2012年06月26日
スパークの活動報告書

スパークの活動報告書とは、2012年6月21日にYamatoで開催されたイベント"第9回銀蛇自警団出動指令 -小さな使者と名誉の騎士-"の活動報告書。6月28日にYAMATO EM SITE上で紹介された。

news120628-ymt-6.jpg



スパークの活動報告書
SPARK 著

団長がまた失踪した。ヒーラーと数名の団員を連れて誰かに会いに行ったらしいが、ブラックロック絡みであるため、おそらくマッドサイエンティストのスーテック師であろう。ブラックロックゴーレムが出たときのための戦闘要員数名と回復及び蘇生役のヒーラーを連れていったことからもそう思われる。

だが、団長以外は帰ってくる事ができたが戻ってきたものはまともに会話できなくなり「エクソダス!エクソダス!」と何かにひれ伏すような行動に出たという。

デュプレ卿見立てではエクソダスのマインドコントロールとの意見であったが、おそらくスーテック師の実験のため、また変なゴーレムが出て恐怖のあまり「逃げ出せ!脱出しろ!」とのその時の状況がフラッシュバックしておかしくなってしまっているのではないか?スーテック師が笑いながらドンドンとゴーレムを作り、皆が土下座してやめてくれと頼む状況が目に浮かぶ。

事実ヴァーローレグの近くの砂漠では大量の汚染された機械生命体が我々の行く手を遮り、その強さも相当であった。現地にいた者の恐怖は相当であったことだろう。

ヴァーローレグの入り口に団長のバックパックとマントが落ちているのが見つかったが逃げるときに慌てて落としたのだろうか。

居所を指し示すため、また服を脱ぎだす癖が出てしまった様だ、服をたどれば団長は見つかると思う。

麻薬と露出癖は一度やったらやめられないと言うが困ったお人だ…

投稿者 Siel Dragon : 2012年06月26日 01:46