1998年07月29日
クロウワースの生存

クロウワースの生存(Crawworth Lives!)とは、1998年7月29日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



クロウワースの生存
Caitlin Elopidat 著

ロード・クロウワースは、賢者ハンボルトと同じ末路を辿ったのだと信じられた。ハンボルトと同様にブリタニア全土の平和と繁栄を目指す探求の果てに死んだのだ。橋に散らばる血痕と粉々となった彼の黄金鎧とが語りかけてくるようであった。彼の死を物語る血溜まりから貴重な剣が発見されたことは最後の驚愕であろう。

しかし、その推察は事実に反していた。ベスパー東部の古い野営地にオークの集団が忽然と現れたとブリタニア全ての街々でタウンクライヤーが報じた。彼らは小屋の扉を全て閉め、何かを守っているようにみえた。最南端の小屋の窓からは囚人の姿が確認されたのだ。それはロード・クロウワースであった。

タウンクライヤーを通じて広く報じられたクロウワース生存の事実は、人々の武装を促し、彼の仲間たちはすぐさま駆けつけた。そして小屋周辺の森で警戒していたオークとトロルによる矢と刃が彼らを出迎えたのだ。エティンもまた、迂回して戦闘へと参入してきた。オークメイジは魔術を駆使した。クロウワースの救助隊は追い詰められ窮地に陥ったが、最終的には善なる勢力が勝利した。世の常がそうであるように。

邪悪なる生物から施錠された扉の鍵を得ることはできなかったため、やむを得ず斧と手斧を用いて破壊された。ようやく解放されたとき、クロウワースはとても戦える状態にはなかったため、トリンシックの帰途は時間をかけて準備された。クロウワースは不可解な命令の場に居合わせず、オークの拠点へ向けて出立していたのだ。後に命令について耳にしたクロウワースは、口を閉ざした。彼の出立した後のことを非難できる者などいない。

次に手記に関してだ。諸君も手記を読めば、クロウワースが何故にそうまで恐れるのかわかるはずだ。それは彼自身の生命だけでなく愛する者ら全てに関わることであるからだ。手記は読むことができる、クロウワースが語ることを拒むのであれば、私が協力しよう。

ゾグカバルだろうか。他に誰がいるというのだろうか。ゾグカバル構成員によって記されたと思われる不可解な手記が発見されたのは二度目のことだ。それがウィンズロウであるとの噂は根も葉もないが、最近の彼の行動は奇妙に映っているし、ゾグカバルの件に関しては彼の不興を買う覚悟が必要だ。おそらくブリタニアは新たな賢者の到来を必要とする時期に差し掛かっているのだろう。

Crawworth Lives!

Caitlin Elopidat
July 28, 1998

Vesper -- It was believed that Lord CrawWorth had suffered the fate of the late Sage Humbolt. That like Humbolt he had died in his unending quest for peace and prosperity for all of Britannia. His blood strewn about the bridge and his gold armor found in pieces seemed to tell the tale. His precious sword, mere feet from the pools of crimson that marked his disappearance, seemed to be the final exclamation point.

But this was apparently not the case. Word spread to all the town criers of the land that a band of orcs had mysteriously appeared in the old encampment East of Vesper. They had barred the doors of all the cabins. They seemed to be guarding something. And through the window of the southernmost cabin could be seen a prisoner. Lord CrawWorth.

Armed with the news of his reappearance, the criers spread the word far and wide, and soon his friends arrived. They were greeted by the arrows and blades of the orcs and trolls who patrolled the woods outside the cabin. Ettins rounded the bend and joined in the fray against the humans. Orcish mages wielded their mystical arts, and kept CrawWorth's would be rescuers at bay for a good while. But in the end, good won out. As it always does.

None of the beasts seemed to have the key to the locked door, and so finally it was broken down with axes and hatchets. When CrawWorth was finally freed he was in no condition to fight, and so slowly began to make his way back to Trinsic. He was not present for the discovery of the mysterious orders, apparently left for the orcs. Upon hearing of the orders later, he seemed withdrawn and detached from the situation. Who could blame him after what he'd been through.

Following is the note in it's entirety. Once you read it you will understand why CrawWorth has reason to fear for not only his own life, but for those he cares about. The note reads: If CrawWorth refuses to speak, I will deal with him. -W

The Zog Cabal? Who else. This is the second time that the mysterious -W has appeared as the signature of a note believed to be written by the Zog Cabal. Rumors that it is Winslow seem unfounded, but his actions have grown strange of late, and perhaps we must be fearful of his distaste for the Cabal. Perhaps it is time to find a new sage for Britain.

投稿者 Siel Dragon : 1998年07月29日 14:28