wkk-11.png

<57353884>Raisa the MC
さあ、手がかりをさがして!

Raisa the MC
手がかりを探してちょうだい!

ライサの声に人々は宿泊室の扉を開け放ち、内部を捜索していく。そして、一階北端に位置した部屋に据え置かれたテーブル上に一冊の日誌が確認されたのだ。

news120616-wkk-13.png

news120616-wkk-14.jpg

<57353884>Raisa the MC
どうかしら?どうやら日記がみつかったらしいわね。日記の内容を、広間に戻っておしえてくれるかしら。

Raisa the MC
どうかしら、日記にはなんて書いてあったの?

宿屋のエントランスホールで待っていたライサへ捜索隊から次々に報告が行われていった。

Siel
Kanata さんは服を新調したようです。

Raisa the MC
服を新調ですって!?あの紫ローブはどうしたの。

Orca
テイラーのOliverさんに新調してもらったと。

Raisa the MC
おりばーーね。じゃあ、これからは各自聞き込みに回ってもらうけど!くれぐれもチャットに、ちゅういしておいてね!では行ってらっしゃい!!!!

日誌から得られた情報をもとに捜索隊が宿屋を次々に発していく。服を新調したとなれば、最寄りであるニュジェルムの仕立て屋に入ったと推察して間違いない。捜索隊の大多数は仕立て屋を目指して、宿屋から市街地を北上していった。

<57353884>Raisa the MC
本の内容からすると……まずは裁縫屋ね!

news120616-wkk-21.jpg

オリバーなる人物は仕立て屋の階段を上がりきった場所で壁を背に立っていた。カナタ氏を知っているか訊ねると、オリバーは快く応じてくれた。

news120616-wkk-22.jpg

news120616-wkk-17.png

news120616-wkk-18.png

<57353884>Raisa the MC
もうだいたいそこはクリアしたかしら?次は……宝石屋さんね。宝石屋……EMホールよりも北にあった?

news120616-wkk-19.jpg

宝石店奥の部屋に立っていた女店員もカナタのことを知っていた。

news120616-wkk-24.jpg

news120616-wkk-60.png

news120616-wkk-20.png

news120616-wkk-23.png

<57353884>Raisa the MC
吟遊詩人か……彼らいっつも彷徨ってるけど……困ったら……とりあえず職業組合?

news120616-wkk-26.jpg

ギルドホール西の小部屋にいた吟遊詩人が、カナタへ歌を教えた人物であった。

news120616-wkk-29.jpg

news120616-wkk-25.png

news120616-wkk-27.png

news120616-wkk-28.png

<57353884>Raisa the MC
みんな聞こえる!?どうやらカナタの行き先がわかりそうよ!大至急、ニュジェルムビーチ、海の家まで集合してちょうだい!すぐに出発するわよ!

ライサからニュジェルムビーチへ至急集合の指示があがる。だが、私は吟遊詩人と見つめ合い、しばし動けずにいた。

news120616-wkk-31.png

なぜ、なんでこの吟遊詩人は自分の名前をここまで強調しているのだろうか。名はおそらくカリイあるいはキューリあたりの発音だろうが、彼だけがその名に説明のつかぬ気迫が込められているように感じられたのだ。

まさか…カレーと読むのか?なにを馬鹿なとようやく私はその場を立ち去り、遅れてニュジェルムビーチへと急いだ。

news120616-wkk-36.jpg

東の貧民街を抜けていくと、北岸に見えてきたニュジェルムビーチの誇る海上施設、通称海の家。その上層へと梯子を伝って登ると、既に大勢の人々がライサとともにエルフの男と対峙していた。

news120616-wkk-32.jpg

news120616-wkk-33.png

Raisa the MC
ちょっとみんな、お疲れさまだったわ!

Bell the Mysterious Elf
それっぽい名前はみたかなぁ…ふふふ。Takanaさんはしらんぞ…。

Raisa the MC
あなた、あなたね!妖精のSaaraの居場所を知っているというのは!

Bell the Mysterious Elf
ふふ…

Raisa the MC
さあ、そろそろカナタの居場所を教えてもらおうかしら?知ってるんでしょ!?

Bell the Mysterious Elf
えらくたくさんお集まりで。あのカナタとかいう青年の行方がそんなに気になりますか?

Raisa the MC
もちろんよ

Bell the Mysterious Elf
それともカタナでしたか?ナカタ?カンダか、ふふふ……。それはもう、目の色変えてここにいらっしゃいましたとも!

Raisa the MC
さっさと教えなさい!

Bell the Mysterious Elf
私はあの美しい妖精Saaraがこの街と住処を行き来するときのゲートを用意するよう、仰せつかっております。

Raisa the MC
なんですって!

Bell the Mysterious Elf
よって、当然行き先はわかっておりますが、よろしければ皆さまをご案内いたしましょうか?ふふふ……

Raisa the MC
さっさと教えなさい!

Bell the Mysterious Elf
焦りなさんな……これから出すゲートの先、洞窟の奥に妖精サーラと、お探しの滑稽な青年がいることでしょう。無事に戻られることを、祈っております……よ?ふふ……

Raisa the MC
いけ好かない!けど、まあいいわ!さあ! 早くゲートを出しなさい!

Chobi
滑稽な青年に倭国の未来がかかっているのか…

Raisa the MC
かかってるのよ!

怪しげなエルフは屋上の南側へと歩むと、ムーンゲートを創出させた。

news120616-wkk-34.png

Bell the Mysterious Elf
では……いってらっしゃいませ

Raisa the MC
いくわよ!

ライサの号令とともに、人々は次々にムーンゲートを潜っていく。その様を眺めながら、エルフは悼むように呟いていた。

news120616-wkk-35.png

辿り着いた場所はイルシェナー世界霊性地区。

news120616-wkk-37.jpg

Raisa the MC
この洞窟は!Mashroom Cave!別名キノコの洞窟ね!カナタはこの中にいるはず! 奥へ向かうわよ!

ライサを筆頭に洞窟内へ走り込む人々。

news120616-wkk-38.jpg

しかし、常ならばしんと静まる冷たい洞窟に奇怪な押し殺した笑い声が響いていた。決して広くはない洞窟内には妖精たちがひしめいていたのだ。

news120616-wkk-39.png

news120616-wkk-40.png

捜索隊も本来の目的を達する前に、妖精たちとの遭遇戦を乗り切るよりほかなかった。各所の袋小路で散開した捜索隊の戦闘音が響き渡る。

Raisa the MC
かなたはどこ!?ふふ……いないわね……こっちかしら?

ライサも洞窟内をふらりふらりと彷徨うように見て回るが、どこか愉しげに見えた。カナタのいた痕跡を発見できぬままに人々が流れ込んだのは、洞窟の西端にある床一面にキノコが生える区画。この異常な繁殖地の存在が呼び名の由来となっている。

ここでライサは、ツカツカと古びた石椅子の前まで歩み出ると人々を見渡すように振り向いた。

news120616-wkk-41.png

Raisa the MC
あらステキな場所、私の声が聞こえる?ちょっと前は空けてね。……はぁ、疲れたわね、みんな、だいたいみんな集まったかしら?ほんっとお疲れさまね?

いまだ目的を、カナタの捜索を全うしていないにも関わらず人々をねぎらうライサに奇妙な違和感を覚えた。チリチリとよぎる不快な予感に耐えれず戦闘体勢を崩さぬ者もいる。その違和感はすぐさま声色を変えたライサ自身の言葉で明らかとなった。

Raisa the MC
でも、なかなか楽しませてもらったわ?せっかくのお楽しみタイム、こんなにあっさり終わっちゃうなんて思わなかったけれど、それもまた一興ね。でも、もうちょっと鍛えなきゃね……ワタシの可愛い、いたずらっ子たち。

騙された挙げ句にイルシェナー世界まで引き込まれたと悟った人々は、次々に剣を構え呪文を詠唱していった。

news120616-wkk-42.png

人の姿を真似ていたのであろうライサが本来の姿、青白い燐光に包まれた妖精へと転じ、ひらりひらりと宙を舞った。人々の剣はライサの躰を掠めることもできず、呪文は宙に霧散する。

Raisa the MC
あーおもしろかった。あははは♪え? カナタ?ぷっ……クスクス。今頃、ひとりで待ってるわ。だーれも来ないEMホールでね!あはははは♪司会を引き受けたふりをして、ほんのちょっと開始時間を遅めに伝えておいただけなんだよ?あはははは〜♪ただのイタズラよ、イ・タ・ズ・ラ♪妖精はイタズラが大好きな〜の!

既に人々がホールを跡にして随分と時間が経過していた。カナタは誰もいないしんとしたホールへ現れたということだ。誰もいない舞台に颯爽と現れてきょとんとするカナタの姿を思い浮かべ、合掌するしかない思いだ。

Raisa the MC
じゃあ、わたしもそろそろ飽きちゃったから、あんたたちも戻ってあげなさいな?わたしは優しいから、すぐここにゲートを出したげるわ。じゃあね!また会いましょ♪

news120616-wkk-44.png

ライサはひらひらと煌めく羽を揺らしながら姿を消していった。そして人々は、しばらく唖然として立ちつくした。やがて洞窟内に煌々とムーンゲートの光が立ち上り、人々は帰路に就いていった。

news120616-wkk-45.png

news120616-wkk-3.jpg

再び陽光に満ちたニュジェルムへと戻ってきた人々が目にした光景。それはホールの舞台上、背中を向けて独りワインを傾けるカナタの姿だった。哀愁に満ちたカナタの背中が語りかける、誰にも相手されないイベントモデレーターが如何に孤独な存在となるかを。

news120616-wkk-47.jpg

news120616-wkk-46.png

EM Kanata
……
…………
………………!?
ぼ……冒険者のみなさま!?どどうして……今頃!?

ホールの扉を乱暴に開け放って慌てて席に戻った人々が、口々にカナタへ独り取り残したことを詫びることで、ようやく放心状態らしきカナタはワインを傾ける手を止めた。

news120616-wkk-48.png

そして、目を背けていたホールがいつの間にやら埋め尽くされていることに驚き慌てる。

news120616-wkk-49.png

慌てた挙げ句、舞台上をふらふらと走り回ったカナタは、よろめき豪快に倒れた。

news120616-wkk-50.png

EM Kanata
いてて……ぎゃあ!

倒れてようやく人々へ問いかけるまでの落ち着きを取り戻したカナタ。

EM Kanata
もう……誰も来てくれないと思ったのに……どういうこと……なのでしょうか?

人々は森の妖精に騙されてホールから遠ざけられていたのだと詫びた。

EM Kanata
よ……妖精……?どこにいっていたのですか!?

人々は引き込まれていた場所がイルシェナー世界の洞窟であることを口々に告げた。

EM Kanata
き……きのこ洞窟……みなさん? その妖精って……こう……白っぽいヤツじゃありませんでしたか?

青白い燐光であったから、白く見えても間違いではない。

EM Kanata
や……やっぱり……何日か前、いきなりワタシの前に現れた妖精に違いない……なんでもこのローブが気に入っちゃったみたいで、ほしいほしいってつきまとわれたんですよ…………もしかして、それを断った……腹いせ?なんてやつだ……

カナタの告白で、妖精ストーカー疑惑は妖精の方がカナタのストーカーをしていたのだという事実が発覚した。

craft
貴重なEM候補だったのか!

EM Kanata
いまだれかいいこと言いました。なればいいですよね……ん? でも、まてよ?キノコの洞窟……?キノコ……?なーんだか、あからさまに怪しいキノコが昨日から……もしかしてさらなるイタズラが!?

何かに気づいたらしきカナタは、舞台を飛び降りるやホールの外へ向けて駆けだした。向かう先はホールから出てすぐにある東海岸線。そこに生えた奇妙な色合いの大きなキノコのある場所だった。

news120616-wkk-51.png

news120616-wkk-54.jpg

news120616-wkk-52.png

EM Kanata
ちょっとまわりはあけてくださいね!すごい色……*ちょんちょん*

明らかに毒キノコだと主張する人々を尻目に観察を続けていたカナタがびくりと反応した。

EM Kanata
あ!な……なんかでた!これは……あの妖精の……イタズラ?それとも……もしかして、みなさんに配るためのお土産を用意してくれてたの……かな?

カナタに倣ってキノコに触れると、サッシュが飛び出してきた。キノコから飛び出すサッシュとは、とんだビックリ箱だ。

報酬がバックパックに収められました。

news120616-wkk-1.png

このキノコ自体は記念式典の前から生えていて観察していたのだが、昨晩もそしてカナタ捜索中の折にも触れてみていたのだが、今は機能していないとのことであった。妖精のいたずらに付き合って、ようやくビックリキノコとして機能し始めたようだ。

news120616-wkk-53.png

EM Kanata
……みなさん!せっかくですからもらっちゃってください!そして、もう一度中へ、できたてほやほやの倭国EMホールへ戻りましょう!!

人々は散々振り回されたが、カナタの就任を祝う気持ちはあったのだろう妖精の粋な計らいに評価を改めたようだ。

news120616-wkk-3.jpg

再びホールへ戻ったカナタは、先ほどまでの動揺は忘れたように明瞭な声で人々へ挨拶した。

EM Kanata
そんなわけで皆さま、あらためましてこんばんは!このたび倭国EMに就任いたしましたカナタです!どうぞよろしくお願いします!

盛大な拍手で迎えられるカナタ。

EM Kanata
もしかすると、これが妖精流のお祝いだったのかも知れません。いいえ……きっとそうに違いありません!いつかあのイタズラ者の妖精に、お礼参り……いやちがう、お礼を言いに行きたいものですね!その時はまたご一緒に!!

いたずら好きの妖精と再会する機会を願うカナタ。しかし、結局森の妖精サーラ(Saara)の名を見ることはなかった。おそらくは司会進行役ライサと同一存在であったのだろうと推察するが、未だ謎多き妖精なのである。

EM Kanata
見たところ、あのキノコの中にはまだまだお土産が残っているようです!明日くらいまではありそうですので、お友達にも教えてあげてくださいね!早くなくなったらゴメンナサイ。

サッシュが記念式典の終了後も配布されると聞き、改めて歓声が挙がった。こうしてミニイベントもサッシュの配布とともに終了。カナタ氏より第二部の開催が宣言された。

EM Kanata
それではみなさん着席をお願いいたします。それではこれから第二部、Meet&Greetを始めさせていただきます!Meet&Greet、すなわちおしゃべりタイムなわけですが、おしゃべりするなら、もう少しにぎやかな方がよいですね?それでは、今日のイベントを陰に日向に支えてくださった、この方をご紹介いたしましょう!飛鳥EMの、Misakiさんです!

カナタ氏による紹介に応じて舞台上にミサキさんも登場。Wakoku を担当していた新旧イベントモデレーターが揃った。

news120616-wkk-56.png

EM Misaki
噛んだって言われた……セリフだったのに…こんばんは!

ミサキさんの登場に沸き立つ会場。しかし、ミサキさん自身は人々から噛んだ噛んだと言われ、拗ねた様子で登場。

EM Kanata
今まで専属EM不在の間、ライブイベントを中心にこの倭国を担当してくださっていたことはみなさんご存じのことと思います。今日のイベント開催にあたっても、何から何までお世話になりっぱなしでした!

カナタ氏から感謝の言葉が紡がれる間も、ミサキさん登場の興奮は収まることなく、延々とパイが舞台上へ向けて投げ込まれていた。

EM Misaki: パイ投げすぎじゃないですか?汗

人々がミサキさんと戯れる間も、カナタ氏は謝辞を続けていた。

EM Kanata
さらに、ワタクシまだまだ半人前ですので、しばらくの間、色々お世話になっちゃうわけですが、まずは、ここ倭国での、今日までの頑張りに対して、どうか皆さま、暖かい言葉……そして拍手を!

ミサキさんに対して、祝砲に加えて盛大な拍手が鳴り響いた。

EM Misaki
ありがとうございます^^

EM Kanata
おつかれさま! あみさきさん!

EM Misaki
あみさき?汗

EM Kanata
あみさきさんです

EM Misaki
……。

EM Kanata
イタイイタイ

EM Misaki
これから、倭国シャードでは、カナタさんがみなさんのためにとっても楽しいイベントを企画してくださるので、これからも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

EM Kanata
ででできるだけがんがります

EM Misaki
また、倭国には遊びにきます!

EM Kanata
本当に、みさきさんありがとー!さて、とりあえず今日のイベントに関して、なにかやさしいご意見などございますでしょうか?やさしくおねがいします。

Terryno-saya
これからも楽しいやつお願いします

Liberty
進行わかりやすかったよ!

EM Kanata
ぐぬぬぬぬ、ありがとです。

craft
キャラが立ってた妖精さんの出番は今後ありますか?

EM Kanata
妖精さん、お礼参りにいかなくては……ありがとですー!ほんとに想像以上の数のみなさまにきていただいて。

Alt-Ctrl-Delete
そんなに過疎だと思っていたのか!

Orca
久々にこんな重さを体験しました

hinata
床が抜ける勢いだったね

EM Kanata
おお!?いえいえいえ、ちちちがいます。なくなるものですか!

Takky
みんなで支えましょう!

EM Kanata
う……うれしい……

配布されたサッシュについて、ガーゴイルで受け取った場合には適切な名称となっていないことが指摘された。

Aphrodita
ガーゴ用名前がないです

Peter
ガーゴイル用普通のサッシュになってます…

Atlas
ガーゴサッシュにカナタさんの名前入れて

EM Kanata
あの、あ、ガゴサッシュ、すみません。ちょっと今の私では正直わからないのですが、うぬぬ、ごめんなさい!!!!ほんとすみません!

Terryno-saya
きにしないで

EM Kanata
ほんとにうれしい。なみだがでます。

ここで舞台上にガーゴイルサッシュが出現、それは変成されたものだった。

news120616-wkk-2.png

EM Misaki
ガーゴイルの方、申し訳ないのですが、種族別にサッシュは出てこないので、ご自分で変成していただく形になります。いま、してきました…汗

Atlas
ガーゴで受け取ったら、ガーゴサッシュだったよ?

EM Misaki
あら、うーん。もしかしたら、うまく機能しているときとしないときがあるのかな…

EM Kanata
まったくもってごめんなさい。もし対処方法があるようなら、サイトの方で告知を……とりあえず人間で取っておいていただけると、ありがたいです。

EM Misaki
Mesannaには、報告いたします。

EM Kanata
で、EM募集の仕組みをご存じの方ならおわかりかと思いますが、ワタシは倭国の育ちではありません。でも、今回の準備を通して、そして今日のみなさんの優しさに触れて、この倭国でがんばろうと、あらためて決心いたしました。みなさま、どうぞ!よろしくお願いします!

EM Misaki
いたします!

EM Kanata
キノコの横のお家はいずれ結婚相談所、じゃなかった、斡旋所になるよていです。

news120616-wkk-58.png

lain
きっと会費が高いんだ。

EM Kanata
なんか色々間違ってますが、そんな感じです!

EM Misaki
EM婚を承っておりますので。

EM Kanata
ミサキさんのおっしゃるとおりです。

EM Misaki
はい、詳しくは後日倭国EMサイトに掲載されるはず…

EM Kanata
ありがとうです!よかった…

yappy
みさきさん死に好き

Orca
そういえば、今日は何人殺しましたか?

EM Misaki
私はそこまで汗

EM Kanata
私は優しいですので、ご安心を。ふふふ……

Liberty
優しく殺すと…

EM Kanata
戦闘バランスは色々考えたいですが、いろんな人に楽しんでいただけるように。

Uniomat
釣りイベとか平和なのでもいいのよ?

Terryno-saya
優しいやつもお願いします。

EM Kanata
しないといけませんね、そうですよね!

Chobi
はい、生産だって参加できるようなのも期待します

EM Kanata
なるほどです。

hinata
ほのぼのしたのもいいよね。

Cantra
会話中心で。

EM Kanata
ふむふむ

Takky
ところでなぜクラゲが…クラゲを釣るイベントの伏線

EM Kanata
クラゲはメサナさまのお好みです。ワタシも愕然といたしました。ナイショですが。とにかく、いろんなご意見をいただきたいです。サイトの方からもご意見いただけるようになっておりますので、お願いいたします。

EM Misaki
次のイベントはいつですか?無視された…

EM Kanata
きこえてますよ!センパイ!次はミニイベント。

EM Misaki
倭国も開催いたします

EM Kanata
いつでしたっけみさきセンパイ?

EM Misaki
ぇ汗

Chobi
まだまだ先輩に甘えたいお年頃

Liberty
先輩に丸投げ…

EM Kanata
い……いや、おぼえてるんですよ……?

EM Misaki
倭国では、21日木曜日の何時でしたか…

EM Kanata
あっという間に来てしまいますが、できればご参加を……

EM Misaki
21日の21時から倭国は開催いたします

EM Kanata
明日か明後日にはサイトに正式告知出しますのでどうぞご確認を!

EM Misaki
来週はライブイベント、ちょっと期待?な…

EM Kanata
はいそこまで!

EM Misaki

EM Kanata
つづきはまたのお楽しみです。

yappy
先輩をなかせてるー

Orca
ローカルイベントの企画は万全ですか?

EM Kanata
おっと……ローカルイベント……鋭意企画中です……

Terryno-saya
期待してるよ

EM Kanata
はい!がががんがります。

EM Misaki
倭国の方はやさしい…

Bomber Bear
ボツイベントになっても凹まないでね〜

EM Kanata
ボツはいやだぁ。では最後に、EMイベント恒例のEM募集コーナーです。さあどうだ!

破片世界ごとに独立した運営が建前のイベントモデレーター制度、その Wakoku 初開催で"恒例"というのも複雑な話だが、早く日本地域の定員を満たして欲しいのは誰しも願うところ。

Chopper
英語できませんができますか!?

EM Misaki
英語でコミュニケーションをとる努力はいていだきたい…して、いただきたい。

Liberty
噛んだ。

Uniomat
やっぱり噛みEMじゃないか(歓喜

EM Misaki
うううっ

EM Kanata
えー英語についてが一番の壁だと思うのですが、ワタシは苦手です。

Orca
めさんなの前でてんぱってましたね…

EM Misaki
そうなんですか

EM Kanata
で、でも英語は不要ではありません。そのあたり、苦手な私の見方もこれから公表してゆきたいと思いますので、まずはこんな仕事やりたいなと思われた方、そのお気持ちを大切にしてください。このばで言いにくければ、サイトからでもご相談いただければ、きちんとご相談に乗ります。まずは積極的にきいてみてくださいね。

Chobi
かなたんが頼もしく見える…不思議!

EM Kanata
ふははは、失礼。

hinata
なんか癒されるっ

EM Misaki
癒し系なんですか…

Orca
実際申し込んだら通訳を頼まれたりするんだぜ…?

EM Kanata
通訳、頼まれてもできないものはできません。がんばりますけど……

hinata
癒し系のカナタさん

EM Kanata
卑しい系、うおおおまちがえた、ガチで。

Chobi
1文字加わっただけでえらい違いに…

EM Misaki
翻訳ソフトの使用も可能ですので、私も実際、応募する際にアジアンタムさんやネコマタさんに相談して応募しましたので、ご興味がありましたら、ぜひかなたさんにご相談を!倭国のもでれーたーさんですから。

EM Kanata
どどんときてください!新米でもがんばるのです

Chopper
すれてなくていい!

EM Kanata
すれてませんよぉぉ?

EM Misaki
みなさんの力でかなたさんを倭国色に染めてください。

EM Kanata
染めてください!では、人が多いうちにきちんと締めたいと思いますので、しばらくそのへんうろついてますが、とりあえず一旦ここで締めたいと思います。

EM Misaki
ヘイブンでもいってみたら?

EM Kanata
うろつきます。それではみなさま、ほんとうにありがとうございました!!!お疲れさまです!

EM Misaki
おつかれさまでした^^

Valentine
消えないといつまでもパイは飛ぶよ

EM Kanata
イタイイタイ

Bomber Bear
祝福のパイですよ

Chobi
祝砲は愛の証です

EM Misaki
そこから帰るんだ…

craft
走って帰る芸風か…

EM Misaki
またあそびにきます!

22時31分終了

2012年6月15日 EMホールの設営状況

2012年6月16日21時から開催される落成記念式典を前に、EMホールの設営状況を見学に改めて訪れた。記念式典の開催が発表された当日に比べて設置物も増え、いよいよ開催の準備も整ってきたようだ。

news120613-etc-1.jpg

news120615-wkk-1.png

news120615-wkk-2.png

news120615-wkk-4.png

しかし、まだ看板は掛け替えられてはいなかった。
news120615-wkk-3.png

屋内のベンチは一箇所だけ、結婚式場のように色違い。
news120615-wkk-5.png

ホールの東手を見ると新たな建造物があったが、先日プロデューサーへの昇進が発表された Mesanna 女史がいまだ所有者。

news120615-wkk-6.png

そして東海岸線には、奇妙なキノコが砂浜から生えていた。
news120615-wkk-7.png

2012年6月13日 EMホール落成記念式典への招待状

倭国EMホール落成記念式典への招待状

June 13, 2012
By Kanata

親愛なる倭国の冒険者諸氏

招待状

拝啓

倭国在住の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、倭国EMホールが潮風が心地よい、ここ、Nujelmの街に完成することと相成りました。

つきましては、ささやかではございますが、皆さまを招いての完成記念式典を下記の通り執り行いたく、ここにご案内申し上げます。

まだ出来たてで、何もないこのEMホールではございますが、皆さまの活気で彩っていただければ幸いに存じます。

ぜひとも、この記念すべき日を共に祝っていただけますよう、お願い申し上げます。

皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げております。

敬具

倭国EM Kanata
EMホール執事 Swanson




日時 : 2012年6月16日(土)PM9:00〜
場所 : 倭国 トランメル ニュジェルムEMホール
(当日はブリテイン第一銀行・ニューヘイブンからのゲート送迎あり)

news120613-etc-1.jpg

執事 Swansonによる追記
ミニイベント+Meet&Greetの二部構成となっております。

EMホールご入場の際、ペットは他の方のお邪魔にならない場所にステイしていただけますようお願いいたします。

落成記念式典なのに、なぜか戦闘がある予感がします。ええ……ただの予感です。

ですから、戦闘苦手な方も気兼ねなくご参加くださいませ。



16日に式典が執り行われるというので、一足先にホールの状況を覗いてみた。外観は以前と変わらず、イベントモデレーターが既配置の破片世界にくらべれば実におとなしい。

news120613-wkk-1.png

看板もまだ掛け替えられてはおらず、カウンセラーギルドホールのままとなっていた。

news120613-wkk-2.png

ホール内は既に改装に入っているらしく淡い色合いで統一されたベンチやステージ、燭台などが設置されていた。

news120613-wkk-3.png

二階は未着手のようだ。

news120613-wkk-4.png

投稿者 Siel Dragon : 2012年06月18日 18:55