1998年02月28日
トロルの大胆なる再戦

トロルの大胆なる再戦(Trolls Take Daring Stand!)とは、1998年2月28日にタウンクライヤーにおいて公開された物語。



過日ベスパー市街地と大陸北部とを結ぶ歴史ある木橋のみの奪還を試みた極めて有害なるトロルの兄弟は、大胆にも古の領土奪還に乗り出した。

最初の徴候は、田園地帯を貫く看板の設置によってもたらされた。トロル族が文字を記載する能力を有しているとは知られていなかったが、この事実は従前の認識が誤りであったことを示していた。

指し示された領土はミノックとベスパーの都市境界に注意喚起し、トロル族が領土を確固たるものへ強化する前に撤回させようという気運が急速に両都市であがった。

この事件は、トロル族との抗争で最も恐るべき側面を浮き彫りにしたのである。トロルは如何にしてこのような効率的な組織化を成し得たのか、そして何故いままでこのような習性を目撃する機会が得られていなかったのか。

ひと月前、トロル族が橋を攻撃した運命の日、世界はラシアリ、キルニアそしてジュオナールによる脅威に晒され慌ただしく、この奇妙な習性に関する関心はそらされた。しかし、都市の当局はこの問題は決して軽んじることはできぬと判断していた。新たな脅威である結社ゾグ カバルと武器提供といった何らかの関連性があるのではないかとの噂が広まっていたが、ゾグ カバルからこの件に関する公式声明はなかった。組織化の鍵は、奇妙なカリスマ性、少なくとも野蛮で非人間的なカリスマ性を有するトロルの兄弟、サンク(Guh'Thunk と発音する)とスプラットにあることは同意するところだった。

当局はいまこそこの二匹を打ち倒すときであり、人間が当然領有すべき地を恐怖で犯すことを阻止すべきであると同意した。二匹の首あるいは有力な情報に対して報奨が与えられることとなった。ああ、サンクは無傷のまま取り逃してしまったが、その兄スプラットは追い詰められ、打ち倒されたのである。

スプラットは数多くの人々の手で追い詰められた末、かつて経験のないほどの強靱さを示した。このけだものの最期を確認したのち、その懐に日誌が残されていることが発見された。

この日誌には、非常に簡素にではあるが、幾つかの指示が書き記されていた。専門家の手によって我々は日誌の複製を得ることができた。



指示書
LM 著

我は汝が混乱せぬよう簡潔に書き記そう。思い出すのだ、"ヒューミィ"は汝を恐れていることを。奴らは汝と戦うことを望んではおらぬ。汝が決断を示すのみで足りるのだ。

北部地方でとどまるがよい。

いたずらに危険を冒し、ミノックやベスパーへ進軍してはならない。

標を示せ、さすればヒューミィは汝の主張を承諾するであろう。

勇敢に戦い、数多くを殺せ。

我らの取り決めた地に武器と宝物が運び込まれ保管されていることを確認せよ。さもなくば、我が怒りは汝へ降り注ごう。

我は断言しよう、ヒューミィは汝の軍勢の前に圧倒され降伏することを。

我のことを語ってはならぬことを忘れるな。

とりわけ、此度の戦役にこの指令書を持ち込んではならない。

我によく仕えよ、さすれば約定に従いて我は汝に報いよう。



すでに書生、学者、賢者そして兵士に至るまでがこの指示書の著者を突き詰めようと解読に取り組んでいる。この指示書は、なんらかの共謀を示唆しているが、誰が如何なる目的で共謀しているかはわからない。トロルへ戦術を教授して何の益があるというのだろうか。

更に重要な問題も残されている。サンクはどこへ逃げ延びたのだろうか。

今後更なる展開が予想される。

徳が汝らを導き保つことだろう。

Trolls Take Daring Stand!

Rylthae Penston
February 27, 1998

The deadly brother Trolls who only recenty attempted to retake the historic wooden bridge that attaches the city of Vesper to the Northlands, made a daring attempt to retake their ancient lands.

The first indication was the placement of signs across the countryside. Although it was not known that Trolls possessed the reasoning power to write, these signs indicated otherwise.

When notice of the territorial markers was brought to the attention of the local contabulary in Minoc and Vesper, the officiates of those townes made haste to strike down this movement before the Trolls could consolidate their position.

This event brought to light the most disturbing aspect of the encounter with the Trolls to this point. How are they organizing so effectively? Why have we never seen such behavior before?

When the Trolls attacked the bridge on that fateful day a month ago, the world was too busy dealing with the other threats of Lathiari, Kyrnia, and Juo'Nar to pay more than a passing notice of this odd behaviour. But now, the officials of the cities agreed that this threat could no longer be taken lightly. Rumors abounded that the fledgling terror organization the Zog Cabal might be involved in some way; providing the Trolls weapons and supplies. However, the Cabal have made no official statement regarding these activities. The key to the organization, it was agreed, had to do with the oddly charismatic qualities (at least, charismatic to barbarous non-humans) of the troll Brothers G'Thunk (pronounced Guh'Thunk) and G'Splat.

The officials agreed that it was time that these two be neutralized, prevented from spreading terror across lands rightfully owned by humans. A bounty was put on their heads, and any information that might have. Alas, G'Thunk was left unscathed, however his brother, G'Splat was finally cornered and killed.

G'Splat had to be cornered by a number of our citizens. He possessed a strength that none had ever encountered before. After finally dispatching the beast it was discovered that on his body was a journal.

This journal appeared to contain instructions..albeit very simple ones...An exerpt of the journal was made available for us to reproduce here:



INSTRUCTIONS
Written by LM
I will write simply so as not to confuse thee. Remember that the "humies" are afraid of thee. They do not wish to fight thee. They only need to have proof of thine resolve.
Stay in the North.
Do not venture into Minoc or Vesper.
Place signs, so that the humies will recognize your claim.
Fight bravely and kill many.
Make sure the weapons and treasure are gathered together and stored at the location we have decided upon, lest ye bring my anger upon thee.
I promise that the "humies" will surrender to thine overwhelming forces.
Remember to not mention me.
Above all DO NOT TAKE THIS NOTE INTO BATTLE.
Serve me well and I will reward thee as I had promised."


Already scribes, scholars, sages, and soldiers are trying to decipher whom the author could have been. This indicates collusion of some form, but between who, for what purpose? What does an individual have to gain by teaching Trolls how to fight?

The larger question at this point remains, however, where is G'Thunk?

More on this and other stories as they develop.

May the Virtues guide and keep thee.

投稿者 Siel Dragon : 1998年02月28日 00:37