2005年06月29日
バグ修正の担当について

バグ修正の取り組みに関する情報です。

2005年6月29日 バグ修正の担当について

質問)
UO Statics上にはバグの一覧を掲載したページが用意されているが、これらのバグに対して作業を担っているのは誰なのだろうか?

回答)
それはライブチームが担う仕事だよ。

Is anyone working on that?


Yes. That's what the Live team does.

EvilMantis
Programmer, Ultima Online
06/28/05 09:45 AM

質問)
2、3のパブリッシュをバグ修正のみに費やせば素晴らしい改善が得られるだろう。

回答)
我々が過去そうしたパブリッシュを行った事実を覚えているだろうか?その結果、プレイヤーの皆さんは長期間に渡り我々が何も新機能を導入しない事に対して抗議の声を寄せてきた。我々はこうした要望に耳を傾け、パブリッシュではバグ修正、新機能、内部メンテナンスを一定割合で盛り込むよう検討し直したのだ。その比率は状況により異なるし、皆さんの要望によっても変わってゆくだろう。しかしながらバグ修正にのみ費やすパブリッシュは行う事はできない。そうなれば過去の非難を改めて受ける結果になるだけだろう。

If we could just have 2 or 3 publishes that do NOTHING but fix bugs, that would be cool.


We actually did just that once upon a time and do you know what happened? You, the player base, yelled at us long and loud that we weren't adding any new content to the game. We heard those concerns and as a result we modified our publish plans to include a certain percentage of bug fixes, a certain percentage of new features and a certain percentage of internal maintenance. The percentages are somewhat flexible depending on the circumstances and what you, the player base, wants. But, we can't go to 100% bug fixes or we will be back to where we started.

EvilMantis
Programmer, Ultima Online
06/28/05 10:38 AM

質問)
否定的な発言や非難ばかりする者たちが揃って他へ移ってくれれば、雰囲気は大幅に変わるであろうと確信している。諺にも「その人の人生を1マイル歩まねば判断なんてできやしない」というじゃないか。

回答)
うんうん、それはまさしく私自身のことでもあるね!私が以前のメイジタワー会議室で文句ばかり口にしていた事を覚えている人もいるんじゃないだろうか。私は魔法スキルは壊れていて、ネクロマンシーは隠し要素なんだと考えていたし、自分こそが最善の策を考え得ているのだと過信していたものだ。今や愛すべきこのゲームに携わり一年間が過ぎたのだが、全く異なる視野を身に付けれたよ。

If the biggest naysayers and complainers on these boards could simply change places with the people they b!tch about the most, I am certain the tune would change, in a big way. "Walk a mile in their shoes..." so the saying goes...


Yup, that's me. I was one of the biggest complainers on the old mage tower boards for any of you who remember back that far. I thought magery was busted, necromancy was a hidden feature waiting to be discovered and I of course had all of the best answers. After working on the game I love for a year now, I have a very different perspective.

EvilMantis
Programmer, Ultima Online
06/28/05 11:09 AM

質問)
修正すべき点は何かを判断しているのは誰なのだろうか?苛立たしいことに、誰も気にかけていないような優先度の低い項目を修正した挙句にいつも正確な解決には至っていないではないか。

回答)
シャードクラッシュを誘発したり、皆さんの所有するアイテムが失われたりする可能性がある問題は直ちに修正が図られる。大抵の場合にはこういった事実は明かされないまま修正が行われるよ。これは不正行為をしようとする方達に材料提供をしたくはないという意図に基づいている。したがって、多くのプレイヤーから見れば気にかけないようなことに見えるやもしれない。あるいはシステム側での修正が既に完了していて修正するのは至極簡単な場合もあるし、長年おざなりにされてきた項目に着目することもあるだろう。皆さんにとっては説明が不十分と受け取る場合もあるだろうね。

Who decides what gets fixed?

That is whats frustrating - is you spend time fixing things that are low priority, very few people care about, and you don't even do it correctly half the time.


If something can or could cause a shard crash or people to lose items, we will fix that right away. We won't always tell you this is the case because we don't want to give anyone looking to cause mischief any ideas. So from your perspective, it might look like something that very few people care about. Other times, we might see something that would be really easy to fix since we are already in that part of the system so we include it in the patch. Still other times we are responding to a group of players who have been neglected for a long period of time and while that change may seem lame to you, it means the world to them.

EvilMantis
Programmer, Ultima Online
06/28/05 11:29 AM

投稿者 Siel Dragon : 2005年06月29日 22:04
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?