1998年07月11日
賢者ウィンズロウのトリンシック旅記

賢者ウィンズロウのトリンシック旅記(Sage Winslow Journeys to Trinsic)とは、1998年7月11日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



賢者ウィンズロウのトリンシック旅記
Wyzark Diam 著

ブリテイン
ベスパー近海で沈没した船舶から発見されたゾグカバルの伝言に賢者ウィンズロウが関心を寄せたことは驚くに値しない。むしろ、ウィンズロウが関心を寄せなかったときこそ驚くことだろう。ウィンズロウがクロウワースとともにブリテインのカウンセラーギルド屋外で地元市民の死亡を目撃して以来、クロウワースはブリタニアとその民を滅ぼさんとする反社会的宗教団体の策謀を盛んに主張してきた。

さて、ウィンズロウは目を輝かせ口元に笑みを浮かべ、友人らと部下からなる大規模随員をともなってトリンシックへ向け出立した。一団はブリタニアの森や田園地帯を僅かに歩を速める程度で進んでいった。ウィンズロウは旅途中の川で休息をとろうと考えていたが、実際には適わなかった。

news980711-etc-1.jpg


国土に蔓延していた災厄は、その支配をもって再び攻勢に出たのだ。ウィンズロウと足早に進む一団が街を出立した直後、ブリテインの南でアンデッド、オーク、邪悪なエティンもが集結していることが確認された。壁に囲まれた名誉の街へ進んでいた哀れなウィンズロウとその一団は執拗な攻撃に晒された。幸いにも、心優しき賢者に付き従っていた人々の多くは剣技あるいは魔法に通じており、更にその双方に長けた人々も数多くいた。人々の強靱な迎撃によって、国土を蹂躙する邪悪な生物の攻撃からウィンズロウは致命傷を負うことなく耐えていた。

日は進み、ウィンズロウは疲れ果てた様子だった。邪悪な勢力によるたびたびの攻勢は、ウィンズロウの貧弱な心臓を蝕んでいった。ブリタニアの人々はこれらの攻勢について慎重であり、存在不確かな反社会的宗教団体などではなく、船舶で発見された伝言など伝承でしかないと考えた。クロウワースのような人物は、あらゆる状況を反乱として考えた。経路の全ては計画され、陰謀があるとした。

若者はいつになれば年長者に敬意を払うのであろうか。ウィンズロウはトリンシックへの道中、クロウワースに対して殊更に指示するようなことはなかった。ウィンズロウはただ人々の恐れを鎮めることに努めたのだ。ハーサムの殺害は独立した事件に過ぎないことをクロウワースには理解してもらいたい。世界の支配や滅亡を望む権力者などいないし、追悼式に現れた狂人の言葉を聞いたあとでさえ、その考えを覆すには至らない。

襲撃の報を受け、クロウワースはウィンズロウに対して援軍を送っただろうか。到着を前に賢者ウィンズロウが窮状に陥ったことは早くにトリンシックへ伝わった。しかし、クロウワースは見えない敵への対抗計画に忙しく、援軍を送る時間はなかった。さて、親愛なる読者諸君、これが我らの国における全くの愚かさと言えるのではなかろうか。

Sage Winslow Journeys to Trinsic

Wyzark Diam
July 10, 1998

Britain -- It comes as no surprise that Sage Winslow would take an interest in the Zog Cabal message that was supposedly found on a sunken ship near Vesper. In fact, it would have been more surprising if he hadn't. Since the day he and CrawWorth witnessed the death of a local citizen outside the Counselor's guild in Britian, CrawWorth has spoken endlessly of this mysterious cult and their plots to destroy Britannia and all its residents.

So, with a gleam in his eye and a smile on his lips he set out for Trinsic with a large retinue of friends and retainers. The group intended no more than a brisk stroll through the woods and the scenic country side of Britannia. Winslow was hoping to stop by the river and rest his weary bones. But in fact that was not to be the case.

The plague that has held the country in its grip for so long struck once again, soon after Winslow and his merry band left the cities bounds. Undead, orcs, even the vile ettin were spotted just south of Britain, and harrassed poor Winslow and his group as they made their way to the walled city of Honor. Fortunately many of the men who went with the kindly sage were trained in the arts of war or magic, many of them both. For the strength of these men kept Winslow from suffering serious damage at the hands of the vile creatures who are allowed to roam free within our lands.

Winslow seemed to tire as the day progressed, and every attack by the outlandish fiends seemed to tear at his poor heart. It is these attacks that keep Britannians wary, not mysterious cults who may or may not exist and who send secretive messages by boat to recipients who are no more than fairy tales. Men like CrawWorth must see treason at every turn. Plots down every pathway. Conspiracies around every corner.

When will the young learn to respect the old. Winslow is no more than humoring CrawWorth with this trip to Trinsic. He hopes only to allay the mans fears. To help him understand that what happened to Hartham was an isolated incident, and not the predecessor to some evil overlord who wishes to rule the world or destroy it. Not even the words of a madman at a funeral can change that.

Would that CrawWorth had sent more help to Winslow as he heard about the attacks. We know that word reached Trinsic about the sages plight long before the sage arrived. But CrawWorth, busy scheming and plotting against the "invisible" forces against him had no time to offer such help. And that my dear readers, is the true folly of our land.

投稿者 Siel Dragon : 1998年07月11日 11:35