1999年01月19日
ジュリアス・ダーネルとの対談

ジュリアス・ダーネルとの対談(Interview with Lord Julius Darnell)とは、1999年1月19日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



Garth Ranzz
ロード・ジュリアス・ダーネルは、ロード・ブリティッシュ(Lord British)の法廷における長年の実績と名高き経歴を備えており、"フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者裁判"の担当検事としてロード・ダーネルへの関心は高まっている。私はロード・ダーネルと会い、彼の原動力を見出すよう命じられた。ブリテイン郊外に位置するロード・ダーネルの邸宅において会うことができた。ふんだんに内装が施され、数多くの美術品が飾られていた。私はロード・ダーネルの富と日々の生活に衝撃を受けざるを得なかった。ロード・ダーネルの従者により紅茶を出されたのち、いよいよ対談を開始した。

news990119-etc-1.jpg

"読者諸君に対していま一度、あなたの経歴をお聞かせください。"

ロード・ダーネル
"よろしい。私は約20年間に渡って法曹として国王の法廷に携わってきた。まもなく100回目が迫っているところだ。"

"あなたの父君、ロード・アベリル・ダーネル(Lord Averil Darnell)もまた、法曹だったのでしょうか。"

ロード・ダーネル
まったくそのとおりだ。我が家系を遡れば、4代に渡って法に携わっている。"

"あなたにとって法の魅力とは何でしょうか。"

ロード・ダーネル
"さて、先に述べたように、法に携わることは家風であり、それを引き継ぐことは私にとっても誇りである。しかし、私の進路は若くして定まってしまった。"

"ロード・ダーネル、私はあなたの個人的な関心をお聞きしたいのです。"

ロード・ダーネル
"ああ、私は特に社会学への関心が深い。"

"どういうことでしょうか。"

ロード・ダーネル
"法規とは、社会が文明へ至る過程で生まれた方策である。個人の行動が周囲に多大な影響を及ぼすということを自覚しなければならない。ひとりの男がいるとしよう。男が他人の食料を奪うと、それは奪われた者から家族を養う力を奪い取ったこととなる。さて、この被害者を仮に治療師であったと仮定しようか。食料が不足し、治療師は力を失うことだろう。すべき仕事を充分にこなすことができなくなることだろう。盗人は病気となれば治療師の助けを求めざるを得ない。しかし、盗人を救うはずの治療師の力を奪ったのは盗人自身なのだ。おわかりだろうか。我々ひとりひとりは、明白な場合とそうでない場合とがあるものの、周囲に多様な形で依存し合いながら生きているのだ。"

"法とは人の作りしものに過ぎないという意見に対してはどのようにお考えでしょうか。人は不完全な生物にすぎず、それならば法もまた不完全なものに過ぎぬのではないですか。"

ロード・ダーネル
"ふん、大多数の求めるものが少数の求めるものに優越するのであって、法とはその理を成文化したものに過ぎない。剣を抜いて互いに斬りかかるよりは、社会人として問題に対処することが文明人としての立ち振る舞いというものだ。時と社会的需要の変化に応じて、法が保護すべき社会も変化しよう。"

"それでは法とは社会的な保護を目的としているのだとお考えなのでしょうか。"

ロード・ダーネル
"秩序は確保されねばならない。議論することは文化的な手段として必要である。健全な社会とは、常に議論と反論の余地を残さねばならぬが、法の範疇で行わねばならぬことだ。公衆から議論を奪うことや政権に対する不当な行為に従事することは、それすなわち反逆である。我々の政権において望む変化を議論することもひとつの手段だ。実際に、市民諸君が自らの責務と考えてくれることを切に願っている。だが、不当な行為のために結託することは全くの別物だ。法とは、我々といわゆるオークと呼ばれる存在との違いを示す唯一のものであろう。"

"あなた富に優れ、政権と結託することの容易な立場にあると批難する人々もいるようです。"

ロード・ダーネル
我が財は、敵対する者らにとって格好の標的となるだろう。だが、ダーネル家の国家に対する寄与は記録に明らかだと考えている。確かに私はパーティを催すし、良質の衣服を着るし、美味しい料理を食している。しかし、我が人生の全ては公共への奉仕に捧げているのだ。昨晩、我が妻と私自身がムーングロウ洪水被害救済イベントを主催したのもそういったわけなのである。

そうはいうものの、社会に不満を持つ者らが充分な富を有しているとは思わぬし、むしろ貧しいのだろう。フォロワーズ・オブ・アーマゲドンの支持者を観察したところ、彼らは多額の援助を受けるとともに強い結束を示していたのは明らかなことだ。言わせていただきたい、個の要求のために風潮に紛れ隠れる扇動者がいるのだということを。"

"フォロワーズ・オブ・アーマゲドンの指導者とは既にお話しに?"

ロード・ダーネル
"現時点でこの男について言及するのは不適当であろう。"

"しかし、あなた自身は彼の罪を確信なさっておられる。"

ロード・ダーネル
私が確信していることといえば、政権はこの事件について公表の機会を与えるであろうということだ。我々はフォロワーズ・オブ・アーマゲドンの犯した罪の重大さを明らかにし、熱心な批判者らも納得させ得てみせよう。抗しがたい証拠があるのだ。殺人や誘拐から国王暗殺や大量虐殺に至るまでその全てを考察する必要などない。罪深き組織は疑いの渦中にあるのだ。

この裁判は、国民にとっての重要な指針となるだろう。我々は法の支配と文明に根付き繁栄を得てきたが、単なる無政府主義に成り下がるだろうか。"

"お時間をお取りいただき、ありがとうございます。ロード・ダーネル。"

ロード・ダーネル
"汝に感謝を。"

Interview with Lord Julius Darnell

Garth Ranzz
January 18, 1999

Lord Julius Darnell has a long and storied career upholding the law in Lord British’s courts. Intrigued by his position as Prosecutor of the “FoA Leader trial”, I was assigned to meet the man, and find out what makes him tick. We met in his estate outside of Britain. Lavishly appointed, and decorated with many works of art, I was struck by both the refinement and opulence of his daily surroundings. After being served tea by his attentive staff, we began the interview....

Garth Ranzz: Can you give our readers a bit of your background?
Lord Darnell: Certainly. I’ve served the King’s Courts for nearly two decades as a Prosecutor, and am closing on my one-hundredth case in that service.
GR: Your father, Lord Averil Darnell, was also a lawyer?
LD: Indeed. In point of fact, the practice of law goes back four generations in my family.
GR: What drew you to law as a career?
LD: Well, as I said, it was a family tradition—one I am quite proud to continue, might I add—but my course was set quite young.
GR: Actually, Lord Darnell, I was referring to your personal interest in the subject.
LD: Ah. I would say that I am particularly interested in society.
GR: How do you mean?
LD: The law is a measure of the progress a society has made towards civilization. Individuals must understand that the actions that they take have a great impact on those around them. If a man were to, say, steal another’s food, he is depriving that other of the ability to feed his family. Now, let us posit the victim of the crime is, for example, a healer—with less food he grows weaker, and is less able to do the job he has set to do. If the thief grows ill, he must turn to the healer to set him right—but the healer’s ability to do his job has been negatively impacted. Do you see? Each of us, as individuals, are dependent upon those around us in numerous ways - some obvious, some less so.
GR: How would you answer those that say that as the law is a creation of man, and man is a flawed creature, therefore law must be flawed?
LD: Pish. The needs of the many are of a greater primacy then the needs of the few. The law is merely a way of codifying that. It is a hallmark of a civilization to address these issues as social beings rather than to fall upon each other with open steel. As time, and the needs of a society change, so then do the laws which they need to protect that society.
GR: So you see the law as a form of societal protection?
LD: Order must be secured—I would argue by any civilized means necessary. A healthy society should always have room for debate and opposition, but such must be done within the boundaries of the law. To remove that debate from the public eye; or to engage in unlawful acts against the State or its Citizens—this is Treason. It is one thing to discuss changes we would like to see in our government—in fact, I would hope that every Citizen sees this as their duty and obligation—but it is quite another thing to engage in unlawful behavior. The law is the only thing that differentiates between us and, say, orcs.
GR: Your critics would charge that you’ve been blessed with affluence and political connections—making it very easy for you to take such a position...
LD: My personal finances have always been a place where my foes have tried to attack, but I believe the record clearly shows how much good the Darnell family has done for the Realm. Certainly, I enjoy hosting parties, wearing fine clothes, eating well—but my entire life has been dedicated to public service. Why just last night Lady Darnell and myself hosted an event for Moonglow flood relief.
Having said that, I don’t think being a societal malcontent has a great deal to do with wealth, or lack thereof—look at the self-proclaimed “Followers of Armageddon”: clearly they were both well-financed, and well-organized. I would go so far as to say that most seditionists are in it for the personal power they can claim in the name of their “movement”—usually at the direct expense of those that follow same.
GR: You’re speaking of the FoA Leader?
LD: It would be inappropriate for me to specifically comment on this man at this stage in the process.
GR: But you’re convinced of his guilt.
LD: What I am convinced is that as the State is given the chance to present its case, we will incontrovertibly show the magnitude of the FoA’s crimes to even the most ardent cynic. The evidence is overwhelming—from “simple” murder and kidnapping to attempted regicide and genocide, I don’t think by the end of this process there will be any doubt as to whom the guilty parties are.
This trial is an important benchmark for the Citizens of the Realm—do we let the rule of law and civilization take root and flourish, or will we descend into mere Anarchy?
GR: Thank you for your time, Lord Darnell.
LD: My utmost pleasure.

投稿者 Siel Dragon : 1999年01月19日 10:39