2008年03月16日
詐欺からの防衛

詐欺からの防衛はウルティマ オンライン上の取引について生じるトラブルについて掲載した日本公式サイト上のコンテンツ。

2003年08月11日
詐欺からの防衛
2008年03月16日
詐欺からの防衛

2008年3月16日 詐欺からの防衛

パブリッシュ50(2008年2月)で変更を行われたことを機に活発化したルーニックツールの取引で注意喚起がプレイヤー間で行われていたルーニックツールと同様のグラフィックのアイテムによる詐欺被害を受けてなのか、日本公式サイト上でも「詐欺からの防衛」を紹介している。

2008年3月16日 午後8時20分:
ウルティマ オンラインの世界において、誰かが皆さんを騙して財産を奪い取ろうとするかもしれません。そういった場合、ゲームマスターは不正行為が利用されていない限り、行われた詐欺やプレイヤー同士の信頼に基づいて発生した問題に立ち入ることは出来ません。

自分自身が常に注意しておくことで、自分の大切な財産は守ることができます。詐欺とはどのようなものなのか、詐欺から自分自身を守るためにはどのような事に気をつければよいか、今回更新されました詐欺からの防衛でご案内している情報は、皆さんがこれらについて知り、そして財産を騙し取られないようにする上できっと役に立つはずです。

ウルティマ オンラインの世界でも、自分自身が学び、注意深くなることが、自分の財産を守る最も良い方法なのです!

2003年8月11日 詐欺からの防衛

お気をつけください。他のプレイヤーとアイテムを取引するときは、よく注意して調べてください。売ったり買ったりするときに、以下の注意点を念頭に置いてください:

家を売買するときは安全な家取引を、大量の商品(布、革、皮革、矢、クロスボウボルト、羽毛、シャフト、板、丸太、秘薬、インゴットなど)を売買するときは商品証書(commodity deed)を、武器や防具の修理には修理サービス契約書(Repair Service Contract)の記事を確認して、これらのシステムを是非ご活用ください。

あなたが売買しようとしているアイテム以外の物がトレードウィンドウ上にないかを、取引を完了する前に確認してください。もし可能であるなら、コンテナ(バック、バックパック、木箱など)の中に入ったものを取引しないでください。

取引を急いでいないですか? もし誰かがあなたに取引を完了させるように圧力をかけているなら、そこには怪しい何かがあると考えねばなりません。取引可能な家、アイテム、ペットは他にも沢山あるのです。

常にアイテムのプロパティを見るためにアイテムをシングルクリックすることによって、交換されるアイテムが正しいものであることを確認してください。例えば、家を買うときには、その家の座標を見るためにトレードウィンドウ上の権利証書(ブルーの権利書の形をしています)をクリックしてください。別の例では、「ethereal mount」の取引の際に、動物の絵をシングルクリックしたとき、「A pet owned by (プレイヤー名) [tame]」ではなく、「an ethereal horse」のように表示されなければなりません。

あなたは、ここでこれまでに述べられた事や詐欺からの防衛に書かれている他の多く助言により、騙されたり騙し取られることを回避し、自衛することができます。

お忘れの無いように、ゲームマスターはゲーム内におけるプレイヤー同士の信頼に基づいた問題を調停いたしません。また、詐欺によって失われたアイテムを取り戻すこともありません。そして詐欺からの防衛についての記事を読むことによって、全てのプレーヤーに自衛されることを奨励します。(ただし、ご注意ください。他のプレイヤーを騙すために、ゲームの仕組みを悪用する事(ゲームデザインの回避, "abuse of game mechanics")は他のものと同様、不正行為として扱われます。そして私たちは他のすべてのゲームシステムに関連した不正行為にしてきたのと同様、この種の不正行為の原因にも取り組みます。)

どうぞ、詐欺からの防衛ページの情報を活用して、ご自身の財産を守る最善の方法を身につけるようにしてください!

投稿者 Siel Dragon : 2008年03月16日 22:49