1999年01月15日
フォロワーズ・オブ・アーマゲドン裁判の公選

フォロワーズ・オブ・アーマゲドン裁判の公選(Officials Chosen for the FoA Trial)とは、1999年1月15日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



Genn Wintord
本日、フォロワーズ・オブ・アーマゲドンの裁判に向けた最初の措置が講じられた。ロード・ブリティッシュ(Lord British)の代理人、ホルストン・モンティル(Halston Montil)は、ウィントン・アーリス(Winton Arlis)を今回の担当裁判官に任命すると発表した。アーリスは30年間に渡る裁判官経験を有している。モンティルは次のように評した。

"アーリスこそ法律学の系譜そのものだ。我々は彼が世界の法規を遵守した公正な裁判を行うと確信している。"

本日、モンティルは原告側検事と被告側弁護士の双方を発表した。驚いたことに法曹ではないロード・ジュリアス・ダーネル(Julius Darnell)が原告側の検事に指名された。だが、ロード・ダーネルは97例に及ぶ原告側勝訴の実績を有し、派手な立ち振る舞いで名を馳せる人物だった。

どよめきのなか、モンティルは、被告側にスカラブレイの地元弁護士、グラント・アダムス(Grant Adams)が指名されたと発表した。アダムスは29歳と若いが、経験豊富であり、48例に及ぶ被告側勝訴の実績を有していた。彼の実績には、かの悪名高き"紅き矢の殺戮者"裁判も含まれている。しかし、重大な犯罪事件を取り扱った経験はなかった。モンティルは次のように言及した。

"今回の裁判は繊細な政治的要素が含まれている。ロード・ブリティッシュ(Lord British)は、この世界にいる数多の法曹のなかでフォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者を弁護する最善の弁護士であると判断した。政権の意向は、この裁判で公平で活発な弁護活動を保証することである。アダムス氏はこれらの条件を満たす最善の候補者に挙げられ、彼自身この事件に強い熱意を示していた。"

モンティルは、証拠開示手続きが完了し次第、この事件の関係者へ召喚令状を送付すると宣言した。モンティルは今後一週間以内に完了したいと考えていた。召喚されることとなる人物のなかには、サー・ジョフリー(Sir Geoffrey)やムーングロウのマライア(Mariah)の名も挙げられていた。モンティルは最後に、この裁判は保安上の理由から市民に対して非公開で行うが、報道機関の構成員は立ち会いすることができると締めくくり、続けて次のように言及した。

"我々の揺るぎなき意図は、一連の事件について市民に全てを明らかにし、長きに渡り我々を悩まし続けてきた謎に誰もが納得できる答えを見出すことだ。"

本日の午後、フォロワーズ・オブ・アーマゲドンに賛同する市民団体は、フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者の拘留に対する小規模な抗議活動をブリテインにある国王の居城前で行ったが、この集会での暴力事件は報告されていない。

Officials Chosen for the FoA Trial

Genn Wintord
January 14, 1999

Initial steps were taken today to prepare for the coming trial of the Leader of the Followers of Armageddon. Lord British’s spokesperson, Halston Montil, announced today that Judge Winton Arlis was appointed to hear the case. Judge Arlis brings over thirty years experience at the bench. Montil stated, “Judge Arlis’ record of jurisprudence speaks for itself. We are confident he will conduct a thorough and just trial, in full accordance with the laws of our land.”

Montil also announced today the appointment of the counsels for both the defense and the prosecution. Surprising to no Court insiders, Lord Julius Darnell was named as the Prosecution for the State. Lord Darnell has, as yet, an unbroken string of ninety-seven successful prosecutions, and is famed for his flamboyant style.

In a surprise move, however, Montil announced that local Skara Braen lawyer Grant Adams was named as the Counsel for the Defense. Adams, 29, is young, but very experienced, with forty-eight successful defenses in his name—including the infamous “Red Arrow Murder” trial—but has never handled a Capital crime case to date. Montil said, “Given the sensitive political nature of this trial, Lord British decided it best to broaden the search for the best lawyer to defend the FoA leader beyond the traditional pool of Realm Barristers. The State’s intention is to assure that a fair, vigorous, and unbiased defense is given in this matter. Mr. Adams was viewed as the best candidate to meet these criteria, and has embroiled himself into the case with the utmost of enthusiasm.”

Montil also declared that as soon as Discovery was completed (a process he hoped would be done within a week), subpoenas would be sent out to witnesses to events. Among those expected to be summoned are Sir Geoffrey and Mariah of Moonglow. Montil finished with the announcement that while the trials would be closed to the public for reasons of security, a rotating member of the press would be allowed to bear witness to events. “Our absolute intention,” Montil concluded, “is that the public has full view and record of all that transpires, and that the questions that have plagued us for so long as finally answered to the satisfaction of all.”

A small demonstration by pro-FoA Citizens was conducted in front of the King’s castle in Britain this afternoon protesting the continued incarceration of the FoA Leader, but no violence was reported at the rally.

投稿者 Siel Dragon : 1999年01月15日 13:46