2009年07月09日
gargoyle race(ガーゴイル族)

ガーゴイル(gargoyle)とは,ブリタニア,イルシェナー及びテルマーにおいて生息する種族。ブリタニアにおいては長年悪魔に類する種族と考えが根強く存在しているが,誤った認識に過ぎない。ガーゴイルは極めて知性豊かで文明的な種族である。しかし,ガーゴイルは人間と異なる価値観を有するがため,博愛や慈悲を美徳とはしない。ガーゴイルの価値観は極めて神秘的で人間とは明らかに異なる道である。したがって,人類との接触,共存を図ることは重大な悲劇を引き起こすこととなるだろう。

ガーゴイルは,1997年9月のサービス開始当初から下級モンスターに類する生物として登場した。飛翔可能な有翼種だが知性は低く凶暴な性質であり,森林地帯において,単独で行動することが多い。また,魔法を扱うことから解毒手段などを持たぬ駆け出しの冒険者にとっては充分な脅威と言えた。

1998年10月に販売開始されたウルティマ オンライン初の拡張版ザ・セカンドエイジにおいて,ストーン・ガーゴイル(Stone Gargoyle)の存在が確認された。知性は低く凶暴な性質である。前述のガーゴイルと比較し強靭な肉体を備えていたが,魔法を扱うことができない点が対照的である。

1999年9月7日に販売開始されたウルティマ オンライン第2番目の拡張版ルネサンス・エディションにおいて,ファイア・ガーゴイル(fire gargoyle)の存在が確認された。

2001年3月に販売開始されたウルティマ オンライン第3番目の拡張版第三の夜明けでは,イルシェナー中央区画に居住地が発見されるなど,ガーゴイルが知性や文明を有する種族であることが明らかとなっていった。2001年10月10日に開始された「Scenario 2: Gargoyles' Redemption(ガーゴイルの購い)」の第2週「最後の希望(The Last Hope)」において,Enslaved Gargoyle の存在が確認された。更に同年10月16日に開始された第3週「改造(Adapting)」において,Gargoyle Enforcer 及び Gargoyle Destroyer の存在が確認された。

2009年9月9日に販売開始されるウルティマ オンライン第8番目の拡張版ステイジアン・アビスにおいて,ガーゴイル族は強いコミュニティ意識を持ち,単一性を重視する種族,魔法と戦闘の両方に優れているだけでなく、珍しい素材を扱う優れた生産者として,新たなプレイヤーキャラクターとして使用が可能となった。

ガーゴイル族の種族特性
1. 強力な翼 (Flying)
ガーゴイルはその強力な翼を使い馬に並ぶほどの速度で飛ぶことができるとともに,ガーゴイル族しか立ち入ることのできない特別なエリアに入ることができます。

2. 凶暴な怒り (Berserk)
危機に陥ったガーゴイルは,生まれつき備える凶暴性が発現し,防御力を犠牲にする代わりに力と速度が上昇する。

3.  匠の技 (Master Artisan)
文化的に技術と技巧を重視しているため,ガーゴイルはマジックアイテムの練成,強化,抽出の成功率にボーナスがある。

4. 必殺の照準 (Deadly Aim)
全てのガーゴイルは幼少より投擲(Throwing)の訓練をしており,投擲武器に関する基本的な能力を備えている。

5. 神秘の洞察 (Mystic Insight)
ガーゴイルは神秘(Mysticism)の魔法を直感的に理解しており,特別な訓練無しに基本的な神秘魔法を使用することができる。

飛行方法
ガーゴイルの飛行には,ステイジアン・アビスクライアントであれば,まずペーパードールを開き,左下に位置する「キャラクター特性」ボタンを押す。次に「種族」のタブを押し,「Flying」のアイコンをドラックしてホットバーに登録することで使用可能となる。2Dクライアントであれば,まずペーパードールを開き左下に位置する本をダブルクリックする。開いた本の「Flying」の文字をクリックすると開くページにある「Flying」のアイコンをドラッグして取り出せば,ダブルクリックで使用することができる。また,2Dクライアントでは,飛行用のマクロとして「ToggleGargoyleFlying」が新たに追加されている。

特別な飛行エリア
テルマーやステイアジアン アビスのダンジョン内には,ガーゴイルが飛行状態の時にだけ通り抜けることができる「飛行エリア」が存在する。ガーゴイルが飛行エリアの出入口に近づくと,マーカー(黄色のエフェクト)が表示される。

ガーゴイルの装備品
ガーゴイルは,ヒューマンやエルフよりも一回り大きな体つきをしているため,装備可能なアイテムがヒューマンやエルフとは異なる。頭には角があるため防具を装備する慣例がなく,手足には爪があるため同様に防具を装備する慣例がない。胸部や肩,腕,脚といった部位は体格ゆえにガーゴイル専用の防具を用意する必要がある。また,首にはネックレスのみ装備することができる。

2007年01月25日
ガーゴイル族の導入発表(日本公式)
2007年01月28日
ガーゴイル族の導入発表(Townhall Meeting in Atlanta)
2007年02月26日
ガーゴイル族について(Townhall Meeting in NYC)
2007年03月03日
ガーゴイル族とキャラクタースロットの関係について
2009年07月09日
ガーゴイル族について

2009年7月9日 ガーゴイル族について

ガーゴイル族は強いコミュニティ意識を持ち、単一性を重視する種族として知られています。また、魔法と戦闘の両方に優れているだけでなく、珍しい素材を扱う優れた生産者でもあります。新しい拡張版「ステイジアン アビス」では、このガーゴイル族を新たなプレイヤーキャラクターとして使用できるようになります。

news090709-etc-4.jpg

news090709-etc-5.jpg

■ ガーゴイル族の種族特性:

news090709-etc-6.gif強力な翼 (Flying)
ガーゴイルはその強力な翼を使って馬と同じぐらいの速度で飛ぶことができ、ガーゴイル限定の特別なエリアに入ることができます。

news090709-etc-7.gif凶暴な怒り (Berserk)
危機に陥ると、ガーゴイルが生まれつき備えている凶暴性が現れ、防御力を犠牲にする代わりに力と速度が上がります。

news090709-etc-8.gif匠の技 (Master Artisan)
文化的に技術と技巧を重視しているため、ガーゴイルはマジックアイテムの練成、強化、抽出の成功率にボーナスがあります。

news090709-etc-9.gif必殺の照準 (Deadly Aim)
全てのガーゴイルは子供の頃からThrowing [投擲]の訓練をしているため、投擲武器に関する基本的な能力を持っています。

news090709-etc-10.gif神秘の洞察 (Mystic Insight)
ガーゴイルはMysticism [神秘]の魔法を直感的に理解しており、特別な訓練無しに基本的な神秘魔法を使用することができます。

■ 飛行方法:
ペーパードールを開きます。

[SA] 左下にある「キャラクター特性」のボタンを押します。
[2D] 左下にある本をダブルクリックします。

[SA] 「種族」のタブを押します。
[2D] 開いた本の「Flying」の文字をクリックしてページを開きます。

[SA] 「Flying」のアイコンをドラックしてホットバーに登録し、使用します。
[2D] 「Flying」のアイコンをドラッグして取り出し、ダブルクリックします。

news090709-etc-11.jpg

news090709-etc-12.jpg

※ 2Dクライアントでは、飛行用のマクロとして「ToggleGargoyleFlying」が新たに追加されています。


■ 特別な飛行エリア:
テルマーやステイアジアン アビスのダンジョン内には、ガーゴイルが飛行状態の時にだけ通り抜けることができる「飛行エリア」が存在します。

news090709-etc-13.jpg

ガーゴイルが飛行エリアの出入口に近づくと、マーカー(黄色のエフェクト)が表示されます。見つけたら飛び越えることができるか試してみてください。

■ ガーゴイルの装備品について:
ガーゴイルはヒューマンやエルフよりも一回り大きな体つきをしており、身体的特徴も異なるため、装備可能なアイテムがヒューマンやエルフとは大きく異なります。


角が生えているため装備不可


イヤリングを装備可能 (練成品も可)


ネックレスのみ装備可能 (練成品も可)


ガーゴイル専用アイテムのみ可能 (Chest)


ガーゴイル専用アイテムのみ可能 (Arms)


爪が生えているため装備不可


ガーゴイル専用アイテムのみ可能 (Leggings)


爪が生えているため装備不可

その他 (ローブ)
ガーゴイル専用のローブを装備可能 (Robeは共通)

その他 (パンツ)
ガーゴイル専用のキルトを装備可能 (Kilt)

その他 (クローク)
翼が生えているため装備不可

腕輪
制限無し

指輪
制限無し

タリスマン
制限無し

ガーゴイルは練成 [Imbuing]スキルで強化されたイヤリングやネックレスを装備することができます。
これらのアイテムは、練成時に耐久度を持つようになります。

鍛冶 [Blacksmithy]や裁縫 [Tailoring]など生産メニューから「変成 (ガーゴイル)」を使用することで、ヒューマン/エルフの装備品をガーゴイル用の装備品に変成することができます。

2007年3月3日 ガーゴイル族とキャラクタースロットの関係性について

2007年3月2日付け米国公式サイトのファイブ・オン・フライデーより抜粋。

2. ガーゴイル族の登場に係るキャラクタースロットと転生の問題について情報提供してくれないだろうか。

ニューヨークタウンホールミーティングにおける噂の経緯を説明しますと、ガーゴイルの登場では転生クエストが用意されるか否かという質問が行われたのです。その際にDarkscribeは転生クエストの追加計画はないし、今現在7番目のキャラクタースロット追加も計画していないと回答しました。無理もないことですが、この発言は幾つかの議論を生じることとなりました。我々はどのように回答すべきだったでしょうか。

私はこの問題に係る全てのスレッドを無視することなく読んでいます。しかしながら、「ステイジアン・アビイス」こそが解決策であり、導入までの間に多くの変更が行われることをご理解いただきたい。技術・設計の両面で様々な取り組みをしており、新種族の導入が間近に迫った際には更に詳細を議論できることでしょう。

申し訳ありませんがお待ち下さい。数ヵ月後に改めてこの問題を取り上げましょう。しかしながら、今以上の対処ができない場合にはお許し下さい。

FoF: Foresight

Jeremy Dalberg
02 Mar 2007 20:53:33 EST

The gargoyle/character slot/quest issue:

For those who haven't caught up on the gossip from the New York Town Hall, a question was asked if there was going to be a quest to convert humans/elves to gargoyles, and Darkscribe said there were no such plans at this time - and there were also no plans at the moment for a seventh character slot. This, understandably, caused a few... discussions, shall we say?

I'm reading all of the threads on the issue, and counting all of your feedback, but I do want to remind everyone that Stygian Abyss is quite a ways out, and many things may change between now and then. There are various challenges, both technical and in design, in adding a new race, and when we're a little closer to launch, we'll be able to discuss those challenges in more detail. In the meantime, please be patient - we'll come back to this topic in a few months, but forgive us if we don't say anything more about it right now.

2007年2月26日 ガーゴイル族について

Yasou Wakayama
新種族のガーゴイルは幾つかの凄い能力を有している。しかしながら、ガーゴイルへ転生するためのクエストは用意されていない。従ってシージペリオス上でガーゴイルとなりたい場合には現状のキャラクターを一旦削除し、全く新しいキャラクターを作成し直すしかない。少なくとも現状ではそうなってしまうだろう。

---

LizzyT
Gargoyle(ガーゴイル)はクエスト達成により転生できる種族ではない。全く新規にキャラクターを作成する必要があるのだが、7番目のキャラクタースロットを追加する計画はない。Darkscribe氏によるとガーゴイルは美しく、身の毛のよだつような存在ではないとのことだ。ドワーフ族は「蘇りし王国」では登場しない。

Re: So now was NYC?

Yasou Wakayama
UO Siege Perilous Shard Reporter
Certifiable
02/25/07 08:06 AM

New player race is Gargoyles that will have some sick abilities - HOWEVER there is no quest to become a gargoyle - so if you are on siege you must build a whole new character (at least for now) and there is no plans to add another chracter slot on prodo shards so you will need to delete a character to make a gargoyle.

Re: So now was NYC?

LizzyT
Babbling Loonie
02/25/07 08:49 AM

Gargoyles will not be a questable race. You will need to create a whole new char, and there are no plans for a 7th char slot. According to DarkScribe, they will be "beautiful yet gruesome" (???) There will not be any dwarves in UO:KR

2007年1月28日 ガーゴイル族の導入発表

「蘇りし王国」クライアントに併せて発表された次期拡張版ステイジアン・アビスについて,新種族ガーゴイルが導入されることが,アトランタにおいて開催されたタウンホールミーティングにおいて明らかにされた。

以下は参加者からの報告より抜粋。

Braelynn Aria
Origin Senior Reporter
概要を記載しよう。改善されたチャットシステムや新しいハウジングツール、迅速なターゲットシステムが導入される。またステイジアン・アビイスでは雄雌のGargoyle(ガーゴイル)が確認されている。私がガーゴイルの登場には由来があるのか問うた。するとウルティマ オンラインには由来が必要である事に気付いてくれたようだが、理由付けについては適切な時期に明らかとされるようだ。

Braelynn Aria Origin Senior Reporter

UO Kingdom Reborn will be FREE, Stygian Abyss however will be like any other expansion and will be a purchasable upgrade (no amounts mentioned) in which the Gargoyle race will be introduced along with: new abilities, UO's Largest Dungeon, new monsters, new skills, new magic, new craftables, new pets, new quests, and new housing sets.

deadite
ガーゴイル族が新種族として登場する。
ガーゴイル族には女性も登場する。

deadite

- Gargoyles will be the new race

- Gargoyle females will be explained

- Gargoyles will do "cool stuff" in the game

投稿者 Siel Dragon : 2009年07月09日 22:23