2012年06月26日
ナナの活動報告書

ナナの活動報告書(a book)とは、2012年6月21日にYamatoで開催されたイベント"第9回銀蛇自警団出動指令 -小さな使者と名誉の騎士-"の活動報告書。6月28日にEMリワードホールで展示された。

news120628-ymt-11.png



ナナの活動報告書
nana 著

今回は正式な銀蛇自警団の召集ではない。 サーペンツホールドの集会場には人影はなく、人々が集まるのはトリンシックの酒場、The Keg and Anchr。

自警団の見慣れた面々の他に、普段は会う事の無い面々も酒場の付近をうろうろとしており、コックやウエイター達がその姿を見る度に悲鳴じみた声を上げている。

ここは古き約定を遺すフェルッカの地。

それぞれの信念に基づいて戦う派閥戦争の中でも、これからこの酒場に現れるサー・デュプレとは敵対関係にあるミナクス派閥の一団が、酒場の入り口に集まり、現場を訪れる冒険者達を威圧していた。

そんな空気をものともせず、軽快な様子で酒場のウエイトレスに声を掛けつつ現れたサーデュプレ。

シェリーと共にテーブルにつくと、現在のブリタニアについてとうとうと意見を述べ合う。

指導者不在となったブリタニアの窮状を伝えるシェリーと、名誉の騎士としての戦いの在り方を語るデュプレ。

そして話題がエクソダスの復活に及んだ際に、銀蛇自警団の面々に衝撃が走る。

ヴァーローレグの調査に赴いたサー・ファントムが行方不明になったというのだ。

「またか」
「また脱いでるのか」

と色めき立つ団員達。

シェリーの話によると、サー・ファントムと共に調査に向かった者達はどうにか救出されたものの、エクソダスの力に侵されてしまったのか正気を保っていないらしい。

ただ、サー・ファントムの事を尋ねると、何やら呪文めいた言葉を呟くのだという。

Por-Xel-Agra-Lem

ガーゴイル語で「ゴーレム」を意味する言葉。

どうやらサー・ファントムはゴーレムについての調査のためにヴァーローレグへと向かったらしい。

だがヴァーローレグは既にエクソダスによって取り込まれた姿を発掘作業に勤しむ冒険者達によって伝えられている。

そのような場所へ向かい行方不明になったとあれば、我々は黙って見過ごすわけにはいかない。

サー・デュプレの呼び掛けもあって、一行はイルシェナーはイルシェナーへと向かう事となる。

サー・デュプレに関わりが深い徳であり、ヴァーローレグへ向かう最も近い入り口がある名誉のムーンゲートへと集まった一行は、騎馬や竜を駆りヴァーローレグへと突撃する。

その行く手を遮るのは、ブラックロックによって力を得た巨大な機械生物達。

黒くくすんだ体躯から繰り出される一撃は、周囲の冒険者達をあっという間に薙ぎ払っていく。

すぐさま召喚生物やドラゴンに取り囲まれ、足を止めたところを剣士達の強力な打撃で打ち倒されていく機械人形。

だが、先行していた冒険者達が見たのは、視界を埋め尽くさんばかりの機械生物の群れ。

それを一機ずつ確実に打ち倒し、その数を減らしていく冒険者達。

そんな戦いの中、必死に魔法を叩き込んで一機の敵を打ち倒した私は、エクソダスの機械生物が持つクリスタルがゴーレムを作り出す材料だった事を思い出し、役に立たなくても廃品回収でポイントにつけてくれるなと、機械生物の残骸を調べていた。

そこにあったのは、よく見かけるぴしりと尖った紫色のクリスタルではなく、黒くいびつに捩れた奇妙なクリスタルだった。

これが一体どのようなものなのか、調べるのは後にしなければならない。

いま優先されるのは敵の殲滅とサー・ファントムの安否確認である。

どうにか機械生物の群れを殲滅した我々は、ヴァーローレグの入り口にサー・ファントムのものであろうバッグとクロークを発見する。

「また脱いだのか」

そんな嘆息が団員の間に広がる。

今日は自警団の面々以外にも多くの冒険者が参戦しているし、何よりサー・デュプレも同行している。

団長の風評について団員はもう少し気を遣ってもいいのではないだろうか。

閑話休題

今回の戦いで敵の戦力を確認したサー・デュプレは、エクソダスに対抗するためにはもっと多くの力が必要だと判断し、ブリタニア各地へと協力を募る事になるという。

そうなれば我々銀蛇自警団も協力を惜しむわけにはいかないだろう。

ブリタニアの平和、そして何より我らのリーダーたるサー・ファントムをどうあっても守らねばならない。

来るべき決戦の日に向けて、我々は準備を整えねばならない。

どうかサー・ファントムが無事にこのレポートに目を通してくれる事を祈りつつ、今回は早々に筆を置こうと思う。

2012 6 21 nana

投稿者 Siel Dragon : 2012年06月26日 09:14