2004年11月01日
Bake Kitsune (化け狐)

武刀の天地で登場した「化け狐」に関する情報です。

化け狐の概要

化け狐はその姿自体は尾が三股である点を除けば通常の狐に極めてよく似ているが、非常に大型であり様々な特殊能力を有しています。中には旅人に致命的な傷を負わせ得る能力もあります。化け狐の憤怒は敵に対して一定時間に渡り僅かなダメージを与える事ができます。

捕獲しようと訪れた者の目を欺こうと、しばしば魔法の力で人の姿に化けている点もその名の由来となっています。化け狐は獰猛な性向の生物ではありますが、熟練した調教師ならばその捕獲も可能なはずです。

徳之諸島誉島の北部にある森は彼らの生息地となっており、その名をとってKitsune Woodsと呼ばれる森もあります。

化け狐の背景

日本で狐を霊獣とする伝承は「日本霊異記」の時代から語られており、多くは婚姻譚です。狐との間に生まれた子は異能を有すとされ、その伝承は陰陽師安倍晴明誕生を以って完成をみました。本来は農耕神と考えられていた狐が農民夫婦関係と交じり合い、婚姻譚が語られるようになったと言われています。農耕神信仰と共に発展していった狐の伝承は人を化かす事から災害や凶事を告げる事まで多岐に及び、固有名で呼ばれる狐も数多く登場しています。

さて、徳之諸島で発見された化け狐の特徴はなんといっても尾にあります。複数の尾を持つ狐伝承として最も有名なものが古代中国伝承に残る「九尾の狐」です。インドから中国に渡った狐が絶世の美女妲己に化け殷の紂王を惑わしたという話は有名ですね。九尾の狐は討伐されても殺生石と化し、毒を噴出し続けていると言われています。

化け狐の発見時期

2004年11月 (武刀の天地導入時)

化け狐の生息地帯

徳之諸島誉島(Kitsune Woods、Sho Toh)

化け狐から得られる戦利品

700-1000gp
マジックアイテム
スクロール×2
ネクロマンシー秘薬×3

皮×3
肉(Raw Ribs)×3

Seed

化け狐の特徴

分類: Monster (モンスター)
グループパワー: なし
食性: Fish (魚食性)
必要スロット: 2

調教難度: 80.7
扇動難度: 90.5
沈静化難度: 85.5
不調和難度: 85.5

スペシャルムーブ: 憤怒
呪文使用: あり
毒使用: 魔法毒あり
遠距離攻撃: なし
オートディスペル: なし

化け狐の基本能力

STR: 170-220 (平均195)
DEX: 125-145 (平均135)
INT: 375-425 (平均400)

HITS: 310-350 (平均330)
STAM: 125-145 (平均135)
MANA: 375-425 (平均400)

攻撃力: 32-45 (物理70% エネルギー30%)

物理抵抗: 40-60 (平均50)
炎抵抗: 70-90 (平均80)
冷気抵抗: 40-60 (平均50)
毒抵抗: 40-60 (平均50)
エネルギー抵抗: 40-60 (平均50)

化け狐のスキル

Wrestling(格闘): 50-55 (平均52.5)
Tactics(戦術): 70-90 (平均80)
Resist(魔法抵抗): 80-100 (平均90)
Anatomy(解剖学): 0-0 (平均0)
Poisoning(毒): なし
Magery(魔法): 80-90 (平均85)
Evaluating Intelligence(知性評価): 80-90 (平均85)
Meditation(瞑想): 85-95 (平均90)

投稿者 Siel Dragon : 2004年11月01日 00:07