1998年03月13日
賢者ハンボルト、魔法の武器を供与する

賢者ハンボルト、魔法の武器を供与する(Sage Humbolt Gives Magic Weapons to Questers)とは、1998年3月13日にタウンクライヤーにおいて公開された物語。



賢者ハンボルトは、選択した魔法の武器を供与することで、求める物資を人々が届け出ることを促進した。

その武器は、極めて特別なものであり、その詳細を次に記そう。

stonebite.gif

剣(StoneBite)は、伝説の人物 Jindam Ro によって製作された。名の通った鍛冶師であり優れた武器職人でもある。同世代では最高の鍛冶師なのだ。証言あるいは伝承では、彼は軽く触れるだけで金属を折ることができたのだという。

hammerfist.jpg

メイス(HammerFist)は、ボビットの英雄Bonchuによって溶かし出された小塊を削りだして製作された。Bonchuは、一撃でエティンを倒そうと考えた初のボビットである。だがしかし、Bonchuは終末の刻を前に邪悪なるモンデインが彼らに差し向けた災厄から種族を守り切れるほど強くはなかった。

rylthyn.gif

弓(Rylthynynnolinshyn)は、エルフ族に由来したものだ。友とする人間らは彼をIynoと呼んでいた偉大なる弓工 Iynolinyshyn Fyrhyinjuionenの手によってきつく引かれた弓である。この弓は、ドラゴンをただの一撃のもとに屠ったとも言われている。より魔力に満ち溢れていた彷徨える時代にくらべれば、遙かにその力を衰えさせたとはいえ、いまだ恐るべき力である。

uolinsho.jpg

クロスボウ(Uolinsho)も同じくIynoの手によって製作されたものである。エルフ族が扱っていた弓を引くには優雅さと技巧に劣っていた人間の友人へ贈ったものだ。この武器は、エルフ族と人間との永遠の友好の証である。

最後となるが、杖(Crag)は、賢者ハンボルトが異邦人の手に委ねることを最も悩んだ武器であろう。その由来は定かでないが、その力は国中に知れ渡っていた。それでも杖は同胞の手に供与された。賢者ハンボルトは、リッチのラシアリとキルニアを打ち破るため必要とする物資を発見すべく、良き市民の関心を向けさせようとこの家宝を捧げたのである。

手にした武器を大いに振るうがいい。諸君は何に振るうべきか既に心得ていることだろう。

Sage Humbolt Gives Magic Weapons to Questers

Caitlin Elopidat
March 12, 1998

Sage Humbolt sweetened the pot for some of those who retrieved items for him by giving those who returned a magic weapon, sometimes letting them choose, and sometimes just choosing for them.

The weapons were all very special and following is a description of each one.

The sword, StoneBite, was crafted by the Legendary Jindam Ro. A reknowned blacksmith and weapons crafter, he was the greatest metal smith of his age. Witnesses and legend say the he could fold metal with the slightest touch of his hand.

The Mace, HammerFist, was hewn from a molten blob by the Bobbit hero Bonchu. Bonchu was thought to have been the first Bobbit to single handedly strike down an Ettin. Alas, he was not strong enough to save his race from the hideous plague that the fiend Mondain released upon them before the end.

The Bow, Rylthynynnolinshyn, is named for its elven origin. Drawn tight by the great elven bowyer Iynolinyshyn Fyrhyinjuionen (referred to as Iyno by his human friends) this bow struck down a dragon, supposedly, with but one shot. Although it's power is diminished from those wilder times of more powerful magic, it is still quite formidable.

The Crossbow, Uolinsho, was also crafted by Iyno. It was a gift to a human friend who lacked the grace and finesse to wield the elves normal bows. This weapon was a sign of the enduring friendship between elves and man.

Finally, the Staff, Crag. This was probably the hardest for Sage Humbolt to relinquish to the hands of a stranger. It's origin is unknown, but it's strength is reknown throughout the land. It has been handed down from family member to family member in Sage Humbolt's family for may generations. Sage Humbolt has graciously sacrificed this heirloom to entice the good citizens to find the items he needs to defeat the liches Lathiari and Kyrnia.

Use the weapons well friend. Now you know what it is you wield.

投稿者 Siel Dragon : 1998年03月13日 13:46