1998年03月13日
賢者ハンボルトの探求

賢者ハンボルトの探求(Sage Seeks Solutions)とは、1998年3月13日にタウンクライヤーにおいて掲載された物語。



昨晩のことだ、賢者ハンボルトは人々に対して要請を発した。研究に必要不可欠であるという物資の存在する場所で助手を務めることを求められたのだ。

物資のひとつは、伝説に語られるのみとなっていた、かの勇気の鐘であった。

これらの物資は、かつて国の各地にある宝物庫で安全に管理されていたが、リッチとその軍勢によって散逸した。ハンボルトは、装置を奪うために彼の者達を打ち倒す必要があったのだ。ハンボルトは研究の過程で必要となるすべての物資を得ることができたようだ。ハンボルトは我が国最精鋭の堅牢さを誇るロード・ブリティッシュの居城で研究を続けている。

この研究の重要性を鑑み、ハンボルトが継続して従事できるように実現可能な最高の保安環境を確保するため、惜しみなき財政支出が図られた。

これらの物資奪還の報奨としてロード・ブリティッシュ御自らが王室財務省の支出権限を下賜したが、ハンボルトは固辞した。そして、ハンボルトは自らの富にのみ執着することなく数多くの同胞へアーティファクトを供与した。詳細は「賢者ハンボルト、魔法の武器を供与する」をご覧いただきたい。

ハンボルトは次のように言及している。"我が望み、この国の勇敢で崇高なる人々に挑むよう要請した危険に比ぶれば、どうしてこれを献身と言えようか。彼らの活動は、我らの目の届かぬところで再編成された邪悪なる軍勢の標的とされたかもしれぬのだ。この取るに足りぬ報酬が、我が心からの謝意を人々へ示し得るものであったと望むのみだ。"

ハンボルトから研究の進捗や計画に関する言及は一切なく、事件への対応について次のように言及するのみだった。"我の知り得る、ただ知り得ているかもしれぬこととは、徳がこの苦境から諸君を守護しているに違いないということのみである。"

大陸南部で生じた事件以後、ラシアリとキルニアの存在に関する報告は途絶えているが、各地の守備隊と王室とで抜本的な防衛策を充分に検討すべきである。

Sage Seeks Solutions

Rylthae Penston
March 12, 1998

Sage Humbolt made a request of the Britannian citizens last night. He requested their aide in the location of several items that he claims are absolutely vital for his research.

One of the items has only been spoken of in legend, the Bell of Courage.

It seems that these items, once safely stored in repositories across the land, had been scattered by either the Liche's, or their accomplices, in an effort to deprive the Sage of the tools he needed to ultimately defeat them.

It seems he now has all the items required for whatever the process is that he is researching. He studies are being conducted in Lord British's Castle, under the protection of the finest guards in the land.

The importance of this research is such that no expense has been spared in ensuring the safest environment possible for his continued work.

Even though Lord British himself made available the coffers of the royal treasury for the reward to be offered for the return of these items, Humbolt refused. He sacrficed not only his personal savings, but gave as reward an artifact that belonged to his family for many generations (see lead Story, "Sage Humbolt Gives Magic Weapons to Questors" for more details).

He commented that, "Such a sacrifice is naught compared to the dangers mine hand hath sent the brave and noble citizens of the realm to by requesting their assistance. Even now their actions may have marked them for retribution by these dark forces which have been gathering in secret against us. I only hope that my paltry reward can properly express the deep thanks in my heart for their actions..."

No comment was given as to the progress of his research or even what he has planned. When addressing the matter he only had this to say, "What I know, only I may know. May the Virtues keep us all in these times."

Although the realm has not seen any indication of the Lathiari or Kyrnia's presence since the last incident in the south, the danger is great enough in the eyes of both constabulary and crown to warrant such drastic security measures.

投稿者 Siel Dragon : 1998年03月13日 11:51