2007年06月29日
日本公式フィードバックフォーム(2)

日本公式サイト上のフィードバックフォームに関する情報です。

2006年02月20日〜2006年10月27日
日本公式フィードバックフォーム

2006年11月30日
第9回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2006年12月28日
第10回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年01月31日
第11回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年02月28日
第12回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年03月30日
第13回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年04月27日
第14回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年05月31日
第15回フィードバックフォームに対する感謝と回答
2007年06月29日
第16回フィードバックフォームに対する感謝と回答

2007年6月29日 第16回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆マーケティングチームより次のご質問について回答いたします。


 
Q. ウルティマ オンライン公認店舗のネットカフェでは、ゲームタイムを購入しなくても停止中のアカウントでログインすることができるのでしょうか?

A. はい。ウルティマ オンラインがインストールされている席でクライアントを起動し、アカウント名とパスワードを入力すれば、支払い中のアカウントと同じようにログインし、プレイすることができます。
 
回答者:マーケティングチーム一同

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。


 
Q. 女性キャラクターのペーパードールのフェイスパターンが変わりましたが、これがJeremyやDarkscribeが言っていた新しい女性のペーパードールなのでしょうか?

A. いいえ。6月28日のクライアントパッチで導入されたフェイスパターンは一時的な調整のためのもので、最終バージョンではありません。

現在アートチームがデザイン中の新しい女性キャラクターを少しだけ見せてもらいましたが、顔とポーズ、そして質感とディテールが非常に大きく変わっています。このデザイン通りにゲーム内に導入されれば、きっと日本のUOプレイヤーの皆さんにも気に入っていただけると思います。ただし、導入までには衣類の再レンダリングやカラートーンの調整といった技術的な解決が必要な問題がいくつかあるため、実際にお見せできるようになるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

この変更の原動力となったのは、皆さんからいただいたフィードバックの数々でした。本当にありがとうございます。


 
Q. 男性キャラクターのペーパードールは現在のままなのでしょうか?

A. 「女性が終わったら男性も調整したい」とDarkscribeは言っていますが、詳細はまだ決まっていません。


 
Q. カーソルを合わせてもアイテムがハイライトしない(色が変わらない)ので、地面とアイテムの違いが分かりにくいです。

A. この問題は将来のクライアントパッチで取り扱われる予定です。アルファブレンディングが有効になったことで、アイテムの表示は以前よりも鮮明で分かりやすいものになったかと思いますが、より多くの方々に納得してもらえるものにするために、今後もアイテムグラフィックの調整は続けていきます。どうしても「ここが気になる!」というグラフィックのアイテムがありましたら、アイテム名と具体的な変更して欲しい部分についての説明を記入して、バグレポートフォームからお送りください。


 
Q. バックパックのグリッドモードやリストモードでは、自動的にアイテムが並び替えられるので使い勝手が悪いです。どうにかなりませんか?

A. 6月22日のファイブオンフライデーでJeremyがコメントしている通り、スロット表示、リスト表示の時に指定した位置にアイテムが固定されるシステムを導入する計画があります。また、スロット表示、リスト表示時のバックパックのウィンドウサイズを自由に変更できるようにするべく、現在作業が行われています。


 
Q. クラシックモードでのアイテムの表示が小さすぎます! また、ドラッグした時にアイテムのサイズが変わらないようにはなりませんか?

A. この件については「進行中」との回答をもらっていますが、技術的にいくつか問題があるとのことですので、より詳しい情報が入り次第お伝えいたします。


 
Q. 「甦りし王国」は物理演算専用エンジンの「PhysX」に対応してますか?

A. 現時点では対応していないとのことです。


 
Q. 「愛のロウソク」が終了しましたが、次のライブイベントはいつ頃になりますか?

A. Draconiが構想、設計、製作に半年以上を費やしたライブイベントが、「何事もなければ」まもなくスタートする予定です。ご期待ください。


 
Q. 最近のパブリッシュで修正されたヘッジメイズのトロール橋というのは、一体どこの橋を指しているのでしょうか?

A. ヘッジメイズ内に何箇所か存在する画像のような形をした橋です。なぜトロール橋と呼ばれているのかは、実際に現地を訪れて確認してみてください。きっと納得していただけるはずです。
 
news070629-etc-2.gif
(※ 「備えあれば憂いなし」です)

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

以上お知らせいたします。

これまで不定期に発行されていたニュースレターですが、先月よりリニューアルしてお届けしています。最新のイベントやキャンペーン情報などが記載されておりますので、興味のある方は是非、アカウント管理サイトにログインして、メンバー情報で「EAより新製品、ニュースやイベント、特別な案内を提供されることを承諾します。 」のチェックボックスに印をつけてみて下さい。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)

新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)

MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

2007年5月31日 第15回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。
 
今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 保険/ブレス属性/ベテラン報奨アイテムが死んだときに無くなりました。どうしてでしょうか?

A. アイテム保険をかけた状態のアイテムや、ブレス属性(blessed)アイテム、報奨アイテムは、盗まれたり、キャラクターが死んだときに死体の中に残ったりすることは無いように設計されています。キャラクターが死んだタイミングでアイテムが無くなった原因として可能性が高いのは、「地面に落ちた」可能性です。

「地面に落ちた」原因としては、誤って地面に置く操作を行った場合、結果として地面に置く操作になる一連の操作を行っている場合があります。

特に、アイテムが地面に落ちたケースで、地面に落ちたことにすら気づいていない場合には、そのアイテムをUO Assistなどのサードパーティープログラムのアイテム着脱用のマクロに登録を行っているケースが報告されています。この事実から、次のような可能性があります。

1. 着脱マクロの影響により、蘇生時、死んだとき地面に落下した。

2. サードパーティープログラム使用による影響(UOクライアント標準のマクロでは、現在のところ、問題は確認されていません)。

以上の理由から、無くなるはずの無いアイテム保険/ブレス属性/ベテラン報奨アイテムが無くなった場合には、死亡時および蘇生時にいた場所の周辺の地面を中心に捜索してみることをおすすめします。また、キャラクターの足元に落ちる現象に遭遇された際、そのアイテムをアイテム着脱用のマクロに登録を行っていたような場合には、そのマクロの使用を中止するか、無くなっては困るものは登録を行わないか、あるいは、キャラクター死亡時、蘇生を受けた後に足元に落ちる可能性に注意して使用されるようにすることをおすすめいたします。

なお、アイテム保険をかけたアイテムが死体に残った場合は、こちらをご確認ください。

万が一、一切のサードパーティープログラムを使用していない環境下で、問題が発生したようなことがあったときには、ウルティマ オンラインの開発元である米国エレクトロニック・アーツ社の品質管理部門がその問題を把握して再現性の検証を行えるよう、その問題が発生したときの状況をできるだけ詳細に思い出し、専用のフォームを通じてご報告いただけると幸いです。品質管理部門によって問題の再現性および何らかの不具合が確認された場合には、開発チームによって解決へ向けた作業が行なわれることになります。

⇒ バグ報告(英語のみ)の方法

関連情報:
*1: ブレス化したアイテムにブレスの表示が出ない場合があります(詳細情報)。

*2: 弊社ではUO Proを含むサードパーティプログラムのサポートは行っておりません(詳細情報)。

*3: 弊社ではUO Proを含むサードパーティプログラムの使用に起因した問題に責任を負いません(詳細情報)。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 海外のEM(イベントモデレーター)プログラムに何が起こったのですか? また、それによって日本シャードでのイベントに影響はありますか?

A. 海外で実施されていたEMプログラムは2007年5月中旬をもって一旦終了となりました。小規模のイベントよりも大規模で大勢のプレイヤーの皆様にご参加いただける、開発チームの主導によるイベントに重点が置かれることが重要視されたためです。

しかしながら、日本シャードではシーアプログラムによる小規模のイベントもこのブリタニアにとって欠かせないものであると深く認識しており、現在シーアプログラムの停止等は無いと申し上げることができます。私どもウルティマ オンライン日本インタレストチームでは、システムによる大規模なイベントやストーリー性と手作り感のある中規模ライブイベント、そしてボランティアの方々によるシーアイベントといった大・中・小のイベントを展開することにより、より多くの皆様にウルティマ オンラインの世界の楽しさや奥深さ、そして可能性をお伝えして参ります。今後とも、このブリタニアの中で私どもと一緒に心ゆくまでお楽しみください!
 
回答者:Inoia(インタレストゲームマスター/シーアコーディネイター)

◆プロダクションチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「甦りし王国」のフィードバックやバグレポートは開発チームに届いているのでしょうか?

A. ベータテスターの皆様から寄せられたフィードバックとバグレポートを手に、先週、日本からプロデューサーのAdulaがカリフォルニア州レッドウッド・シティのエレクトロニック・アーツ本社に乗り込みました。

news070531-etc-4.jpg
レッドウッド・シティにあるEA本社の一部
 
news070531-etc-5.jpg
プロデューサーのAaron "Darkscribe" Cohen
 
news070531-etc-6.jpg
開発チームの会議風景

今回の訪問では、日本のベータテスターの皆様からのフィードバックを元に今後の「甦りし王国」の開発スケジュールについて協議したほか、「甦りし王国」ベータ版で発生していた日本語表示/入力関連の問題の修正などを行いました。
 
「甦りし王国」にはまだまだ十分ではない部分もたくさんありますが、開発チームのモチベーションは衰えていません。今後の改善にご期待いただければと思います。
 
回答者:LongBow, Adula(プロデューサー)

◆ウェブチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 公式サイトのリニューアルによって何が変わったのでしょうか?

A. 今回のリニューアルでは以前よりご要望をいただいておりました、公式サイトニュースのRSS配信をはじめました。 この機能によりブログをお持ちの方やファンサイトの運営者の方々の所で、簡単に公式サイトのニュースが取り込めるようになっています。UOの情報がより早くプレイヤーの皆様方の下に届くきっかけになればと思っています。また、今後は画像データなども配信できるような機能の追加も検討しています。
 
そして今回はMyUOに加えて、UO Storeの融合を視野に入れています。プレイヤーの皆様にとってUOのサービスを利用するときにアクセスするプラットフォームとして、両方ともUOのゲームアカウントを使って利用できるものになる予定です。
 
また、グローバルメニューを動的なものにつくりかえて、サイトコンテンツへのアクセス改善を試みています。以前のサイトよりも見たい情報が早く見れるように、メニューが3段階まで展開するようになっています。UO エンタメなどの無料でお楽しみいただけるコンテンツにもアクセスしやすくなっていますので、是非ご覧ください。
 
回答者:Co(ウェブマネージャー)

◆PRチームより次のご質問について回答いたします。

Q. UOに関する情報が掲載されている雑誌などがあれば教えてください。

A. 既に「ニュース」の方でもお知らせしてますが、5月24日(木)発売の「ログイン7月号」には、特別付録として「ウルティマ オンライン 甦りし王国」ベータ版クライアントDVD-ROMと16ページの小冊子が付いてきます。表紙もUOのイラストですので、店頭で見かけましたら是非お手に取ってみてください。
 
また、6月23日(土)発売予定の「ログイン8月号」では、プロデューサーのDarkscribeのインタビューと秘蔵写真が掲載される予定です。ご期待ください。
 
回答者:PRチーム一同

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「甦りし王国」の新しいマクロシステムやフレンドリストの使い方がよく分かりません。使用方法の解説などはありませんか?

A. 現在鋭意執筆中となっておりますので、もう少しだけお待ちください。
 
回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)


以上お知らせいたします。

フィードバックフォームへ本当に多くのご意見をいただきましてありがとうございます。今後ともフィードバックフォームへの貴重なご意見をお寄せいただけましたら幸いです。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)

新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)

MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

2007年4月27日 第14回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. つい先日気づいたのですが、私のアクアリウム(Aquarium)には問題がありました。GMコールで相談したところ、2006年11月18日のミニパブリッシュで修正したと発表されている問題が残っている状態だという話でした。これはどういうことですか?

A. これは、問題修正時に設置状態であったアクアリウムの状態は変更されていないということによるものです。

アイテムに関する問題を修正する場合、二つの修正方法があります。新たに生成されるアイテムを正常にする修正を施す点は同じですが、すでにゲーム内に存在しているアイテムの問題も修正する方法と、すでにゲーム内に存在しているアイテムには手を加えない方法です(※ どちらの修正方法を採るかは、技術的に可能か否かを含めた、複数の要素を元に開発チームが判断します)。

修正の発表にあたっては、前者の場合、通常「retroactive fix(遡って修正する)」という表現を用います。「すでに存在しているアイテムの問題も修正されます。」などの表現が用いられることもあります。後者の場合、すでに存在しているアイテムには言及しないか、あるいはすでに問題があるアイテムはどうすると良いかをご案内することになります。

ご報告いただいた問題の修正の発表については、「すでに設置した状態の問題があるアクアリウムは再設置していただく必要があります。」などの追加のご案内を行うことでより明確にすることができたものと分析しており、ウルティマ オンライン 日本運営チームでは、「retroactive fix(遡って修正する)」以外のときは、日本のプレイヤーの皆様にもわかりやすいよう、「すでに問題があるアイテムはどうすると良いか」をできるだけご案内するよう努力していきたいと考えています。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆PRチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「甦りし王国」の情報が掲載されている雑誌などがあれば教えてください。

A. 今月は雑誌媒体では、「ログイン6月号」と「ファミ通Connect!On-コネクト!オン- Vol.06 JUNE」に「甦りし王国」の情報が掲載されています。また、PCゲーム情報サイトの4Gamer.netでは4月24日(火)に「甦りし王国」のファーストインプレッションの記事が掲載されました。

来月はより多くの皆様に「甦りし王国」のベータテストにご参加いただけるよう準備を進めています。ご期待ください。

回答者:PRチーム一同

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ベータテストの状態はどうなっているのでしょうか? いつ頃から「甦りし王国」を体験できますか?

A. 現在は全世界合計で500名ほどの方に、「甦りし王国」の初期ベータバージョンのテストにご参加いただいています。今後は、5月中旬までに「甦りし王国」クライアントに全ての機能を実装し、短期間のクローズドテストを行った後、アクティブなUOアカウントをお持ちの方なら誰でも参加できる公開テストに移行する予定となっています。

(開発が順調に進めば)来月の終わり頃には多くの方に「甦りし王国」に触れていただけるようになりますので、もう少しだけお待ちください。

⇒ 4月24日(火)に行われた負荷テストの画像が入手できました。
news070427-etc-1.png


Q. 「甦りし王国」のクライアントが導入されることで、2Dクライアントが廃止されるということはありますか? もし廃止される場合、いつ頃になりますか?

A. 「甦りし王国」FAQやファイブ・オン・フライデイでも何度かお伝えしております通り、「甦りし王国」のクライアントが導入されることで現行の2Dクライアントが廃止されるということはありません。開発チームは現在、2Dクライアントと「甦りし王国」のクライアントで同じ場所を見たときに、どちらのクライアントでも違和感を感じることが無いようにするために、地形の細かい調整を行っています。

もちろん、将来UOプレイヤーのほとんど全ての方が「甦りし王国」のクライアントに移行した場合には、そうした検討がされる可能性が無いとは言えません。しかし、それが1年後なのか3年後なのか、それとも5年後になるのかは私たちの誰にも分かりません。少なくとも現時点では何も予定されていません。

Q. クーシー(Cu Sidhe)が気になります! 「甦りし王国」でのクーシーの画像を見せてください。

A. 1月の段階からたくさんのご要望をいただいていたクーシーの画像ですが、ようやくお見せできることになりました。生物や服飾品の色については調整段階にあるため、通常色以外のクーシーは今回の画像に掲載されておりませんが、金色や青色といった色の違いもしっかりと反映される予定です。

news070427-etc-2.png

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

以上お知らせいたします。
フィードバックフォームへ本当に多くのご意見をいただきましてありがとうございます。今後ともフィードバックフォームへの貴重なご意見をお寄せいただけましたら幸いです。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)

新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)

MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

2007年3月30日 第13回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. プレイヤーの動きを封じる目的でアイテムを地面に置いてもいいですか?

A. ゲーム内に存在する様々なアイテムは、プレイヤーの通行を阻害する目的で使用するために設計されたものではありません。このため、往来を妨害する目的でアイテムを地面に置くことは推奨されるアイテムの使用方法ではありません。万が一、アイテムによって完全な地域封鎖が形成されていることをゲームマスターが確認した場合には、封鎖状態となっていることによる物理的ハラスメントとして警告を与えることになります。また、最低でもプレイヤーが通行可能な道を(必ずしも、目に見える形をした通り道ではないかも知れませんが)一つ作り封鎖を解除するよう指導されます。こういった行為を繰り返すと、アカウントに対してより重い処分が課せられることとなります。

関連項目:
UO:モンスターを箱や姿を消した生物/プレイヤーを使ってブロックして良いですか?


Q. 派閥拠点内でのアイテムによる封鎖を報告したところ、「派閥戦闘には、ゲームマスターは介入しない」と言われました。どういう意味ですか?

A. ゲームマスターの介入により派閥間の戦闘や勝敗に影響を与えないようにするため、派閥システム導入時に、ゲームマスターは派閥戦闘にはできる限り介入しないというガイドラインを開発チームが設けました。その結果、派閥戦闘に対するゲームマスターの介入ポリシーは、一般的なポリシーとは別に設けられています。派閥間の戦闘にのみ影響がある場合には、ゲームマスターは一般的な対処と異なる対応をとる場合があります。ただし、派閥戦闘に関わる行動であったとしても、非派閥所属のプレイヤーに影響がある場合は、一般的なポリシーの範囲内で処理されることになります。つまり、ゲームマスターはほとんどの場合、派閥拠点内部の封鎖に関しては介入しないということです。

Q. チャンピオンスポーンが進まず、パワースクロールを入手できません。なんとかしてください!

A. パワースクロールを手にいれるためにチャンピオンスポーンに挑戦している場合に、祭壇の骸骨の数が増えない要因には複数の要素があります。

【エリア内にモンスターが沸かない(ロストランド)】
今現在、ロストランドエリアのチャンピオンの祭壇が全てアクティブになっていると、ロストランド内のチャンピオンスポーンでのモンスターの発生が遅くなる問題が確認されています。全てではなくとも、多くの祭壇がアクティブになっている場合も同様です。これは米国エレクトロニック・アーツ社が気付いている問題の一つですが、ゲームマスターによる修正や変更が可能なものではありません。

この問題が開発チームによって解決されるまで、パワースクロールを入手するために取りうる選択肢には次のようなものがあります。

1) ダンジョンエリアにあるチャンピオンスポーンはこの問題の影響を受けないため、ダンジョンエリア内に存在するチャンピオンスポーンに挑戦する。

2) 非アクティブになっている祭壇をアクティブにするのではなく、ロストランドエリアのチャンピオンの祭壇のうちアクティブになっているものを討伐する。

3) 大規模なグループでロストランドエリアのチャンピオンの全てに同時に挑戦する。

4) モンスターの発生が遅い状態でも粘り強く挑戦する(可能性は低いですが、骸骨が増えることもあります)。

なお、パワースクロールの取得とは関係がありませんが、イルシェナーのチャンピオンエリアでモンスターが沸かなくなる現象も確認されています。こちらについては発生原因が特定されていないため、発生条件等の情報がありましたら専用の報告フォームを通じて品質管理部門へのご報告をいただけると幸いです。

関連項目:
UO: バグを見つけたので報告したいです。

【モンスターを倒しているが祭壇の骸骨の数が増えない】
モンスターの数が少なくて戦闘そのものができない状態ではなく、モンスターを倒しているが祭壇の骸骨の数が増えないというご報告をいくつかいただきました。こちらについて調査を行った結果、単純に討伐方法の問題であり、システム的な異常によるものではないことを確認しております。このような状況にある場合は、チャンピオンスポーンの攻略情報はプレイヤーの皆さんによる解明の楽しみを残すために、未だ非公開の状態となっているため、自らチャンピオンスポーンの仕組みを解き明かすか、チャンピオンスポーンの達人と呼ばれるような熟達したプレイヤーにアドバイスを求めてみるといいかも知れません。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 今年も桜の季節になりましたが、昨年のようにお花見会場は用意されますか?

A. ご安心ください! いつも色々とご迷惑をおかけしているブリタニアイベント振興協会も、今年は昨年のようなミスは犯さないようですよ。きちんとFertile Dartも用意し、万全の態勢のようです。 あとは開花を待つばかり! どうぞブリタニアで思い出に残る素晴らしいお花見を!

回答者:Inoia, Towein, Runna(インタレストゲームマスター)

◆プロダクションチームより次のご質問について回答いたします。

Q. Windows Vistaへの対応状況の確認はどうなりましたか?

A. 2D/3DクライアントのWindows Vistaへの対応状況と既知の問題については、eSearchの以下の記事でご案内しています。

UO: Windows Vistaへの対応について。

UO: Windows Vistaの既知の問題について。

なお、「甦りし王国」はWindows Vistaに正式に対応する予定です。

Q. 日本プレイヤーを対象としたベータテストはいつ頃から始まるのでしょうか?

A. ローカライズの進展具合と合わせて、現在米国チームと調整を行っています。来月の今ぐらいの時期には多くの方に参加していただくための準備が整っているかと思いますが、それより前にも何名かの方を募集するかもしれません。公式サイトや「甦りし王国」ティザーサイトでの発表をお待ち下さい。

回答者:Longbow(プロデューサー)

◆PRチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「甦りし王国」の最新情報について、Web以外の媒体で見ることはできますか?

A. 3月14日発売の「オトナファミ2007 SPRING」や、3月27日発売の「ログイン5月号」では「甦りし王国」の最新情報をご覧いただけます。今後も各種メディアに「甦りし王国」の情報が登場する予定ですのでご期待ください。

回答者:PRチーム一同

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 新しいフレキシブル・デスクトップというのはどのようなものなのでしょうか?

A. 新しいフレキシブル・デスクトップでは、スライダーを動かしてUOウィンドウ内(* UOウィンドウのサイズは「解像度」のオプションで設定できます)のゲーム画面のサイズをQuarter(1/4)からFull(1/1)の範囲で調整し、ゲーム画面と黒い部分の割合を設定をすることができます。今回は画面をお見せすることが出来ませんが、きっと気に入っていただけると思います。

Q. そろそろ頭装備の画像を公開してもいいんじゃないでしょうか?

A. では、今回は独断と偏見に基づいて選んだ6つのアイテムのペーパードール画像をお見せいたします。

UOKR_Helms.jpg

デスクトップ上で右クリックをして「プロパティ」の項目を選び、画面のプロパティが開いたら「デスクトップ」のタブを選び、表示位置を「並べて表示」に設定してOKボタンを押して閉じ、上の画像にカーソルを合わせて右クリックをして「背景に設定」の項目を押すなんてことは絶対にしてはいけませんよ。

Q. 3Dクライアントのサポート終了について

A. 本件については非常に沢山のフィードバックをお送りいただき誠にありがとうございます。引き続き米国チームと協議を続けております。多くの皆様からご要望をいただいている、「3Dクライアントのコンテナを2Dクライアントでも利用可能にする」というアイデアにつきましては、残念ながらスケジュール的な問題もあり実現は困難ですが、3Dクライアントのサポート終了から「甦りし王国」の提供期間までをできるだけ短くする方向で検討しております。来週の早い段階で続報をお伝えできるよう調整を進めておりますので、続報をお待ちください。

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

以上お知らせいたします。

フィードバックフォームへ本当に多くのご意見をいただきましてありがとうございます。今後ともフィードバックフォームへの貴重なご意見をお寄せいただけましたら幸いです。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)

新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)

MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

なお、「甦りし王国」ティザーサイトでは、ドラゴンと戦う冒険者たちの姿をダイナミックに描いた壁紙と、黄金のアンクの壁紙が追加されています。是非一度ご覧下さい。

ウルティマ オンライン 日本運営チーム一同 2006年3月

2007年2月28日 第12回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。
UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ハロウィーンイベントの時にNPCから貰うことができたお菓子3種類のうち、 Licorice と Rock Candy が食べられなくなってしまっています!

A. 現在、これらのアイテムは、「まとまった状態から分割すると、分割先のアイテムが食べられなくなってしまう」という問題が確認されております。ご迷惑をお掛けいたしますが、問題が発生したアイテムはそのままの状態で保管し、今後のサーバーパブリッシュでの修正をお待ち下さいますようお願い申し上げます。

Q. 一向に崩壊する気配のないDemolition Pendingの家があります。何故でしょうか?

A. オーナー名が「OSI」になっている家は、Demolition Pending(解体延期)の状態(*)であることを示しており、その家に存在するレンタルベンダー契約の残期間に応じて決定されるベンダー回収のための猶予期間が経過するまで崩壊しません。この期間はDemolition Pending(解体延期)の状態になってから最長で39日間続きますが、この期間を越えても崩壊しない場合がある問題が確認されております。

回収待ち状態のレンタルベンダーの存在をベンダーの契約当事者以外の方が確認できない時期は、正常なDemolition Pending(解体延期)の期間中にも存在いたしますが、レンタルベンダーの存在を確認できなくなってからも長期にわたって崩壊しない家を発見された場合は、その家の側からヘルプリクエストを送信してゲームマスターにご報告ください。ゲームマスターは、上記問題が発生しているかどうかを調査の上、問題が発生している場合には問題の原因を取り除きます。問題の原因が取り除かれた家は、腐敗の過程がループすることがなくなります。

しかしながら、特定のお客様のみに対して家の崩壊時期が予測可能となる情報をお伝えすることで、ゲームマスターが不公正な利益を提供してしまうことがないように、ご報告いただいた家が正常な状態であった場合を含め、どのような場合にも調査結果をお知らせすることはありません。この問題によりご不便をおかけしておりますことをお詫びいたしますと共に、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

* Demolition Pending(解体延期)の状態についての詳しいご説明は、次の関連記事よりご確認いただけます。

UO:「旧制度」「接収」などの家の各状態について教えてください。
UO:この家はいつ腐りますか?現在の腐敗段階はどれくらいですか?

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆カウンセラーコーディネイターより次のご質問について回答いたします。

Q. カウンセラーが身に付けているタスキ(body sash)の色には何か決まりがあるのでしょうか?

A. 月間最優秀カウンセラー(CoM)を受賞したカウンセラーは、その月の月末辺りまでbody sashを装備して活動を行っています。その月にbody sashを装備しているカウンセラーは一人だけです。次の月になれば、body sashは次のCoM受賞者に引き継がれますので、まさに“タスキ”ですね。

body sashの色は、担当者の気まぐれで決められているとか、季節に合わせた色になっているとか、CoMの受賞回数で決められているのではなく、装備するカウンセラーの活動期間の長さに応じて、2000年2月に決められた由緒正しい伝統の色が与えられるようになっています。

なお、UOボランティアチームでは随時カウンセラーの募集を行っています。日本シャードでカウンセラーとして活動したいとお考えの方はこちらをご参照ください。ご応募をお待ちしています。

回答者:Adolescence, Zoer(カウンセラーコーディネイター)

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. イベントはどの位の頻度で行われているのでしょうか?

A. 私たちイベントチームはブラックロックに関係する一連のイベントのほかにも、日本シャード独自のイベントや季節もののイベントを実施しています。ライブで行われる場合と設置物中心で行われる場合がありますが、すべてをあわせれば、毎週ブリタニアの“どこか”で“なにか”が起きているはずですよ。またこれとは別に、イベント専門のボランティアスタッフ(シーア)によるイベントも頻繁に行われています。タウンクライヤーのメッセージやBNNニュースを細かくチェックしていただければ幸いです。

今後は「甦りし王国」に向けて、様々な事件(?)が起きることでしょう。奪われた『真実の本』の行方は? ブラックロック発見装置は正しく稼動するのか? どうぞお楽しみに!

さて、そろそろ桃霞節の季節ですね。今年も禅都の銀行前広場は華やかに飾られる予定です。はい、まもなくです!

回答者:Inoia, Towein, Runna(インタレストゲームマスター)

◆プロダクションチームより次のご質問について回答いたします。

Q. クライアントパッチ 5.0.8.0以降から、日本語環境で Dice and Cup を使った時に結果以外のメッセージが表示されなくなってしまいました。この問題は認識されていますか?

A. この問題は、サイコロを振った時に表示されるメッセージの表示仕様が内部的に変更されたことが原因で発生していました。クライアントパッチ 5.0.8.1で修正されています。

Q. Windows® Vistaへの対応状況はどうなっていますか?

A. 近日中にWindows® Vista日本語版でのUOクライアントの動作確認テストが実施される予定です。詳しい情報につきましては、もうしばらくお待ちください。

回答者:Longbow(プロデューサー), Adula(アシスタントプロデューサー)

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. EAジャパンのスタジオ(開発部門)が閉鎖されるという記事を目にしましたが、日本でのUOの運営に何か影響はあるのでしょうか?

A. UOの開発は米国EA本社のレッドウッドシティのスタジオで行われており、EAジャパン内でもスタジオ部門とオンライン部門は全く別の組織になります。UOの運営には何も影響はありませんので、ご安心ください。

Q. ニューヨークで行われたタウンホールミーティングの内容を見ることはできませんか?

A. 参加者の一人がYouTubeにムービーを投稿してくれています。こちらからどうぞ。

Q. 「甦りし王国」では、これまでより大きな画面解像度を選べるようになりますか?

A. はい。1024 x 768以上の解像度にも対応する予定です。

Q. コンテナに収納されたアイテムの表示形式は現在の形式、リスト形式、グリッド形式の3種類の中から選べるという話でしたが、それぞれの形式にはどのようにして切り替えるのでしょうか?

A. それぞれの表示形式の左上に用意された切り替えボタンを押すことで、ワンタッチで切り替えることができるようになる予定です。

screen_inventory_grid.jpg
(※ グリッド形式 / 画面は開発中のものです)

Q. ニューヨークのタウンホールミーティングで公開されたという、Swamp Dragonの画像を見せてくれませんか?

A. アートチームの協力により、最新のスクリーンショットを入手することができました。

screen_swamp.jpg
(※ タウンホールミーティングで公開されたバージョンから、ボディカラーが変更されています)

Q. 「甦りし王国」のベータテストが4ヵ月後になるという噂がありますが、本当でしょうか?

A. ブラックロックの影響によって、ある日突然「甦りし王国」のソースコードが数ヶ月前のものに書き換えられてしまうようなことがなければ、そこまで遅れることはないでしょう。

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

2007年1月31日 第11回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。 今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ベンダーに盾を装備させると消えることがあるのですが、どういう条件で消滅するのですか?

A. 現在確認作業を行っている問題として、ベンダーもしくはレンタルベンダーの左手に盾やランタンを装備させたあと、「宝珠の守人」以降に導入された両手武器の一部を右手に持たせようとすると、通常は装備できないはずなのに装備されてしまうという事柄があります。そうした場合、ベンダーをカスタマイズしたりアイテムを補充したりしてもすぐに問題が生じるわけではありませんが、定期メンテナンスを経過した時点で、最初に左手に持っていたアイテムが消えることがあります。

ゲームマスターはこのようなケースで消えてしまったアイテムを元にお戻しすることができません。上記の問題が確認され修正が入るまで、ベンダーにアイテムを装備させる際は、左手に盾やランタンなどのアイテムを持たせたまま右手に両手武器を装備させた状態にならないよう、ご注意をお願いいたします。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ライキュームがずいぶんと賑やかなのですが、これはどうしてですか? 何か理由があるのですか?

A. 真実の本が奪われ、ブラックロックの真実が暴かれようとし、エンサイクロペディアを通して真実を語る……どうやら今は八徳の元となっている三大原理の『真実』に焦点が当てられているようです。ウルティマ シリーズには欠かすことのできない、八徳と三大原理。これからのイベントにもどうぞご期待ください!

回答者:Inoia, Towein, Runna(インタレストゲームマスター)

◆マーケティングチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「9周年記念アイテム」の1アイテムコードの販売が遅れた理由を教えていただけますか?

A. これは単純に1アイテムコードの仕様が日本独自のリクエストであったため、一度ミニパブリッシュを必要としたためです。時折アメリカと日本では独自のプロモーション展開のためにこういったことが起こりますが、アメリカのUOチームは非常に協力的で今回もわずかな遅れが生じたのみでした。

回答者:Sowl (プロダクトマネージャー)

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

今回のコミュニティチームからのコメントでは、アトランタのタウンホールミーティングで明らかにされた「甦りし王国」についての情報を中心にお答えしていきます。

※「甦りし王国」「ステイジアン アビイス」は開発途中のため、こちらでご紹介した内容が正式リリース時までに変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

Q. 「甦りし王国」、「ステイジアン アビイス」はいつ頃のリリースを予定していますか?

A. 「甦りし王国」は春頃、「ステイジアン アビイス」は夏頃のリリースを予定しています。正式な発売日が決まり次第、公式サイト(http://ultimaonline.jp/)でお知らせいたします。

Q. 「甦りし王国」の無料体験版はどのような形で提供される予定でしょうか?

A. この質問に対しては、プロダクトマネージャーのSowlが回答してくれました:

『製品概要のリリースで少し触れましたが、「甦りし王国」はオンラインでのダウンロードをメインに考えています。主にオンラインゲームに特化したメディアを中心に、誰でも手軽に最新のグラフィックスを試せるような幅広い展開を予定しています。また、オンラインのみならずネットカフェや雑誌を通しても多くの方に遊んでもらえるようなプランを練っています。』

Q. これまでの2Dクライアントや3Dクライアントでプレイを続けることはできますか?

A. はい。「甦りし王国」が導入された後も、当分の間は現在のクライアントを使用できる予定です(※具体的な期間についてはまだ決まっていません)。ただし、「ステイジアン アビイス」で追加されるコンテンツは「甦りし王国」のクライアントを通じてのみプレイ可能になります。

Q. 公開されたPCスペック(CPU 1 GHz, メモリ 512MB, グラフィック GeForce 3程度)より低いスペックでは動作しないのでしょうか?

A. 現在公開されている必要PCスペックは、「甦りし王国」を開発するにあたって、各種機能を実装する際の最低動作環境の基準として定められたものです。開発チームはより低いスペックでも動作するよう開発を続けており、最終的にこの条件は変更される可能性があります。

Q. グラフィックが一新されるという話ですが、ペーパードールのグラフィックも変更されるのでしょうか?

A. はい、ペーパードールを含めた全てのグラフィックが一新され、これまでのUOの雰囲気を維持しつつ、解像度とビット深度を高めた魅力的な2Dグラフィックへと進化します。以下にこれまでに公開されたスクリーンショットをまとめてみました。

news070131-etc-1.png

news070131-etc-2.png

news070131-etc-3.png

news070131-etc-4.png

news070131-etc-5.png

news070131-etc-6.png

news070131-etc-7.png

新しいペーパードールのスクリーンショットもお見せしたかったのですが、開発チームによればアトランタのタウンホールミーティングで公開された画像に現在大きな改良が加えられている最中とのことですので、今回はお見せすることができません(※皆さんが懸念されている「あの」ポーズについても議論が行われているようです)。女性キャラクターのペーパードール画像を期待されている方も多いかと思いますが、そちらについても今後の発表にご期待ください。

Q. 現在の3Dクライアントのように、画面のズームイン・ズームアウトはできますか?

A. 可能です。ただし、ズームアウトに関しては対人戦などのバランスにも影響しますので、一定の範囲内に制限されるかもしれません。

Q. アースエレメンタルが大きくなったという話を聞きました! どれくらい大きいのでしょうか?

A. 「甦りし王国」では全てのクリーチャーのデザインが見直されましたが、その際に最も重視したのはオリジナルデザインを忠実に再現することでした。このアースエレメンタルも、オリジナルのデザインドキュメントを元に、現在の技術を用いて当初のデザインをより忠実に再現しています。

news070131-etc-8.png

Q. ラマは!? ラマはどうなりましたか!?

A. では、この辺で癒される画像を一つ。

news070131-etc-9.jpg

Q. 部族マスク! 鹿マスク! 熊マスク! オークマスク! バシネ……。

A. 残念ながら今回は皆さんにお見せできる画像を入手することができませんでした。今後の発表にご期待ください。

ユーザーインターフェース(UI)の変更について:

Q. 「甦りし王国」を導入すると、全てのインターフェースが新しくデザインされたものに切り替わるのでしょうか?

A. 基本的には全て新しいインターフェースに切り替わります。とはいえ、現在のインターフェースを愛している方も沢山おられますので、出来るだけこれまでと同じようなインターフェースもオプションで切り替えられるようにする方向で開発が進められています。また、将来的には(一定の範囲内で)皆さんがデザインしたインターフェースを自由に使用できるような「スキン機能」を追加する案があります。

Q. ホットキーが追加されるという話ですが、マクロはこれまで通り使用することができるのでしょうか?

A. はい。スキルや魔法、アイテムを画面下部の専用スペースにドラッグ&ドロップで登録して1キーで使用することができる「ホットキー」に加えて、これまで通り各キーにマクロを設定することができます。その他にも、「ARMOR」「CLOTHING」ボタンが追加され、戦闘用の装備と街・自宅用の衣服を一瞬で切り替えることができるようになる予定です。

Q. コンテナに収納されたアイテムの表示形式が現在の形式からリスト形式になるという話ですが、本当でしょうか?

A. コンテナに収納されたアイテムの表示形式は現在のクライアントで採用されているクラシック形式(バックパック形式)に加えて、リスト形式(アイテム画像-アイテム名-数量)、グリッド形式(一つのマス目に一つのアイテムの画像が表示される形式)の3種類から選べるようにする方向で検討しています。

news070131-etc-10.jpg
(※リスト形式 / 画面は開発初期のバージョンです)

クラシック形式のアイテム表示形式がこれまでのUOを特徴づけるインターフェースの一つであり、それに伴うバックパックアートなどのUO独自の文化があることは私たちも十分理解しています。しかしながら、アイテム数の増加と、それに伴う整理の困難さ(皆さんも指輪やブレスレットを販売しているベンダーで、一つ一つアイテムプロパティを確認している時に苦痛を感じたことはありませんか?)といった問題を解消するためにはクラシック形式だけではどうしても限界があったため、多くの議論の末、今回のインターフェースの改良に合わせて新しい表示形式が導入されることになりました。

Q. ダブルクリックや1ボタンで死体の中の全てのアイテムをルートできる機能が追加されるという話がありますが、本当でしょうか?

A. そうした機能を追加しようという計画が無いわけではありませんが、まだまだ検討が必要な部分が沢山あります。内容が具体的になってきた時に改めてお知らせいたします。

Q. ゲーム内チャット機能の改善予定はありますか?

A. 勿論です。ジャーナルログの表示方法の変更などと合わせて、チャットシステムをより簡単に利用できるようにする計画があります。ただし、今まで通りキャラクターの頭の上に発言が表示されるシステムは引き続き採用されます。

また、ホットキーなどの1キーマクロをストレスなく利用できるようにするため、Enterキーを押すことで発言モードに切り替わるように変更されます。ただし、キーを押せばそのまま発言欄に入力される現在のシステムにもオプションで切り替えることができるようになる予定です。

その他:

Q. UO Assistが動作しなくなるという噂がありますが、本当ですか?

A. これまでにもクライアントパッチが適用された時にUO Assistが動作しなくなったことがあったかと思いますが、基本的にはそれと同じことが起こります。つまり、(UO Assistを開発している)Tugsoft側がUO Assistを「甦りし王国」のクライアントに対応させる必要があります。

また、「甦りし王国」では設計段階からUO Assistの持つ機能を出来るだけ取り込む方向で考えられていますので、UO Assistが使用できなくても快適なプレイをお楽しみいただけるようになる予定です。

※ UO Assistは承認を得たサードパーティープログラムです。ただし、弊社はサードパーティープログラムをサポートしておりません。UO Assistに関してのご質問は、直接Tugsoftにご連絡ください。

Q. 「甦りし王国」では対人戦などの戦闘システムに変更はあるのでしょうか?

A. 「甦りし王国」ではグラフィックとユーザーインターフェースの改善が主となるため、大きな変更はありません。戦闘システムの改善やバランス調整は「甦りし王国」後の独立したパブリッシュで扱われる予定です。

Q. 「甦りし王国」に関するフィードバックはどこに送ればよいでしょうか?

A. 「甦りし王国」についてのフィードバックは、フィードバックフォームの「甦りし王国」のカテゴリからお送りください。皆さんからいただいたフィードバックは、私の方から日報の形で毎日開発チームに報告いたします。また、いただいたご質問に関しては、できるだけFAQの形で定期的にお答えしていきたいと考えています。

次回以降のFAQでは、ガーゴイルやステイジアン アビイスのダンジョンについてもお答えしていく予定です! ご期待ください。

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

2006年12月28日 第10回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。 UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. eSearchのFAQに「ゲームマスターはあなたが安全に死体の荷物を回収するお手伝いはいたしません。」とありますが、ピアレスボスエリアで死亡したプレイヤーの死体をGMコールで外に排出(=回収可能)してもらったという話を聞きました。ボスエリアでの死亡によって回収不可能な状態に陥る事はシステムにおいて仕様ではないのでしょうか?

A. eSearchの記事中に書かれております通り、危険な場所で死亡してしまったために死体からのアイテム回収が困難だという理由では、ゲームマスター(GM)がプレイヤーのお手伝いをすることはありません。ただし、プレイヤーの死体が技術的、システム的にいかなる手段を用いても回収不可能な場合には、少なくとも技術的に回収可能な状態にGMがサポートすることは、宝珠の守人導入以前より行って参りました。

パブリッシュ38で、「ピアレスボスを倒した後にプレイヤーが排出された場合、プレイヤーの死体はピアレスボスダンジョンから外に移動させられます。」という機能が追加されました。ここで明記されている通り、このシステムが機能するためには「ピアレスボスを倒す」必要があります。ピアレスボスに挑んで全滅した場合などには死体は排除されることはありませんが、その場合でも死体を取り戻したいというご要望が寄せられたため、米国のサポートチームと、上述のサポートポリシーを元に調整を行いました。その結果、現時点では、死体がピアレスボスエリアから排出されなかった場合には、ヘルプリクエストをお送りいただければ、GMが死体を移動することで対応を行っております。

ただし、このサポートを受けるにあたっては、以下の注意点がございます。

1) 街やあなたの家などへ死体を移動することはできません。
ピアレスボスエリアが存在するダンジョン内、または、最低でもそのダンジョンの入り口付近でお待ちいただく必要があります。

2) 死体の腐敗を止めることはできません。
ヘルプリクエストをお送りいただいても、全体のリクエストの状況により、ゲームマスターが死体が消滅する前に移動を行うことができない、または移動できてもすぐに死体が消滅してしまう可能性がございます。

3) サポート時間外、制限サポート時間内ではこの対応を行うことはできません。
死体の場所や数などの現場の状況をヘルプリクエストに正確にご記入いただくことで、素早い初期調査が可能となりますのでご協力ください。 また、保険システムを活用し、なくなっても大丈夫なアイテムだけを持ってピアレスボスエリアに入るなどして死体の回収の必要性を下げることで、上記のサポートを受けなくてもいい状態にすることは可能です。

(サポートポリシーは随時変更されております。ここに書かれた対応内容が変更されることがありますことをご了承下さい。)

※ コミュニティチームより: ピアレスボスエリアで死亡した時に、ピアレスボスを倒していない場合にも死体がエリア外に排出されることをゲームデザインとして採用して欲しいというご要望があることについては開発チームも認識しております。しかしながら、現時点では変更予定日時などは未定となっております。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 例年この時期に雪が降るのは日本シャードの特色だと思っていましたが、今年は全シャード規模での大雪になりました。一体何が起きたのでしょうか?

A. 日本イベントチームと米国イベントチームとの連携により、局地的、それもトランメルだけの降雪が多かった今までとは違い、多くの皆さんに純白に彩られたブリタニアをお楽しみいただけることになりました! 真っ白な雪を真っ赤に染めるべく、フェルッカの皆さんもこの素晴らしいシーズンイベントを心ゆくまでお楽しみください!

Q. 年末年始にイベントは予定されていますか?

A. おや、「年越しをブリタニアで過ごすのなんてありえない」などともったいない事をおっしゃらないで下さいね?

回答者:Inoia, Towein, Runna(インタレストゲームマスター)

◆マーケティングチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「9th Anniversary Collection」に付随する特典アイテム・特典プログラムのUOパワーアップ有料拡張サービスでの販売はいつ頃から始まるのでしょうか?

A. 大変お待たせしております。これらの特典アイテムに関しましては、アイテムプラスの「9周年記念アイテムコード」、そして「ハウジングパーツ[クリスタル]と[シャドウ]コード」の2製品として1月中旬からEAストアより販売させていただく予定です。どうぞお楽しみに。

回答者:Sowl(プロダクトマネージャー)

◆プロダクションチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 「甦りし王国」のβテストは予定されていますか? また、βテストには日本のプレイヤーも参加できるのでしょうか?

A. 現在も着々と開発が進められている「甦りし王国」ですが、完成が近づく頃にはβテストを行う予定です。新しくなったグラフィックやインターフェースをいち早く体感していただくため、日本のプレイヤーの皆様からもテスターを募集するべく調整中です!日程などの詳しい内容は、後日の発表をお待ちください。

回答者:Adula (アシスタントプロデューサー)

◆ウェブチームより次のご質問について回答いたします。

Q. MyUOに新しい機能が追加されましたが、今後もこのようなアップデートを行う予定はありますか?

A. はい、プレイヤーの皆様がもっと楽しんでお使いいただけるような機能の導入を予定しております。詳しい時期はまだ決まっておりませんが、来年春に向けて準備を進めております。また、機能やパフォーマンスの改善も行います。12月25日のアップデートでも若干の改善をすることはできましたが、まだ気持ちよく使っていただける段階にはなっていないと認識しております。他にも皆様からいただいたフィードバックをもとに改善している部分もあります。今後もお気づきの点などありましたらご意見・要望などお送りください。

回答者:Co(ウェブマネージャー)

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ユーの真実の法廷で行われていたリカルド裁判の上演が止まっているようですが、どうなっているのでしょうか?

A. 劇団員の多くがこの冬流行の風邪で倒れてしまったため、現在は上演が中止されています。ホリデーシーズンが終わり、Draconiという名の医者が戻ってきて劇団員の体調が回復すれば、また再開されることでしょう。

Q. 9周年記念アイテムに、Cherry Blossom Tree(桜の木)、Apple Tree(リンゴの木)、Peach Tree(桃の木)がありますが、 家の2階より上の階に設置すると、下の階に木の残影のようなものが映ります。 これは修正できないものでしょうか?

A. この問題については皆様から多数のお問い合わせをいただいたため、早期の修正が可能かどうか開発チームによる調査が行われました。その結果、(森に生えている木を含む)木タイプのオブジェクトのほとんどが本質的に同様の問題を抱えており、木のグラフィックそのものの修正か、ブリタニア成立以来ほとんど触れられていないプログラムを調査・変更する必要があることが分かりました。こうした事情から、現時点では他のより深刻な問題への対処を優先し、この問題の修正は見送られています。 引き続きご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

以上お知らせいたします。
フィードバックフォームへ本当に多くのご意見をいただきましてありがとうございます。今後ともフィードバックフォームへの貴重なご意見をお寄せいただけましたら幸いです。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)
新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)
MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

ウルティマ オンライン 日本運営チーム一同 2006年12月

2006年11月30日 第9回フィードバックフォームに対する感謝と回答

日頃は『ウルティマ オンライン』をご愛顧いただきましてありがとうございます。
UO日本運営チームからのお知らせです。

今月もフィードバックフォームよりお送りいただいたご意見の中から、私たちUO日本運営チームが回答差しあげられるものに関して次の通りお知らせいたします。

◆日本シャードサポートチームより次のご質問について回答いたします。

Q. 死んだときに肉体が爆発しました。持っていたアイテムはどうなってしまったのでしょうか?

A. 肉体がアイテムの保持に耐えられない場合、死亡時に立っていた地面の上に持っていたバックパックが落下するので、そこから回収することができます。ただし、ハロワー(Harrower)に殺された場合には、爆発時に発生する強烈な爆風でバックパックも吹き飛ばされてしまいます。

回答者:日本シャードサポートチーム一同

◆イベントチームより次のご質問について回答いたします。

Q. BNNステーション9周年特別版ではモーリスさんの出番が少なくて残念でした! 次回の放送ではもっとモーリスさんに出番を与えてあげてください。

A. おかげさまでBNNステーション9周年特別版は、沢山の皆様に楽しんでいただけたようです。ありがとうございました。「モーリスにもっと出番を!」というご意見も多数いただきました。そのことを本人に伝えたところ、かなり気をよくしたようで、「やはり私が必要なようですね」などと申しておりました。今後は『ブリタニア☆ウォッチ』などBNN関係の記事はもちろん、イベントレポーターとしても大活躍…… *コホン* えー、たぶん出番が増えることになると思いますので、どうぞご期待ください!

Q. 次回のブリテイン市長選挙では一般プレイヤーも市長候補として立候補できるようになりませんか? 私も市長になりたいです!

A. ブリテインの市政について熱心に考えてくださる方がいることを、インタレストチームとしてとてもうれしく感じます。しかし現在のところ、残念ながら冒険者の立候補は認められていないとのことです。ご希望に沿うことができず申し訳ありません。ですが一人の有権者として、自分の考え方にもっとも近い候補者を応援したり要望を伝えてみてはいかがでしょう? 執務室に置かれた「ご意見帳」に書き込んだり、直接口頭で伝えるなどしてみてください。それぞれの市長や候補者に“響く言葉”があるはずですよ。

回答者:Inoia, Towein, Runna(インタレストゲームマスター)

◆ウェブチームより次のご質問について回答いたします。

Q. MyUO の「キャラクター検索」の結果がいつまで経っても表示されません。こうした状況が改善される予定はありますか?

A. 多くのプレイヤーの皆様より同様のご報告をいただいており、システムの改善に取り組んでおります。昨今のウェブサイトの中でも顕著にレスポンスの悪さが目立っており、お使いになられる方も大変な不便さを感じられている所と認識しております。2006年12月中の改善実施を目指してシステムの改良を行っておりますので、もうしばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

Q. MyUO メールの文字数制限が厳しすぎます。もう少し制限を緩めてもらえませんか?

A. こちらに関しても多くのプレイヤーの皆様より同様のご報告をいただいております。このMyUO メールの文字数制限は、2006年12月中を目標に解除することを予定しております。

この制限は、ハラスメントなどで苦しむ方を極力生み出さないようにするために導入された仕組みでした。しかし、MyUO 拡張を行った2006年4月より半年経過した今、実際に無差別にハラスメントをするようなプレイヤーの報告は一切なく、運営チームとして心配がいき過ぎたところがあったことを認識しております。プレイヤーの皆様の交流を援助するために拡張したMyUO の機能の中で、この文字数制限は不要と考え解除するようシステムの調整を行っております。

また、現在のMyUO にはプレイヤーの皆様が情報を発信する部分が少なく、それぞれの個性を十分に発揮する環境作りができておりません。しかし、2006年12月予定のシステム改良を手始めに、2007年春にむけて、プレイヤーの皆様にとって見るのも使うのも楽しくなるような工夫を導入する予定でおりますので、何かお気づきの点などありましたらフィードバックをお寄せいただきたく存じます。

Q. BNNの過去の記事の並び順がバラバラです。整理してもらえませんか?

A. ご報告に基づき調査いたしました所、2001年4月26日以前に投稿された記事が全て同じ日付に統一され、時系列に沿った並び順になっていないことが確認されました。現在、過去の資料をもとに記事の整理とサルページを行っております。この作業は12月中に完了する予定となっておりますので、閲覧者の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、もうしばらくの間お待ちくださいますようお願いいたします。ご報告ありがとうございました。

回答者:Co(ウェブマネージャー)

◆コミュニティチームより次のご質問について回答いたします。

Q. ブラックロックを使った実験を繰り返していたら、時々どこからともなく声が聞こえるようになりました。私のキャラクターはおかしくなってしまったのでしょうか?

A. ブラックロックの特性については依然として多くの謎に包まれていますが、一部の研究者の間ではエセリアル虚空間との関連性が噂されています。もしかすると、実験によってあなたの周りに生まれた時空の歪みや裂け目から、別の世界の誰かが語りかけて来ているのかもしれません。

今後、「甦りし王国」の導入へと繋がるライブイベントが進むにつれ、この声の謎も明らかになっていくことでしょう。

Q. Mugenシャードで7周年記念ギフトのトークンを使用してアイテムを受け取った所、ブレス属性が付与されていませんでした。記念アイテムにもブレス属性が付与されないよう変更されたのでしょうか?

A. 現在、MugenやSiege Perilousといったハードコアルールシャードでは、プロモーショナルトークンを使用して装備品を入手した際に、ブレス属性は付与されておりません。既存の7周年記念アイテムの一部にブレス属性が残っている状況と合わせて、開発チーム内ではハードコアルールシャードでのブレス属性アイテムのあり方について再度議論しております。今後の発表をお待ちください。

回答者:Wasia(コミュニティコーディネイター)

以上お知らせいたします。
フィードバックフォームへ本当に多くのご意見をいただきましてありがとうございます。今後ともフィードバックフォームへの貴重なご意見をお寄せいただけましたら幸いです。

フィードバックフォーム 
(ゲームシステムやローカライズ、日本での運営やイベントに関してはこちら)
新公式サイト フィードバックフォーム 
(公式サイト全般に関してはこちら)
MyUO フィードバックフォーム
(MyUO関連はこちら)

ウルティマ オンライン 日本運営チーム一同 2006年11月

投稿者 Siel Dragon : 2007年06月29日 22:34