2011年11月17日
パブリッシュ73

パブリッシュ73とは,2011年11月17日に導入された大規模更新。ダンジョンシェイムの改善、バードマスタリーの調整などが行われた。



クリスマスギフト
ホリデーギフト2011 ガイドページはこちら

このギフトを受取るためのホリデーギフトチケットの配布期間は、12月1日のある時点から2012年1月25日のある時点(いずれも米国時間)です。作成から30日が経過していないキャラクターやトライアルアカウントのキャラクターではギフトチケットは受取れません。

  • カスタムドアマット(全2種)
  • サンタ像
  • カスタム壁掛け看板
  • 超越のスクロールブック



ベテラン報奨アイテム
14周年を記念して、以下のアイテムをベテラン報奨に追加します。

    グレートバインドブレスレット(12か月。詳細) このバンドブレスレットは同時に最大10個のバインドブレスレットと結びつけることができます。これを備えておくと、グループ行動時にはぐれてしまったり、戻れなくなってしまった友達が出た場合に役立ちます。

    シードボックス(Seed Box)(48ヶ月。詳細)
    入れられた種を識別する箱で、最大500個の種を管理できます。

    転送の盾(14年目。詳細)
    各シャードを象徴するデザインの装飾用の盾です。(アカウントがアクティブな状態を維持していれば)1ヶ月に1度、その盾が象徴するシャードへの特殊キャラクター転送トークンを生み出します。この盾やトークンは、他のアカウントから受け取ったとしても使用することはできません。また、この特殊キャラクター転送トークンでは、厩舎に入っていないペットは転送できません。 盾が家に設置された状態で家が消滅(腐敗、解体など)する場合は、転送の盾も一緒に消滅します。

    Sheep像(Sheep Statue)(84ヶ月。詳細
    この像は資源を生み出します。ランダムに皮か羊毛を10個入手できます。上限は100個なので、こまめに回収しましょう



シェイムダンジョンの改善
シェイムダンジョンの見直しが行われました。そこに棲むモンスターは、ほんの少し強敵になり、難易度も新規プレイヤーからベテランまで楽しめるように調整されました。このダンジョンでは、戦利品システムが見直されたので、プロパティからみて「役立たず」なアイテムは従来よりも少なくなり、戦利品システムが全体的に向上したことに気付くことでしょう。

1階と2階は、Jorneyman(スキル60台)からAdept(スキル80台)のキャラクターにとって良い訓練場となるでしょう。3階からは難易度が上がります。1〜3階では、主要なポイントで祭壇からrenownedのモンスターを召喚して、次の階に生息するモンスターの難易度を味わうことができます。

このダンジョンのモンスターからは「ダンジョンクリスタル」(シェイムクリスタル)を入手できることがあり、それを使って各階のrenownedモンスターを呼び出します。ある特定のエリアでは、モンスターを倒すことでそのモンスターのrenownedバージョンが発生する可能性もあります。パラゴンに似ていますが、それほど楽ではありません。

5階のモンスターはもう少し強力で、他の階のモンスターより倒しにくいでしょう。

改善のテーマ

  • スリルと殺戮の新しいモンスター!

  • 各階層を以前よりも凶悪に!

  • 倒したモンスターからダンジョンクリスタルが手に入るかも?

  • ダンジョンクリスタルを使てシェイムのダンジョンポイントを上げてもいいし…あるいは何かに使えるかも。

  • シェイムのダンジョンポイントは最初の3階にある祭壇で使われる。

  • これらの祭壇は新しくて強いエリートモンスターを召喚する。

  • 勇気があるなら、3つ全てを集めてみよう!

  • 洞窟トロルのウォールガーディアン。

  • シェイムの深層に入りたいなら、トロル通行税を払わなければ。

  • そのお値段は……死。

  • エプロン一枚だけでシェイムをクリアできるかい?挑戦者はほとんどいない。成功者は全くいない。



アリーナシステム
アリーナは、犯罪者や殺人者になることなくプレイヤー同士が対人戦を楽しめる闘技場です。アリーナは以下の場所に設置されています。
  • ニューヘイブン(トランメル、オールドヘイブンの南東。座標 100°16′S, 173°31′E付近)

  • オクロー(フェルッカ。座標 100°16′S, 173°31′E付近)

  • ロストランド(トランメル/フェルッカ。座標 54°13′S, 11°31′E付近)

アリーナシステムの使用方法は、「アリーナシステム」のガイドをご覧ください。



バードマスタリーの調整
  • 対モンスター戦のダメージはダメージ総量に基づいて妨害確率が決まります。

  • マナコストは、対象2体につき1から、対象5体につき1に削減されました。

  • 全アビリティにおいて、維持コストを1削減しました。

    • Inspire (猛攻の歌): 4

    • Invigorate (勇壮の歌): 5

    • Resilience (不屈の歌): 4

    • Preservance (護りの歌): 5

    • Tribulation (苦難の歌): 10

    • Despair (絶望の歌): 12

    Inspire (猛攻の歌)
    ボーナスダメージ調整: 1〜15% (全ダメージに対して)

    Resilience (不屈の歌)
    各回復は1〜11から1〜22に引き上げられます

    Preservance (護りの歌)
    ダメージ低減/回避ボーナスは1〜22から1〜30に引き上げられます。

    Despair (絶望の歌)
    ダメージタイプは、バードマスタリーの書のコマンドメニューから選択可能になります。バードマスタリーの書にコマンドメニューが表示されない場合は、絶望の歌をもう一度歌うことでなおります。



錬金術/ポーション強化
  • Alchemy [錬金術]スキルは、Resistance [耐性]スキルが属性抵抗に及ぼす作用と同じように、ポーション強化に対して作用するようになります。

  • ポーション強化と錬金術スキルを合わせた効果は従来通り 「錬金術÷3.3 + ポーション強化」です。最少効果は「錬金術÷2」(0〜50%)になります。



SAクライアントの地形改善アップデート
SAクライアントで地形に変化があったことに気付かれたことでしょう。これはまだ始まりにすぎません。次のパブリッシュでは、壁のグラフィックをアップデートする予定です。どんな風に変わるのか、以下の画像で少しご紹介しましょう。皆さまのご意見をお待ちしています!



シェイムの新アイテムシステム
シェイムダンジョンの改善とあわせ、パブリッシュ73では、戦利品としてランダムに出現するマジックアイテムの生成システムを改善しました。この新システムは、シェイムダンジョンでのモンスター討伐時と、誠実の徳システムでの遺失物に使用されます。それ以外の戦利品生成の場面には全く影響しませんが、いずれ最終的にはソーサリア中のあらゆる戦利品生成状況において、既存の戦利品生成システムをこのシステムに置き換えることを計画しています。

新戦利品生成システムは、魅力的で新しい可能性を生み出します。

  • 一部の魔法特性は、今までには付与されなかったタイプのアイテムに付与されることがあります。
  • マジックアイテムの多くは、カース属性、修理不可、補強不可、マイナスの幸運といった良くない魔法特性を持ちます。しかし、そういった欠点を持つアイテムは、その分普通のアイテムよりもっと強力です。
  • アイテムは、幾つかのテーマに沿った相性の良い魔法特性の組み合わせを持つことがあり、その場合は特別な名前を持ちます。
  • 幸運の魔法特性は、このシステムにおいて重要な役割を果たします。

詳細

  • このシステムで作成されたアイテムには、プロパティの下部に以下のいずれかの表示がつきます。

    • マジックアイテム (低級) (Minor Magic Item)

    • マジックアイテム (中級) (Lesser Magic Item)

    • マジックアイテム (上級) (Greater Magic Item)

    • マジックアイテム (最上級) (Major Magic Item)

    • アーティファクト (低級) (Lesser Artifact) - 最大まで練成したアイテムとほぼ同程度です。

    • アーティファクト (中級) (Greater Artifact)

    • アーティファクト (上級) (Major Artifact)

    • アーティファクト (伝説級) (Legendary Artifact)

  • 生成されるアイテムの強度は、倒された生物の強さや丈夫さに一部依存します。
  • 非常に強力なアイテムが生み出されることがありますが、この発生確率は極めて低いものです。

    • 弱い生物を倒した時に発生することもありえますが、それは極めて稀なことです。

    • 強い生物を倒す方が、弱い生物を倒した場合よりも確率は良くなります。

    • 幸運によってこの確率は引き上げられます。

  • アイテムの強度は、戦利品生成時に以下のような効果を与えます。

    • 弱い名前付きアイテムは、魔法特性が5以下で、練成可能であることが多いでしょう。

    • 弱いランダムのアイテムは、大抵の場合は魔法特性は5つで、各特性の値は低いものになります。

    • より強いアイテムは、魔法特性を5つ持つことが多いでしょう。

    • 極めて強力なアイテムは、時折魔法特性を5つ以上持つことがあります。

    • 弱いアイテムに特別な名前がつくことはあまりなく、ランダムな魔法特性がつきます。

    • より強いアイテムは、弱いアイテムよりも特別な名前付きになる確率が高くなります。

    • 弱いアイテムに不利な魔法特性が付与される確率は低いです。

    • より強いアイテムは、弱いアイテムよりも高い確率で不利な魔法特性が付与されることがあります。

  • このシステムで生成されたアイテムの魔法特性の値は、より少ない段階表示で示されます。例えば、幸運の値は10の倍数(10、20、30…)、スキルボーナスの特性は5の倍数の値の物しか出現しません。
  • 不利な特性

    • これらはランダムに付与されます。

    • 強力なアイテムであるほど、不利な特性が付与されやすくなります。

    • 不利な特性によって、アイテムの強さが高まります。

    • 不利な特性とは、以下の特性です。
    • 不幸(マイナスの幸運)

      • プロパティ上では、「幸運 -100」と表示されます。

      • この特性と「幸運」が同時につくことはありません。

      • アイテム強度に少しボーナスを与えます。

      補強不可

      • 耐久性は25で、補強の粉末を使えません。

      • 耐久性ボーナス特性と同時につくことはありません。

      • アイテム強度に中程度のボーナスを与えます。

      修理不可

      • いかなる方法でも修理できず、補強の粉末も使えません。

      • アイテム強度に高いボーナスを与えます。

      カース属性(Cursed)

      • 保険をかけることはできず、ブレス属性にもできません。

      • アイテム強度に非常に高いボーナスを与えます。

    • 不利な特性のない「クリーンな」アイテムができることもあります。

      • 強力なアイテムが「クリーン」になるのは極めて稀です。

      • 弱いアイテムはしばしば「クリーン」になります。

    • 不利な特性が付与されるかどうかには、幸運は一切関係しません。

  • 内部的なアイテムの生成の流れ

    • 生物には難易度レートが設定されます。

    • 生物が倒された時、生物の難易度レート、倒した人の幸運、現在のファセットが戦利品生成に影響を与えます。

      • 難易度が高い生物ほど多くのアイテムが生成されます。

      • 各アイテムに基本の「予算ポイント」が与えられます。

      • 各アイテムにボーナスの「予算ポイント」が与えられます。

      • フェルッカ側で生成されたアイテムの方が、トランメル側で生成されたものよりも少しだけ多くの「予算ポイント」が与えられます。

      • ボーナスの「予算ポイント」は複数回付与されることもあります。

      • 倒した人の幸運が高いほど、ボーナス予算ポイントが複数回与えられる可能性が高くなります。

    • 予算ポイントが決まった後は次のようになります。

      • 予算ポイントが高いほど、不利特性抽選がたくさん行われます。

      • 不利特性抽選が行われるたびに、不利な特性が新しく1つ追加される可能性があります。

      • 不利な特性は、それぞれ固有の予算ポイントをアイテムに追加します。

    • こうして最終的な予算ポイントが決まると、次のようになります。

      • 予算ポイントが高いほど、アイテムが特別な名前付きになる確率が高くなります。

      • 予算ポイントが高いほど、多くの魔法特性が付与される可能性が高くなります。

    • 最後に、予算ポイントを消費して魔法特性がアイテムに付与されます。

  • 特別な名前つきアイテム

    • 魔法特性をグループ化した12の「パッケージ」が存在します。

    • 各パッケージには、それぞれのテーマに沿った魔法特性が配分されています。

    • 各パッケージには「第一ワード」と「第二ワード」が設定されています。日本語表記の場合、アイテム名は「[第一ワード][第二ワード][アイテム名]」の並び順となり、英語表記の場合は「[第一ワード][アイテム名] [第二ワード]」の並びになります。

  • アイテムが生成された時、次のようになります。

    • 特別な名前なし(ランダムな魔法特性)

    • 第一ワードのみ(特性の一部は一つのパッケージから選ばれ、残りはランダム)

    • 第二ワードのみ(特性の一部は一つのパッケージから選ばれ、残りはランダム)

    • 両方のワード付き(特性の一部は一つのパッケージから選ばれ、残りは別のパッケージ一つから選択)

    アイテム名の第一ワードと第二ワード

    アイテムの例:
    左の例では不利な特性がついていませんが、アイテム強度はマジックアイテム(中級)です。右の例では不利な特性であるカース属性と幸運 -100がついていますが、アイテム強度はアーティファクト(低級)と高いものになっており、名前も特別な名前になっています。

    補強不可及び修理不可と、耐久性の関係は次のようになります。

    • 補強不可だが修理不可ではないアイテムの耐久性は35です。

    • 修理不可だが補強不可ではないアイテムの耐久性は150です。

    • 補強不可で修理不可でもあるアイテムの耐久性は75です。

    • 補強不可か修理不可のついたアイテムには自己修復や耐久性ボーナスは付与されません。
    • 以下の魔法特性のアイテムが発生することがありえます。

      • ファストキャスト(アクセサリ、武器、盾)

      • 好戦(近接武器)

      • 特効(武器)

      • 片手使用可(弓)

      • 瞑想可(瞑想不可の防具類)

      • 詠唱可(武器、盾)

      • Night Sight(アクセサリ)

      • 麻痺カウンター(両手武器、弓、盾)

      • ベストウェポンスキル(近接武器)

      • ガーゴイルイヤリングが出現するようになります



クリーンアップブリタニア 2011
景品アイテムに、ポリッシュブロンズ、グロッシーブルー、ブラックグリーン、ディープバイオレットの4色の染料を加えました。それぞれチャージは5で、引き換えに必要なポイントは250,000ポイントです。染料については毎月変更を行う予定ですので、これらの染料を入手したい場合には可能なうちに交換してください。

cleanup_250000_dye.gif



不具合の修正
  • 樽からピッチャーで水をくみ出す場合、5回ではなく40回分入るようになります。

  • バードとウシ類の特効は練成とアイテム保険において考慮に入れられるようになります。

  • クエストアイテムに指定中のアイテムを着色できなくなります。

  • Thunderstormの呪文は正しい効果を表示するようになります。

  • Bladeweaveは出血しない生物には効果がなくなります。

  • Bladeweaveで発動する可能性のある攻撃オプションのリストから、Double Strikeを外しました。

  • 中身の入った蒸留酒の樽は、空の物より重くなります。

  • 複数のスキル訓練クエストを受けていて一つを達成したとき、達成していない他の訓練クエストのスキル上昇効果があるにも関わらず、強化/弱体アイコンが消えてしまうことがなくなります。

  • 雇用NPCがランダムに消えてしまうことはなくなります。

  • エッグノッグの材料を正しく投入できるようになります。



2011年10月28日
検証の開始
2011年11月02日
オリジンシャードへ先行導入
2011年11月04日
オリジンシャード臨時メンテナンス
2011年11月17日
パブリッシュ73の導入

2011年11月17日 パブリッシュ73の導入

各シャードの次回の定期メンテナンス時に、パブリッシュ73を導入いたします。

※ 日本シャードには11月17日(木)午前8時頃の定期メンテナンスで導入される予定です。

このパブリッシュの変更内容はこちらをご確認ください。

なお、パブリッシュバージョンの違いにより、全てのシャードにこのパブリッシュが導入されるまでの間、パブリッシュバージョンの異なるシャード間ではキャラクター転送を行うことはできません。ご注意ください。

2011年11月4日 オリジンシャード臨時メンテナンス

先行してパブリッシュ73を導入したOriginシャードで致命的な問題が発見されたため、本日午前6時30分頃に臨時メンテナンスを実施し、パブリッシュ導入直前の11月1日(日本時間の11月2日)の状態に復元いたしました。

Originシャードはテストサーバーであり、最新のパブリッシュ導入後にはしばしばこのような形で巻き戻しをしなければならない場合があります。Originシャードでプレイされていた皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、問題を最小限に抑え、皆様の大切なアイテムがこれ以上失われてしまうことを防ぐための処置となりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお、このメンテナンスに伴い、以下の修正を導入いたしました。

変更内容

  • シェイムダンジョン内でプレイヤーの所持アイテムが変化してしまう問題を修正しました。

  • 超越のスクロールブックとシードボックスの中に、アイテムをドラッグアンドドロップできない問題を修正しました。

  • 報奨メニューでシードボックスを選択しても受け取れない問題を修正しました。

  • Energy Vortexなどの召喚生物がお互いを攻撃する問題を修正しました。

  • シェイムダンジョンのCave Trollの再登場タイマーの問題を修正しました。

2011年11月2日 オリジンシャードへ先行導入

11月2日(水)に、パブリッシュ73をOriginシャードに導入いたしました。

このパブリッシュの変更点については、こちらの記事をご覧ください。

なお、パブリッシュバージョンの違いにより、全てのシャードにこのパブリッシュが導入されるまでの間、Originシャードから他のシャード、及び他シャードからOriginシャードへキャラクター転送は行うことができません。ご注意ください。

2011年10月28日 検証の開始

2011年10月28日(金)、TC1にパブリッシュ73を導入いたしました。

変更内容

  • シェイムダンジョンの改善

  • アリーナシステム

  • バードマスタリーの調整

  • 錬金術/ポーション強化の調整

  • 新しい戦利品生成システム

  • 様々な不具合の修正

より詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

なお、テストセンターにおけるゲーム内サポートは制限サポートとなっております。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

投稿者 Siel Dragon : 2011年11月17日 12:24