1998年06月27日
賢者ウィンズロウの返答

賢者ウィンズロウの返答(Sage Winslow Responds - Zog Cabal? We Have No Proof)とは、1998年6月27日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



賢者ウィンズロウの返答
Marckyl Lanous 著

直近にブリテインのカウンセラーギルドホールで起きたモンデインの遺物の不可解な窃盗事件は、人々とタウンクライヤー編集部に数多くの懸念をもたらした。したがって、今回の陰謀を暴かねばならないし、ゾグカバルとして知られる組織が関わっている可能性は大いにあるとして、編集部は次の二つの記事を発表した。記事では、ブリタニアで著名な二人の市民による対照的な意見を掲載している。彼ら二人が今回の事件に巻き込まれていることに着目してほしい。

たとえ諸君が人々を信じていようとも、次の問題は依然として残されている。ゾグカバルに所属しているのは誰なのか、そしてブリタニアで何を画策しているのか、どのような形で昨今の毒殺事件や窃盗事件に関与したのか、である。もしも、ゾグカバルがこれらの卑劣な事件に関与したのが事実であれば、なにゆえ彼らは公然と関与したのちに数ヶ月に渡って隠遁しているのか。

したがって、毒や死といった犯罪とは無縁のコミュニティである証として、タウンクライヤー編集部では次の記事で対立する二つの視点を紹介したい。

賢者ウィンズロウは、次のように言われた。"私はこのような所謂"ゾグカバル"に関して騒ぎ立てる戯言にうんざりしている。これまでに我々はそのような組織が実在していることを証明し得ただろうか。その夜に起きた事件で実際に何が起きたのか正確に調査しようではないか。"

"まず、ブリテインのカウンセラーギルドからモンデインの遺物を盗み取った盗賊がいることを我々は把握している。この盗賊は、驚愕すべき窃盗をやってのけた。しかし、盗賊とは我らの世界において、人知を越える存在であろうか。私はそのようには考えない。この盗賊は単純に優れた技術を備えていたのかもしれないし、この窃盗に関しては魔法を編む魔術師を雇用していたのかもしれない。"

"次に、モンデインの遺物が盗まれたことについて、意味不明に喚き騒ぐ男が確認されている。さて、カウンセラーギルドへ足繁く通った人々であれば、モンデインの遺物が長期間その場に保管されていたことをご存じだろう。もちろん、モンデインの遺物が失われたならば、彼らが気づくことだろう。そして、邪悪な力がいまだモンデインの遺物に残留していると感じたならば、それは彼らを驚愕させたことだろう。実際にそれほどのことがあるならば、心臓発作を起こすほどの驚愕である。このことが男の突然死を説明し得るやもしれない。"

"実際に毒が使用された否かについて、我らは誰の言葉を信用すればよいだろうか。クロウワースだろうか。クロウワースはどれほどの時間、どれほど正確に遺体を検死したのだろうか。私は現場に居合わせたが、クロウワースはものの数秒の検死で断定していたのだ。クロウワースは遺体から採血していたか、遺体を完全に分析していたか。私はそうは思わない。したがって、この男に毒が使用されたかもしれないし、使用されなかったかもしれないのだ。最近、クロウワースは至る地で毒を用いる暗殺者に遭遇しているし、彼の想像するままに闇は深まっている。"

"そして最後に、ゾグカバルの関与を示す確固たる証拠として、クロウワースは書簡を提示しているが、我らはその書簡の内容についてどれだけ知っているだろうか。我らはその書簡にゾグカバルなる単語が記されていたことは知っている。事実であろうか。私は事実であったと考えている。さて、クロウワースの論理に従えば、私が路上で書簡を落とした場合には、その書簡には私の名が記されているに違いない。私が長く隠遁していたならば、重大な犯罪が発生した数時間後に私は有罪となるのだ。"

"クロウワースは、ゾグカバルが実在し、今回の犯罪に関与しているというより確かな証拠を必要しているに違いない。私はクロウワースを哀れに思う。一部の狂人らはクロウワースの人生を悲劇で染めたテロリスト集団は実在していると主張しており、クロウワースとその関係者は実在を証明されてさえいない集団の犠牲となる運命から逃れられないというのだ。"

"ああ、クロウワースよ。汝はいつ有り得ぬ妄想から解放されるのだろうか。"

Sage Winslow Responds - Zog Cabal? We Have No Proof

Marckyl Lanous
June 26, 1998

The recent strange theft of the Relics Of Mondain from the Britain Counselor’s Guild Hall has brought a large number of concerns to both the public and the editorial staff of the Town Cryer. Therefore, it is in the interest of uncovering this conspiracy, or possibly conspiracy hoax, about the organization known as the Zog Cabal, that the paper will present the following two articles. The articles contain the opposing viewpoints of two of Britannia’s prominent citizens that have found themselves caught up in this troubling story.

No matter who you believe, though, the following questions still remain along with many others: Who exactly is the Zog Cabal? What is their purpose in Britannia? Are they involved in any way in these most recent poisonings and thefts? If, in fact, they are involved in these dastardly deeds, why do they do something so public and then retreat into hiding for months at a time?

So, in the spirit of fostering a community free of crimes such as poisonings and deaths, the Town Cryer presents the following articles and two opposing viewpoints.

“I grow so weary of all these rantings and ravings about this so-called ‘Zog Cabal’,” Sage Winslow was heard to say. “Have we ever, in fact, proved the existence of such an organization? Let’s look at the events of the other night an examine exactly what happened.”

“First, we have a thief that swiped the Relics of Mondain from the Britain Counselor’s Guild. Granted, this thief performed some extraordinary thievery, but is a thief anything out of the ordinary in our world? I think not. This particular thief may simply be quite good at his skills or have hired a mage to work magic with him on this particular heist.”

“Next, a man of unknown origin comes forth ranting and raving uncontrollably over the fact that the Relics of Mondain have been stolen. Well, anyone who had made frequent trips to the counselor’s guild hall knows that the relics have been there for quite some time. Of course they are going to notice when the relics are gone, and if they feel that evil power is still contained inside the last remaining pieces of Mondain, then it may bother them very much. It may bother them, in fact, so much, that the experience overwhelms them, and it may bother them to the point of having an attack on their heart. This, too, might explain the spasms and sudden death of the man.”

“As to whether or not it was poison, who do we believe, Crawworth? How long, exactly was Crawworth’s examination of the body? I watched it and I would say he made his assessment in mere seconds. Did he draw blood from the corpse? Did he do a complete analysis of the body? I think not. So this man may or may not have been poisoned. These days Crawworth sees poisoning assassins around every corner, lurking in the dark shadows that he imagines are everywhere.”

“And finally, Crawworth uses a book as his most damning piece of evidence that his ‘Zog Cabal’ is involved, but what do we know about this book? We know that the words ‘Zog Cabal’ were written on it. That’s it? Yes, I believe that is it. So, by Crawworth’s logic if I drop my book of notes, that has my name on it mind you, on the ground, and a few hours later a great crime is committed after I have been long gone, then I am guilty.”

“Crawworth will surely need some better proof that his Zog Cabal exists, and even if they do exist, that they are involved in this crime. I feel sorry for him actually. Some lunatic makes claims of being in a terrorist group during a tragic time in Crawworth’s life, and he can never shake the feeling that he and others around him are doomed to be victims of a group that has never even been proved to exist.”

“Oh, Crawworth, when will you give up this hopeless delusion?”

投稿者 Siel Dragon : 1998年06月27日 17:13