1999年01月19日
グラント・アダムスとの対談

グラント・アダムスとの対談(Interview with Grant Adams)とは、1999年1月19日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



Garth Ranzz
グラント・アダムスは、フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者裁判の被告側弁護士だ。私はスカラブレイにある彼の事務所で会い、その寛容さと実直さに感動させられた。アダムスは決して目をそらすことなく、若々しい顔に笑みをたたえ続けていた。だが、その素朴な魅力は、彼の真摯さや強い信念とは一致しないものだった。彼の経歴は短いものの傑出しており、重大な案件ばかりであった。さて、次のとおり、対談は行われた。

news990119-etc-2.jpg

"それでは始めさせていただきます。ミスターアダムス、読者諸君に対していま一度、あなたの経歴をお聞かせください。"

グラント・アダムス
*クスクスと笑った*
"さて、まず私のことは単にアダムスと呼んでもらいたい。この場で堅苦しくする必要なんてありません。さて、あなたの質問にお答えしましょう。私はスカラブレイの生まれで、両親は共に農民でした。もちろん、ブリテインで法を学びましたが、ブリテインのペースはいささか私には早いものでした。年老いた田舎弁護士とお呼びいただいて構いませんよ。"
*笑った*

"フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者裁判の被告側弁護士にあなたの名が挙がったことに、数多くの人々が驚きましたが、そのことについて、何かコメントをいただきたい。"

グラント・アダムス
"実際のところ、私自身もいささか驚いているのです。国王の願いは、この事件に関して先入観を廃し、厄介な争いにも信頼出来る弁護をしてのける弁護士を見つけ出すことであったと信じています。"
*クスクスと笑った*
"国事から離れていたスカラブレイの気質がいまこそ貢献するときなのだと、私は考えます。"

"あなたは今回の訴訟における注目の高さとはっきりした立場を通して公正な裁判のあり方を示しましたが、はたして実際に可能であるとお考えでしょうか。"

グラント・アダムス
"この訴訟には適用できないだろうね。実際のところ、この訴訟での私の役割は可能な限り公正に努めることにあります。"

"繊細な政治的影響をどのようにお考えでしょうか。"

グラント・アダムス
"数多くの国民がフォロワーズ・オブ・アーマゲドンを支持し、それによって施政者には熟慮のときが与えられたのだと、私は考えています。しかし、私が考えるべきは個人の弁護なのです。"

"両陣営には根強い思いがあることでしょう。"

グラント・アダムス
"裁判で判断に関わるのは証拠であって感情の入り込む余地はほとんどないでしょう。私は政権の訴訟を調査しましたが、率直に言って極めて根拠に乏しく状況証拠と噂にもとづいたものでした。"

"具体的にお教えいただくことはできますか。"

グラント・アダムス
"いいでしょう。法の大原則のひとつに推定無罪があります。政権は、たとえ今回の訴訟のように反逆を扱う場合であっても、理にかなう疑惑にとどまらず、罪を証明しなければなりません。申し立ての幾つかは全く根拠がないと証明することができると、私は確信しています。そして他の申し立てを取り下げさせるに足る疑問点を指摘することができるでしょう。"

"あなたが人々から難攻不落と称される訴訟に携わるのは初めてというわけではありません。数年前の紅き矢の殺戮者裁判でみせた素晴らしい弁護によって、あなたの名は一躍世に知られました。"

グラント・アダムス
"この二つの裁判は非常に酷似しています。被告は席に着く前から膨大な状況証拠によって世論というなの裁判に有罪宣告されているのです。私はジョー・ワッゾ(Jo Wazzo)と面会し、確信したのです。彼の瞳を覗き、彼が無罪であることをね。その青年は、あのような残虐な手段で八名の女性を殺害することなどできはしない、彼は犯人ではないとね。我々は証拠をひとつずつ取り上げ、目撃者がいつ誤認するに至ったのか、いつ特定の証言を衛兵に誘導されたのか、そこに潜む偽善を暴き立てていきました。これは刑事事件における弁護の基本的手法のひとつです。"

"今回の訴訟におけるあなたの立場は多くの敵対者を生じるように思います。"

グラント・アダムス
*肩をすくめる*
"私の職務は法廷が真実に辿り着く手助けをすることであり、被告に正当な抗弁の機会を提供することです。いずれにせよ、これらの訴訟の解決は、他の訴訟と同様に報復などではなく司法に求められます。これらは全く異なる概念ですが、多くの人々は混同しているようです。我々は慎重を期す必要があり、この裁判を急ぐなかで、先入観を取り払い事実のみに焦点を当てねばなりません。"

"読者諸君に対して最後に何かおっしゃってください。"

グラント・アダムス
"情報を闇雲に受け入れるのでなく情報源を確認してみましょう。例を挙げると、全てのマスメディアは今回の訴訟をフォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者裁判と呼んでいます。しかし、被告にこのような称号を与えたのは誰でしょうか。そう、マスメディア自身なのです。アーリス裁判官は、いまだ我々に被告の本当の名を公表する許可を与えてはいません。被告の家族に危害が及ぶ可能性があるからです。しかし、かような称号は被告を非人間的な存在へと貶めるものであり、私は諸君に被告となりし人物を紹介したいと考えています。証拠とは裁判のみで示されるものです。いま一度、皆さんの情報源をご確認ください。"

"お時間をお取りいただき、ありがとうございました、ミスター・アダムス。"

グラント・アダムス
"グラントだよ。"
*笑う*
"あなたにも感謝したい。私は自らの職務を全うしよう。"

Interview with Grant Adams

Garth Ranzz
January 18, 1999

Grant Adams is the Defense Attorney in the “FoA Leader Trial.” I was assigned to meet the man in his offices in Skara Brae and was struck by the openness and forthrightness of the man. He never fails to make eye contact, and seems to have an eternal smile on his youthful face. But this natural charm belies the seriousness and depth of his convictions. Surrounded by momentos of his short, but illustrious career, the following interview was conducted.

Garth Ranzz: Perhaps we could start, Mr. Adams, with telling our readers a bit about yourself?
Grant Adams: *chuckles* Well, let’s start off with just calling me “Grant”—I don’t see any pressing need for formality in this venue...
As for the meat of your question, I am a native Skara Braen. My parents are both farmers. I studied law in Britain, of course, but decided the pace of the city was a bit faster than I cared for. I guess you could call me an old country lawyer. *laughs*
GR: Many were surprised by your appointment as the Defense counsel for the “FoA Leader trial.” Do you have any comment on that?
GA: Actually, I was a bit surprised myself. I believe the King’s desire was to find a lawyer with no preconceived notions on the case, and who would mount a credible defense in the face of stiff competition.
*chuckles* I suppose Skara’s natural tendency to stay out of national events has served us well this time!
GR: You brought up the notion of a “fair” trial—given the attention and high profile of this case, do you think such a thing is possible?
GA: Ayuh. Were it not, I’d’ve not taken the case. In fact, my role here is to keep things as fair as possible.
GR: What of the delicate political ramifications?
GA: Many of the Citizen’s of our land supported the “FoA”—which, I suppose, would give pause to any monarch—but my only concern in this matter is the defense of a single individual.
GR: Feelings are strong on both sides.
GA: Ayuh. All we can judge on, however, is the evidence—emotion has little place in a trial. I have examined the State’s case and, frankly, I think a great deal of it is weak, and is based on circumstantial evidence and hearsay.
GR: Would you care to expand on that?
GA: Sure—one of the key points in law is the presumption of innocence. The State, even in a Treason case, such as this one, must prove guilt Beyond a Reasonable Doubt.
I am quite confident that I can prove several of the allegations to be utterly baseless, and to introduce enough doubt to eliminate the rest.
GR: This isn’t the first time you’ve been involved in what many call an “unwinnable case”—several years ago you rose to national prominence during your spectacular defense of the accused “Red Arrow Killer”.
GA: The two cases are not wholly dissimilar—a mountain of circumstantial evidence, and a defendant who has largely been tried and convicted in the court of public opinion before reaching the bench. I met Jo Wazzo then, and I knew, just by looking in his eyes, that he was innocent. That young man simply could not have killed eight women in such a gruesome manner. It simply wasn’t in him.
We took each piece of evidence one at a time, and exposed the hypocrisies behind them—showed when the witnesses were confused, or were being led by the guards to give certain answers. This is one of the basics of criminal defense.
GR: Your position in this case is likely to garner you many enemies.
GA: *shrugs* My job is to aid the Court in finding the Truth, and giving the Defendant a real chance to have their say.
Ultimately the goal in these proceedings, as in any other, is Justice, not Vengeance. Those are very different concepts, though many confuse them. We need to be careful, in our rush to bring this matter to trial, to put aside our preconceptions, and look only at the facts in the case.
GR: Do you have any last words for our readers?
GA: Only to look at your sources of information before blindly accepting them. For example, all along the media has been calling this the “FoA Leader Trial.” But who gave the defendant this designation? Yes, the media itself. Judge Arlis has not yet authorized us to release the man’s true name, for fears of his family’s safety, but the very name reduces him to inhuman status. I hope to show you the man behind the accusations. Judge on the evidence, only, and check your sources.
GR: Thank you very much for your time, Mr. Adams
GA: Grant. *smiles* And thank you for your time—I’m just doing my job.

投稿者 Siel Dragon : 1999年01月19日 16:06