1998年06月23日
誰がゾグカバルか

誰がゾグカバルか(Zog Cabal or Not? Who Do You Believe?)とは、1998年6月23日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



誰がゾグカバルか
Marckyl Lanous 著

直近にブリテインのカウンセラーギルドホールで起きたモンデインの遺物の不可解な窃盗事件は、人々とタウンクライヤー編集部に数多くの懸念をもたらした。したがって、今回の陰謀を暴かねばならないし、ゾグカバルとして知られる組織が関わっている可能性は大いにあるとして、編集部は次の二つの記事を発表した。記事では、ブリタニアで著名な二人の市民による対照的な意見を掲載している。彼ら二人が今回の事件に巻き込まれていることに着目してほしい。

たとえ諸君が人々を信じていようとも、次の問題は依然として残されている。ゾグカバルに所属しているのは誰なのか、そしてブリタニアで何を画策しているのか、どのような形で昨今の毒殺事件や窃盗事件に関与したのか、である。もしも、ゾグカバルがこれらの卑劣な事件に関与したのが事実であれば、なにゆえ彼らは公然と関与したのちに数ヶ月に渡って隠遁しているのか。

したがって、毒や死といった犯罪とは無縁のコミュニティである証として、タウンクライヤー編集部では次の記事で対立する二つの視点を紹介したい。

クロウワースは次のように言われた。"全くおめでたい。世界を放浪してさえ充分ではないというのだろうか。この殺人はゾグカバルによって犯されたに違いない。証拠など山ほどあるではないか。"

クロウワースは次のように応じた。"まず、モンデインの遺物は信じ難いほどの窃盗技術によって奪い去られた。事件当時、その場には数多くの市民がおり、その大半から遺物が目前で突然消え去ったとの報告を得ている。そして大通りには不可解な異邦人が現れモンデインの遺物について叫んでいたが、その様はほとんど正気とは思えぬものだった。しかし、我らはその人物と話す機会は得られなかった。直後に男は痛み苦しみ痙攣しながら倒れたのだ。男から得られた言葉は、失われたモンデインの遺物に関する一貫しない叫びばかりであった。男の示した痙攣と死後に私が遺体に行った検死の結果、男は強力な毒の犠牲となったことがあきらかとなった。我らは強力な毒が犯罪に用いられた過去の事例を知っているではないか、ゾグカバル、奴らが用いたのだ!最後に、これらの証拠では不十分であれば、我らには揺るがすことのできぬ書簡がある。盗賊あるいは毒殺者は、ブリテインからトリンシックへ街道を用いて逃げ去ったことを我らは突き止めている。ゾグカバルの名が刻まれた書簡が街道で発見されたことは実に皮肉なことではないか。その書簡が街道に取り落とされたのが最近のことであるのは間違いない。そうでなければ絶えずブリテインとトリンシックを行き交う人々の誰かが、当の昔に書簡を発見していたに違いないからだ。"

クロウワースは続けて語った。"我が心中に迷いはない。ゾグカバルが、再び真に邪悪なる活動を始めたのだ。ゾグカバルを調査し、所在を突き止め、その根源を退け、我らの国土から根絶やしにせねばならない。彼らの末路を説明してやるならば、それは彼らの骸を埋葬してやることだけだ。"

本稿に対する賢者ウィンズロウの返答は、まもなくタウンクライヤーへ掲載される見通しだ。

Zog Cabal or Not? Who Do You Believe?

Marckyl Lanous
June 22, 1998


The recent strange theft of the Relics Of Mondain from the Britain Counselor’s Guild Hall has brought a large number of concerns to both the public and the editorial staff of the Town Cryer. Therefore, it is in the interest of uncovering this conspiracy, or possibly conspiracy hoax, about the organization known as the Zog Cabal, that the paper will present the following two articles. The articles contain the opposing viewpoints of two of Britannia’s prominent citizens that have found themselves caught up in this troubling story.

No matter who you believe, though, the following questions still remain along with many others: Who exactly is the Zog Cabal? What is their purpose in Britannia? Are they involved in any way in these most recent poisonings and thefts? If, in fact, they are involved in these dastardly deeds, why do they do something so public and then retreat into hiding for months at a time?

So, in the spirit of fostering a community free of crimes such as poisonings and deaths, the Town Cryer presents the following articles and two opposing viewpoints.

“By all that is good and holy,” Crawworth was heard to say, “is it not plain enough to even the most dense person that roams Britannia? This murder had to have been committed by the Zog Cabal. The evidence is overwhelming!”

“First,” said Crawworth, “the relics are whisked away by a thief of unbelievable skill. Many a citizen was standing right there when it happened, and most reported that they simply watched the items disappear before their eyes.”

“Then, a mysterious stranger appears and goes nearly insane screaming in the streets about the stolen relics. We never have a chance to speak with him, though, as he beings to spasm with pain almost immediately and then he falls over dead in the streets. His only words are his nearly incoherent screamings about the missing Relics of Mondain.”

“His bodily spasms and my examination of his corpse conclude that he is a victim of a powerful poison. Where have we seen powerful poison used in the committing of a hideous crime before? The Zog Cabal... that’s where!”

“And finally, as if all this evidence was not good enough, we have the telltale book. The thief or poisoner or whatever he was, fled down the road from Britain to Trinsic, this we know. And is the irony not too great that somewhere along that road a book was found bearing the name Zog Cabal? Certainly someone would have spotted the book there long ago and brought it to someone’s attention if it had not just recently appeared there. People travel the road from Britain to Trinsic constantly.

“There is no doubt in my mind,” said Crawworth, “that the Zog Cabal has, yet again, committed a truly evil act. They must be researched and located, pulled out by their very roots, and banished from this land, and if that means putting a final end to them and burying their corpses in the graveyard, then that is just what may have to be done.”

Sage Winslow’s reply to this article will be coming shortly to the Town Cryer.

投稿者 Siel Dragon : 1998年06月23日 12:43