2007年04月07日
謎めいた風変わりな老婆(9)

老婆イヌとブラックロックに関する物語の情報です。

関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(1)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(2)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(3)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(4)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(5)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(6)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(7)
関連記事: 謎めいた風変わりな老婆(8)

2007年04月07日
BNN: 照らされた真実の光
真実の本公開される

2007年4月7日 真実の本公開される

遂に真実の本が一般公開される日がやってきた!

発見されたという真実の本を拝するために早速ライキュームへと向かうのだったが、どこに安置されてるのか判らん!まだ安置されてないのかといろんな破片世界をうろうろする私だったが、実は目と鼻の先にあるというのに思いっきり無視してたことに一周して気づいた。

思いっきりライキューム様式に馴染んだ大型テレポータが追加設置されてたんだ!

news070407-ymt-1.png

いざ、このテレポータを踏むと、恐らくライキュームの地下書架なのだろう場所へと転送された。ライキュームの地下書架って以前にも出てきたはずだが、複数の地下書架を持ってるあたりがブリタニア最大規模の研究施設ということか。

news070407-wkk-1.png

しかも、今回発見された地下書架は驚くほど広い。
news070407-wkk-2.png

研究員たちの個室と思われる寝室も多数完備。でも、どことなくユーの監獄を思い出させる殺風景さだ。案外、ライキュームは秘密刑務所の役目も担っていたのかもしれない。優秀な人材を強制労働させてるに違いないよ!

news070407-wkk-3.png

だが、扉は更に奥まで続いているようなのだが、向こう側は闇に包まれてるし扉を開くこともできない。一体どこへと繋がってるんだろうか。

news070407-wkk-4.png

本題の真実の本は地下へ地下書架にある陳列ケースに安置されていた。

news070407-wkk-5.png

そこには破片世界ごとに発見者の名が刻まれている。

歴史と世界に名を残す偉業と言えるだろうね。
news070407-etc-1.png

2007年4月7日 BNN: 照らされた真実の光

市民から寄せられた書の中から遂に真実の本が発見された模様です。

魔法使い、学者、そして書写師らが待ち望んだ真実の本が、ついに発見された。各シャードにおける発見者の名誉を称えるために、その名がライキュームに刻まれた。

言葉では言い表せないほどの喜びが、今日ライキュームに訪れた。魔法使い、学者、そして書写師らが待ち望んだ真実の本が、ついに発見されたのだ。

高潔な冒険者たちによって届けられた幾千にものぼる本が念入りに調べられ、今朝早く、すべての検査や審査を通り抜けた1冊の本が確認されたと発表された!

ライキューム、そしてブリタニアのもっとも汚らわしいダンジョンの深みへと赴き、真実に光をもたらし、我らが手に取り戻すために勇敢に立ち向かったすべての冒険者に感謝する。本物の真実の本を発見した冒険者の名誉を称えるために、その名がライキュームに刻まれた。

真実の本は、現在ライキュームの地下室にて厳重に保管されている。中庭のテレポーターを使って入室可能だ。なお、各シャードにおける真実の本の発見者は以下のとおりである。

Chesapeake: Uxmal
Atlantic: Lady Andrasta
Catskills: Lord Vallend
Siege Perilous: Yasuo Wakayama
Legends: Aleah
Great Lakes: Ayla
Lake Superior: Esmeralda
Lake Austin: Jasmine
Baja: Lord Maximus Bond
Napa Valley: Jayden
Sonoma: Lord Tanthalius
Pacific: Savara Darkstorm
Origin: Mother St Terese
Oceania: Lord Quintarias
Formosa: White
Arirang: Lord Boo
Balhae: Lord Cpuenter
Europa: Lady Mallory Rayne
Drachenfels: Lord Thenon Tomeshk
Yamato: Lady Cougar
Izumo: Haoumaru
Wakoku: Samia
Hokuto: White Wind
Asuka: Concerto
Mizuho: Lady Vanilla
Mugen: Kinme
Sakura: Lady Cindy

投稿者 Siel Dragon : 2007年04月07日 17:24
コメント

お世話になります。とても良い記事ですね。

Posted by: マークジェイコブス 通販 : 2013年04月17日 00:43
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?