2004年11月06日
第一回ブリタニア・ジャンボについて

「第一回ブリタニア・ジャンボ」で贈られる土地を視察して来ました。

pd-siel.jpg こんにちわ、Siel Dragonです。
今回は11月下旬から開催予定となっている「第一回ブリタニア・ジャンボ」で贈られる土地を視察して参りました。行われるキャンペーンの詳細は未だ明らかとなっていませんが、在日シャード各2件という事です。ところで贈られる物件はブリタニアではなく徳之諸島なのに、なんでブリタニア・ジャンボなんでしょうね?

news041106-jp-1.gif

最初に報じられていた物件が禅都南西門を出てすぐの場所。

news041106-jp-1.jpg

こちらは街に近く利便性と安全性に優れていますね。現在は壁で囲まれており、中には桜の木々が植えられています。キャンペーンに関連する土地という事で看板も立てられており、この土地を利用しないよう冒険者たちに警告を発していますね。

2軒目は辺境の孤島です。

news041106-jp-2.jpg

熱帯地方に位置する島らしく、ナツメヤシやココナッツの木々が生えています。小さな島ですのでキャンペーンハウス以外が建つ事はないでしょうし、生息する動物もトロピカルバードやジャックラビットが確認できた程度です。尤も海に面している事から何らかの海洋生物が出現する可能性もあります。禅都の物件とは対照的に交通の便が悪く商用利用も難しいですが、静かな暮らしを望む世捨て人がのんびりと釣りを楽しむには良いかもしれませんね。ただし気になったのが島の規模が「小さい」という点。当初のキャンペーン報道で18×18と言われていましたが、それは禅都の家のみを指し、追加物件として登場した島の家は違うのでしょうか?この島は海外シャードでも建築制限地域になっていますので実際にどのような物件が建つのかは今のところ不明なままです。

投稿者 Siel Dragon : 2004年11月06日 13:44