1998年12月23日
フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者捕らわる

フォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者捕らわる(The Capture of the FoA Leader)とは、1998年12月23日にタウンクライヤーへ掲載された物語。



Genn Wintord
バッカニアーズ・デンからの緊急要請に応じ、ホルストン・モンティル(Halston Montil)は屈強な戦士と熟練した魔術師を招集した。島へ向けて出立するホルストンの瞳の輝きには気づかざるを得なかった。不安に満ちた静けさの漂う一週間を終え、ホルストンは明らかに精力的であった。そのロイヤルガードは、海賊の街で敵を見かければ誰であろうと襲い掛かりかねないように見えた。

島へ到着するなり、ホルストンとその仲間らは各所でオークや魔術師、エレメンタルを確認し、激戦となった。ホルストンは街の行く先々で戦い、the Thieves' Den へと辿り着いた。奥の部屋において、ホルストンはトロール(Trool)と名乗る男が机の影に隠れ、身を竦ませているところを見つけた。トロールはフォロワーズ・オブ・アーマゲドンの構成員であると主張した。ホルストンはトロールに対して幾つか素っ気なく質問し、バッカニアーズ・デンを襲う軍勢はフォロワーズ・オブ・アーマゲドンが使役するために集めたものだと気づいた。七日前に遡る指導者の失策によって軍勢は制御を逸し苛立っていたのだ。指導者は事態を沈静化させようとはせず、軍勢は至るところで荒れ狂った。ホルストンはしばし考えたのち、指導者とはどこに行けば会えるのか訊ねた。トロールは知らなかったが、ミノックでの接触方法について覚えがあった。オンジャン(Onjann)なる魔術師であった。

ホルストンは魔術師を探し求めてミノックへ向かい、同行する者らは一様に興奮を隠せぬようだった。おそらくはフォロワーズ・オブ・アーマゲドンの悪名高き指導者を見つけ出す好機であったからだろう。一行は酒場"the Barnacle"においてオンジャンを発見した。当初は協力を拒む態度を示していたオンジャンだったが、トロールの名を出すと声色を変えた。オンジャンは債務免除と引き替えに協力すると認めた。オンジャンはフォロワーズ・オブ・アーマゲドンに対して多額の負債を抱えていたのだが、隠れ処を教えることを条件にその負債をなかったことにする約束を取り付けたのだ。オンジャンはユーにいるジプシーのマーサ(Marhta)と話すようにと言った。

ユーの粉挽工場の裏手においてホルストンはマーサを見つけた。オンジャンの名を出すと、マーサは助力を申し出てきたが、ほとんど語らなかった。マーサはホルストンと直接会話を交わしたが、やはり助力になることはなかった。怒りを露わにし、ユー近郊に位置するダンジョン、ダンジョンシェイムへと歩み去ったのだと、マーサは言った。

シェイムにおける徹底した捜索の末、ホルストンは遂に指導者を見つけ出した。しかし、その指導者は劇的な場面の渦中にいた。トロルのサンク(GThunk)が脅し迫っていたのだ。数週間前に誘拐された被害者、ジュリアとマライアはそのそばに立ち、震えていた。卑劣な指導者は、サンクと自らの間にその人質らを立たせ、臆病なことに盾としていた。ホルストン一行に気づき、彼らが善良な集団であると見るや指導者は助けを求めてきた。サンクは深い唸り声をあげ、ホルストンへ下がるように警告を発した。サンクは自らがこの指導者の相手をするのだと主張し、自らの兄スプラット(G'Splat)の死についてフォロワーズ・オブ・アーマゲドンを糾弾した。

ホルストンはフォロワーズ・オブ・アーマゲドン指導者に向き直ると、身柄の確保に応じるのであれば助勢する旨を伝えた。指導者はしばし迷い咳払いをしつつ呻いたが、選択の余地はなく同意した。ホルストンはサンクに対して、ここは退き囚人の連行を妨げぬよう願い出た。サンクは唸り、怒りを露わにしたように見えた。サンクは自らがフォロワーズ・オブ・アーマゲドンに引導を渡すのだと叫ぶと、その指導者へ飛びかかり、死に至らしめるに足る強力な一撃を見舞おうとした。

そのとき、驚愕すべきことが起きた。ジュリアはサンクの前に割り込むと、止まるように求めたのだ。ジュリアは既にフォロワーズ・オブ・アーマゲドンの指導者は降伏をしたのだと訴えた。サンクはジュリアの言葉に耳をかすことなく、なおも指導者へと向かった。それでもジュリアはその歩みを遮り、怒りの矢面に立つこととなった。ジュリアは鈍い音ともに倒れ伏したのだ。ホルストンはサンクへ飛びかかり、素早く剣を引き抜いた。ホルストンから指導者の監視を指示された数人を除き、同行者らもホルストンに続いた。強靱なるトロルとの戦闘は苛烈を極め、狭い空間での戦いにおいてはこの強大な獣が優勢であるかに見えた。ホルストンに随伴した大規模な戦士、魔術師、治療師の力なくしてこのトロルを打ち破ることはできなかったに違いない。ようやくサンクが地に倒れ、ホルストンは深い息を吐くと協力してくれた人々に感謝の意を示した。ホルストンは額の汗を拭い、指導者を睨みつけるとジュリアの傍らに膝をついた。自らを誘拐し言い知れぬ恐怖に晒した相手に対してすら示したジュリアの献身的な行動は人々を感動させるに充分なものであった。ホルストンはジュリアを腕に抱くと、ユーへ転移する呪文を素早く詠唱した。ホルストンは、捕縛した指導者を引き連れ、目の前に創出されたムーンゲートへと歩み入っていった。

フォロワーズ・オブ・アーマゲドンの指導者は、ユーの刑務所へ収監された。そしてジュリアは法廷内のベッドに安静に寝かされた。ジュリアが意識を取り戻すことは決してないだろうと言われていた。ホルストンはジュリアの傍らに跪き、自らの生涯で彼女と出会う機会を与えてくれた徳の導きに感謝した。ホルストンの頬を止めどなく流れ落ちる涙が、彼の喪失感を如実に表していた。

The Capture of the FoA Leader

Genn Wintord
December 22, 1998

Responding to an urgent plea for help from, of all places, Buccaneer's Den, Halston Montil gathered some stalwart warriors and skilled mages to his side. Leaving for the island, one could not help but notice the gleam in his eye. Obviously anxious for some action after a week of uneasy quiet, the Royal Guardsman looked eager to fall upon whatever foe he found at the pirate town.

Arriving at the island town, Halston and his companions found orcs, mages, and elementals everywhere. A fierce battle ensued. Fighting his way across the town, Halston came to the Thieves' Den. In the back room he found a man named Trool cowering behind the desk. Trool claimed to be a member of the Followers of Armageddon. Halston asked him a few curt questions and discovered that the reason for the hordes in Buccaneer's Den was that they were lackeys for the FOA. They had grown restless and jumpy since the Leader after the failure seven days ago. The Leader had not been in touch with them. One thing led to another and then they were cavorting all over the place. Haslton considered a moment then asked where the Leader could be found. Trool swore he didn't know, but that he had heard about a contact in Minoc. A mage named Onjann.

Traveling to Minoc in search of the mage, Halston those who accompanied him spoke excitedly. A chance to perhaps find the infamous Leader of the FOA. They found Onjann in the tavern, the Barnacle. At first uncooperative, Onjann changed his tone when Trool's name was mentioned. He admitted to helping the Leader in exchange for a debt being erased. He owed the FOA a large sum of gold, but had been promised the erasing of that debt for his assistance in getting the Leader to a hiding place. Onjann said he sent the Leader to speak with Marhta, a gypsy in Yew.

In Yew, behind the mill as promised, Halston found Marhta. Marhta was eager to help after they mentioned Onjann's name, but had little to say. She had indeed spoken with the Leader, but had been unable to help him. She said that he had gotten angry and had stomped off mumbling something about the dungeon near there. The dungeon Shame.

Searching desperately in Shame, Haslton eventually found the Leader. But he was in the midst of an interesting tableau. GThunk the troll was threatening him. Julia and Mariah, the kidnapping victims of a few weeks ago stood near by trembling. The Leader was cowardly using them as a human shield between himself and the troll. Seeing Halston and his followers and knowing him to be a virtuous man, the Leader called out to him for help. GThunk growled deeply and warned Halston to back off. The troll made it clear that he wanted to take care of the Leader himself. He blamed the FOA for the death of his brother, G'Splat.

Halston turned to the FOA Leader and told him that he would help, but only if he surrendered to his custody. The Leader stalled a bit, hemming and hawing, but realized he had little choice and agreed. Halston then asked the troll to step down and let him take his prisoner. GThunk roared and became outraged. He yelled that he would be the one to finish the FOA. The troll rushed at the FOA Leader, intending to strike him dead in one powerful blow.

Surprisingly, Julia stepped in front of the troll and asked him to stop. She told him that the FOA Leader had surrendered. The troll ignored her and continued toward the Leader. Stepping into his path, Julia caught the full brunt of his anger and his wrath. Struck down, she fell with a hollow thud. Halston leapt at the troll, drawing his sword in one quick motion. His folowers did the same except for a few who had been asked by Halston to watch the Leader. The battle with the powerful troll was fierce, and in the confined space, the large beast seemed to have the upper hand. If not for the large number of warriors, mages, and healers who had accompanied Halton, the troll would not likely have been defeated. When the troll finally fell, Halston let out a slow breath and thanked those who helped him. Wiping the seat from his brow, he turned to the Leader, scowled, and then knelt by Julia. Touched by her act of sacrifice for someone who had kidnapped and submitted her to as yet unknown horrors, Halton took her into his arms and quickly asked for a spell to transport them to Yew. With the Leader in tow, Halston stepped into the moongate that was conjured.

The FOS Leader was deposited in the Yew Prison. And Julia was laid gently in a bed in the court. Knowing that she would likely never regain consciousness, Halston knelt beside her and thanked the virtues that people like Julia were a part of his realm. The tears sliding across his cheek bespoke the emotion he felt at the loss of one such.

投稿者 Siel Dragon : 1998年12月23日 22:38