1998年04月16日
ジュオナール恐怖時代の終焉

ジュオナール恐怖時代の終焉(Juo'Nar and His Reign of Terror Come to a Bloody End)とは、1998年4月16日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



ジュオナール恐怖時代の終焉
Caitlin Elopidat 著

長きに渡り国土を、特筆すればトリンシックを苦しめた恐怖時代は終焉のときを迎えた。ひとりの男の蜂起によって、リザードマン、オーク、トロル、オーガそしてラットマンを含む亜人の軍勢が過去数ヶ月に渡って荒野を蹂躙した。邪悪の顕現にしてトリンシックの元パラディン、ジュオナールである。

ジュオナールの鬼気迫る侵攻は、英雄ハーサムが死去してまもなく開始された。既に忘れ去ってしまった人々のために付け加えるならば、ハーサムとはトリンシックの戦士ギルドでヘッドトレーナーを務めていた人物であり、当時のトリンシック衛兵団長ロード・クロウワースの相棒であった。クロウワースは、ハーサムの追悼後に衛兵団長を辞任し、良き師を死に至らしめた背信者を根絶やしにすることを誓った。

事件後の調査において、パラディンギルドで信頼されていた人物、ジュオナールの名が浮かび上がった。ジュオナールは自らの軍隊を編成増強するために、ギルドの武器、防具そして資金を横流ししていたのだ。しかし、ジュオナールが卑劣で邪悪な本性を初めて露わにしたのは霊性の神殿における事件であった。

その神殿には三人の聖職者が首飾りをかけ祈祷のために訪れていた。噂に伝え聞くところでは、聖職者らは不思議な力を用いて首飾りに魔法をかけ、国土のためにマントラを唱えていたのだという。聖職者らは平和を愛し哀れみ深き徳の支持者たちであった。そして聖職者らは武装化しておらず無防備な状態だった。聖職者らはジュオナールによって虐殺され、ジュオナールの精神よりも黒々とプレートメイルは輝き、血の如く紅き金属で鍛造された剣が創り出された。ジュオナールはその夜、現場から逃れ、しばらくの期間姿を消した。

ジュオナールは舞い戻ると、その首飾りを公然と身につけ、生物の精神を制御する魔法を用いて軍勢を指揮した。トリンシックに対する最初の侵攻作戦は退けられたが、またも犠牲者はでた。防壁に囲まれたこの街の防衛戦で死んでいった人々を勇敢なる英雄として、我らは決して忘れてはならない。ジュオナールには策略があったが、その成就は決して見通すことができなかった。

直近の侵攻作戦において、フィンス・デスリンはトリンシックにおけるパラディンギルドの自勢力を派遣した。そして、英雄らで編成された一団は、かつての同胞との所縁から、ジュオナールが幼少期を過ごしたオクロー島に潜伏していたところを発見したのだ。

ジュオナールが潜伏していたことは明かとなったが、姿を晒さずに隠し仰せたことは誠に不可解であった。しかし、ロード・クロウワースはこの地へジュオナールとハーサム殺害の関係性を求めて調査に訪れていたのではないかと考えられている。

潜伏地を発見され、ジュオナールは残酷なる戦闘を開始した。魔法と刃を用いて抵抗したが、生まれ育ったオクローの地で、ジュオナールは討ち取られた。ジュオナールの遺体は、かつて同僚であったパラディンによって確認され、間違いないと断定された。

暴動と遺体が公然で冒涜されることを恐れ、ジュオナールの遺体はいまや所在はわからない。噂に伝え聞くところでは、パラディンギルドホールに隠匿されているとのことだ。しかし、別の噂では、ジュオナールの掲げた思想に賛同する一団によって盗まれ、ジュオナールを死から蘇らせようと画策しているのだという。それ以外にも、当初からジュオナールを嫌悪していた一団によって回収され、血の儀式によってジュオナールの身体を粉々に破壊したのだという噂もある。当のパラディンギルドは、このことに関するコメントを拒否したままである。

Juo'Nar and His Reign of Terror Come to a Bloody End

Caitlin Elopidat
April 5, 1998


The reign of terror that has plagued the land for so long, especially those in Trinsic, is over. For the past few months groups of humanoid creatures including lizardmen, orcs, ettins, trolls, ogres, and ratmen, have plagued the countryside at the whim of one man. A man of true evil, and an ex-paladin of Trinsic. Juo'nar.

His frenzied attack began soon after the death of Lord Hartham. For those who don't recall, Hartham was the head trainer of the Warrior's guild in Trinsic, and a friend to the Captain of the Guards at the time, Lord Crawworth. Crawworth resigned after Hartham's wake, vowing to root out the treachery that destroyed his mentor.

Subsequent inquiries into the matter revealed that Juo'nar, a trusted man in the paladin's guild, had been appropriating weapons, armor, and gold, and was apparently using this to supplement his forces. The true show of his cowardice and evil though, was the scene at the Shrine of Spirituality.

Three priests had made their way to the Shrine to pray over a necklace, rumors say they were enchanting it with magical abilities, and to say mantras for the land. They were peaceable, compassionate, followers of virtue. They were unarmed and defenseless. They were slaughtered by Juo'nar, resplendant in platemail blacker than his heart, wielding a sword forged of a blood red metal that gleamed with the liquified remains of the priests when he was done with them. He made haste to escape that night, and disappeared for some time.

When he returned he wore the necklace openly, using it's magic to control the minds of the creatures he commanded as an army. His first attack on Trinsic was thwarted easily, but lives were lost still. Those who died defending the walled city should be remembered by all as the brave heroes they were. Subsequent attacks grew more frequent, his raiding more bold. Juo'nar had a plan, but fortunately, it never saw fruition.

When the last attack occurred, it was Fynth Desryn who sent the troops out himself from the Paladin's guild in Trinsic. And a small band of champions who discovered through clever dealings with ex-compatriots of his that Juo'nar was located in his childhood home on the isle of Ocllo.

He'd apparently been there some time, locking himself in and never showing his face. How he managed to keep himself hidden is still a mystery, but Lord Crawworth is suspected to be in that area examining the evidence and still trying to find the link between Juo'nar and Harthams murder.

Once discovered, Juo'nar attacked ferociously, using both magic and his blade to defend himself, he was none the less killed on the very land where he grew up. His body was identified by Paladin's who had worked side by side with him, never suspecting his treachery.

His body is now gone, not to be seen by the public for fear of riots and desecration of the now dead traitor. It is rumored that it is hidden in the Paladin's Hall itself, though others say it was stolen by sympathetic parties and that they are working feverishly to raise him from the dead. Still others say he has been taken by those who have hated him from the beginning and that they've destroyed his body in a dark ritual of blood. The Paladin's Guild is refusing to comment.

投稿者 Siel Dragon : 1998年04月16日 07:37